ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

海外ブローカーのTitanFX(タイタンFX)では、トレードの際に共通トレーディングプラットフォームであるMT4が採用されています。

TitanFX(タイタンFX)を利用しようと考えている人の中には、MT4をこれまで使ったことがないという人もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)は海外ブローカーや国内ブローカーの多くで採用されているトレーディングプラットフォームであり、一度使い方を覚えてしまえば応用のきくシステムになっています。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)では、独自のトレードシステムを採用しておらず、多くの国内外のブローカーが採用しているトレーディングプラットフォームであるMT4とMT5が利用可能です。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)で利用できるトレーディングプラットフォームの1つであるMT4の使い方をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の口座を開設してログインする

まずは新規のアカウントでTitanFX(タイタンFX)のMT4口座を立ち上げていく方法です。

TitanFX(タイタンFX)の口座開設をしていないという人は、まずはこの手順から始めましょう。

TitanFX(タイタンFX)の公式サイトにアイクセスし、下部に表示されている「新規リアル口座を開設」をクリックしていきます。

リアル口座の登録画面が表示されるので、画面の指示にしたがって登録するメールアドレスとパスワードを入力してください。

また申し込み口座では個人口座と法人口座が選択できるようになっているので、こちらも用途に合わせて選択していきましょう。

入力が完了したら「さあ始めましょう」のボタンをクリックします。

ユーザー情報の登録画面が表示され、一番上の項目でプラットフォームを選択していきます。

MT4とMT5が選択できるようになっていますが、MT4を利用したい人はここでMT4を選択していきましょう。

他にも口座タイプ、レバレッジ、ベース通貨などを選択して「次へ」をクリックし、画面の指示にしたがって手続きを完了させてください。

登録したメールアドレスに認証メールが届きますので、画面の指示にしたがって認証手続きを完了させましょう。

本人確認を完了させれば、TitanFX(タイタンFX)のアカウント開設が完了します。

TitanFX(タイタンFX)のテクノロジー画面からMT4をダウンロードして、ログインしていきましょう。

指定されたTitanFX(タイタンFX)のサーバー名を選択し、ID・パスワードを入力すればMT4にて取引が始められます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4で自分の取引したい通貨ペアのチャートを表示させる

MT4が立ち上がったら、自分の取引する通貨ペアを表示させていきましょう。

MT4の画面左上にある「ファイル」から「新規チャート」をクリックすると通貨ペアの一覧が表示されるので、その中からチャートを表示させたい通貨ペアをクリックします。

通貨ペアをクリックすると、表示させたい通貨ペアのチャートに切り替わります。

また事前に表示されていたチャートは消える訳ではなく、現在表示されているチャートの後ろに隠れている状態です。

これまで表示させたチャートを前面に表示させたいという場合には、チャート下部の通貨ペア名と時間足(H4,D1など)が表示されているタブをクリックしてください。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの形を変更したり表示する時間足を変更する方法

次にTitanFX(タイタンFX)のMT4で、表示するチャートの形を変更したり、表示する時間足を変更させる方法です。

チャート上部に表示されているメニュー画面の一覧から、チャートの形状を示しているアイコンをクリックしてください。

表示できるチャートの形は、バーチャート、ラインチャート、ローソク足の3種類となっています。

また表示しているチャートの時間足を変更したいという場合には、チャート上に表示されている時間足のそれぞれのボタンをクリックしてください。

例えば1分足の表示は「M1」をクリック、1時間足の表示は「H1」、1日足の表示は「D1」、1ヶ月足の表示は「MN」をクリックしていきます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でインジケーターを表示させる方法

TitanFX(タイタンFX)のMT4では、インジケーターを利用したテクニカル分析を行うことも可能です。

ここではボリンジャーバンドを利用して、MT4のチャート内にインジケーターを表示させてみましょう。

まずは、MT4の画面上部に表示されているメニューバーの中から、「挿入」をクリックし、「インジケーター」をさらにクリックしてください。

トレンドの中に「ボリンジャーバンド」のボタンがありますので、クリックしていきましょう。

ボリンジャーバンドを表示させる条件(期間や偏差など)を入力し、スタイルをカスタマイズしたら「OK」ボタンをクリックしてください。

チャート上にボリンジャーバンドが表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4で注文を行う方法

チャートの使い方や表示の変更方法がわかったところで、MT4を利用して注文を行う方法をみていきましょう。

新規注文を行う場合には、上部メニューバーの中から「ツール」をクリックし、さらに「新規注文」をクリックしていきます。

オーダーの発注画面が表示されるので、ここで注文を行なっていきます。

まずは一番上に表示される「通貨ペア」の項目で注文をする通貨ペアを選択しましょう。

注文を行う数量を「注文数量」に入力します。 「注文種別」にて注文方法を選択していきます(「成行注文・指値注文など) 成行注文の場合には、入力内容を確認して問題なければ「成行買い」または「成行売り」をクリックしていきましょう。

指値注文の場合には必要に応じて指値を入力し、入力内容を確認したら「発注」をクリックして完了です。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)では、MT4を利用してトレードを行うことができるようになっています。

ただしMT4とMT5には互換性がないので、MT4で口座開設をした場合はMT5をダウンロードして利用することはできません。

MT4のIDとパスワードを持っている人は、必ずMT4のシステムをダウンロードして利用するようにしてください。

またMT4は、多くの海外ブローカーや国内ブローカーでも採用されているシステムですので、一度使用方法を覚えてしまえば他のブローカーでMT4が利用できれば使い方は全く同じです。

まずはMT4の基本操作に慣れて、徐々に応用した使い方をマスターしていきましょう。