ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のMT4の使い方を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20180927175340j:plain

TitanFX(タイタンFX)の取引プラットフォームであるMT4はどのように使えばよいのでしょうか。

FX初心者にとっては馴染みのないツールのため、情報量が多く複雑なカスタムも可能なMT4は難しそうに思える方もいるのではないでしょうか。

ここでは、高機能なFX取引プラットフォームであるMT4について基本的な使い方を分かりやすく解説します。  

TitanFX(タイタンFX)MT4の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のMT4はプロのFXトレーダーも使っている高機能なFX取引プラットフォームです。

各種インディケーターの表示や、システムトレードの登録など、MT4を自分好みにカスタムすることもできます。

FX上級者にも愛用されるMT4ですが、今回は初心者のためにTitanFX(タイタンFX)のMT4の基本的な使い方をご紹介していきます。

TitanFX(タイタンFX)MT4の使い方

まずはTitanFX(タイタンFX)のMT4の初期表示状態での見方と使い方をご説明します。

1.TitanFX(タイタンFX)のMT4のメニューバーとツールバー

MT4の上部に固定されている部分がメニューバー、その下にツールバーが並んでいます。

ほぼすべての操作がこのメニューバーとツールバーから可能で、MT4のカスタマイズもメニューバーからできます。

2.TitanFX(タイタンFX)のMT4の気配値ウィンドウ

各通貨ペアの売買気配値がリアルタイムで表示されます。表示されている時間は日本時間ではなく、サーバー時間と呼ばれるGMT+3時間が表示されています。

 3.TitanFX(タイタンFX)のMT4のナビゲーターウィンドウ

インディケーターの表示やカスタム、口座の切り替えなど取り引き以外の操作ができます。

インディケーターはボリンジャーバンドや一目均衡表など、値動きを分析するために使われる様々な指標をグラフ化したものです。

4.TitanFX(タイタンFX)のMT4のチャートウィンドウ

選択されている時間足のローソク足でチャートが表示されます。また、各種インディケーターなども重ねて表示できます。

時間足はチャート上部のボタンで1分足から月足まで、簡単に変更できます。

 

チャートが小さくて見づらい場合にはチャート下部の時間軸をドラッグすることで、拡大縮小表示ができます。

 

また、windowsのPCであれば、F11キーを押すことでチャートをフルスクリーン表示に切り替えられますので覚えておくと大変便利です。フルスクリーン表示の終了も同じくF11キーです。 今回は一つのチャートのみ表示していますが、複数の通貨ペアのチャートを分割して表示することもできます。

5.TitanFX(タイタンFX)のMT4のターミナルウィンドウ

注文の内容や、口座情報、運用比率など多様な情報が表示されるウィンドウです。ウィンドウ下部にはタブがあり、それらを切り替えることでウィンドウに表示される情報が変わります。

それぞれのウィンドウは初期設定で表示されていますが、メニューバーの「表示」で他のウィンドウを表示したり、現在表示されているウィンドウを消したりもできます。

以上が、TitanFX(タイタンFX)のMT4の基本的な見方です。  

TitanFX(タイタンFX)MT4の注文方法

TitanFX(タイタンFX)のMT4見方の次に、基本的な取り引き操作をご紹介します。

TitanFX(タイタンFX)のMT4で売買注文をする方法は複数あります。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のメニューバー、ツールバーから新規注文

メニューバーでは「ツール」→「新規注文」と操作すると注文ができます。

コマンドバーではさらに簡単で「新規注文」ボタンをクリックするだけで注文ウィンドウが表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4の気配値ウィンドウから新規注文

気配値ウィンドウに表示されている通貨ペアの上で右クリック→「新規注文」で注文ウィンドウが表示されます。

通貨ペアから新規注文ウィンドウを開くと、通貨ペアの情報入力を省略することができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のチャートから新規注文

チャートの任意の場所で右クリック→「注文発注」→「新規注文」で注文ウィンドウが表示されます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のターミナルウィンドウから新規注文

ターミナルウィンドウ上からも、任意の場所で右クリック→「新規注文」ができます。

以上のようにTitanFX(タイタンFX)のMT4では多くのウィンドウ上で新規注文の操作ができます。

ただし、ナビゲーターウィンドウからは新規注文の操作ができないので注意しましょう。  

TitanFX(タイタンFX)MT4の決済注文方法

TitanFX(タイタンFX)のMT4でポジションを決済する注文方法は主に2つあります。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のターミナルウィンドウでの決済注文

ターミナルウィンドウで取り引きタブを表示すると、過去に行った取り引きが表示されます。

その取り引き情報の上で右クリック→「決済注文」で決済注文ができます。

この決済注文は選択したポジションをすべて決済することになりますので、一部のみ決済はできません。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のターミナルウィンドウでの注文変更または取り消し

保有ポジションの一部のみ決済したいときは、ターミナルウィンドウの取り引きタブで、取引情報の上で右クリック→「注文変更または取り消し」を選択します。

新たに表示される「オーダーの発注」ウィンドウで、注文種別を「成行注文」にし、任意の数量を指定して成行決済をすると、ポジションの一部決済ができます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4のカスタマイズ

TitanFX(タイタンFX)のMT4では自由度の高いカスタマイズができます。

自動売買プログラムの実装や、各種インディケーターの表示など豊富なカスタマイズができますが、初心者はまず、チャートの表示色のカスタムをすると良いのではないでしょうか。

チャートの表示色のカスタムは簡単です。 チャートの任意の位置で右クリック→「プロパティ」でプロパティウィンドウが開き、色の設定ができます。

 

TitanFX(タイタンFX)MT4の使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のMT4はプロのFXトレーダーにも使われる非常に高機能な取り引きプラットフォームです。

TitanFX(タイタンFX)のMT4に慣れていない方は、メニューバー、気配値ウィンドウ、ナビゲーターウィンドウ、チャートウィンドウ、ターミナルウィンドウのそれぞれの機能を覚えておけば基本的な操作ができます。

自由にカスタムできるのもTitanFX(タイタンFX)のMT4の魅力なので、FX取り引きに慣れてきたら自分好みにカスタマイズしてみてはいかがでしょうか。