ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5のスマホアプリの使い方を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

そして、そんなMT5にはスマホアプリも存在します。

しかし、高機能ゆえに使い方が難しいのではと利用を躊躇している人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はMT5のスマホアプリの使い方を詳しく解説していきます。

MT5のスマホアプリの使い方を詳しく解説

MT5のスマホアプリの使い方の基本

MT5のスマホアプリは下方の基本メニューで「気配値」「チャート」「トレード」「履歴」「設定」を切り替える使い方が基本になります。

PC版のMT5でも気配値やチャートは独立したパネルとして存在します。

トレード、履歴あたりはPC版ではツールボックスに相当するメニューのような印象です。

全体的にPC版のMT5にくらべて使い方が大きく違ってくるようなことはありません。

スマホアプリ版でもMT5は変わらずかなり高機能といえます。

とはいえ、スマホアプリで初めてMT5を触るという人も少なくないはずです。

そこでここからは入手方法から設定方法まで、全体的にスマホアプリ版のMT5の使い方を解説していきます。

MT5のスマホアプリの使い方【入手方法】

MT5とはいっても、一般のスマホアプリの一種にすぎません。

したがって、入手方法も普通のスマホアプリとまったく同じです。

Google Playから誰でも無料で入手可能です。

実際にFX口座を持っていなくとも、とりあえずアプリを起動させることはできます。

本格的な使い方までは試せませんが、FX口座の開設前にそちらでMT5がどういったものかチェックしてみるのもよいかもしれません。

なお、iPhoneに関しては残念ながら最近になってMT5のスマホアプリは削除されてしまいました。 これは今後の動向を見守りましょう。

MT5のスマホアプリの使い方【設定方法】

実際にFXの口座を持っている場合は、その取引サーバーをMT5へ設定することで実際のトレードに利用できるようになります。

FX口座を開設すると、「ID」「パスワード」「取引サーバー」が配布されます。

それをMT5のスマホアプリへ入力して連係させましょう。

なお、スマホアプリ版とPC版のMT5に同じサーバーを設定すれば、証拠金や取引履歴は同期されます。

スマホアプリ版がPC版の劣化版ということはありませんが、やはり向いている使い方は若干異なります。

また、仮にいずれかが不具合を起こしたとしても他方でカバーできるためリスクヘッジにもなります。

個人的にはスマホアプリとPC版の双方を使えるようにしておくことをおすすめします。

MT5のスマホアプリの使い方【注文方法】

MT5のスマホアプリで利用できる注文方法の基本は成行と指値です。

成行はとくに売買価格を指定しない注文方法。

指値は希望価格を設定する注文方法です。

また、それぞれには利益確定や損切りの決済注文もあわせて予約できます。

注文は必ずしも「トレード」メニューからおこなう必要はなく「気配値」や「チャート」画面から機動的に遷移できます。

ただ、注文パネルの使い方に関しては実際に試すというわけにもいきません。

MT5のスマホアプリはデモ口座も接続可能です。

そして、大半のMT5対応のFX取引所はデモ口座も提供しています。

もし不安があれば、そちらで実際の注文パネルの使い方をいろいろと試してみることをおすすめします。

MT5のスマホアプリの使い方【口座管理】

MT5のスマホアプリから口座管理はできません。

証拠金や取引履歴などはMT5とFXの口座で同期しますが、一方でスマホアプリ上からの入出金は不可能です。

あくまでもMT5は「取引プラットフォーム」。

FX口座を管理するような使い方はできません。

口座管理はそれぞれのFX口座の管理画面からおこないましょう。

もっとも、大半の取引所の管理画面はスマホのブラウザからも問題なく使えます。

なかには専用のスマホアプリをリリースしている業者もあります。

したがって、PC版のMT5を使わずスマホアプリだけで口座管理からトレードまで完結させるのは難しくありません。

MT5のスマホアプリの便利な使い方

MT5のスマホアプリはPC版のMT5と併用することでかなり便利な使い方も可能です。

PC版のMT5ではいくつもの条件を設けてアラートを設定できます。

そして、スマホアプリとPC版のMT5を連係させておくとスマホにプッシュ通知もさせられます。

これは単に同じ取引サーバーでログインするだけでは機能しません。

スマホアプリのMT5ではMetaQuatesIDと呼ばれるIDを確認できるので、そちらをPC版のMT5のアラート設定に登録する必要があります。

決して無理に使う必要まではありませんが、スマホアプリの使い方に慣れてきたら試してみる価値はあるかと思います。

MT5のスマホアプリの使い方のMT4との違い

MT5という名前から想像できるかと思いますが、MT5には旧バージョンのMT4があります。

そして、もちろんMT4のスマホアプリも存在します。

しかし、基本的な使い方にほとんど違いはありません。

MT5のスマホアプリのほうが利用できる注文方法が若干多くなっていますが、そこまで多用する注文方法でもありません。

総じて、使い方の違いはほぼ無いといってしまっても差し支えないでしょう。

ちなみに、取引所によってはMT5とMT4のいずれも選べることも珍しくありません。

そのどちらが良いかはユーザー次第です。

一般的にはMT4は対応するカスタムインジケーターの種類が豊富。

MT5は動作が軽快といわれています。

しかし、スマホアプリではカスタムインジケーターは使えません。

したがって、そこまで積極的にカスタムインジケーターを利用するつもりがなければMT5を選んでおけば無難かと思います。

MT5のスマホアプリの使い方とPC版との違い

MT5のスマホアプリがPC版の劣化版ということはありません。

スマホアプリといえども、かなり高機能です。

しかし、残念ながらスマホアプリ版のMT5では自動売買はできません。

こればかりはPC版MT5の専売特許です。

自動売買(EA)に興味のある人はPC版をメインとして、スマホアプリはあくまでも出先用のツールと位置づけておくとよいかもしれません。

ただ、個人的にはFX初心者の人が自動売買(EA)をするのはおすすめしません。

仮に自動売買の使い方が分かったとしても、ロジックが分からなければ良否の判断もできません。

経験を積むためにも、やはり基本的には自分自身の手で裁量トレードをすることをおすすめします。

MT5のスマホアプリの使い方を詳しく解説 まとめ

MT5のスマホアプリの使い方はそこまで難しくありません。

おそらくは直感的に使っていけることかと思います。

ただし、残念ながらMT5のスマホアプリは自動売買(EA)できませんしカスタムインジケーターも利用できません。

PC版のMT5にくらべれば若干使い方に制限があることは承知しておきましょう。

とはいえ、FXの取引プラットフォームとしての使い勝手は抜群です。

メインとして使うつもりがなくとも用意だけはしておくことをおすすめします。