ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5とMT4の違いを比較して詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

そして、MT5には兄弟ともいえるMT4が存在します。

そのため、どちらを使うべきか決めかねるという人も少なくないようです。

そこで今回はMT5とMT4の違いを比較して詳しく解説していきます。

MT5とMT4の違いを比較して詳しく解説

MT5とMT4の違いの概要

MT5とMT4には主に以下のような違いがあります。

・注文方法(取引方法)

・対応業者

・カスタムインジケーターのバリエーション

・時間足

・動作の軽快さ

他にも細かな違いはあるかもしれません。

ただ、比較されがちな目立った違いは上記のとおりです。

実際に使ってみれば分かりますが、MT5とMT4は全体的にそこまで決定的な違いはありません。

名前から分かるようにMT5は次世代型のMT4ですが、どちらかといえばバージョンアップに近い印象です。

惜しむらくは互換性がないところですが、感覚的にはほとんど変わらぬ使い方が可能です。

とはいえ、あとになってから細かい違いが気になってくる可能性もなきにしもあらず。

そこでここからは上記の違いについてもう少し詳しく解説していきます。

MT5とMT4の違いを比較【注文方法】

MT5とMT4とでは利用できる注文方法に若干の違いがあります。 MT5で利用できる注文方法は以下のとおり。

・成行(ストリーミング注文 or カウントダウン注文)

・Limit注文

・Stop注文

・Stop Limit注文

対して、MT4ではこの中のうち「Stop Limit注文」がありません。

もっとも、成行とLimit、Stopがあれば基本的な注文で困ることはまずありません。

単純比較すると注文方法が少ないMT4のほうが不利に見えますが、実際にはそこまでの違いではありません。

ちなみに、MT5/MT4をまったく知らない人向けに解説すると、Limitは指値、Stopは逆指値です。

国内FXと注文方法の名前こそ違いますが、基本的には同じような使い方ができます。

ただし、MT4/MT5はOCOやIFDOCOのような複雑な条件付は苦手です。

MT4/MT5はかなり高機能ですが、条件付きの予約決済だけは国内FXにやや遅れを取っているような印象です。

MT5とMT4の違いを比較【対応業者】

MT5とMT4は対応している業者の数も違います。

これは業者によりけりですが、総じてMT4の対応業者は年々少なくなっています。

これはMT5とMT4の開発元であるMetaqutes社がすでにMT4のサポートを終了しているからと思われます。

MT4はいまだ根強い愛用者が少なくありませんが、今後、MT5が主流となっていくのは明白です。

今回の比較結果を見れば分かると思いますが、両者にはそこまで決定的な違いもありません。

両方選べる選択肢のある業者で決めかねるという人は、とりあえずMT5を選んでおけばよいのではと思います。

MT5とMT4の違いを比較【カスタムインジケーター】

MT5とMT4とでは対応するカスタムインジケーターのバリエーションも違います。

総じて、MT4のほうがカスタムインジケーターのバリエーションは豊富です。

これは単純にMT4のほうが歴史が古いからです。

そして残念ながら、MT5とMT4に互換性はないため、MT4用のインジケーターがMT5で動かないことも珍しくありません。

どうしても使いたいインジケーターがMT4にしかないようであれば、あえてMT4にこだわるのもよいのでないでしょうか。

ただ、MT5がリリースされてからそれなりに時間も経っており、徐々に対応するカスタムインジケーターのバリエーションも充実してきています。

さすがにMT4に比較すると多少は見劣るでしょうが、いずれ逆転するのは時間の問題です。

長い目で見れば、カスタムインジケーターのバリエーションの違いは遅からず埋まっていくことと思います。

MT5とMT4の違いを比較【時間足】

MT5とMT4とでは利用できる時間足にも微妙な違いがあります。

MT5、MT4いずれも利用できる時間足の基本は「分足」「時間足」「日足」「週足」「月足」です。

しかし、より細かい時間の区切りはMT5が圧倒的に優れています。

分足で見ればMT5の時間足は以下のとおり。

・1分足~4分足

・5分足~12分足

・15分足、20分足

・30分足

短時間の時間足で1分刻みの設定が可能です。

対して、MT4はMT5とは違い、ここまで細かい設定はできません。

時間足の比較でいえば、明らかにMT5のほうが自由が効くといえるでしょう。

とくに超短期のスキャルピングをする人にとってこの違いは小さくありません。

スキャルピングメインの人に関してはMT5の有無で業者を選ぶのもよいかもしれません。

MT5とMT4の違いを比較【動作】

MT5とMT4とでは動作の軽快さも違います。

ただ、これは利用環境なども影響してきますし一概にどちらが有利ともいえません。

一般的には最新版であるMT5のほうが動作が軽いと言われていますが、一方でMT4のほうが軽いという声も聞かれます。

総じて、この違いについては単純比較は難しいと言わざるを得ません。

もっとも、いずれにせよMT5/MT4のどちらも基本的にはたいしたスペックを要求されません。

普通に使っているかぎりは動作に重さを感じることも少ないはずです。

たとえば、よほど多数のインジケーターやEAを走らせないかぎりは快適に使えるのではと思います。

MT5とMT4の違いが気になる人は

額面上のスペックではなく実際にMT4とMT5の違いを比較したい人は、双方に対応している業者を使ってみてはいかがでしょうか。

国内FXと違い、海外FXの多くはひとつのアカウントにつき複数の口座タイプを利用できます。

そして業者によってはMT4とMT5の併用も可能です。

それらを使ってみて、実際にどちらが自分向きなのか比較してみましょう。

また、同一業者でなくとも複数業者を使って比較するのも手です。

海外FXの口座開設はかなり簡単ですし、普通は口座維持に手数料もかかりません。

どうしても業者間の違いは出てくるでしょうが、それでもMT5とMT4の違いを体感するには大きな問題もないはずです。

さらにいえば、異なる業者を平時から使っておけばリスクヘッジにもなります。

常に併用する必要はありませんが、できれば2~3つの業者の口座は開設しておくことをおすすめします。

MT5とMT4の違いを比較して詳しく解説 まとめ

MT5とMT4には「注文方法」「時間足」「動作の軽さ」「対応業者」などの違いがあります。

ただ、いずれも表立って比較しないと気づかない程度です。

基本的には両者ともに決定的な違いはありません。

個人的には、MT4が使えるか、MT5が使えるかよりも業者の特徴を重視すべきかと思います。

ただし、カスタムインジケーターの対応についてはMT4、MT5のどちらかでしか使えないこともままあります。

カスタムインジケーターを使う人はここだけはとくに注意しておきましょう。