ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

海外FXのゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200625204425j:plain

海外FXの特徴は数百倍にものぼるハイレバレッジなトレードができることです。

そして、ゼロカットと呼ばれるシステムもまたハイレバレッジと並んで海外FXならではの大きな特徴です。

しかし、はじめて海外FXを使う人の中にはゼロカットがどういうものかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回は海外FXのゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

海外FXのゼロカットを分かりやすく解説

海外FXのゼロカットとは

海外FXのゼロカットとは、トレードの結果として万が一にも口座残高以上の損失を出しても、その分をなしにしてくれるシステムです。

これによりトレーダーはどれだけ損失を出しても借金を作るようなことにはなりません。

このゼロカットシステムは海外FXならではです。

国内ブローカーの場合、ゼロカットはありません。

口座残高以上の損失が出てしまうと不足分は追証(追加の証拠金)としてしっかり請求されることとなってしまいます。

一般的には「海外FXは危険/国内ブローカーは安全」というイメージが定着しているようです。

たしかにハイレバレッジが使える海外FXには一瞬で資産を溶かしてしまう危険性があることは事実です。

しかし、借金を作ってしまうリスクという観点から言うと、ゼロカットのある海外FXはむしろ国内ブローカーよりも安全ということもまた紛れもない事実なのです。

海外FXにしかゼロカットがない理由

基本的に海外FXのゼロカットはトレーダーにとってメリットしかないシステムです。

それならば国内ブローカーも採用してくれればよいのに、とお考えの人も多いのではないでしょうか。

しかし、残念ながら国内ブローカーは日本の金融庁の規制の影響によりゼロカットを採用することができません。

日本の法律上、FX会社は「トレーダーの損失補てん」を理由とした勧誘ができないことになっているからです。

対して、海外FX各社は日本ではなく国際金融ライセンスで営業しています。

そのため、なんの問題もなくゼロカットを採用することができるのです。

海外FXのゼロカットの仕組み

海外FXのゼロカットはブローカーがトレーダーの損失をゼロにしてくれるシステムです。

言い換えればこれは損失を肩代わりしてもらっているということでもあります。

海外FX業者の立場になってみればなんの利益もないように思えます。

では、なぜ海外FXはそれでもゼロカットを採用しているのでしょうか。

それは海外FXの収益モデルを考えるとはっきりしてきます。

海外FXの主な収益源は手数料(スプレッド)です。

当然、より多くのトレーダーが大きな取り引きをしてくれればくれるほどブローカーの収益も増加します。

しかし、仮にゼロカットがなかったとしましょう。

するとトレーダーはリスクをとらず低レバレッジ(小さなポジション)での保守的なトレードをするようになってしまいます。

そうなれば当然、海外FX業者の収益も激減してしまいます。

それならばゼロカットでトレーダーの損失分を肩代わりしてでも、活発なトレードをしてもらったほうがよいというわけです。

海外FXでゼロカットされないことはあるのか?

海外FXの利用者の声をみると、ゼロカットされないといった意見を目にすることがまれにあります。

しかし、一部の例外をのぞき、海外FXでゼロカットされないということはまずありえません。

これは各海外FXブローカーのゼロカットの仕様の違いによるものと思われます。

たとえば、あるブローカーは口座残高がマイナスになるとそれほど間をおかず自動的にゼロカットをします。

一方で、またある別のブローカーの場合、ゼロカットは手動でおこなわれるため不定期です。

そのため、ゼロカットが執行されるまでは一時的に口座残高がマイナスのままになってしまいます。

こういった反映タイミングの違いを知らず、一時的なマイナス残高を見て一向にゼロカットされないと勘違いしてしまうのです。

海外FXはゼロカットを悪用した両建て禁止

例外的に、海外FXではシステムの悪用とみなされるトレードをするとゼロカットがされないことがあります。

代表的なものとしては複数口座(アカウント)を用いた両建てが挙げられます。

両建ては同一銘柄について売り(ショート)と買い(ロング)のポジションを同時に建てる手法です。

このようにしておけばマーケットの動きに柔軟に対応できるというメリットがあります。

ほとんどの海外FXでも両建ては禁止されていません。

しかし、複数口座(アカウント)をまたいだ両建ては禁止です。

これはゼロカットが口座ごとに判定される仕様となっているからです。

仮に複数口座(アカウント)で両建てをしたとします。

そこでマーケットが急変すると片方の口座で大きな利益が出る一方で、もう片方の口座には同じだけの損失が生じます。

多くの場合、損失側の口座はゼロカットとなるでしょう。

すると、結果として利益はトレーダーが受け取るのに対して、損失はゼロカットによりブローカーが負担することとなってしまいます。

これは明らかにリスクとリターンのバランスを欠いた状態と言わざるを得ません。

そのため、海外FX各社は複数口座(アカウント)の両建てをゼロカットの対象外としているのです。

ちなみに、複数口座(アカウント)の両建てがゼロカット対象外だとしても、結局のところ双方の損益は相殺されるため口座残高がマイナスになることはありません。

ゼロカットされないといっても借金を作るような心配は不要です。

海外FXでゼロカットの悪用とみなされるその他の例

海外FXの多くでは以下のようなトレードもまたゼロカットの悪用とみなされます。

・重要な経済指標発表時を狙ったハイレバレッジトレード

・他社の口座を絡めた両建て

具体的にどこまでの行為がゼロカットの悪用とみなされるかは海外FX各社の取引ルールによります。

ただ、基本的にはゼロカットでリスクだけをブローカーに負担させるような行為は禁止と考えておいたほうがよいでしょう。

海外FX業者のほとんどは日本語サポートにも対応しています。

悪用とみなされる可能性のある手法をとるときは、あらかじめサポートデスクに確認をとっておくことをおすすめします。

海外FXのゼロカットを分かりやすく解説 まとめ

海外FXのゼロカットは万が一にも口座残高以上の損失を出しても、その分の損失をゼロにリセットしてくれるシステムです。

これによりトレーダーは借金を作る心配なしにハイレバレッジなトレードをすることができます。

ただし、システムの悪用とみなされる手法については例外的にゼロカットの対象外となることがあります。

たとえば、複数口座(アカウント)の両建てや重要な経済指標発表時を狙ったハイレバレッジなトレードなどが代表的です。

このあたりは利用する海外FXブローカーの規約次第によって若干の違いがあります。

いくつかのブローカーを併用する際などは事前に確認しておきましょう。