ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

口コミを見ていると、TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性について様々な評判が聞こえてきますが、実際はどうなのでしょうか。

金融ライセンスをはじめ、ハイレバレッジによる危険性、海外取引所だからこそ気になる出金拒否の安全性など、さまざまな観点から解説していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は安全性に対する評判が高く、危険性が低いとして日本人ユーザーから支持を受けています。

ただよい評判ばかりではなく、安全性を示唆する声や危険性に対する口コミも見受けられるのも現実でしょう。

自己資金を預託することからTitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性についてきちんと理解しておきたいところです。

ここでは実際の口コミ評判やTitanFX(タイタンFX)の運営や管理体制をもとに、安全性と危険性についてみていきます。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判と理由は?

まずはTitanFX(タイタンFX)の安全性の評判と、その理由についてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 金融ライセンスを取得

TitanFX(タイタンFX)はバヌアツ共和国の金融ライセンスを所得しているため、一定の安全性は保たれていると言えるでしょう。

金融ライセンスの取得は、営業拠点の地域で定められている一定の基準に則り審査し、クリアする必要があります。

過去、TitanFX(タイタンFX)は金融ライセンスを取得せずに運営していたため、危険性を危惧する評判も見受けられていました。

現在のTitanFX(タイタンFX)は、金融ライセンスを保有していることから、一定の安全性が保たれていると考えられます。

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判 ゼロカット制度採用。借金リスクなし

TitanFX(タイタンFX)の安全性に対する評判は、ゼロカット制度の採用です。

ゼロカット制度とは、レバレッジ取引で発生した損失による借金リスクをTitanFX(タイタンFX)に肩代わりしてもらえる、投資家を守るための救済制度です。

TitanFX(タイタンFX)では最大500倍というハイレバレッジトレードが可能で、ハイリターンが期待できます。

一方、ハイレバレッジトレードで損失に転じてしまった場合は大きな借金を抱えてしまう危険性があるため、TitanFX(タイタンFX)など海外FXではゼロカット制度が採用されています。

国内ではハイレバレッジトレードは危険だという評判が聞かれていますが、実際はゼロカット制度が実装されているため、国内FXよりも安全性の高いトレードができます。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判について

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判について、真相を探っていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 信託保全制度なしのバヌアツ共和国の金融ライセンス

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判として、バヌアツ共和国の金融ライセンスの保証制度があげられます。

バヌアツ共和国の金融ライセンスは、信託保全制度を義務付けていません。

万が一TitanFX(タイタンFX)が破綻した場合は、顧客資産を全額取り戻せない可能性があると、資産の危険性に対する評判が聞かれています。

ただ、TitanFX(タイタンFX)の運営資金と顧客資産は分別管理されており、顧客資産はNBAというオーストラリアの信託口座で保管されているため、資金の管理体制に対する安全性や評判は高いと言えます。

万が一の事態を考慮して、資金の預託は少額づつ行うことをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 無登録業者として日本の金融庁からの警告

TitanFX(タイタンFX)は、日本の金融庁の公式ページに無登録業者として明記・警告されているため、危険性に対する評判も聞かれていることは事実です。

しかしTitanFX(タイタンFX)は日本を拠点とした取引所ではないため、日本の金融ライセンスを取得する必要はありません。

ではなぜ金融庁がTitanFX(タイタンFX)を無登録業者として警告しているのかというと、国内FXの顧客離れに対する危険性を危惧しているからだと考えられます。

ハイレバレッジとゼロカットという高いサービスを提供するTitanFX(タイタンFX)に対し、国内FXは最大2から4倍のレバレッジ取引に制限されているうえトレードで発生した損失も返済しなければいけません。

無登録業者として公開することでTitanFX(タイタンFX)の評判を下げるよう、金融庁が仕向けていると考えるユーザーも少なくないのが実情でしょう。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 出金拒否に対する口コミについて

TitanFX(タイタンFX)など海外FXの危険性に対する評判は、出金拒否がついて回ります。

実際ユーザーの評判を確認すると、TitanFX(タイタンFX)の出金拒否されたという声も見受けられます。

深く掘り下げてみると、単なる出金時間の遅延や出金制限に不満を抱くユーザーの評判であることも明確です。

出金拒否は、SNSで拡散されてしまったり、金融ライセンスのはく奪されてしまったりなど、TitanFX(タイタンFX)にとって不利でしかありません。

取引所の評判を落とす危険性の高い行為を行ってまで、TitanFX(タイタンFX)は出金拒否を行うとは考えにくいのが事実です。

明確な出金拒否の証拠もないため、TitanFX(タイタンFX)は安全性の高い取引所と考えられるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の危険性の評判 約定不利に対する口コミについて

TitanFX(タイタンFX)の約定不利に対する危険性を危惧する評判も、ゼロではありません。

基本的に約定率が高いと評判のTitanFX(タイタンFX)ですが、特にスリッページの危険性において、わずかに評判が聞こえてくるのも事実です。

TitanFX(タイタンFX)は、透明性の高いNDD方式を採用し、カバー先の金融機関に直接注文を流しているため、スリッページが発生する可能性があります。

スリッページをゼロに抑えることは難しいですが、透明性の高い取引を行えることから、危険性は低く、むじろ安全性が高いと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の安全性の評判は、金融ライセンスを保有していること、ゼロカット制度の採用についてよい声が聞かれています。

一方危険性の評判は、金融ライセンスの信託保全制度を義務付けていないことでしょう。

資金の安全性を保つために少額入金することをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)の危険性に対する評判は他にも、金融庁からの警告、出金拒否や約定不利などが聞かれていますが、ユーザーの過剰評価であるケースがほとんどです。

低スプレッドでトレードできるTitanFX(タイタンFX)は、ロスカットの危険性は低く、資金の安全性を保ちやすい環境でトレードできる取引所だと言えるでしょう。