ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5の自動売買(EA)を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

そんなMT5が人気なのはその高機能さだけが理由ではありません。

自動売買(EA)ができることもまた人気の理由のひとつです。

しかし、自動売買(EA)と聞くと難しそうと感じる人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はMT5の自動売買(EA)について詳しく解説していきます。

MT5の自動売買(EA)を詳しく解説

MT5は自動売買(EA)も可能

MT5は自動売買(EA)も可能です。

デフォルトでMT5に搭載されているツールを利用すればプログラム通りの自動売買(EA)ができます。

ただし、MT5で可能かどうかと取引所が許可しているかどうかはまた別の話しです。

あくまでもMT5は汎用性の高い取引プラットフォーム。

その使い方をどこまで許容するかはMT5を採用しているFX業者次第です。

実際にMT5で自動売買(EA)をするときは業者自体が禁止していないかは事前に確認しておくようにしましょう。

なお、MT5を採用している業者の大半は海外業者。

そして、海外業者のほとんどは自動売買(EA)を許可しています。

しかし、口座タイプによっては自動売買(EA)が禁止されていることも珍しくありません。

事前に自動売買(EA)の可否をチェックするときは、業者の規約というよりは口座タイプごとの縛りに注意しておくとよいかと思います。

MT5の自動売買(EA)の作り方

MT5で稼働する自動売買(EA)プログラムはMQLと呼ばれるプログラム言語で作られています。

そして、MT5には自動売買(EA)プログラムを作成するためのガイドツールが標準搭載されています。

ガイドツールにはテンプレートもありますし、丁寧なウィザードもあるためプログラミングの知識ゼロで自動売買(EA)プログラムを作れないこともありません。

ただ、実際にはそれでまともに動くプログラムを作るにはかなりの労力と時間を要するはずです。

そのため、多くの人は自作ではなく、すでに存在する自動売買(EA)プログラム調達して利用します。

自動売買(EA)プログラムはMT5ユーザー同士のコミュニティやSNSなど多彩な手段で入手できますので、自分好みのプログラムを探しましょう。

ただし、FXの自動売買(EA)プログラムをうたう商品の中には高額なだけでまったく成果の出ない詐欺まがいものも少なくありません。

実際にMT5の自動売買(EA)プログラムを購入するときは内容をよく吟味するようにしましょう。

MT5の自動売買(EA)にプログラミングは必須?

MT5で自動売買(EA)プログラムを使うにあたってプログラミングの知識は必須ではありません。

ただ、多少の素養があれば若干便利かもしれません。

どうしても、自分の理想どおりの自動売買(EA)プログラムを探し出すのは簡単ではありません。

しかし、自分でイチからプログラムを書けなくとも、少しの知識があれば微修正くらいならばできるからです。

無理に学ぶ必要はありませんが、もとよりプログラミングに興味があったのであれば少しMQLを学習してみるとよいかもしれません。

MT5の自動売買(EA)に必要なもの

MT5で自動売買(EA)をするにあたってプログラミングの知識はなくとも問題ありません。

しかし、一般的に自動売買(EA)をするには他にVPSが使われます。

VPSとは、バーチャル・プライベート・サーバーの略称で、ごく簡単にいえば外部に高機能なPCをレンタルするようなサービスです。

かかる費用はピンからキリまでで、安ければ月額数百円、高スペックなVPSとなると数千円から数万円ほどかかります。

もっとも、MT5で自動売買(EA)するだけであれば数百円のVPSでも基本的には問題ありません。

ただし、自動売買(EA)をする場合、大半の人は自宅PCではなくVPS上にMT5をインストールして稼働させます。

というか、そうしないとVPSをレンタルする意味もありません。

したがって、VPSで自動売買(EA)プログラムをするためには、PCのリモート接続操作の知識が必要になってきます。

一応、自宅PCで自動売買(EA)プログラムを稼働させることもできなくはありませんが、その場合は常時24時間365日自宅PCを安定稼働させる必要が生じます。

率直にいって、あまり現実的ではありません。

基本的にはMT5で自動売買(EA)プログラムを使う際にはVPSが必要と考えておくべきではないでしょうか。

MT5の自動売買(EA)のやり方

ここまで解説してきた必要なものを揃えた前提で、MT5での自動売買(EA)のやり方を簡単に見てみましょう。

まずは、自宅PCからVPSをリモートで操作します。

WindowsPCであればアクセサリのリモートデスクトップ接続から可能です。

その際にはレンタルしたサービスから配布されるIDが必要になってきます。

そのうえで、次はVPS上にMT5をインストールします。

それが済んだら、VPSに自動売買(EA)プログラムをダウンロードします。

そして、ダウンロードした自動売買(EA)プログラムをMT5のデータフォルダへコピー(移動)。

最後にMT5を再起動してプログラムを稼働させれば完了です。

VPSは基本的にメンテナンス不要で常時稼働するので、MT5は落とさずにそのままにしておきます。

また、VPSと自宅PCとのリモート接続を切ったとしても一度稼働させた自動売買(EA)プログラムは動き続けます。

あとは必要に応じてプログラムのON/OFFを切り替えていくだけになるはずです。

以上が、MT5で自動売買(EA)プログラムをする全体的な流れです。

おそらく初見では、VPSのリモート接続とデータフォルダへの自動売買(EA)プログラムの追加が多少手間取る部分かと思います。

MT5を使わない自動売買も不可能ではない

FX業者によってはMT5不要で自動売買ができるところもあります。

一般的には自動売買というとMT5標準のエキスパートアドバイザー(EA)を使ったものを指します。

しかし、そうした業者ではEAを使わず、自社システムで自動売買を稼働させます。

また、そのシステムも他人のトレードを模倣するようなものです。

厳密にいえば、自動売買(EA)というよりはミラートレードです。

たとえば、海外FXのGEMFOREX(ゲムフォレックス)などはミラートレードの大手です。

VPSの導入やMT5へのプログラムの実装が難しいという人はそれらの利用も検討してみてはいかがでしょうか。

MT5の自動売買(EA)を詳しく解説 まとめ

MT5は自動売買(EA)も可能です。 一般的に自動売買(EA)プログラムをする人の多くはVPSを利用します。

その手間と費用さえクリアできれば意外と難しくはありません。

ただし、MT5が自動売買(EA)できたとしてもFX業者がそれを許可しているとはかぎりません。

海外FXでも利用する口座タイプ次第では自動売買(EA)が禁止されていることもあるので、そこは注意しておきましょう。