ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20181002232648j:plain

TitanFX(タイタンFX)は最大レバレッジ500倍で追証もなくスプレッドも狭いのが特徴の海外FXブローカーです。

TitanFX(タイタンFX)で海外FXを始めてみたいけれど、本人確認書類を準備するのが面倒でなかなか踏み出せない。

そんな方もいるのではないでしょうか。 ここでは、TitanFX(タイタンFX)で取り引きを始める際に必要な本人確認書類を解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は海外FXブローカーのため、マネーロンダリング防止法の規制により本人確認が必要となります。

また、本人確認と必要書類は個人口座と法人口座で異なります。

以下で、TitanFX(タイタンFX)の個人口座と法人口座別に本人確認と必要書類について解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類(個人口座)

実は、TitanFX(タイタンFX)では「口座開設時」には本人確認が不要で、口座開設後すぐに取引ができます。

口座開設時に手間取るのはもちろんのこと、口座開設後も本人確認ができていないために取り引きのチャンスを逃すようなこともありません。

ただし、取り引き後に利益が出たなどの理由で「はじめて出金する前」には、出金手続きの前に本人確認が必要になります。

出金手続き前の本人確認で必要となる書類は「運転免許証と保険証」の2点ですが、それらがない場合には

  • パスポート
  • 写真付き住民基本台帳
  • マイナンバーカード(マイナンバー通知カードは不可)

でも大丈夫です。これらに共通するのは、顔写真のついた身分証明書ということです。

必要書類は、紙面で郵送する必要はなく写真データをTitanFX(タイタンFX)の口座管理・個人情報管理プラットフォームであるクライアントキャビネットからオンラインで提出すれば完了します。

データでの提出後、およそ1営業日以内で本人確認が完了したことがメールで通知されます。  

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類(法人口座)

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の場合には、個人口座と異なり「口座開設時」に本人確認が必要になります。 TitanFX(タイタンFX)の法人口座開設に必要な書類は以下のとおりです。

  • 登記簿謄本
  • 役員全員の免許証と保険証(またはパスポート、マイナンバーカード)

「役員全員の免許証と保険証」は個人口座開設時に必要となる書類と同一なので、役員全員分の本人確認と登記簿謄本による法人確認が必要ということです。

ここで登記簿謄本の取得方法について簡単にご説明しておきます。 登記簿謄本は慣例上の呼称であり、現在は実務上、登記事項証明書と呼ばれており、そのなかでも「現在事項証明書」または「履歴事項全部証明書」の2つが主に使われています。

法人登記を証明するたいていの場合は、履歴事項全部証明書を取得すれば問題がありません。

履歴事項全部証明書は法人が所在する最寄りの法務局で、さほどの時間も費用もかからずに取得できます。

この方の言うように2018年現在、法務局での登記事項証明書は600円で取得できます。

法人の登記簿は誰でも取得できるので、個人情報が外部に漏れるきっかけにもなります。

個人情報が外部に漏れるのが困る人は、特別な理由がなければ法人登記は控えておいたほうがいいかもしれませんね。  

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類(デモ口座)

TitanFX(タイタンFX)でデモ口座を開設する場合には本人確認は必要ありません。

デモ口座開設時に氏名と連絡先が必要になりますが、それを証明する書類の提出は必要ありません。 TitanFX(タイタンFX)のデモ口座では出金はできないので、ライブ口座のように出金手続前に本人確認が必要になることもありません。    

TitanFX(タイタンFX)の個人情報の取扱

TitanFX(タイタンFX)は海外FXブローカーなので、本人確認に必要な個人情報を渡しても大丈夫なのか不安な方もいるかもしれません。

TitanFX(タイタンFX)のプライバシーポリシーは公式サイトの下方フッターから確認できます。

リンク先は英語でびっしりと細かく書かれており確認するのには骨が折れると思うので、本当にざっくり簡単に要約すると「使用ブラウザとIPアドレスは特定するが、個人が特定されるような情報は基本的に外部には開示しない」という日本の個人情報保護法とほぼ変わらない内容となっています。

プライバシーポリシーが設定されているから安心とは言い切れませんが、2018年現在TitanFX(タイタンFX)から個人情報が流出したというケースはありません。  

TitanFX(タイタンFX)の本人確認と必要書類を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)では個人口座と法人口座で本人確認が必要となるタイミングと必要書類が変わります。

TitanFX(タイタンFX)の個人口座は本人確認をする前に取り引きができますが、出金手続きの前に写真入り身分証明書が2点必要になります。

また、TitanFX(タイタンFX)の法人口座は口座開設時に法人の登記簿と役員全員分の本人確認書類2点が必要になります。

いずれの書類も必ずしも紙面で提出する必要はなくオンラインで画像データを送信すれば良いので、それほど難しくありません。

以上のように、個人口座でTitanFX(タイタンFX)を始めたい方は実はすぐにでも始められます。