ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は出来るのかを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20180922085730j:plain

海外FXでの取引にも慣れてきて利益も安定してそれなりにあげられるようになってきた。

利益としてまとまった数字が出ているし、これは法人化したほうが良いのではと考えている方もいるのではないでしょうか。

今回は、TitanFX(タイタンFX)で法人口座を開設することが出来るのか、できるとすれば法人口座にする意味はどこにあるのかを、詳しく解説していきます。

税法など、少し込み入った話になりますが、法人口座開設を検討している方はぜひ参考にしてください。  

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は出来るのかを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は出来るのか

TitanFX(タイタンFX)では、国内、海外いずれの法人も法人口座の開設は可能です。

法人口座開設は、必要になる情報と書類が個人口座に比べてやや多くなりますが、個人で口座開設するときと変わらずに基本的に書類のやり取りのみで口座開設できるので、TitanFX(タイタンFX)で法人口座を開設すること自体は難しくありません。

ですが、まずはTitanFX(タイタンFX)での個人口座と法人口座での違いをしっかりと把握しておきましょう。  

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の個人口座との違い

TitanFX(タイタンFX)の法人口座では個人口座とどのような部分で異なるのかを詳しく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座で設定できるレバレッジ

TitanFX(タイタンFX)では、法人口座も個人口座も設定できるレバレッジに違いはありません。

国内FX業者では金融庁の規制によって個人でのレバレッジは最大25倍までとされており、それ以上のレバレッジを望む場合には法人化することが必要です。

一方で、海外FX業者であるTitanFX(タイタンFX)では金融庁の規制を受けないため個人でも最大500倍までのレバレッジをかけることができます。  

TitanFX(タイタンFX)の法人口座に適用される税区分

TitanFX(タイタンFX)の法人口座は、個人口座と同じく所在する国によって適用される税区分が異なります。

海外法人では当然に法人が所在する国の税法に則りその国に納税しますが、国内法人がTitanFX(タイタンFX)に法人口座を開設した場合には、日本在住の個人と同じように日本の税制に基づき日本へ納税します。

個人ではTitanFX(タイタンFX)取引で生じた利益に対しては所得税、法人の場合には法人税となるので法人口座を開設することで支払う税金も変わりそうですが、結局のところ、法人から個人へ利益を移す場合に個人口座と同じく総合課税となるので法人口座と個人口座ではかかる税金の差はありません。

ただし、TitanFX(タイタンFX)の個人口座ではできない節税方法として、法人口座では7年間の損失繰越ができるようになります。

これはTitanFX(タイタンFX)で生じた前年の赤字部分を当年の利益から控除できるので、法人としては大きな節税効果が期待できます。

以上が、TitanFX(タイタンFX)での法人口座と個人口座の主な違いになりますが、TitanFX(タイタンFX)は金融庁の規制を受けない海外FXブローカーであるため、国内FXブローカーとは個人口座と法人口座の税制上の違いがまったく異なるので注意しましょう。

ちなみに、国内FXでは個人のFXによる利益は申告分離課税、法人のFXによる利益は総合課税となります。  

申告分離課税は他の所得とは分離して考えるということなので、FXの損益はそれのみで課税されますが、総合課税はその他の所得と通算して課税され、それぞれ税率も違います。

このように、国内FX,ブローカーと海外FXブローカー、個人口座と海外口座でそれぞれメリットデメリットがありますが、海外FXブローカーの場合には、個人口座と法人口座にはあまり大きな違いはないと言えます。  

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設方法

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設の入り口は個人口座と同じです。 TitanFX(タイタンFX)の公式サイトから「ライブ口座開設」をクリックします。

個人口座開設申込フォームが表示されますが、そのフォームは使わずに「法人口座開設申込書」をクリックすると新たに法人口座開設申込フォームが表示されるので、必要事項を入力して法人口座開設を申し込みます。

 

必要書類は下記のとおりです。 「会社の登記簿謄本」はオンラインや郵送などでも請求できますが、実際のところ印紙の用意などを考えると最寄りの法務局へ足を運ぶのが最も簡単です。   また、「登記簿謄本」自体は法務局で取得できず「全部事項証明書」と呼ばれる書類が実務上、登記簿謄本として呼称されていますので、法務局の窓口で請求する書類は「全部事項証明書」になりますので注意しましょう。

その後、下記のような流れで追加の情報を入力していけば法人口座開設の申し込みは終わりです。

  1. 法人連絡先登録(ここまでで完了)
  2. 法人情報登録
  3. 代表者情報登録
  4. 受益株主情報登録
  5. 取引口座設定

以上のように、TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は個人口座の開設とほぼ変わらない手間で完了します。  

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は出来るのかを分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設は、個人口座の開設とほとんど変わらない手順で申し込めます。

TitanFX(タイタンFX)は海外FXブローカーであるため、国内FXブローカーのように法人口座を開設しなければ最大レバレッジを上げられないということもなく、法人口座開設のメリットは法人としての節税効果が主たるものになります。

個人としてTitanFX(タイタンFX)のために法人を作るメリットはあまりないように思えますが、すでに複数の事業を行っている法人を持っているのであれば、事業間で損益通算することもできるので、TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設するのは、節税効果が期待できるでしょう。