ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

海外FXのスプレッド比較一覧とランキングを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200625204425j:plain

海外FXの特徴といえばハイレバレッジとゼロカット。

この2点についてはどの海外FXブローカーを使おうとさほどの違いはありません。

しかし、事実上の取引コストであるスプレッドについてはどうなのでしょうか。

そこで今回は海外FXのスプレッドを一覧で比較してランキング化して分かりやすく解説していきます。

海外FXのスプレッド比較一覧とランキングを分かりやすく解説

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキングの前提条件

海外FXのスプレッドを一覧で比較するにしても、すべての通貨ペアを扱うのは現実的ではありません。

そこで為替についてはメジャー通貨ペアの中からUSD/JPYを、それ以外のCFD銘柄については海外FXで人気のある以下の銘柄を代表として比較していきます。

・ブレント原油

・ゴールド(金)

・WTI原油

・日経225(株価指数)

また、スプレッドをただ一覧比較するだけでは正確な取引コストをくらべることはできません。

そこでここでは取引手数料もまたスプレッドに加味してランキング形式で比較していきます。

さらに、海外FX各社は様々な口座タイプが選べるところが大半です。

そして口座タイプによってはなんらかの取引条件を犠牲にして尖ったスペックとしていることもあります。

そういったタイプの違う口座を比較するのは公平ではありません。

そのため、今回は各社スタンダードな口座タイプを代表としてスプレッドを比較していきます。

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキング【USD/JPY】

海外FX各社のUSD/JPYのスプレッドを一覧比較したランキング結果は以下のとおりです。

1位・・・iFOREX(アイフォレックス)【0.7pips】

2位・・・TitanFX(タイタンFX)【1.10pips】

3位・・・AXIORY(アキシオリー)【1.2pips】

4位・・・GEMFOREX(ゲムフォレックス)【1.5pips】

5位・・・XM【1.6pips】

USD/JPYのスプレッド比較に関してはiFOREX(アイフォレックス)の圧勝です。

次点でTitanFX(タイタンFX)。

ただし、iFOREX(アイフォレックス)はスキャルピング不可、TitanFX(タイタンFX)にはボーナスがないなどのデメリットもあります。

海外FXは手厚いボーナスが利用できることが大きな特徴です。

今回は単純にスプレッドの一覧比較でランキング化していますが、ボーナスの有無やプラットフォームの使いやすさなどを考えるとまた違った結果となることはご留意ください。

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキング【ブレント原油】

海外FX各社のブレント原油のスプレッドを一覧で比較したランキング結果は以下のようになりました。

1位・・・iFOREX(アイフォレックス)【4.0pips】

2位・・・AXIORY(アキシオリー)【5.0pips】

2位・・・GEMFOREX(ゲムフォレックス)【5.0pips】

2位・・・XM【5.0pips】

5位・・・TitanFX(タイタンFX)【7.1pips】

ブレント原油に関してはiFOREX(アイフォレックス)をのぞいてほぼ各社横並びといったところです。

スプレッドの狭さが特徴のTitanFX(タイタンFX)のスプレッドがもっとも広いのは意外な結果です。

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキング【ゴールド(金)】

ゴールド(金)のスプレッドについては一覧で比較してランキング化すると面白いことが分かります。

1位・・・TitanFX(タイタンFX)【2.3pips】

2位・・・GEMFOREX(ゲムフォレックス)【3.0pips】

3位・・・AXIORY(アキシオリー)【3.5pips】

3位・・・XM【3.5pips】

5位・・・iFOREX(アイフォレックス)【8.0pips】

ひとくちに海外FXといっても各社かなりスプレッドがばらばらです。

ここまでのランキングと逆にiFOREX(アイフォレックス)がもっとも広く、TitanFX(タイタンFX)のスプレッドが非常に狭くなっているのも特徴的です。

同じ海外FXといっても、ゴールド(金)についてはトレードするブローカーは特に精査したほうが良いことが分かりますね。

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキング【日経225(株価指数)】

日経225(株価指数)のスプレッド一覧と比較結果のランキングは以下のとおりです。

1位・・・GEMFOREX(ゲムフォレックス)【7.0pips】

2位・・・TitanFX(タイタンFX)【8.2pips】

3位・・・XM【12.0pips】

4位・・・iFOREX(アイフォレックス)【13.3pips】

5位・・・AXIORY(アキシオリー)【16.0pips】

日経225(株価指数)のスプレッドもまた一覧で比較してみると各社かなりの開きがあることが分かります。

海外FXは単なる投資信託と違い株価指数にも大きなレバレッジが使えることが人気です。

しかし、スプレッドを無視してブローカーを選ぶとこのようにかなりの条件の違いが生じてしまいます。

レバレッジの高さだけでブローカーを選ぶのはやめておきましょう。

海外FXのスプレッド比較一覧・ランキングの結果

海外FX各社のスプレッドを為替とその他のCFD銘柄に分けて一覧比較してみました。

その結果として各社の特徴をまとめると以下のようになります。

・AXIORY(アキシオリー)・・・平均的にスプレッド狭め、ただし株価指数は苦手

・iFOREX(アイフォレックス)・・・通貨、CFDともにスプレッド狭め、ただしゴールド(金)は広い

・XM・・・全体的にごく平均的なスプレッド

・GEMFOREX(ゲムフォレックス)・・・総合的にスプレッド狭め

・TitanFX(タイタンFX)・・・ブレント原油以外のスプレッドは非常に狭い

同じ海外FXでもブローカーによってかなりカテゴリーによってスプレッドが違うことが分かります。

また、ここではランキング化に加味していませんが、取引制限やボーナスなども各社特徴的です。

実際に利用するブローカーを選ぶ際はスプレッドだけではなく他の条件も総合的に考えるようにしましょう。

なお、海外FXのスプレッドは固定ではなく変動制です。

ここで紹介したスプレッドの値とランキング結果は調査時点のものであることはご承知おきください。

海外FXのスプレッド比較一覧とランキングを分かりやすく解説 まとめ

海外FXのスプレッドを一覧で比較してランキング化してきました。

どこも同じような環境かと思えば、実際は為替以外のCFD銘柄のスプレッドはかなりの差があることが分かりました。

また、今回は触れていませんがCFDは最大レバレッジや取引時間なども各社大きく異なってきます。

もし、海外FXでCFDをトレードするつもりの人はそういった取引環境の違いに注意しておきましょう。