ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)で法人口座を開設できるの?

法人口座を開設できるのであれば、方法を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)で一定額の利益を獲得できるようになった場合、節税目的で法人口座開設を考える方も少なくありません。

ただ海外FXブローカーの中には法人口座の開設を行っていない業者もあるのが現実です。

TitanFX(タイタンFX)は法人口座を開設できるのでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説

結論から申し上げますと、TitanFX(タイタンFX)では法人口座を開設できます。

TitanFX(タイタンFX)での法人口座の開設方法は難しくないものの、手続きや必要書類が個人口座とは異なりますのでご注意ください。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設するために必要な書類

TitanFX(タイタンFX)で法人口座を開設するために、まずは必要書類を準備しましょう。

先に必要書類を揃えておくと、TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設手続きをスムーズに進められます。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設では、日本法人と海外法人では異なりますのでご注意ください。

日本の法人口座を開設するために必要な書類

  • 登記簿謄本
  • 【定款に記載がない場合のみ】役員・取締役全員の登記書類
  • 【定款に記載がない場合のみ】株主全員の登記書類
  • 代表者の身分証明書類【有効期限内のカラー写真付き書類:例)パスポート・運転免許証・マイナンバーカード】
  • 代表者の住所証明書類【発行から3ヶ月以内の書類:例)住民票・公共料金の請求慮・銀行クレジットカードの利用明細書】

海外の法人口座を開設するために必要な書類

  • Certificate of Incorporation(法人設立認可証・基本定款)
  • 【定款に記載がない場合のみ】Company Statement(役員・取締役全員の登記書類)
  • 【定款に記載がない場合のみ】株主全員の登記書類
  • 代表者の身分証明書類【有効期限内のカラー写真付き書類:例)パスポート・運転免許証・マイナンバーカード】
  • 代表者の住所証明書類【発行から3ヶ月以内の書類:例)住民票・公共料金の請求慮・銀行クレジットカードの利用明細書】

TitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設手続きは、上の書類がなくても進められます。

ただ取引を開始する際には、TitanFX(タイタンFX)の法人口座で必要書類を提出し、承認されなければいけません。

法人口座の開設に必要な書類は取得に時間がかかる可能性がありますので、TitanFX(タイタンFX)で口座開設手続きを進める前に揃えておくことをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を開設する方法

TitanFX(タイタンFX)で法人口座の開設手続きを進める方法をみていきましょう。

まずはTitanFX(タイタンFX)トップページの「リアル口座開設」をクリックし、法人口座開設フォームへアクセスします。

個人口座と法人口座を選択するフォームで「法人取引口座」を選択します。

メールアドレスは、法人のメールアドレスを入力し、パスワードは半角でローマ字大文字・ローマ字小文字・数字を1文字づつ含んだ7文字以上を入力します。

「今後…」のチェックボックスをオンにし「さあ始めましょう」をクリックします。

引き続き表示されたフォームに、TitanFX(タイタンFX)の法人情報を入力していきます。

「法人名」は、登記簿謄本と同じ法人名を半角ローマ字で記入します。

「どちらで当社をお聞きになりましたか?」にはTitanFX(タイタンFX)を知るきっかけとなった場所を(例:サイト名・検索エンジンなど)を記入します。

つづいて法人登録されている「国」「電話番号」「住所」などを、半角アルファベットで記入してください。

すべて記入を終えたら、「取引口座を開設する」をクリックしましょう。

法人口座の登録メールアドレスに、TitanFX(タイタンFX)から確認メールが配信されます。

メールへアクセスし、流れに沿って認証手続きを行ってください。

TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットにログインできるようになります。

取引をスタートするためには、TitanFX(タイタンFX)へログイン後、アンチマネーロンダリング規約で義務付けられている「会社法人番号」と「会社成立の年月日」を「詳細情報」へ記入します。

「セキュリティ情報」で「秘密の質問」と「秘密の答えの回答」の登録も行い、確認書類の提出を行いましょう。

晴れてTitanFX(タイタンFX)の法人口座の開設が完了し、取引を開始できます。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座で個人口座と区別すべき注意点

TitanFX(タイタンFX)の法人口座開設の注意点として、個人口座はきちんと区別して入金や取引しなければいけません。

TitanFX(タイタンFX)個人名義の入金方法は法人口座で利用できない

TitanFX(タイタンFX)の個人口座で使用した入金方法は、法人口座では利用できません。

たとえば個人名義のbitwalletやクレジットカードは、TitanFX(タイタンFX)の法人口座では使えません。

TitanFX(タイタンFX)の入金方法は、口座名義が同一でなければ利用できないと言うルールがあります。

よって法人口座の入金方法では、法人名義のbitwallet口座やクレジットカードを発行する必要があります。

法人名義の金融サービスをご利用でない場合はあらたに開設し、TitanFX(タイタンFX)の入金方法としてご利用ください。

TitanFX(タイタンFX)法人口座は個人口座に切り替えられない

過去に利用してきたTitanFX(タイタンFX)の個人口座をTitanFX(タイタンFX)の法人口座に変更したい。

このようにお考えの方いるでしょうが、残念ながらできません。

TitanFX(タイタンFX)では法人口座と個人口座を完全に区別しています。

過去に個人口座で取引してきた方の中で法人口座を利用したいとお考えの場合は新規口座を開設する必要があると心得ておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)での法人口座の開設方法をはじめ、法人口座開設の必要書類、個人口座と区別すべき注意点をまとめました。

一見、敷居が高そうに見えるTitanFX(タイタンFX)法人口座の開設方法ですが、流れに沿って行うだけですので難しくはありません。

TitanFX(タイタンFX)の法人口座開設よりも、法人設立やその維持コストのほうが圧倒的に難易度が高いです。

法人設立はある程度の手間やコストが発生し、逆に法人解体時にも同等の手間や資金がかかることもきちんと視野に入れておきましょう。

コンスタントにTitanFX(タイタンFX)で利益獲得できるようになったとき、法人口座を開設すれば節税効果を発揮できるのではないでしょうか。