ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

海外FXの口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200625204425j:plain

ゼロカットがあるうえにハイレバレッジが使える海外FXはいまもなお多くのトレーダーに人気です。

ただ一方で海外FXは理由もなくすぐに口座凍結されてしまうという噂もあるようです。

しかし、本当に海外FXは口座凍結されやすいのでしょうか。

また、仮にそうだとしてもなんらかの解除方法はないのでしょうか。

そこで今回は海外FXの口座凍結のよくある理由と解除方法について分かりやすく解説していきます。

海外FXの口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説

海外FXの口座凍結は理由によって解除方法が異なる

海外FXの口座凍結には様々な理由が考えられます。

それらを大別すると以下の3種になります。

・不正なトレード

・口座の休眠

・利用規約違反

不正なトレードは広い意味では利用規約違反のひとつですが、ここでは便宜上別のものとしています。

それぞれ理由が異なれば当然に解除方法もまた違ってきます。

そこでここからは項目に分けて詳しく解説していきます。

海外FXの口座凍結の理由と解除方法:不正なトレード

海外FXの口座凍結の理由としてもっとも多いものが利用規約違反に該当するトレードです。

この場合、残念ながら解除方法はありません。

規約に反していないことを明確に証明できれば解除される可能性もありますが、極めてまれといってよいでしょう。

次善の策としては、やはりそもそも利用規約違反とならないように注意しておくほかありません。

海外FXで口座凍結の理由となるよくあるトレード関連の問題は以下のとおりです。

・スキャルピング

・複数口座(アカウント)の両建て

・ボーナスの不正取得

ひとつずつ詳しく解説していきます。

海外FXの口座凍結の理由の代表例:スキャルピング

スキャルピングについてはほとんどの海外FX業者は禁止していません。

しかし、取引サーバーに過度な負荷をかけるほど超高頻度なスキャルピングは例外です。

そういったスキャルピングは他のトレーダーの取引環境を損ねる行為とみなされて口座凍結されてしまいます。

手動であればそれほど気にする必要はないでしょうが、自動売買(EA)ツールを使うときなどは注意しましょう。

海外FXの口座凍結の理由の代表例:複数口座(アカウント)の両建て

複数口座(アカウント)をまたいだ両建てはほぼすべてのブローカーで口座凍結の理由となります。

これは海外FXがゼロカットを採用しているからです。

ゼロカットは万が一にも口座残高がマイナスになってもその分をゼロにリセットしてくれるシステムです。

そして、両建ては同一銘柄について売り(ショート)と買い(ロング)の双方のポジションを建てる手法。

このようにしておけば相場がどう動いても両ポジションで損益が相殺されます。

仮に複数口座(アカウント)で両建てができたとします。

すると損失側の口座はゼロカットにより損失を口座残高までにおさえることができます。

これはブローカーに損失だけを負担させる行為です。

そのため、ゼロカットのある海外FXでは、複数口座(アカウント)の両建ては不正とみなされて口座凍結の対象とされてしまうのです。

海外FXの口座凍結の理由の代表例:ボーナスの不正取得

海外FXは手厚いボーナスがあることも大きな特徴です。

そして、そのようなボーナスを不正に受給することで口座凍結されるケースも後を絶ちません。

たとえば複数のアカウントを作成して新規口座開設ボーナスを何度ももらうような行為が代表的です。

海外FXのボーナスはたしかに魅力的なサービスです。

しかし、だからといって不正取得で口座凍結されては元も子もありません。

ボーナスの不正取得は絶対にやめておきましょう。

海外FXの口座凍結の理由と解除方法:休眠口座

利用規約違反に次いで海外FXの口座凍結理由として多いものが休眠口座です。

海外FXの多くに口座維持手数料はありません。

しかし、あまりにも長期間口座を放置しておくとペナルティとして例外的に口座維持手数料が徴収されることがあります。

そして、業者によってはさらに放置期間の長いアカウントを口座凍結してしまうのです。

この場合の解除方法はそれほど難しくありません。

サポートデスクへ連絡して口座の再有効化を依頼すればよいのです。

ただし、ブローカーによっては一度口座凍結されると理由にかかわらず二度と解除できないこともあります。

その場合は、残念ながらふたたび新規アカウントでトレードを始めるほかありません。

海外FXの口座凍結の理由と解除方法:利用規約違反

海外FXには実に細かな利用規約が定められています。

それらに気づかず違反していても口座凍結されてしまいます。

そして利用規約はトレードにかかわるものばかりではありません。

たとえば、国際金融ライセンスで営業している海外FXにはアクセス制限地域というものがあります。

一例を挙げるとするとTitanFX(タイタンFX)では以下の地域からのアクセスを禁止しています。

・米国、オーストラリア、カナダ、ニュージーランド、朝鮮民主主義人民共和国、イラン、バヌアツ共和国

米国やオーストラリアなどは留学やビジネス、観光で訪れる人も珍しくありません そのような国からうっかりアクセスしてしまうと規約違反を理由として口座凍結されてしまいます。

ただ、この場合はサポートデスクへの連絡という解除方法が取れることも少なくありません。

ブローカーによって対応は違いますが、問い合わせてみる価値はあるでしょう。

海外FXの口座凍結の理由に意図的かどうかは関係しない

海外FXで口座凍結される場合、それが意図的かどうかは影響しません。

外形的に利用規約違反となっていればそれだけで口座凍結されてしまいます。

さきほど紹介したように、海外FXには国内ブローカーには見られない利用規約があることも珍しくありません。

無意識に違反に該当して口座凍結とならぬよう注意しましょう。

海外FXの口座凍結の理由に儲けすぎはあるのか?

海外FXは設けすぎも口座凍結の理由になるという噂もありますが、事実ではありません。

そもそも一個人の利益が企業の業績を悪化させるほどの影響力を持つことなどそうそうありえません。

海外FXの財務状況を調べると分かりますが、大半のブローカーは数十億円から百億円近い資産があります。

少なくとも数億円の利益が出せるようになるまでは儲けすぎによる口座凍結の心配は不要でしょう。

海外FXの口座凍結の理由と解除方法を分かりやすく解説 まとめ

海外FXの口座凍結の理由の多くは不正なトレードか休眠口座です。

休眠口座に関しては解除方法はありますが、不正なトレードの場合には解除はできないと考えておきましょう。

また、不正は意図しているかどうかにかかわりません。

無意識に規約に違反してしまっても口座凍結されてしまうことがあります。

海外FXを使う際にはそういった規約に関してあらかじめ概要だけでも把握しておくようにしましょう。