ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5のRCIを詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5は多彩なインジケーターが使えることが大きな特徴のFX専用の取引プラットフォームです。

RCIはそんなMT5で使える人気のあるインジケーターのひとつです。

しかし、名前だけではそれがどういったインジケーターなのかは想像もつかないことかと思います。

また、MT5にはRCIと混同しやすい別のインジケーターも存在します。

そこで今回はMT5のRCIについて詳しく解説していきます。

MT5のRCIを詳しく解説

MT5のRCIとは

MT5のRCI(Rank Correlation Index)とは、価格と時間の「順位」に着目したインジケーターです。

一般的なインジケーターは価格や上昇/下落幅、時間などそのものを構成要素にしています。

しかし、MT5のRCIでは価格と時間を一定のルールで順位付けして、その順位間の相関をはじき出して分析の根拠とします。

具体的には、直近N日間が対象の場合、最も近い時間の順位を1、そしてそこから離れるほど数字を大きくしていきます。

価格については高いものが1で低くなるほど順位も下がります。

それらの相関を見るので、要するに分かりやすい右肩上がり/下がりのチャートになるほどRCIも同様のかたちになっていきます。

ごく簡単にいえば、MT5のRCIはチャートがどれだけ分かりやすいトレンドを描いているかを示すインジケーターといってもよいかもしれません。

MT5のRCIはカスタムインジケーター

MT5のRCIは「カスタム」インジケーターです。

そのため、MT5デフォルトのインジケーターには用意されていません。

RCIを使うためにはRCIを取り入れたインジケーターを別途自分で入手しなければなりません。

これはウェブサイトやSNSなどで第三者が作成したものを簡単に入手できます。

大半はとくに費用もかからず無料で入手可能です。

ご自分の使いやすいものを手に入れましょう。

ただし、残念ながらFX界隈ではMT5関連のインジケーターを呼び水にした詐欺も珍しくありません。

RCIに関してはそうしたケースは少ない印象ですが、一応の警戒はしておきましょう。

MT5のRCIの設定方法

カスタムインジケーターは入手したあとMT5に設定しなければ使えません。

MT5のメインメニューから「ファイル」→「データフォルダを開く」→「Indicators」と進んだ場所にRCIのデータファイルを保存しましょう。

その後にMT5を再起動すると、標準搭載のインジケーターと同じようにRCIを使えるようになります。

このやり方はRCIにかぎらずカスタムインジケーター全般の設定で同様です。

また、自動売買プログラムの設定でもほぼ同じやり方をします。

MT5のメリットを最大限活かすためにもデータフォルダの使い方は覚えておきましょう。

MT5のRCIの使い方

MT5のRCIは「-100~100」の値をとります。

横ばいを表す0を境に下落傾向/上昇傾向を意味します。

もっとも、そのようなことはチャートを見れば、わざわざRCIに頼らずとも一目瞭然です。

トレンドを数値として可視化できるのはメリットですが、それでも1本のRCIだけではあまり使う意味を見出だせません。

したがって、実際には短期・中期・長期のRCIを重ねて表示したり、他のインジケーターを組み合わせたりして使うことになるでしょう。

MT5のRCIとRSIの違い

MT5にはデフォルトで利用できるインジケーターの中にRSIと呼ばれるものがあります。

名前こそよく似ていますが、両者はまったく異なるものです。

RSIの正式名称は「Relative Strength Index」。

一般にはRSIと略称で呼ばれがちですが、MT5上では正式名称になっています。

RSIはその通貨ペアの売られすぎ/買われすぎを表現するインジケーターで、主に通貨ペアの「値上がり幅」と「値下がり幅」の平均値で求められます。

対して、RCIは順位付けした価格と時間の相関を見るインジケーターです。

あえてざっくり違いを表現すれば、RSIは売買の強弱を見るインジケーター、RCIは過熱感を見るインジケーターでしょうか。

偶然にして名前は似ていますが共通部分は「値」を意味するIndexだけ。

いずれにせよ、MT5のRCIはRSIの派生でもなんでもなく、計算根拠も用途もまったく異なるインジケーターです。

くれぐれも両者は混同しないよう注意しましょう。

MT5のRCIの計算方法

冒頭ではMT5のRCIの概要を紹介しました。

念のため詳細な計算方法も見ておきましょう。

MT5のRCIは以下の計算方法で求められます。

・RCI=(1-(6×D)/(N(N^2-1))×100

※ D・・・日付と価格の順位の差を2乗した合計値

※ N・・・任意の期間

実際、完全に理解しておく必要はありません。

一応、こういう計算方法ということだけなんとなく把握しておけば十分かと思います。

参考までに、RCIではなくRSIの計算式は以下のとおりです。

・RSI=A/(A+B)×100

※ A・・・一定期間の上昇幅の合計

・B・・・一定期間の下落幅の合計

ひとめで要素も計算方法もまったく共通していないことが分かるのではないでしょうか。

MT5のRCIはスマホでも使える?

MT5にはスマホアプリ版もあります。

しかし、そちらでRCIは使えません。

というのも、RCIはカスタムインジケーターですが、スマホアプリ版のMT5はそのカスタムインジケーターに対応していないからです。

RCIを使いたい人はPC版のMT5を使いましょう。

MT5のRCIの効果

あくまでも個人的な評価ですが、MT5のRCIはそこまで積極的に使う必要はないように思います。

計算方法を見ると、価格や時間といった要素を抽象化したうえで相関関係を分かりやすくしているにすぎません。

素人目に見ると、移動平均線と表現しているものがそう大きく違うようにも思えません。

なぜか日本では人気のようですが、世界的に見るとあまりメジャーではないとの声も聞かれます。

実際、MT5のデフォルトインジケーターにRCIは含まれていません。

もちろん使い方次第で絶大な効果を発揮することもあるのでしょうが、わざわざカスタムインジケーターとして導入するほどかというと疑問が残ります。

個人的な見解ではありますが、導入が面倒という人は他のMT5標準インジケーターの活用を模索してみてはいかがでしょうか。

MT5のRCIを詳しく解説 まとめ

MT5のRCIとは、価格と時間を「順位」づけてその相関を見るインジケーターです。

MT5標準のインジケーターには含まれず、使うためには自分でカスタムインジケーターとして実装する必要があります。

また、似た名前のインジケーターとしてRSIが存在しますが、根拠も用途もまったく異なります。

総じて、RSIはシンプルな結果を複雑な計算式で表現しているような印象です。

個人的には、使い方がいまひとつ分からないという人は無理に使っていく必要はないのではと思います。