ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

海外FXを楽しんでいる方で、豊富なボーナスを活用している方も多くいることでしょう。

TitanFX(タイタンFX)ではボーナスはどの程度もらえるのかと気になる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)のボーナスについて分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は基本的にボーナスがない

TitanFX(タイタンFX)は、他のFXブローカーと異なり、積極的なボーナス付与キャンペーンを実施していません。

ボーナスで営業力を強化して口座開設を促すのではなく、その分の利益を実際にトレードする人たちに還元するというのがTitanFX(タイタンFX)の基本的なポリシーだからです。

ボーナスがないというのは一見、TitanFX(タイタンFX)に口座を開設するのになんの旨味もないように思えますが、口座開設後も永続的にメリットが受けられると考えれば納得できます。

そもそも、TitanFX(タイタンFX)と違ってボーナスが豊富なブローカーというのは、ブローカーの用意する取引環境だけでは勝負できないということの証とも考えられますよね。

TitanFX(タイタンFX)は、ボーナスがないぶん、高品質なプラットフォームを提供することを明言しています。

顧客獲得競争に明け暮れるのではなく品質で勝負しようという、いさぎよい態度ですね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)はボーナスがない代わりにスプレッドが狭い

TitanFX(タイタンFX)がボーナス分の利益をトレーダーに還元しているのは、具体的にはその狭いスプレッドです。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは他のブローカーにくらべて非常に狭くなっています。

たとえば、TitanFX(タイタンFX)のノースプレッド口座の場合、主要通貨ペアであるUSD/JPYのスプレッドは0.33pipsです。

場合によっては、スプレッドが0になることもあります。

積極的にトレードを繰り返す予定のトレーダーにとっては、他のブローカーであればもらえたボーナス分など、TitanFX(タイタンFX)のスプレッドの狭さですぐに元が取れることでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)にボーナスがない代わりに約定力も強い

TitanFX(タイタンFX)がスプレッドの狭さでボーナス分の利益をトレーダーに還元しているのは明らかですが、トレーダーの取引環境の他の部分にも力を入れていることが見て取れます。

たとえば、TitanFX(タイタンFX)はスプレッドの狭さとともに約定力の強さに定評があります。

いくらスプレッドが狭くとも、肝心の取引相手見つからず取引が確定しないのでは意味がありません。

その点、TitanFX(タイタンFX)は低いスプレッドと強い約定力を両立させています。

TitanFX(タイタンFX)の口座は注文方式にNDD方式と呼ばれる、あいだに仲介が入らない方式を採用しているため、スピーディーな取引ができるからです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)はボーナスがないが手数料が安い

TitanFX(タイタンFX)はボーナスぶんの原資をトレーダーに手数料の部分でも還元しています。

TitanFX(タイタンFX)の口座にかかわる入金と出金のいずれも、基本的に手数料はかかりません。

(一部電子マネーを使った出金には手数料がかかります)

口座管理や取り引きのための手数料を無料としているブローカーは少なくありませんが、そのぶん事実上の手数料といえるスプレッドに上乗せしているところがほとんどです。

ちなみに、TitanFX(タイタンFX)は口座維持手数料も一切かかりません。

ただ、TitanFX(タイタンFX)のブレード口座はスプレッドが非常に低いぶん、取り引きに手数料が発生します。

TitanFX(タイタンFX)のブレード口座の手数料は、1lotあたり片道3.5$、往復でおよそ1,000円程度の手数料になります。

これは他のブローカーの手数料とくらべて高いわけでもなく、むしろ低めの手数料といえます。

総じて、TitanFX(タイタンFX)はスプレッドそのものも狭いため、実質の手数料はかなり低いと評価できます。

ただ、この方のようにTitanFX(タイタンFX)でも手数料負けすることがあるのは事実です。

ご自分の取り引きスタイルに応じて口座タイプを選ぶようにしましょう。 また、手数料以外の部分でもTitanFX(タイタンFX)は使いやすいという声もあります。

たとえば、クレジットカード・デビットカードを使った出金を認めていないブローカーもあるなか、TitanFX(タイタンFX)はクレジットカードも含めた柔軟な出金方法を用意しています。

あるいは、サポートデスク体制も充実しています。

TitanFX(タイタンFX)のサポートデスクは月曜日から金曜日までの24時間体制で、ライブチャットによるやり取りも可能です。

海外FXは、国内の業者ではないということからトラブルも完全には避けられません。

迅速で丁寧な対応が期待できることも重要なポイントですよね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)はボーナスではなく継続的なサービスを期待する人におすすめ

ここまで、TitanFX(タイタンFX)がボーナスがないぶん、どのようにトレーダーに利益を還元してきたかをご説明してきました。

具体的には、スプレッドを狭さ、約定力の強さ、手数料の安さなどがTitanFX(タイタンFX)がトレーダーの取引環境のためにボーナスをあてていると考えられる部分でした。

あらためて見ると分かりますが、スプレッド、約定力、手数料など、いずれも本格的にトレードで収益を上げたいと考える方たちが重視するポイントばかりです。

TitanFX(タイタンFX)が、一時的なボーナスをあてにするのではなく、あくまでしっかりとトレードで収益を上げたいと考える人達に支持される理由も分かるのではないでしょうか。

また、実際にTitanFX(タイタンFX)が一貫してボーナスなしの路線で営業し続けていることも、実際にTitanFX(タイタンFX)でトレードしている人たちが口先だけではないサービスに満足しているということの証左でもあります。

TitanFX(タイタンFX)のボーナスを分かりやすく解説 まとめ

TitanFX(タイタンFX)では基本的にボーナスはありません。

しかし、そのぶんTitanFX(タイタンFX)は、トレーダーの取引環境をしっかりと整備するという強いポリシーのもとに運営しています。

具体的には極小のスプレッドや強い約定力、手数料の安さなどにTitanFX(タイタンFX)の営業方針が表れています。

TitanFX(タイタンFX)は、一時的な入金ボーナスにこだわるのではなく、安定した取引環境を望む堅実なトレーダーにとって、大変使いやすいブローカーといえそうです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから