ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)ではボーナス制度を採用していないの?

ボーナスを獲得したいけれど、どのようにしたらいいのかわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は豊富な通過ペアを取り扱い、最大レバレッジ500倍でトレードできる海外FX取引所です。

他社で大々的にPRされているボーナス制度ですが、TitanFX(タイタンFX)ではボーナスを獲得できないのでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説

海外FXのボーナス制度は充実しているケースが多いため、ボーナス目当てに口座開設をする方も多いでしょう。

残念ながら、TitanFX(タイタンFX)では、他社で獲得できる口座開設ボーナスや入金ボーナス制度を採用していません。

すでに投資家化からもボーナス制度を採用していない取引所としてTitanFX(タイタンFX)は認知されており、今後ボーナス制度をスタートする見込みもないと言えるでしょう。

お得にトレードをスタートさせたいとお考えの方は、なぜTitanFX(タイタンFX)ではボーナスがないのか気になる方もいるはずです。

TitanFX(タイタンFX)はボーナスがない代わりにスプレッドが狭い

TitanFX(タイタンFX)ではボーナス制度を採用していない一方、スプレッドが狭いことで評判です。

スプレッドは、通貨ペアの売値と買値の差額のことをさしており、実質的なトレードコストとして発生します。

たとえばUSD/JPYを注文するときに、買値が100円、売値が99円だった場合のスプレッドは1円です。

買い注文を行った場合に利益を獲得するためには、売り注文を行うタイミングは101円以上でなければいけません。

一方、買値が100円、売値が95円だった場合では、106円以上になったタイミングで売り注文しなければ利益を獲得できません。

このようにスプレッドが広いほど、利益獲得することが難しくなってしまうため、FXトレードでは狭いスプレッドでトレードしたいのです。

一般的に海外FXはスプレッドが広いと認識されています。

TitanFX(タイタンFX)はスプレッドが狭いため、長期的に考えるとボーナス制度があることよりも、トータル的なトレードコストを抑えることにつながると言えるでしょう。

ボーナス制度が採用されていないデメリットを、スプレッドで還元していることが考えられます。

実際のTitanFX(タイタンFX)ユーザーからも、スプレッドが狭いことは大きなメリットであるため高く評価されています。

中にはボーナス制度よりも、スプレッドの狭さを重視するユーザーも多いことは、TitanFX(タイタンFX)の特徴と言えるでしょう。

充実したボーナス制度で人気の高い海外FXブローカーのXMとTitanFX(タイタンFX)のスプレッドを比較すると、以下の通りです。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッド

  • USD/JPY 米ドル/日本円:1.33 pips
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.2 pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:1.57 pips
  • AUD/USD 豪ドル/米ドル:1.52 pips
  • USD/CHF 米ドル/スイスフラン:1.92 pips

XMのスプレッド

  • USD/JPY 米ドル/日本円:1.6 pips/li>
  • EUR/USD ユーロ/米ドル:1.7 pips
  • GBP/USD ポンド/米ドル:1.57 pips
  • AUD/USD 豪ドル/米ドル:1.52 pips
  • USD/CHF 米ドル/スイスフラン:2.1 pips

TitanFX(タイタンFX)とXMのスプレッドを比較すると、同等またはTitanFX(タイタンFX)のスプレッドの方が狭いことが明確です。

ただしXMは口座開設ボーナスと入金ボーナスの他にも、XMPポイントがありますので、こちらも考慮する必要があると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)はボーナスがない代わりに約定率が高い

ボーナスとは関係ないのかもしれませんが、TitanFX(タイタンFX)は約定率の高さでも評判です。

約定率とは、注文や決済したいタイミングで注文が通ることを示した割合をさします。

こちらが希望するタイミングで発注できなければ、利益を獲得できないどころか損失にもつながりかねません。

TitanFX(タイタンFX)はボーナスにかけるべきコストを、サーバー拠点や分散にかけることで、約定率の高へと導いていることも考えられるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを獲得する方法はキャッシュバックサイト経由のみ

どうしてもTitanFX(タイタンFX)のボーナスが欲しい方は、キャッシュバックサイト経由で口座を開設して、ボーナスを獲得する方法も可能です。

キャッシュバックサイトとして有名な業者は、タリタリやロイヤルキャッシュバックなどがあります。

TitanFX(タイタンFX)がユーザーを獲得するために、キャッシュバックサイト経由で登録したユーザーボーナスを付与するサービスです。

すなわちキャッシュバックサイトとは、TitanFX(タイタンFX)とは別途サービスであり、海外FXブローカーを紹介することを目的としたサービスです。

すでにTitanFX(タイタンFX)で口座開設を完了している方でもキャッシュバックサイトは利用できますので、ボーナス獲得をめざす方は利用してもよいでしょう。

通常、キャッシュバックサイトを経由して口座開設を行うと、取引所が提供するボーナスを獲得できなくなってしまうなどのデメリットがあります。

しかしTitanFX(タイタンFX)はボーナス制度自体がないため、キャッシュバックサイトを利用することによるデメリットがありません。

キャッシュバックサイトが悪徳業者でない限りはボーナスを獲得できますので、どうしても気になる方に適しています。

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のボーナスはない一方、低スプレッドでトレードでき、約定力の高い環境でトレードできます。

ボーナスは海外FXブローカーの運営コストになります。

よってボーナス制度を採用していないTitanFX(タイタンFX)が、ボーナス分を低スプレッドやサーバーの約定率と言う形で投資家に還元していると考えられるでしょう。

そのようなことからTitanFX(タイタンFX)は本気で海外FXのトレードに取り組みたい方に適していると言えるかもしれません。

TitanFX(タイタンFX)はボーナス制度が採用されてないぶん、利益獲得をめざしやすい環境でトレードできると言えるでしょう。

口コミで評判が高いTitanFX(タイタンFX)はおすすめの取引所です。