ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

MT5の税金の計算方法と確定申告を詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

MT5はプロも使うと言われるほど高機能なFX専用の取引プラットフォームです。

そんなMT5でまとまった利益を出せると気になってくるのが税金と確定申告ではないでしょうか。

実際、会社員の人などは確定申告をする機会もそうそうないもの。

初めての経験でどうすればよいのか分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はMT5の税金の計算方法と確定申告について詳しく解説していきます。

MT5の税金の計算方法と確定申告を詳しく解説

MT5自体は税金の計算方法と確定申告とは無関係

MT5自体は税金とは無関係です。

MT5は単なる取引プラットフォームにすぎず、税金が関わってくるのはそのMT5を使っているFX取引所のほうです。

ただ、MT5はFX専用の取引プラットフォーム。

そのFXでいえば、そこで獲得した利益は原則的に確定申告が必須です。

そして税金の計算方法は申告分離課税か総合課税のいずれかが適用されます。

国内FXは申告分離課税、海外FXは総合課税です。

MT5を使っているかどうかではなく、そのMT5経由で国内と海外のどちらの業者を使っているかが問題です。

もっとも、MT5に対応しているFX業者のほとんどは海外です。

そこでここからはMT5対応の海外FXを前提として税金の計算方法と確定申告について解説していきます。

MT5の税金の計算方法と確定申告の有無

MT5対応業者で獲得した利益には原則的に税金がかかります。

しかし、原則には例外があるもの。 年間の雑所得が20万円を超えない場合は税金もかかりませんし、当然ながら確定申告も不要です。

もちろん、複雑な税金の計算方法を把握しておく必要もありません。

ただし、この「雑所得」には幅広い所得が含まれます。

たとえば、MT5以外を利用する他の海外FXの利益も雑所得ですし、あるいは単なる他の副業収入もまた雑所得です。

したがって、単純にMT5の取引履歴上の年間利益が20万円以下ならば税金がかからないというわけではありません。

さまざまな雑所得の合計が20万円を超えれば合算して確定申告しなければなりません。

本業の給与以外に所得のある人はとくに注意しておきましょう。

MT5の税金の計算方法は総合課税

MT5対応業者で獲得した利益にかかる税金の計算方法は総合課税です。

総合課税とは、その名のとおり、さまざまな所得を合算して総合的に課税する計算方法です。

先ほど解説した雑所得の合算がまさに総合課税ならではの税金の計算方法です。

対して、国内FXなどに適用される申告分離課税では、雑所得とは切り離されて税金が計算されます。

日本は所得が上がるほど税率も上がる累進課税なので、仕組み上は総合課税のほうがやや不利です。

ちなみに、もしMT5が国内FXに対応していれば、MT5を使っているかどうかに関わらず申告分離課税になるはずです。

ただ、知るかぎりMT5でトレードできる国内FXはないはずです。

基本的にはMT5を使える業者の税金の計算方法は総合課税と考えてよいかと思います。

MT5の税金の計算方法と確定申告に必要な書類

MT5対応業者で得た利益は原則的に確定申告が必要です。

そして、確定申告の際には以下のようなさまざまな書類が必要になってきます。

・各種控除書類

・源泉徴収票

控除関係の書類は会社員の人であれば、年末調整の際にいくつか会社へ提出しているかと思います。

源泉徴収票にはそれらも加味した税金の天引き(源泉徴収)額が記載されています。

したがって、確定申告で必要になるのはそこで提出していない控除関係の書類です。

この2つを用意しておけば、だいたいの税金の計算方法には困りません。

ただし、MT5対応業者の大半は取引報告書が発行されません。

そのため、取り引きにかかる損益は自分で取引履歴を確認してそこにかかる税金を計算する必要があります。

これは業者の口座管理からもできますし、MT5からエクスポートすることも可能です。

いずれの方法でもよいので自身で用意しましょう。

MT5の税金の計算方法と確定申告【複数業者の場合】

MT5対応業者を複数併用している場合、それぞれで年間損益を出してそれらを合算して税金を求めることになります。

これはどちらの税金の計算方法も総合課税だからです。

たとえば、業者Aで50万円、業者Bで100万円の年間利益があればFX部分では150万円が税金の対象です。

ただ、総合課税は他の雑所得も含めた税金の計算方法です。

そして給与所得もまた総合課税です。

そのため、仮に給与所得が300万円あれば、MT5対応業者の年間利益150万円を加えた450万円で税金を計算することになります。

すでに源泉徴収で支払い済みの税金部分と税率の差が生じれば過不足も発生します。

これは給与所得の税金が前払い、MT5対応業者の部分が後払いであることから生じる問題です。

確定申告はその名のとおり、所得を申告して確定させる作業です。

したがって、確定申告で過不足が判明すれば税金の追加支払いや還付が発生します。

MT5の税金の計算方法と確定申告【国内併用の場合】

MT5対応業者とは別に国内業者でもFXをしていた場合も確定申告は双方で必要です。

しかし、ここまで解説してきたように両者は税金の計算方法が抜本的に違います。

MT5対応業者は給与所得と合算して税金を計算しますが、国内FXはその年間利益「だけ」で計算します。

たとえば、MT5対応業者の年間利益が50万円、給与所得が300万円、国内FXの年間利益が50万円の場合を考えてみましょう。

その場合、MT5対応業者50万円+給与所得300万円=350万円が総合課税、国内FX50万円は分離課税となるため、それぞれ税率が変わります。

単純に合計の400万円に一律で税率を掛ける計算方法にはならないので注意しておきましょう。

なお、FXではなく株式投資をしている場合、そちらは普通「源泉分離課税」である特定口座を利用しているはずです。

源泉分離課税は税金こそかかるものの、「源泉」とあるように給与所得と同じように天引きされています。

したがって、特定口座で株式投資をしている人については、その部分の確定申告は不要です。

まとめると、投資に関わる税金の計算方法にはおおまかに「総合課税」「申告分離課税」「源泉分離課税」の3種類があります。

そしてMT5対応業者のほぼすべては総合課税です。

複数の投資をしている人は、確定申告の際にはそれぞれどれに該当するのかをまずチェックしましょう。

MT5の税金の計算方法と確定申告を詳しく解説 まとめ

MT5自体はとくに税金の計算方法とも確定申告とも無関係です。

税金がかかるのは、あくまでもMT5を使って取り引きするFX業者の口座に対してです。

そして、MT5対応業者の大半は総合課税で税金を計算することになります。

また、他のFX業者や国内FXも併用している人はさらに税金の計算方法も複雑になってきます。

確定申告の際には、そうした利用する業者や投資の種類に応じて変わる税金の計算方法に注意しておきましょう。