ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

しかし、そんなMT5を触ってみたものの、レバレッジの設定方法・変更方法が分からないという人も少なくないようです。

レバレッジはFXの核となる要素。

設定方法や変更方法が分からないのではまともな取り引きもできません。

そこで今回はMT5のレバレッジの設定方法・変更方法について詳しく解説していきます。

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法を詳しく解説

MT5にレバレッジの設定方法・変更方法自体はない

レバレッジはFXでは非常に重要な要素です。

しかし、実はMT5自体にレバレッジの設定方法・変更方法は用意されていません。

そもそも、MT5の仕様上、レバレッジ倍率○倍といった設定方法はありません。

一般的にいわれるレバレッジは「最大」レバレッジ。

その上限の範囲内で注文内容に応じてレバレッジが決まります。

すでに保有してあるポジションのレバレッジも同様です。

したがって、「倍率」ではなく他の可変部分を調整することが、MT5におけるレバレッジの実質的な設定方法・変更方法になります。

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法の実質的な仕組み

MT5のレバレッジは「最大レバレッジ」の範囲内で、注文ポジションと証拠金の関係に応じて自動的に決まります。

たとえば、10万円の資金で100万円分のポジションを発注した場合、100万円は10万円の10倍なので「10倍」のレバレッジがかかります。

50万円分の注文ならば5倍です。

ここを理解しておけば実質的には○倍とレバレッジを指定する設定方法のような使い方も可能です。

つまり、注文数量か証拠金を加減すればレバレッジを意図的に調整できるというわけです。

また、MT5は既存ポジションの一部決済も可能です。 これを応用すれば同じ理屈を利用した変更方法もとれます。

もっとも、これはかなり単純化した設定方法です。

実際には若干の慣れは必要ですし、手数料などもかかるためここまで単純な設定方法・変更方法にはなりません。

しかし、少なくとも固定レバレッジしか使えないわけではありませんし、あとから変更も可能です。

MT5対応の業者を使うときはこうしたレバレッジの設定方法・変更方法の仕組みは承知しておきましょう。

MT5の最大レバレッジの設定方法・変更方法

MT5で使える「最大」レバレッジの設定方法・変更方法ということであれば、普通はMT5ではなく業者のアカウント管理からおこなえます。

具体的な設定方法・変更方法は業者次第ですが、これは一般的にアカウント管理画面から即時可能です。

仮に時間がかかっても、おそらく5分くらいといったところでしょう。

ただ、そもそも最大レバレッジの範囲内であればMT5内部の証拠金やポジションを変えるという設定方法・変更方法で対応できます。

したがって、事実上は主に最大レバレッジの引き上げをすることになるでしょう。

とはいえ、低いレバレッジ上限にしておけば設定方法を誤ってハイレバレッジで注文してしまうミスは防げます。

そこを加味すると、むやみにハイレバレッジにせず多少余裕を持ったくらいの倍率にしておくとちょうどよいのではないでしょうか。

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法の代替案

MT5で使えるレバレッジを機動的に設定・変更したいというのであれば、複数の口座タイプの併用をおすすめします。

MT5は単一のMT5内部に複数の口座タイプを登録して都度、切り替えて使えます。

そこで異なるレバレッジの口座タイプを併用しておけば、口座タイプの切り替えで実質的に最大レバレッジの変更も可能というわけです。

追加口座の設定方法もまた業者次第ですが、やはり普通は数分もあれば開設できます。

同じ口座のレバレッジをあまり頻繁に変更したくない人は複数口座の併用も検討してみましょう。

ただ、これは同じ業者の異なる口座タイプの話しです。

MT5を採用している業者は多数あり、おそらく同じMT5内で複数業者の併用も可能です。

しかし、各取引所は自社用のMT5をリリースしています。

業者による違いはほとんどないはずですが、なにか不具合が生じないともかぎりません。

複数業者の併用については、基本的には各社ごとのMT5で使い分けることをおすすめします。

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法の注意点

やはり業者次第でえすが、MT5の最大レバレッジは変動することもあります。

たとえば、大手海外FXのXMでは証拠金の残高によって最大レバレッジが以下のように変わります。

・20,000ドル以下・・・1,000倍

・100,000ドル未満・・・200倍

・100,000ドル以上・・・100倍

また、ほかにもトレードする通貨ペアによる制限もあります。

この制限に該当すると、MT5の仕組み上の設定方法・変更方法であっても十分なレバレッジを使えません。

レバレッジ制限は業者ごとにけっこうな違いがあります。

常に高いレバレッジを使いたい人はレバレッジ制限の有無や厳しさにも注目しておきましょう。

MT5以外もレバレッジの設定方法・変更方法はないのか

MT5以外のプラットフォームでもたいていはレバレッジの設定方法や変更方法は用意されていません。

大半の取引所でも、ここまで解説してきたような証拠金や注文数量を調整するような設定方法・変更方法をすることになります。

つまり、レバレッジを設定する/変更する仕組み自体がMT5どうこうではなく、FX全般の共通の考え方というわけです。

基本的にMT5以外を使ったとしてもレバレッジ○倍といった設定方法はできません。

こればかりはどうしようもありません。

長くFXをするつもりの人は早めに慣れてしまいましょう。

とはいえ、なにごとも例外はあります。

ごくごく一部の取引所については「スライダー」を用いたレバレッジの設定方法・変更方法が利用できるところがありました。

どうしてもそうした設定方法を使いたい人はそうした業者を探してみるのもよいでしょう。

ただし、個人的に知っているそうした業者の本業は為替のFXではなく仮想通貨FXです。

また、そちらについてはMT5は採用していません。

さらに、同じFXといっても為替と仮想通貨とではかなりルールも異なります。

単に通貨ペアが共通しているからといって、くれぐれも同じようにトレードできるとは思わないようにしましょう。

MT5のレバレッジの設定方法・変更方法を詳しく解説 まとめ

MT5自体にレバレッジの設定方法・変更方法は用意されていません。

しかし、注文数量や証拠金を調整すれば実質的にレバレッジを設定・変更することも可能です。

また、MT5を使っている業者のほうで依頼すれば口座ごとのレバレッジの変更はできます。

また、複数の口座タイプを併用すれば、それを切り替えて、使いたいレバレッジを都度設定・変更することもできなくはありません。

とはいえ、いずれにせよレバレッジ○倍といった設定方法・変更方法は存在しません。

これはFXの決まりごとのようなものです。早めに慣れてしまいましょう。