ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

これからFXトレードを始めたいという人や、すでにFXトレードを始めている人の中にはTitanFX(タイタンFX)を使ってみたいと考えている人もいるでしょう。

しかしTitanFX(タイタンFX)が海外ブローカーであることなどが理由となって、安全性に不安を感じていたり、「危険性があるのでは?」と感じている人もいますよね。

TitanFX(タイタンFX)は日本人トレーダーも数多く利用しているですが、本当に安全に利用できるのでしょうか。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性や評判を詳しく調べてみました。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は、日本人トレーダーも多く利用している海外ブローカーの1つです。

しかしこれから登録する人の中には安全性・危険性などについて前もって詳しく知っておきたいという人もいますよね。

次項よりTitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性についてそれぞれ詳しく紹介した上で、実際の利用者からの評判などをみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と評判を詳しく調べてみた

まずはTitanFX(タイタンFX)の安全性の根拠となる部分やその評価について紹介していきます。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 金融ライセンスを取得している

TitanFX(タイタンFX)はバヌアツ共和国に拠点をおく海外ブローカーであり、以前までは金融ライセンスを取得していない危険なブローカーであるとも言われていました。

一般的に金融業を行うのであれば、拠点をおく国の金融ライセンスを取得していることが条件であり、金融ライセンスを取得しているということは、その国で金融業を行うための一定の条件を満たしているということになります。

逆にどの国の金融ライセンスも取得していないブローカーである場合、そのブローカー独自のルールで金融業を運用しているということになるのです。

しかし現在のTitanFX(タイタンFX)は、拠点となるバヌアツ共和国の金融ライセンスを取得していますので、一定のルールを満たした上で運用を行なっていることがわかるでしょう。

また評判をみていてもTitanFX(タイタンFX)は、怪しいブローカーではないという一定の評判を得ています。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 ゼロカットシステムの採用で借金を背負うリスクは軽減されている

またTitanFX(タイタンFX)の安全性としてあげられるのが、トレードルールとしてのゼロカットシステムが採用です。

ゼロカットシステムとは、ロストカットなどにより証拠金がマイナスになった場合でも、TitanFX(タイタンFX)側が資金を補填してゼロにリセットしてくれるという機能のことを指します。

そのため、日本国内のブローカーのようにマージンコールがかかるタイミングで追証を求められ、結果借金をしてしまうという心配がありません。

TitanFX(タイタンFX)は、ハイレバレッジトレードができる分リスクも比例して高くなる印象がありますが、ゼロカットシステムの採用により感情に任せたトレードで資金を失いにくいという安全性があるといえるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 約定率が高く注文が滑りにくい

ブローカーの安全性を見るときに、注文がしっかり約定するかどうかという部分を確認したいという人もいますよね。

ブローカーの中には、わざと注文が通らないようになっており、結果的に資金を減らされてしまうという悪徳業者も混じっているものです。

しかしTitanFX(タイタンFX)では、評判などをみていても他社に比べて比較的注文が通りやすく約定スピードも早いという評判が多くなっています。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判を詳しく調べてみた

次にTitanFX(タイタンFX)の危険性との根拠となる部分やその評判についてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の危険性と評判 日本の金融庁のライセンスを取得していない

TitanFX(タイタンFX)の日本国内での評判が低い理由や危険性があると言われている大きな理由の1つとなっているのが、TitanFX(タイタンFX)が日本の金融庁のライセンスを取得していないという点です。

さらに日本の金融庁からTitanFX(タイタンFX)は「無登録で金融商品取引業を行うものの名称等について」として名前がリストアップされています。

しかしTitanFX(タイタンFX)自体が日本に拠点をおくFXブローカーではないため、日本の金融庁のライセンスは取得していないのは、当たり前であるともいえます。

しかし評判を見ていると、日本の金融庁が海外ブローカーから顧客を取り戻すためにやっているのでは?という評判をしている人もいるようです。

TitanFX(タイタンFX)の危険性と評判 信託保全制度が設けられていない

TitanFX(タイタンFX)の危険性として評判されている部分には、バヌアツ共和国の金融ライセンスに信託保全制度が条件づけられていないという点があります。

信託保全制度がないということは、万が一TitanFX(タイタンFX)が破綻してしまえば、顧客であるトレーダーの資金は補償されないということになるのです。

しかしTitanFX(タイタンFX)では、金融ライセンスで条件づけられていない信託保全に関しても独自のルールを設けており、オーストラリアのNAB(National Australia Bank)の信託保全で顧客の資金を分別管理しています。

ただしあくまでも、独自に管理を行なっているだけですので、自分の資金を預けることに不安があるという人は、預ける資金を極力少なくするということも重要です。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性や評判を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判をしっかり確認し、どのように利用していくかを決めてみてくださいね。