ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20180914210835j:plain

TitanFX(タイタンFX)は海外FXブローカーですが、はじめてのFXブローカーがTitanFX(タイタンFX)という方もいるのではないでしょうか。

海外FXブローカーといってもチャートの見方や取引方法は国内FXブローカーと変わりません。

今回は、TitanFX(タイタンFX)での基本的なチャートの見方や使い方を説明していきます。  

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方と使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)では主にクライアントキャビネットとMT4という2つのプラットフォームを使いますが、チャートを表示するのはMT4です。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方

TitanFX(タイタンFX)のチャートの表示方法

クライアントキャビネットはTitanFX(タイタンFX)へ開設した口座情報の確認や変更、入出金などの資金管理を主に行うプラットフォームです。

クライアントキャビネットでもリアルタイムで為替レートを確認できますが、詳しい指標やチャートの表示などはできません。

  一方で、MT4はリアルタイムにチャートを表示し、実際のFX取引を行うプラットフォームです。

MT4は「meta trader4」の略称で、プロのトレーダーも使っている高機能なFX取引プラットフォームです。

MT4では、様々なチャートを表示したり、自分独自の指標を作成したりできます。

口座を開設し、資金の準備をした後は主にMT4を使っていくことになるでしょう。  

それでは、以下でMT4に表示されるチャートについて具体的に解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートメインウィンドウの見方

上記がMT4の基本的な表示画面です。 グラフが表示されている部分がチャートと呼ばれるメインウィンドウで、選択している通貨ペアの値動きの推移が確認できるほか、各種指標などを追加で表示できます。

左上の気配値では現在選択されている通貨ペアに関わらず、主要な通貨ペアの買値と売値の気配値がリアルタイムで確認できます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートのロウソク足、陽線、陰線、

TitanFX(タイタンFX)のMT4ではチャート表示にはラインチャート、バーチャート、ロウソク足チャートが標準で用意されています。

ここでは、もっとも標準的なロウソク足チャートについて解説していきます。   ロウソク足によるチャート表示は株式と同一なので、すでに株式へ投資している方にはお馴染みかと思いますが、TitanFX(タイタンFX)においてもロウソク足はチャートの基本です。

ロウソク足チャートは、名称のとおり蝋燭のような形をしている上記の線のことで、チャートを見るうえでは欠かせないものです。

白く塗りつぶされているロウソク足を「陽線」と呼び、その期間に通貨が値上がりしたことを意味します。 逆に、通貨の値下がりは黒い塗りつぶしである「陰線」で表現されます。  

上記の部分、蝋燭でいうところの炎の部分を「ロウソクひげ」と呼びます。 ロウソク本体の底と先端の部分は、それぞれ市場の始値と終値を指しますが、取引時間中には当然に始値と終値の範囲を超えて値動きすることがあります。

その始値と終値を超えた価格がこの「ロウソクひげ」で示されます。 そのため、ロウソクひげは蝋燭とは異なり、蝋燭本体の底の部分にも伸びます。    

TitanFX(タイタンFX)のチャートの使い方

TitanFX(タイタンFX)のチャートの基本的な見方の次は、具体的なプラットフォーム上での使い方を解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4上に表示できる情報は非常に多く、それぞれウィンドウ上のタブを選択して表示情報を切り替えられますが、主に使うのは以下の2つの切り替えです。

  •  通貨ペア
  •  時間足

それでは、それぞれの情報表示の切り替え方を見ていきます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの通貨ペア

TitanFX(タイタンFX)では、チャート下部のタブをクリックして表示されるチャートを変えられます。

タブに表示されていない通貨ペアは左上の通貨ペアリストから、タブへ追加できます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの時間足

チャートに表示されるロウソク足は、一本のロウソク足でいつからいつまでの取引を意味していますが、ロウソク足が意味する時間軸を「時間足」と呼び、時間足を変更することで短期から長期まで様々な時間軸で通貨の動きを分析できるようになります。

TitanFX(タイタンFX)では、MT4上でウィンドウ上部のタブから時間足を1分足から月別の幅広いレンジで変更できます。

また、表示されるチャートの拡大縮小はウィンドウ下部のスケールをドラッグして行います。

  TitanFX(タイタンFX)のチャートでは、時間足の変更と拡大縮小は頻繁に行うことになるので、基本的な操作はしっかりと覚えておきましょう。  

TitanFX(タイタンFX)のチャートカスタマイズ

TitanFX(タイタンFX)ではチャートを自分好みにカスタムできます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートの色変更  

この方は背景色を白にして見やすくしていますね。

TitanFX(タイタンFX)ではデフォルトのチャート表示は黒い背景にグリッド線の入ったものになっています。

このままの表示でも使いにくいことはありませんが、自分好みに表示をカスタムするとより見やすくなりますので是非自分好みの配色に変更しておきましょう。

  チャートの色変更は、チャート上で右クリックし「プロパティ」からできます。

このように、非常に細かくチャートで表示される色を変更できます。

個人的な好みで自由に色は変更できますが、長時間チャートを凝視するのであれば、目に優しい配色をすると良いでしょう。

チャートカスタム

TitanFX(タイタンFX)のMT4では、チャートを自由にカスタムできます。

非常に豊富に登録されている各種インディケーターやチャートですが、実際にどの指標を重視して分析するのかは千差万別です。

下記は基本のロウソク足チャートにボリンジャーバンドと呼ばれる、ジョン・ボリンジャー氏が開発した指標を追加したものです。

TitanFX(タイタンFX)のチャートカスタムは自由度が大変高いので、投資スタイルに応じて色々な指標を表示させて自分好みのチャートを作っていきましょう。  

TitanFX(タイタンFX)のチャートの見方を分かりやすく解説のまとめ

TitanFX(タイタンFX)のチャートは、資金管理を行うプラットフォームであるクライアントキャビネットとは異なる、MT4と呼ばれる高機能な取引プラットフォーム上で表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のチャートはMT4を使って、ロウソク足、ライン、バーと基本的なチャートに豊富に用意された各種指標を自由に追加で表示させることができます。

また、配色も自由に設定できるので、長時間チャートと向き合う方は目に優しく見やすい、自分なりの配色を見つけてカスタムしましょう。