ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)設定と禁止を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

これからTitanFX(タイタンFX)で自動売買(EA)を試してみたいと考えている人もいるでしょう。

自動売買(EA)を利用することで、感情に任せたトレードを防ぐことができたり、チャートに張り付いている時間を減らせるなどのメリットが得られます。

しかしこれまで自動売買(EA)をやったことがない場合、TitanFX(タイタンFX)でどのように設定をしていけば良いのかわからないという人もいますよね。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)設定方法と禁止行為などについて分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)設定と禁止を分かりやすく解説

これまで手動で取引していたという人も、時間の節約やセルフコントロールなどの意味合いから自動売買に切り替えたいという人もいますよね。

TitanFX(タイタンFX)で自動売買(EA)での運用を公式で認めており、実際にトレーダーの中にも自動売買(EA)にて利益をあげている人もいるようです。

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)を設定する方法

それでは実際にTitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)を設定する方法をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)ツールの入手方法

TitanFX(タイタンFX)で自動売買(EA)を稼働させるためには、まずは自動売買(EA)ツールを自分で入手する必要があります。

自動売買(EA)ツールの入手方法は、大きく分けて以下の3つの方法から選択可能です。

  • 有料の自動売買(EA)ツールを購入する
  • 無料の自動売買(EA)ツールを取得する
  • 自動売買(EA)ツールを自作する

pythonなどのプログラミング知識がある人であれば、自動売買(EA)ツールを自作するという人もいますが、基本的に外部から自動売買(EA)ツールを入手するという人が多いでしょう。

自動売買(EA)ツールには有料のものと無料で配布されているものがあります。

自動売買(EA)ツールは、有料だから良い・無料だから悪いという訳ではなく、有料でも悪質なものもあれば無料でも良質なものを見つけることも可能です。

これまで自動売買(EA)をしたことがないという人であれば、まずは無料のものを試して自動売買(EA)の感覚に慣れていくというのも良いでしょう。

入手を検討している自動売買(EA)ツールのプロフィットファクタやドローダウンの最大値などをチェックしながら自分に合ったものを選んで下さい。

海外のFXトレーダーのコミュニティサイトなどを訪問すると、無料で配布されている良質な自動売買(EA)ツールも見つけることができますよ。

TitanFX(タイタンFX)に自動売買(EA)ツールを設定していく

ツールが入手できたら、実際にTitanFX(タイタンFX)に自動売買(EA)ツールを設定していきましょう。

ここではTitanFX(タイタンFX)のMT4を利用した自動売買(EA)ツールの設定方法を紹介していきます。

まずは入手した自動売買(EA)ツールをMT4に保存していきます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4を開いたら上部メニューバーにある「ファイル」を開き、さらに「データフォルダ」→MQL4」→ExpartAdviser」をクリックし、入手した自動売買ツール(EA)を保存します。

一旦MT4を閉じて、再びMT4を起動し直します。(MT4を再起動させることによって自動売買(EA)ツールが利用できるようになるため) MT4を再起動させると「ナビゲーター」ウィンドウに表示されます。

自動売買(EA)ツールの稼働準備を行なっていきましょう。

上部メニューバーの中にある「ツール」から「オプション」をクリックしオプション画面を開きます。

「エキスパート」のタブの中にある「自動売買を許可する」「DLLの使用を許可する(信頼できるアプリケーションのみで有効)」にチェックを入れてください。

上記2箇所にチェックが入ったら、MT4のツールバー常にある自動売買アイコンをオン/オフ切り替えることで、自動売買(EA)の稼働設定ができるようになります。

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)の禁止事項

TitanFX(タイタンFX)では、基本的に自動売買(EA)ツール特有の禁止事項というものは設けられていません。

そのため、比較的自由に自動売買(EA)ツールを利用してトレードが行えるようになっています。

ただし自動売買(EA)ツールでのスキャルピングトレードなどを行なった場合、スプレッドが大きく開いてしまったり、注文が滑りやすくなるという不具合も見られるようです。

これは、自動売買(EA)ツールでの短期トレードが行われると、ユーザー自身の把握していないところでサーバーに負担がかかってしまうためと考えられます。

また自動売買(EA)に限らず、TitanFX(タイタンFX)ではいくつかのトレードルールが設けられており、自動売買(EA)でもこのルールを守ることが必要です。

例えば、手動でも自動売買(EA)でもTitanFX(タイタンFX)では、口座をまたいでの両建てや業者をまたいでの両建てを禁止しています。

自動売買(EA)で故意に口座間や業者間の両建てを行なった訳ではなくてもTitanFX(タイタンFX)の両建て禁止ルールを破れば、何かしらのペナルティが与えられる可能性もあるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)設定と禁止を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の自動売買(EA)設定と禁止についてを分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)では、トレーディングプラットフォームを利用して自動売買(EA)ツールを稼働させることができるようになっています。

トレードルールは基本的に手動でのトレードと同じルールが採用されていますので、禁止行為に触れないように設定していくことが大切です。