ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

これからTitanFX(タイタンFX)を利用してトレードを始めたいという人の中には、詳しいチャートの見方や使い方を知りたいという人もいますよね。

TitanFX(タイタンFX)では、チャートの表示にトレーディングプラットフォームのMT4・MT5が採用されています。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のチャートを見るならMT4・MT5を利用する

これまで国内ブローカーを利用していた人や、仮想通貨のFXをやったことがあるという人であれば、利用しているブローカー内にてチャートを確認できた場合が多いでしょう。

しかしTitanFX(タイタンFX)のような海外ブローカーの中には、他のブローカーと共有で利用できるトレーディングプラットフォームを利用しているところも多くなっています。

数種類あるトレーディングプラットフォームの中でも、TitanFX(タイタンFX)ではMT4・MT5というトレーディングプラットフォームが採用されているのです。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を覚えるためには、まずはTitanFX(タイタンFX)にて口座を解説した後に、MT4またはMT5をインストールしていく必要があります。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方の基本 チャート表示のさせ方

TitanFX(タイタンFX)では、トレーディングプラットフォームにMT4とMT5が利用できるようになっていますが、MT4もMT5も基本のチャートの見方は同じです。

ここではMT4を利用してTitanFX(タイタンFX)の具体的なチャートの見方を見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の基本画面です。

チャートは画面の中央に大きく表示されています。

自分がどの通貨ペアのチャートを見ているのかは、チャートの下に表示されているタブを確認することで分かります。

このタブの場合「EURUSD,H4」と表示されていますが、この場合は「通貨ペアがEUR/USD(ユーロ/米ドル)の4時間足」がチャート表示されているという意味です。

またタブを切り替えるのであれば、自分の表示させたい通貨ペアと時間足のタブをクリックすると、指定した通貨ペアと時間足のチャートが前面に表示されるでしょう。

表示させたいチャートが下部のタブにない場合には、上部メニューバーの中から「ファイル」を選択してください。

通貨ペアが選択できますのでチャートを表示させたい通貨ペアをクリックすれば、チャートが表示されます。

見たい通貨ペアのチャートが表示されたら、次は見たい時間足を設定していきましょう。

時間足の表示は、上部メニューバーのボタンにて切り替えができます。

「MN」は1ヶ月足、「W1」は1週間足、「D1」は1日足、「4H」は4時間足、「M30」は30分足となっており、最短で1分足までの表示切り替えが可能です。

好きな通貨ペアの好きな時間足がチャートに表示できたら、チャートの形も選択していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のデフォルト画面では、チャートの形がバーチャートになっているはずです。

しかしチャートを見る時には、ロウソク足で見ているという人が多いですよね。

バーチャートからロウソク足に切り替えるなど、チャートの形を切り替えたい場合には、上部メニューバーに表示されているロウソク足のマークのアイコンをクリックしていきましょう。

ロウソク足アイコンをクリックすれば、すぐにチャートの形がロウソク足に切り替わります。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの形は、バーチャート、ロウソク足の他にラインチャートが選択可能です。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方の基本

TitanFX(タイタンFX)のチャートの表示設定ができれば、基本的な見方が分かりますよね。

次にTitanFX(タイタンFX)のチャートを利用してトレードを行う使い方について見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方 水平線やトレンドラインを引く

TitanFX(タイタンFX)でトレードを行うために利用するチャートには、水平線やトレンドラインを引いたり、インジケーターを挿入し、テクニカル分析を行うことも可能です。

水平線やトレンドラインを引くためには、チャート上部に表示されているメニュー一覧の中から、水平線アイコンやトレンドラインアイコンをクリックしていきましょう。

あとはチャート上で、線を引きたい部分にクリックすれば線が表示されます。

線を移動させたい場合には、線上でクリックしてラインを選択して、ドラッグすることで線も一緒に移動していくでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方 インジケーターを使う

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方として、テクニカル分析を行なっていきたいという人もいますよね。

TitanFX(タイタンFX)のチャートでは、豊富なインジケーターを利用していくことが可能です。

ここではインジケーターの中のボリンジャーバンドを利用して、インジケーターの挿入方法を見ていきましょう。

まずはチャート上部にあるメニューバーの中から「挿入」をクリックしてください。

「挿入」をクリックするとさらにメニューが表示されるので「インジケーター」をクリック。 「インジケーター」の中からさらにボリンジャーバンドを選択していきましょう。

ボリンジャーバンドの詳細設定画面が表示されます。

期間や偏差、色やボリンジャーバンドの線の形などを選択して「OK」をクリックすればチャートにボリンジャーバンドが表示されるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方 注文を行う方法

最後にTitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方として、チャートを見ながら注文を行う方法を見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のチャートを表示させたまま注文を行うのであれば、上部メニューバーの「ツール」をクリックし、さらに「新規注文」をクリックします。

またはチャート上部に表示されている「新規注文」のアイコンをクリックすることでも注文を行うことが可能です。

TitanFX(タイタンFX)のチャート上では、指値注文・成行注文・ストップ指値注文などを行うことができます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)のチャートは、共有トレーディングプラットフォームであるMT4・MT5を利用して見ていきます。

インジケーターなども豊富に揃っており、テクニカル分析などもしやすいチャート画面ですので是非この記事を参考に使ってみてくださいね。