ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)でビットコイン(仮想通貨)取引することはできるの?

TitanFX(タイタンFX)の入出金にビットコイン(仮想通貨)は使えるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は全通貨ペアで最大レバレッジ500倍による取引可能な、海外FXブローカーです。

低スプレッド・約定率の高さから、TitanFX(タイタンFX)はレバレッジ取引に適しています。

ボラリティの高いビットコイン(仮想通貨)取引をTitanFX(タイタンFX)ではじめたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)のビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)でビットコイン(仮想通貨)取引できるのか、ビットコイン(仮想通貨)による入出金は可能なのかについてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)はビットコイン(仮想通貨)取引ができない

結論から申し上げますと、TitanFX(タイタンFX)ではビットコイン(仮想通貨)取引を行っていません。

2020年8月19日現在、TitanFX(タイタンFX)サポートからの回答は、現時点ではビットコイン(仮想通貨)FXのサービス予定はありませんとのことでした。

ビットコイン(仮想通貨)はボラリティが高く、大きな利益を狙える反面、大きな損失リスクを抱える金融商品です。

主要仮想通貨であるビットコインは流動性が高く、2017年ころのようなブームは去った現在でも流動性が高い仮想通貨として注目されています。

流動性が高いビットコインで取引したい、将来性を感じるアルトコインを保有したいとお考えの方も少なくないでしょう。

今後、TitanFX(タイタンFX)でビットコイン(仮想通貨)取引が開始される見込みも0ではありません。

決済手段として低コストでスピーディに活用できるのがビットコイン(仮想通貨)の魅力であり目的なのですから、今後TitanFX(タイタンFX)での取扱にも期待したいところです。

TitanFX(タイタンFX)はビットコイン(仮想通貨)の入出金は可能

ビットコイン(仮想通貨)取引できないTitanFX(タイタンFX)ですが、ビットコイン(仮想通貨)の入出金は可能です。

ただビットコイン(仮想通貨)をTitanFX(タイタンFX)へ直接入出金できるのではありません。

bitwalletやSTICPAYなどのオンラインウォレットでビットコイン(仮想通貨)から法定通貨へ交換後、TitanFX(タイタンFX)へ入金したり出金したりできます。

TitanFX(タイタンFX)の入出金に対応しているビットコイン(仮想通貨)は、以下の通りです。

  • bitwallet:BTC(ビットコイン)・BTC(ビットコインキャッシュ)・BTG(ビットコインゴールド)・ETH(イーサリアム)・LTC(ライトコイン)・XRP(リップル)
  • STICPAY:BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・LTC(ライトコイン)・Tether(テザー)

TitanFX(タイタンFX)の入出金では、さまざまなビットコインやアルトコインを利用できます。

TitanFX(タイタンFX)のビットコイン(仮想通貨)取引の代わりに取扱通貨ペアが多いiFOREXがおすすめ

海外FXでビットコイン(仮想通貨)取引したいとお考えの方に、TitanFX(タイタンFX)の代わりとしておすすめなのはiFOREXです。

TitanFX(タイタンFX)の代わりにビットコイン(仮想通貨)取引をおすすめする理由1:ロスカット率0%とポジション維持しやすい

iFOREXビットコイン(仮想通貨)の最大レバレッジは10倍と、ボラリティの高い仮想通貨FXのロスカットリスク軽減が期待できます。

追証なし・マージンコールは有効証拠金維持率0.25%、ロスカット率はなんと0%と、さらにポジション維持しやすい環境で取引できます。

BTC/USDは、最小100ドル(1万円相当額)と少額取引から可能で、ビットコイン(仮想通貨)初心者も安心してはじめられます。

TitanFX(タイタンFX)の代わりにビットコイン(仮想通貨)取引をおすすめする理由2:18通貨ペアと多くを扱っている

iFOREXをTitanFX(タイタンFX)の代わりとなる取引所としておすすめする最大の理由は、為替FXメインの取引所であるのにもかかわらず、全18種類の仮想通貨通貨ペアを扱っていることです。

ビットコインは、米ドル・ユーロ・日本円などの法定通貨建てと、イーサリアム・ライトコイン建てで取引可能です。

イーサリアム・ライトコイン・リップルなど主要アルトコインは、米ドル・ユーロ―・日本円建てで取引できます。

その他にも、ビットコインキャッシュ・ダッシュ・イオス・モネロと主要通貨中心で取り扱っているため、ビットコイン(仮想通貨)取引したい方にiFOREXはおすすめです。

TitanFX(タイタンFX)のビットコイン(仮想通貨)取引の代わりに最大レバレッジ500倍のFXGTでも可能

FXGTもTitanFX(タイタンFX)の代わりのビットコイン(仮想通貨)取引所としておすすめです。

ビットコイン・イーサリアム・リップル・ライトコイン・ビットコインキャッシュを全13通貨ペア取り扱い、米ドルだけでなく日本円建てとビットコイン建てで取引できます。

ビットコイン(仮想通貨)取引をはじめるのにFXGTをおすすめする最も大きな理由は、TitanFX(タイタンFX)と同じ最大レバレッジ500倍で取引できることです。

ハイレバレッジ取引は必要証拠金を大きく抑えて取引できる一方、ハイレバでビットコイン(仮想通貨)取引できるブローカーは、国内外をみても少ない傾向にあります。

よってFXGTはTitanFX(タイタンFX)の代わりにおすすめと言えるでしょう。

ただしFXGTのロスカット率は証拠金維持率50%と、TitanFX(タイタンFX)と比較すると高めですが、国内仮想通貨業者は50%から100%という取引所も少なくないため、比較すると一般的です。

しかし最大レバレッジを考慮すると、FXGTのロスカット率50%は高めだと考えられます。

ポジション維持中は証拠金維持率をこまめに確認し、不要な含み損の多いポジションを決済するなどの対策をこころがけましょう。

TitanFX(タイタンFX)のビットコイン(仮想通貨)を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)ではオンラインウォレットを経由してビットコイン(仮想通貨)からの入出金はできるものの、直接入金や取引はできません。

そこでTitanFX(タイタンFX)の代わりとしてビットコイン(仮想通貨)取引におすすめなのは、iFOREXとFXGTです。

iFOREXはビットコインを始め多くのアルトコインでも取引でき、ロスカットされにくい環境で取引きるため、TitanFX(タイタンFX)の代わりにおすすめです。

FXGTはTitanFX(タイタンFX)と同じ最大レバレッジ500倍で取引できることが、おすすめの理由です。

TitanFX(タイタンFX)の代わりにビットコイン(仮想通貨)取引をはじめるために、ぜひご活用ください。