ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方がよくわからない。

MT4をダウンロードしたけれど、TitanFX(タイタンFX)のトレードの使い方はどのような手順で進めたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は、独自のゼロポイント技術による超高速約定を誇り、最大500倍でレバレッジ取引できる海外FX業者です。

MT4は世界中のプロ投資家に愛用されている取引プラットフォームですので、TitanFX(タイタンFX)で使ってみたいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方における基本的な手順を解説していきます。

  • 手順1.MT4口座を開設・ログインする使い方
  • 手順2.MT4でチャートを表示する使い方
  • 手順3.チャートの時間足と種類を変更する使い方
  • 手順4.チャートにインジケーターを表示する使い方
  • 手順5.注文方法の使い方

TitanFX(タイタンFX)は取引プラットフォームにMT4・MT5のどちらかを選択してダウンロードできます。

ただしMT4の使い方は、手順にしたがって設定や操作をしなければ、トレードをはじめることはできません。

まずはTitanFX(タイタンFX)の公式サイトでアカウント登録と口座開設、入金を済ませてから、インストールしたMT4にログインするという手順が使い方の流れになります。

TitanFX(タイタンFX)のMT4口座を開設・ログインする使い方

1.TitanFX(タイタンFX)でMT4口座を開設する使い方

TitanFX(タイタンFX)の公式サイトへアクセスし「新規リアル口座を開設」をクリックします。

ユーザー登録フォームに、TitanFX(タイタンFX)で開設したい口座を、個人口座または法人口座から選択しましょう。

登録メールアドレスとパスワードも記入し「さあ、始めましょう」をクリックします。

口座開設フォームで、MT4またはMT5のいずれからMT4を選択することが、TitanFX(タイタンFX)でMT4の使い方をはじめるために必要な手順になります。

口座タイプをスタンダード口座またはブレード口座から、レバレッジを1倍から500倍、ベース通貨を選択し、利用規約のチェックボックスをオンにして「次へ」進みます。

TitanFX(タイタンFX)の登録メールアドレスに、MT4口座の開設完了通知が送信されたら「確認」をクリックすれば口座開設は完了します。

つづいて公式サイトにログインして本人確認と入金を済ませてしまいましょう。

2.MT4へログインする使い方

まずMT4のダウンロードから開始しましょう。

公式TitanFX(タイタンFX)の「ダウンロード - Titan FXの各取引ツールを無料ダウンロード」ページから、デバイスに見合ったMT4を案内にしたがってダウンロード・インストールします。

MT4へログインする使い方は、MT4を起動し「ファイル」から「取引口座へログイン」を選択します。

そしてTitanFX(タイタンFX)からMT4口座開設完了時に送信されてきた、ログインID・パスワード・サーバー情報を入力することで、MT4のトレード関連の使い方を始めることができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートを表示する使い方

MT4でTitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方をみていきます。

1.MT4でチャートを表示する準備として気配値にTitanFX(タイタンFX)の全通貨ペアを表示する

まずMT4の使い方のルールとして「気配値表示」に表示されている通貨ペアでなければ、チャートの表示と注文はできません。

チャート表示や注文する使い方の準備として、TitanFX(タイタンFX)の全通貨ペアを選べるようにするための設定を行いましょう。

全通貨ペアを選べるようにする使い方は、「気配値表示」エリアのどこでもよいので右クリックし「すべて表示」を選択するだけです。

2.TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートを表示する使い方

つづいてTitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方は、MT4の「ファイル」から「新規チャート」を選択して、任意の通貨ペアを選択しましょう。

複数のチャートを起動すると、先に表示していたチャートが隠れてしまうため、チャートエリア下に表示されている通貨ペアのタブを選べば、チャートの切替ができます。

またMT4のメニューアイコン「並べて表示」を選択することで、ランダムに表示されたチャートを画面に規則正しく並べて、一覧表示することも可能です。

TitanFX(タイタンFX)のMT4 チャート分析機能の使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT4には、豊富なチャート分析機能が実装されていますが、その中でも基本的な3つの機能の使い方をみていきます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの時間足を変更する使い方

使い方は、MT4のメニューから時間足アイコンを選択するだけです。

チャートの時間足とは、チャートの目盛ひとつぶんの時間を示しており、M*は分刻み、H*は時間刻み、D*は日刻み、W*は週刻み、MN*は月刻みに変更可能です。

時間足を変更することで、TitanFX(タイタンFX)の短期相場から長期相場まで幅広い値動きを確認する使い方ができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの種類を変更する使い方

使い方は、MT4のメニューから、チャートの種類が表示されているアイコンを選択します。

デフォルトがバーチャートなので、TitanFX(タイタンFX)の相場状況を詳しく把握できるローソク足に変更する使い方がおすすめでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートにインジケーターを表示する使い方

インジケーターを表示する使い方は、MT4の「挿入」から「インジケーター」を選択します。

ここではMT4でもっとも活用頻度の高い平均移動線を選ぶとして、「トレンド系」から「Moving Average」を選びます。

インジケーター設定のポップアップが表示されたら、期間や線の色などを任意でカスタマイズしましょう。

TitanFX(タイタンFX)をはじめ、MT4で広く活用されているインジケーターの種類はトレンド系とオシレーター系で、ふたつを併用する使い方は双方のデメリットを補うことができるためおすすめです。

インジケーターの種類や使い方については、テクニカルチャート分析の参考書等で基礎知識を身につけてからご利用ください。

TitanFX(タイタンFX)のMT4で注文する使い方

TitanFX(タイタンFX)で注文する使い方は、MT4の「ツール」から「新規注文」を選択したら、注文フォームを以下のように入力・設定しましょう。

  • 成行注文の使い方:「通貨ペア」「注文種別」から成行注文を選択→「数量」を記入して「成行買い」「成行売り」のいずれかをクリック
  • 指値注文の使い方:「通貨ペア」「注文種別」から指値注文を選択→「注文種別」でBuy LimitまたはSell Limitのいずれかを選択、注文したい「数量」を記入後「発注」をクリック

2つは基本的な注文の使い方ですが、さらに以下のMT4の注文フォームの項目を設定すれば、新規エントリーと同時に決済注文をしこむことができます。

  • 「ストップロス」の使い方:損切りしたい価格を設定する
  • 「テイクプロフィット」の使い方:利益を確定したい価格を設定する

MT4で注文する使い方をマスターして、TitanFX(タイタンFX)の利益獲得をめざしましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方は、基本的な手順に沿って行わなければいけません。

公式サイトでのMT4の口座開設と入出金を完了後、MT4をダウンロード・ログインしてようやくチャート分析や注文する使い方に進むことができることを覚えておきましょう。