ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

FXトレードを始めている人や、これから始める人の中には、海外ブローカーのTitanFX(タイタンFX)での口座開設を考えているという人もいるでしょう。

しかし海外ブローカーで口座開設するのが初めてという人であれば、海外ブローカーの口座開設に難しさを感じている人もいるのではないでしょうか。

しかし、日本語にも対応しているTitanFX(タイタンFX)では、英語が苦手な方でも比較的簡単に口座開設を行うことが可能です。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順を分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順を分かりやすく解説

海外ブローカーのTitanFX(タイタンFX)では、日本国内ブローカーでは不可能なハイレバレッジトレードを楽しめることで有名です。

そのため、手元に少ない資金しかない人でも大きな利益をあげられるチャンスがあります。

手元の資金を一気に増やしたいという理由で、口座開設したいと考えている人もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)で口座開設をするのであれば、事前に本人確認書類を揃えておくとスムーズです。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設方法と手順をみる前に揃えておいた方が良い書類

TitanFX(タイタンFX)で口座開設を行うこと自体に、必要な書類はありません。

しかしTitanFX(タイタンFX)では、トレーダーがTitanFX(タイタンFX)の口座に入金する条件として、本人確認が済んでいる必要があります。

そのため口座開設をしてすぐにトレードを始めたいのであれば、必ず本人確認書類を提出しなければなりません。

TitanFX(タイタンFX)で認められている本人確認書類は、以下の通り(以下のいずれか2点が必要)ですので口座開設を行うタイミングで用意しておくと、スムーズにトレードに入れますよ。

  • 運転免許証
  • 健康保険証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • 住民基本台帳カード

ちなみにマイナンバーカードでの提出はOKですが個人番号付きの通知カードは認められません。

個人番号付きの通知カードを利用したいという人は、マイナンバーカードを作っておくのがおすすめです。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順

必要書類を準備したところで、実際にTitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順をみていきましょう。

まずはTitanFX(タイタンFX)の公式サイトにアクセスし、メインページの下部に表示されている「新規リアル口座を開設」をクリックしてください。

ユーザー登録画面が表示されます。

「申し込み口座を選択」にて個人口座または法人口座を選択していきましょう。

次に登録するメールアドレスを入力し、自分の利用するパスワードを入力していきます。

パスワードを入力するとエラーになってしまうという人は、自分の入力したパスワードが以下の条件を満たしているかを確認してください。

  • 全てが英数字であること
  • 大文字が1文字以上入っていること
  • 小文字が1文字以上入っていること
  • 数字が1つ以上入っていること
  • 全部で7字以上になっていること

入力内容を確認し、問題なければ「さあ、始めましょう」をクリックしていきます。

 

取引口座の内容を設定していきます。

TitanFX(タイタンFX)では取引プラットフォームにMT4かMT5が選べますので、好きな方を選択してください。

次にTitanFX(タイタンFX)で開設する口座タイプを「スタンダード口座」「ブレード口座」のいずれかから選びます。

レバレッジの最大値を1倍〜500倍の中から選んでください。

(トレードごとにレバレッジの倍数を調整することはできませんので、ここで設定していくことになります。)

ベース通貨を「日本円(JPY)」「米ドル(USD)」「豪ドル(AUD)」「シンガポールドル(SGD)」「ユーロ(EUR)」の中から選択してください。

全ての入力内容を確認して問題なければ、 「金融サービスガイド」「金融商品開示文書」「取引規約」を読んだ上で同意のチェックボタンにチェックをして「次へ」をクリックしていきましょう。  

「次へ」のボタンをクリックすると、登録したメールアドレスに、認証手続きのメールが届きます。

届いたメールの内容を確認し記載されているリンクをクリックすると、ユーザー情報の入力画面が表示されます。

上から氏名をローマ字で入力し、生年月日も入力していきましょう。

生年月日の入力は、1985年5月1日であれば「01/05/1985」と入力していくことになり、日付・月・年の順に入力してください。

次に「どちらで当社をお聞きになりましたか?」という項目があるので、TitanFX(タイタンFX)を知ったきっかけを「ネットの広告」や「Twitterの口コミ」のようにわかりやすく記載してください。

次に現住所を入力していきます。

まずは国の選択を行いますが、日本に居住している人であれば「JAPAN」を選択してください。

電話番号を入力していきます。

電話番号は、国際番号の+81(日本国居住の場合)から始めましょう。

例えば090-0000-0000の場合には「+81 90 0000 0000」と入力します。

電話番号の入力が完了したら、住所をローマ字入力していきましょう。

例えば「東京都新宿区新宿0-0-0」であれば、「0-0-0  Shinjyuku」と入力し、その下に表示されている「市区町村」の部分に「Shinjyuku-ku」と入力します。

さらにお住いの都道府県(東京であれば「Tokyo」)、郵便番号を入力していきましょう。

最後に「取引口座を開設する」をクリックして完了です。

登録しているメールアドレスに、登録完了のお知らせが届いていれば、無事に登録が完了していますので、登録したメールアドレスとパスワードを利用してログインを行なってください。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設を1度行えば、同じアカウントで口座を追加することも可能

ここまでTitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順について解説してきましたが、TitanFX(タイタンFX)では複数口座を作ることができるようになっており、最大6つの口座を持つことが可能です。

ただし1つ口座開設手続きを行なっておけば、あとはTitanFX(タイタンFX)アカウントページであるクライアントキャビネットから追加口座を開設していくことができるようになっています。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の口座開設の方法と手順を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)は海外ブローカーではありますが日本語にも対応しているので、英語の苦手な方でも比較的簡単に口座開設を行うことができます。

これからTitanFX(タイタンFX)に口座を開設したいという人は、まずは方法と手順をしっかり確認して口座開設を行なってみてくださいね。