ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

is6comのゼロカットを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

これからis6comを利用してトレードをしてみたいという人の中には、海外ブローカー特有のハイレバレッジトレードを楽しみたいという人もいるでしょう。

しかし中には、ハイレバレッジトレードを行うことで、借金などのリスクが発生してしまうことに不安を感じているという人もいるのではないでっしょうか。

追証のないis6comでは、証拠金維持率を下回ればロストカットが執行されますが、ゼロカットシステムも採用されているのでリスクを軽減したトレードをすることができるでしょう。

今回は、is6comのゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

is6comのゼロカットを分かりやすく解説

is6comは2016年創業のセイシェル共和国を拠点とした海外ブローカーです。

設立年度をみてもわかるように、2019年現在のところまだまだ新しいブローカーという位置付けにはなっていますが、国内のFXトレーダーの利用者を着実に増やしているブローカーであると言われています。

そんなis6comは、最大1000倍のハイレバレッジトレードを行うことが可能であり、少ない資産で大きな利益を得られるという期待値の高いブローカーです。

また豪華なボーナスキャンペーンも頻繁に行われており、自分の資産に手を出さずに、ボーナス利用で利益を増やそうと考えているトレーダーも多くなっています。

このようにis6comでは、ハイリターンを狙える可能性が高いというアプローチが多くなっていますが、リスクに関してもユーザーができるだけ大きなリスクを背負わないようなシステムが導入されているようです。

そのユーザーのためのリスク軽減のシステムの1つとなっているのが、is6comのゼロカットシステムになります。

is6comのゼロカットシステムとはどのようなものなのか?

そもそもis6comのゼロカットシステムとは、名前の通り資産が0(ゼロ)の状態でカットされるというシステムのことです。

たとえばポジションを保有している状態で、値動きが自分の予想とは逆に動き出しis6comの定めている証拠金維持率を下回ってしまった場合には強制的にロストカットが執行されます。

そしてこのロストカットが執行された状況やタイミングによっては、必要証拠金以上の損失が出てしまい資金がマイナスになってしまうということもあるでしょう。

しかしis6comではゼロカットシステムが採用されているため、マイナスになった資金に関してはゼロにリセットされることになります。

よってis6comではロストカットや損切りにより資金がマイナスになり借金を背負うというリスクがありません。

is6comのゼロカットシステムが行われるタイミングについて

is6comではゼロカットシステムが採用されていますが、ロストカットや損切りなどでポジションを解消したタイミングですぐにゼロカットシステムが作動するという訳ではありません。

そのため状況やタイミングによって、一時的に資産がマイナス表記になるという場合もあるでしょう。

しかしis6comでは基本的に2時間に1回の頻度で、ゼロカットの処理が行われるようになっているようです。

そのためポジションを解消した際に資産がマイナス表記になっている場合でも、およそ2時間以上経過した後に再び確認すると表記がゼロに戻っていることでしょう。

また、口座残高がマイナスの時に入金をした場合には、is6com側がゼロカット処理を行ってから入金分を口座に付与します。

そのためマイナス分と新たな入金分が相殺されてしまうという心配はありません。

万が一数時間から数日が経過しても資産の表記がマイナスになったままであれば、何かしらの問題がある可能性があります。

しばらく待っても資産の表記がマイナスのまま変わらなければ、サポートセンターに連絡をしてみると良いでしょう。

is6comのサポートセンターは、日本語での問い合わせにも対応してくれますよ。

is6comのゼロカットシステムに関する口コミ

それでは最後に実際にis6comのゼロカットシステムに関する口コミをみていきましょう。

is6comのゼロカットシステムは、資産がマイナスになることがなく借金を背負うリスクがないという点が最大のポイントです。

一方でハイレバレッジトレードが可能ですので、ローリスクハイリターンが狙えるというメリットがあります。

さらにis6comでは、豪華なボーナスキャンペーンも頻繁に行われており、数万円以上のボーナスを付与されるということも多いようです。

そのためボーナスのみでトレードにチャレンジし始めるという人も多く、その場合には自分の資金では試せないようなハイレバレッジトレードを試せるという人もいます。

また自分の資金のみが残ったという場合には、レバレッジを低くしてリスクをコントロールしながら取引をしようと考える口コミもみられました。

さらに口コミの中には「ゼロカットをたくさん使うと、出金拒否されてしまう」という噂もありましたが、ゼロカットが理由となって出金拒否されるという心配はないようです。

ただしis6comは10Lot以上の大口トレードに関しては、事前のサポートへの連絡を必要としており、万が一連絡せずにトレードを行なっても利益を抹消されたり出金拒否をされるという可能性があります。

ゼロカットが理由での出金拒否はありませんが、大口注文は申告が必要などの独特のルールがあるため、トラブルが発生した過去もあるようです。

is6comのゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回はis6comのゼロカットを分かりやすく解説してきました。

is6comでは追証なしのゼロカットシステムが採用されており、ロストカットや損切りによって借金を背負うリスクがありません。

ただしトレード方法次第では資産が減ってしまうのは事実ですので、しっかり計画をした上で冷静なトレードを心がけるようにしましょう。