ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方はどのようにしたらいいの?

MT4をダウンロードしたけれど、使い方の手順がよくわからない…。

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は、MT4を使い、最大500倍のレバレッジ取引ができる海外FX取引所です。

MT4は世界中のプロ投資家に愛用されている取引プラットフォームですが、ご利用がはじめてだという方もいるのではないでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)では、MT4とMT5を取引プラットフォームに採用しており、自由に選択して利用できます。

一見、MT4の使い方は難しそうですが、機能や操作を覚えてしまえば簡単でしょう。

MT4の使い方には手順があるため、順序を守らなくてはトレードを開始できません。

具体的な使い方の手順は、まずTitanFX(タイタンFX)の公式サイトでアカウント登録とMT4口座の開設を完了後、MT4へログインします。

これでTitanFX(タイタンFX)のチャート分析や注文をMT4でスタートできますが、トレードする使い方についてもみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4口座を開設・ログインする使い方

TitanFX(タイタンFX)でMT4口座を開設する使い方を解説しましょう。

公式TitanFX(タイタンFX)へアクセスし「新規リアル口座を開設」をクリックします。

ユーザー登録フォームに、TitanFX(タイタンFX)で開設したい口座を、個人口座または法人口座から選択しましょう。

登録メールアドレスとパスワードも記入し、「さあ、始めましょう」をクリックします。

口座開設フォームで、MT4またはMT5のいずれからMT4を選択することが、TitanFX(タイタンFX)でMT4の使い方を可能にするためのファーストステップです。

まだこの段階ではMT4を使うことはできませんので、手続きを進めましょう。

口座タイプをスタンダード口座またはブレード口座から、レバレッジを1倍から500倍、ベース通貨を選択し、利用規約のチェックボックスをオンにして「次へ」進みます。

TitanFX(タイタンFX)の登録メールアドレスに、MT4口座の開設完了通知が送信されますので「確認」をクリックして口座開設を完了させます。

MT4へログインする使い方は、まずMT4のダウンロードから開始しましょう。

TitanFX(タイタンFX)公式サイトの「ダウンロード - Titan FXの各取引ツールを無料ダウンロード」ページから、デバイスに見合ったMT4を手順に沿ってダウンロード・インストールします。

MT4へログインする使い方は、MT4を起動し「ファイル」から「取引口座へログイン」を選択し、TitanFX(タイタンFX)からMT4口座開設完了時に送信されてきたログインID・パスワード・サーバー情報を入力することで完了します。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートを表示する使い方

MT4でTitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方をみていきましょう。

まずMT4を起動するとデフォルトのチャートが表示されており、任意で「気配値表示」に表示されている通貨ペア限定であればチャートを追加表示できます。

ようするにTitanFX(タイタンFX)の特定の通貨ペアでしかチャート表示や注文ができない状態にあるため、全通貨ペアのチャート表示や注文する使い方をみていきましょう。

全通貨ペアをアクティブにする使い方は、「気配値表示」エリアのどこでもよいので右クリックし「すべて表示」を選択します。

TitanFX(タイタンFX)のチャートを表示する使い方は、MT4の「ファイル」から「新規チャート」を選択して、任意の通貨ペアを選択するだけです。

複数のチャートを起動すると、先に表示していたチャートが隠れてしまいますが削除されたわけではなく、チャートエリア下に表示されている通貨ペアのタブを選択することで表示できます。

またMT4のメニューアイコン「並べて表示」を選択することで、ランダムに表示されたチャートを画面に規則正しく表示することも可能です。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でインジケーターを表示する使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT4でインジケーターを表示する使い方は「挿入」から「インジケーター」を選択します。

インジケーターのひとつ平均移動線はMT4でもっとも多く利用されていますので、表示する使い方を例にあげてみていきましょう。

つづいて「トレンド系」から「Moving Average」を選択します。

インジケーターの設定ポップアップが表示されたら、期間や線の色などをカスタマイズ可能です。

TitanFX(タイタンFX)をはじめ、MT4で広く活用されているインジケーターの使い方は、トレンド系とオシレーター系の併用です。

インジケーターについてはテクニカルチャート分析の参考書等で、じっくりと知識を身につけましょう。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの種類・時間足を変更する使い方

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの種類を変更する使い方は、チャートの種類が表示されているアイコンを選択します。

MT5で広く活用されているローソク足の他、ラインチャート、バーチャートなどにも変更可能です。

TitanFX(タイタンFX)のMT4でチャートの時間足を変更する使い方も、時間足アイコンを選択します。

チャートの時間足とは、チャートのバー・目盛・ローソク足ひとつぶんの時間を示しており、M*は分刻み、H*は時間刻み、D*は日刻み、W*は週刻み、MN*は月刻みに変更可能です。

時間足を変更することで、TitanFX(タイタンFX)の短期相場から長期相場まで幅広い値動きを確認する使い方ができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4で注文する使い方

TitanFX(タイタンFX)で注文する使い方は、MT4の「ツール」から「新規注文」を選択しましょう。

成行注文の使い方は、MT4で表示された注文フォームの「通貨ペア」と「注文種別」で成行注文を選択し、「数量」を記入して「成行買い」「成行売り」のいずれかをクリックします。

指値注文の使い方は、MT4の注文フォームで「通貨ペア」と「注文種別」で指値注文を選択、「価格」をクリックします。

さらに「注文種別」でBuy LimitまたはSell Limitのいずれかを選択し、TitanFX(タイタンFX)で注文したい「数量」を記入後、「発注」をクリックする、という使い方をします。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)におけるMT4の使い方は、公式サイトでMT4口座を開設後、MT4を取得して口座情報を入力することでスタートできます。

MT4の使い方は、TitanFX(タイタンFX)のチャート分析と注文方法ですのできちんと覚えてください。