ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

海外ブローカーを利用している人の中には、節税などの目的で法人口座を開設したいという人もいるでしょう。

そして、法人口座の開設をTitanFX(タイタンFX)で検討しているという人もいますよね。

しかし海外ブローカーの中には、法人口座の開設を受け付けておらず、個人口座しか開設できないというところもあるようです。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)の法人口座について分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は海外ブローカーの1つであり、法人口座の開設ができるブローカーです。

また、個人口座同様にTitanFX(タイタンFX)の公式サイトの「リアル口座開設」画面より、法人口座の開設手続きができるようになっています。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設するための必要書類

実際にTitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設する前に、提出するべき必要書類を揃えておくと、取引までがスムーズです。

また開設する法人口座が、日本の法人なのか海外の法人なのかによっても必要な書類が異なってきますので、ここで何を揃えるべきかを事前に確認しておきましょう。

日本法人の口座を開設する場合

  • 登記簿謄本
  • 役員・取締役全員の登記がされた書類(定款に記載がない場合)
  • 株主全員の登記がされている書類(定款に記載がない場合)
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証・パスポートなど写真付きのもので有効期限内のもの)
  • 住所証明書類...代表者の住所の記載されている公共料金の領収書など(発行から3ヶ月以内のもののみ有効)

海外法人の口座を開設する場合

  • 「Certificate of Incorporation」(法人設立認可証・基本定款)
  • 「Company Statement」
  • 役員・取締役全員の登記がされた書類(定款に記載がない場合)
  • 株主全員の登記がされている書類(定款に記載がない場合)
  • 代表者の本人確認書類(運転免許証・パスポートなど写真付きのもので有効期限内のもの)
  • 住所証明書類...代表者の現住所の記載されている公共料金の領収書など(発行から3ヶ月以内のもののみ有効)

TitanFX(タイタンFX)では上記書類の用意がなくても、法人口座の開設手続き自体は行えます。

ただし実際に取引を行う際には、上記書類の提出からTitanFX(タイタンFX)側からの承認が必要です。

また書類によっては取得するまでに時間がかかるものもありますので、事前に必要書類を揃えておくのが良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設する方法

それでは実際にTitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設方法をみていきましょう。

まずはTitanFX(タイタンFX)の公式サイトにアクセスし、下部に表示されている「リアル口座開設」のボタンをクリックしてください。

新規口座開設の手続き画面が表示されます。

一番上の「お申込み口座を選択」のところで、個人口座か法人口座かを選択できるようになっているので、「法人取引口座」を選択してください。

登録するメールアドレスは、法人で利用しているメールアドレスを登録してください。

全ての入力が完了し、同意事項のチェックボックスにチェックボタンを入れたら、「さあ、始めましょう」をクリックしていきます。

引き続き顧客情報の入力画面が続きます。 基本的に登記簿謄本に記載されている情報を入力していくことになりますので、登記簿謄本は事前に取得しておくのがおすすめです。

一番上の「法人名」には、登記簿謄本に記載されている法人名を半角ローマ字で入力していきましょう。

次の「どちらで当社をお聞きになりましたか?」には、TitanFX(タイタンFX)をどこで知ったかについて入力してください。

さらに法人登録がされている国、電話番号、住所などを順番に入力していきましょう。

全ての入力が完了したら、「取引口座を開設する」をクリックします。

登録した法人メールアドレス宛に、認証メールが届きますのでTitanFX(タイタンFX)から届いたメールを経由して認証手続きを行なってください。

認証手続きが完了すると新規登録手続きが完了し、TitanFX(タイタンFX)のマイページとなるクライアントキャビネットへのログインができるようになります。

TitanFX(タイタンFX)へのログインはここまでで可能ですが、実際に利用するためには、もう少し手続きが必要です。

クライアントキャビネットにログイン後、法人の詳細情報を入力し必要書類を提出後、TitanFX(タイタンFX)側からの承認が降りれば取引がスタートできます。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座で取引を行うなら入出金も法人口座から行うのが基本

またTitanFX(タイタンFX)の法人口座でトレードを行うのであれば、お金の流れば全て法人口座のもので行なっていく必要があります。

代表者の個人銀行口座などからTitanFX(タイタンFX)の法人口座に入金を行うと、途中でお金の流れが噛み合わなくなってしまうためです。

TitanFX(タイタンFX)では、入出金方法に以下のような方法を利用することができるようになっています。

  • 海外送金(電信送金)
  • 国内口座への振込(入金のみ)
  • クレジットカード・デビットカード
  • ビットウォレット

など。 上記のどの方法を利用して入出金を行う場合でも、基本的には法人名義のものを利用していく必要があるでしょう。

銀行口座が法人名義のものであることや、クレジットカード・デビットカードも法人名義である必要があります。

またビットウォレットは、クレジットカードなどを紐づけて入出金手続きを行なっていくサービスですが、ビットウォレットの名義の他に紐づける金融機関のサービスも法人名義のものである必要があるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)で個人口座を法人口座に切り替えることはできるのか

また、これまで個人口座でTitanFX(タイタンFX)を利用していたという人もいますよね。

そんな人の中には、これまで使ってきた個人口座を法人口座に切り替えて利用したいという人もいるでしょう。

しかし元々利用していたTitanFX(タイタンFX)の個人口座を法人口座に切り替えることはできません。

そのためTitanFX(タイタンFX)にすでに個人口座を持っているという人でも、法人口座を開設するのであれば、新規で口座開設手続きを行なっていく必要があります。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)では、公式サイトより法人口座の手続きを行うことができるようになっています。

これから法人口座を開設するという人はまずは必要書類を揃えて、口座開設手続きを行なっていくとスムーズに取引を始められるでしょう。