ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5のダウンロード(インストール)を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

そんなMT5は基本的にPCかスマホにダウンロード(インストール)して使うものです。

しかし、具体的にどういった方法でダウンロード(インストール)すればよいのか分からないという人もいるかもしれません。

実際、MT5の入手方法にはいくつかのバリエーションがあります。

そこで今回はMT5のダウンロード(インストール)方法について詳しく解説していきます。

MT5のダウンロード(インストール)を詳しく解説

MT5のダウンロード(インストール)方法は3パターン

MT5は主に以下のような3つの方法でダウンロード(インストール)できます。

・FX業者のウェブサイトから入手

・MT5の開発元から入手

・アプリストアから入手

前者2つはPC版のMT5。

アプリストアからダウンロード(インストール)できるものはスマホ用のMT5です。

とはいえ、2者択一ではなくPC版とスマホアプリ版のMT5は併用可能です。

基本的には両方ダウンロード(インストール)しておくことをおすすめします。

ではここからはPC版、スマホ版のそれぞれに分けてMT5のダウンロード(インストール)方法を解説していきます。

MT5のダウンロード(インストール)方法【WindowsPC】

MT5は基本的にWindowsでの利用を前提にしています。

FX業者からMT5を入手する場合、とくに断りがなければ暗にWindows版のMT5を指しているかと思います。

具体的なダウンロード(インストール)方法は業者によって若干異なりますが、普通のアプリと同じです。

公式ウェブサイトにダウンロード(インストール)リンクがあるか、あるいは口座開設者にダウンロード(インストール)リンク記載のメールを送るやり方がが一般的です。

あとはウィザードに沿って操作していけば誰でも簡単にダウンロード(インストール)できます。

途中でコミュニティへの登録を促されますが、それは無視しても問題ありません。

あとは、ダウンロード(インストール)されたMT5から業者の取引サーバーへログインすればOKです。

なお、うまく取引サーバーへログインできないという人は「サーバー情報」を誤っていないか確認してみましょう。

一見するとIDとパスワードだけでよさそうなものですが、実際にはサーバー情報も適切なものを選ぶ必要があります。

そして、デフォルトではデモ口座用のサーバー情報になっていることもあるからです。

MT5のダウンロード(インストール)方法【Mac】

MT5にはMac用のものも存在します。

ただ、Mac用のMT5をダウンロード(インストール)できるかどうかは利用するFX業者次第です。

MT5自体はリリースされてそれなりの時間が経過していますが、MetaQutesがMac用を正式リリースしたのは最近のことだからです。

それまではデスクトップ上にWindowsの仮想デスクトップを作成してダウンロード(インストール)する方法が一般的でした。

その際はWineと呼ばれるアプリが主に使われていました。

どうしてもMac版のMT5に対応していない業者を使いたい人はそちらの利用も検討してみるとよいかもしれません。

MT5のダウンロード(インストール)方法【MetaQutes公式】

MT5はFX業者ではなくMetaQutes社のウェブサイトから直接ダウンロード(インストール)することも可能です。

ただ、このやり方をするメリットはほとんどありません。

結局のところ、MT5を使うためにはFX業者の口座が別途必須だからです。

また、業者の提供しているMT5はその業者用に若干のカスタムがされています。

どうせならばそちらのMT5をダウンロード(インストール)しましょう。

なお、業者ごとのMT5はとくに競合しません。

複数業者を使い分けたい人はそれぞれでダウンロード(インストール)しておいてまったく問題ありません。

MT5のダウンロード(インストール)方法【スマホ】

スマホ版のMT5はアプリストアからダウンロード(インストール)できます。

普通のアプリとなんら変わりありません。

ただ、残念ながら現状、iPhoneユーザーはMT5をダウンロード(インストール)できません。

App Storeでもこれまでは問題なく普通のアプリとしてダウンロード(インストール)できていました。

しかし、最近になってアップルはMT5のストアでの取り扱いを停止してしまいました。

理由は諸説ありますが、どれも真偽の程は定かではありません。

復活するかどうかも不透明です。 iPhoneユーザーの人は、しばらくのあいだはスマホではMT5は使えないものと考えておきましょう。

ちなみに、FX業者のウェブサイトにもスマホ版MT5のダウンロード(インストール)リンクがあるかと思いますが、そちらを経由しても同じです。

結局はアプリストアへ繋がれるだけです。

MT5がダウンロード(インストール)できないときは

MT5をダウンロード(インストール)できないときはブラウザ版のMT5を使いましょう。

これもFX業者次第なところもありますが、MT5にはブラウザだけで利用できるウェブトレーダーも存在します。

そちらであればPC、スマホのいずれにもダウンロード(インストール)する必要はありません。

インターネットへアクセスできるブラウザがあればトレードできます。

ほんのわずかにダウンロード(インストール)版のMT5にくらべると機能は落ちますが、決定的というほどでもありません。

この方法であればiPhoneユーザーの人もとりあえずはスマホでMT5を使えます。

アプリストアに復活するかは不明ですが、当面はこの方法でしのぎましょう。

MT5のダウンロード(インストール)に必要な時間・容量

MT5のダウンロード(インストール)にはたいした時間も容量も必要ありません。

MT5を使うために必要なデータ容量は数十MBくらい。

容量不足でダウンロード(インストール)できないことはまずないかと思います。

また、容量がたったのそれくらいなのでダウンロード(インストール)する時間も一瞬です。

PC版は多少容量多めですが、それでも数分とかかりません。

その他の手続きも含めて、スムーズにいけば10分とかからずMT5を使い始められます。

MT5のダウンロード(インストール)を詳しく解説 まとめ

MT5にはいくつかのダウンロード(インストール)方法があります。

ただ、基本的にはFX業者のウェブサイトかアプリストアからダウンロード(インストール)することになります。

MT5の開発元であるMetaQuates社のウェブサイトからもダウンロード(インストール)できますが、そのやり方をするメリットはありません。

また、残念ながら現状、iPhoneユーザーはスマホ版のMT5をダウンロード(インストール)することはできなくなってしまいました。

理由も不明ですし、今後復活するかも分かりません。

とりあえずスマホでMT5を使いたい人はダウンロード(インストール)不要で使えるウェブトレーダーを利用しましょう。