ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の安全性や危険性の評判が気になる方は多いのではないでしょうか。

海外FXならではの危険性に対する評判と言えば、金融庁からの警告や出金拒否を想像する方も少なくないはずです。

TitanFX(タイタンFX)の金融ライセンスの安全性や、約定不利や約定拒否の状況、借金リスクやなどの危険性に対する真相や評判を中心にみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

日本人ユーザーに評判の高いTitanFX(タイタンFX)ですが、よい評判ばかりではありません。

ただ評判だけでTitanFX(タイタンFX)は安全性が低く、危険性が高いと判断するのか軽率と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のご利用を検討されている方に向けて、安全性や危険性に対する評判や理由も交えてご紹介します。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判と理由について解説

TitanFX(タイタンFX)の安全性に対する評判と理由についてまとめました。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 金融ライセンスを取得済み

過去にTitanFX(タイタンFX)は、金融ライセンスなしで運営していたため悪評が多かったのですが、現在はバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得しています。

金融ライセンスの獲得条件は、金融業を行う地域ごとに一定の基準に基づき、第三者による審査を受けクリアしなければいけません。

TitanFX(タイタンFX)はバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得しているため、条件をクリアしていることから、一定の安全性を獲得したFXブローカーであると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 約定率が高く注文が通りやすい

FXブローカーの危険性に対する評判として多く聞かれるひとつが、約定力に対する声です。

約定不利によるスリッページや約定拒否によって、FXブローカーが損をしないよう価格操作する業者が存在すると、波紋を呼んでいます。

TitanFX(タイタンFX)は、他社と比較しても注文が通りやすく約定率が高いと、評判の高い業者です。

数あるTitanFX(タイタンFX)の安全性に対する評判の中でも、特に約定率やスプレッドの狭さはユーザーから高い評価を受けていると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 ゼロカット制度で借金リスクは軽い

TitanFX(タイタンFX)など海外FXブローカーの危険性に対する評判は、ハイレバレッジトレードにあります。

ハイレバレッジトレードはハイリスクな一面がある一方、危険性をカバーするためTitanFX(タイタンFX)ではゼロカット制度を採用しています。

万が一多額にのぼる損失を抱えてしまった場合、TitanFX(タイタンFX)が全額負担するため、ユーザーは借金リスクを負う必要がありません。

国内FXは追証が発生するため、万が一ロスカットに至ってしまった場合は、損失分に加えて追証分も全額返済しなければならず、借金リスクが発生します。

ハイレバレッジに対する評判とは異なり、TitanFX(タイタンFX)などの海外FXの資金の安全性は国内FXと比較すると高いと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判やその真相について解説します。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 日本の金融庁からの警告されている

TitanFX(タイタンFX)の危険性に対する評判は、日本の金融庁から警告を受けていることが大きな理由です。

日本の金融庁の公式ホームページに無登録業者として、TitanFX(タイタンFX)が掲載されています。

しかしTitanFX(タイタンFX)は、日本を拠点としたFXブローカーではないため、日本の金融ライセンスを取得する必要がありません。

金融庁がTitanFX(タイタンFX)を無登録業者として危険性を示唆し、評判に影響を与える行為から読み取れるのは、国内FXに顧客が集まるように仕向けているのではと考えるユーザーも少なくありません。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 バヌアツ金融ライセンスは信託保全制度を設けていない

バヌアツ金融ライセンスを取得しているTitanFX(タイタンFX)ですが、バヌアツのライセンスには信託保全制度が義務付けられていません。

信託保全制度は、TitanFX(タイタンFX)が破綻してしまっても顧客に全額返済する制度であるため、バヌアツの金融ライセンスの危険性に対する評判や不安な声が聞こえてくるのも事実です。

ただしTitanFX(タイタンFX)は独自にオーストラリアのNABの信託保全で顧客の資金を分別管理することで、万が一の危険性をカバーし、安全性や評判回復につなげています。

NABの信託保全はTitanFX(タイタンFX)の金融ライセンスとは無関係であるため、安全性に不安を感じる方は多額を預けるのは避けたほうがよいかもしれません。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 ユーザーによる出金拒否の声の真相

海外FXで多く聞かれる出金拒否の評判は、TitanFX(タイタンFX)でも聞かれており、危険性を示唆するユーザーも存在します。

しかしTitanFX(タイタンFX)の出金拒否を証明できる事実がないのも現実です。

出金拒否の危険性を示唆する評判の多くは、TitanFX(タイタンFX)の出金時間がかかってしまうことや、出金ルールの無視による出金拒否にが多いと言えます。

TitanFX(タイタンFX)の出金方法ごとの出金時間や、出金制限に対する腹いせに、危険性の評判を流すユーザーも存在するため注意しましょう。

出金拒否を行えば金融ライセンスはく奪、SNSの評判ダウンによる顧客離れにつながってしまうなど、TitanFX(タイタンFX)にとってメリットはひとつもありません。

そのような危険性と引き換えにTitanFX(タイタンFX)が出金拒否をすることは考えにくいと言えるでしょう。

バヌアツ金融ライセンスを取得し、独自の信託保全を考えるTitanFX(タイタンFX)は、安全性に配慮した海外FXブローカーと言えます。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判をまとめました。

ボーナスはないぶんスプレッドが狭く、約定率が高いとして知られているTitanFX(タイタンFX)の評判は高いです。

安全性と危険性の評判を確認して、TitanFX(タイタンFX)のご利用にお役立てください。