ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法はどのようにはじめたらいいの?

デモ口座の使い方について知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座はリアル相場のトレードをバーチャルマネーで試すことができます。

デモ口座の開設方法と使い方をマスターすることで、リアル口座もスムーズに利用できるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方は、リアル口座とほぼ同じ要領で行います。

リアル口座と異なる点は、本人確認の提出は不要であることと、口座開設で自動的にバーチャルマネーが口座に反映されるため、入金する必要がないことです。

デモ口座の使い方におけるおおまかな手順は、TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットからデモ口座を開設し、取引プラットフォームのMT5をダウンロードします。

つづいてMT5を起動しデモ口座へログインすることで、TitanFX(タイタンFX)のチャートの表示や注文方法などでデモトレードできます。

では具体的にTitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方についてみてきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法は、公式サイトの「トライアルデモ口座開設」を選択します。

デモ口座開設フォームの名前をローマ字入力し、登録メールアドレスを記入しましょう。

MT4またはMT5を選択し、TitanFX(タイタンFX)からのお知らせに関するのチェックボックスをオンにし「さあ始めましょう」をクリックします。

登録メールアドレスにTitanFX(タイタンFX)からデモ口座開設の完了通知が送信されてきます。

メールに記載されている開設方法に沿ってプラットフォームをインストールしてください。

TitanFX(タイタンFX)のプラットフォームはパソコンをはじめ、スマホでも利用できます。

iPhoneならAppStoreから、AndroidならGooglePlayStoreから、デバイスに合ったMT4またはMT5をインストールしましょう。

MT4またはMT5を取得したら起動し、TitanFX(タイタンFX)から提供されたログインIDとパスワードを記入し、そしてサーバーは「DEMO」を選択して、ログインを完了させてください。

デモ口座のログイン情報の入力方法は、パソコン版の場合は「ファイル」から「取引口座にログイン」でフォームを表示してログイン情報を入力します。

iPhone・アンドロイド版の場合は、「設定」から「新規口座」を選択して「証券会社」ページの「会社名またはサーバー名を入力」欄にローマ字で「TitanFX」を入力して選択肢から選び、ログイン情報を入力してください。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の使い方

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の使い方は、取引プラットフォームのMT4またはMT5から行います。

ここでは基本的なデモ口座の使い方として、チャートの表示方法と注文方法についてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の使い方 チャートを表示する

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の使い方として、基本的なチャートの表示方法をみていきます。

デモ口座のチャートを表示する使い方は「ファイル」から「新規チャート」を選択して、通貨ペアを選択する手順で行いましょう。

デモ口座のチャートをローソク足に設定する使い方は、メニューのローソク足アイコンを選択します。

チャートの時間足を変更する使い方も、メニューアイコンから時間足を選択します。

デモ口座のチャートの使い方は、テクニカルチャート分析を行うための指標として、インジケーターを挿入します。

「挿入」から「インジケーター」を選択しましょう。

「トレンド系」はTitanFX(タイタンFX)の値動きやトレンドを示し、「オシレーター系」は売られすぎや買われすぎを示します。

指標からエントリーポイントを見極めることで、TitanFX(タイタンFX)で利益獲得を目指すことができます。

トレンド系とオシレーター系は、TitanFX(タイタンFX)のデモ口座におけるチャート分析における基本的な使い方として、ぜひマスターしてほしい指標と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の使い方 注文方法

デモ口座による注文方法の使い方は、メニューの「ツール」から「新規注文」を選択して、TitanFX(タイタンFX)の注文フォームを記入します。

TitanFX(タイタンFX)の基本的な注文方法には、現在のレートで売買成立を狙う「成行注文」、希望レートで売買する「指値注文」、損失方向に発注を行う「逆指値注文」があります。

成行注文の使い方は「注文種別」で成行注文を選択し、「通貨ペア」を選択し、「数量」を記入して「成行買い」「成行売り」のいずれかをクリックするだけです。

指値注文は、まず「指値注文」を選択して「Buy Limit」「Sell Limit」のいずれを、そして「通貨ペア」を選択し、「数量」と「価格」を記入しましょう。

逆指値注文の使い方は、注文種別を「Buy Stop」「Sell Stop」にし、その他は指値注文と同じ項目を入力してください。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座で任意の通貨を選択できない場合の使い方

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座で、任意の通貨でチャートを表示したい、注文をしたいと思っても、デフォルトでは特定の通貨しか選択できません。

デモ口座で任意の通貨を選択する使い方は「気配値」エリアのどこでもよいので右クリックし「すべて表示」を選択しましょう。

気配値にすべての通貨が表示されることで、TitanFX(タイタンFX)のデモ口座で任意の通貨を選択できるようになります。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の資金を追加入金する方法はない

残念ながらTitanFX(タイタンFX)のデモ口座で資金を追加する方法はありません。

資金がなくなってしまったら、そこでデモ口座は終了となります。

ただしTitanFX(タイタンFX)のデモ口座は何度でも開設可能ですので、あらたにデモ口座を開設して使うことができます。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の有効期限

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の有効期限は、MT4とMT5で異なります。

MT4はデモ口座の開設から30日間、MT5はデモ口座への最終ログインから30日後です。

MT5は使用を続ける限り、デモ口座の有効期限が延長されるシステムであり、自動的に有効期限を迎えるMT4よりもTitanFX(タイタンFX)のプラットフォームとして優遇されています。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座の開設方法と使い方は、リアル口座とほぼ同じです。

デモ口座の開設方法と使い方で異なる点は、本人確認不要、入金する必要がないことでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のデモ口座を開設することで、MT4やMT5の使い方をマスターすることができます。

今後TitanFX(タイタンFX)のデモ口座のご利用を検討されている方におすすめですよ。