ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20180921110455j:plain

TitanFX(タイタンFX)は、FXすなわち外国為替証拠金取引の海外ブローカーです。

FXは証拠金取引という名称のとおり、一定の証拠金をもとにその数倍から数百倍にまで及ぶ取引ができる魅力的な仕組みですが、その仕組みをしっかりと理解せずに取引をするのは怖いと感じる方もいるのではないでしょうか。

しかし、しっかりとFXの基本的な仕組みである「追証」「ロスカット」「証拠金維持率」を学べば安心してFXを楽しめるようになるはずです。

今回は、FXの基本的な仕組みである追証とロスカット・証拠金維持率について詳しく解説していきます。  

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の追証

TitanFX(タイタンFX)は追証がないことが大きな特徴である海外FXブローカーです。

追証(おいしょう)は、信用取引で株式投資をしていた方には馴染みがあると思いますが、FXでも株式投資と同じく「追加証拠金」を意味します。

TitanFX(タイタンFX)では最大500倍までのレバレッジをかけて取引ができますが、その取引の含み損が一定の金額を下回った場合に、不足する保証金を追加で口座へ入金しなければならないのでは思われるかもしれません。

たしかに、追証は口座資金が損益によって失われるだけではなく、さらに証拠金を入金しなければならない怖いものですが、TitanFX(タイタンFX)では、のちほど解説する強制ロスカットのシステムによって、追証が発生しない仕組みになっています。

また、TitanFX(タイタンFX)では、相場の急変により強制ロスカットシステムの処理が追い付かなかった場合にも、一時的にマイナスとなった口座残高をゼロ円に戻すゼロ・カットシステムもあります。  

TitanFX(タイタンFX)のロスカット

TitanFX(タイタンFX)では、相場の急変に対応するための強制ロスカットは20%に設定されています。

強制ロスカットとは、取引ポジションの含み損が口座残高に対して一定の水準にまで達したときに、それ以上の損失を防ぐために自動的にポジションを整理する機能です。

強制ロスカットは、損失を一定範囲内に収めることができるというメリットがある一方で、強制ロスカットの機能が頻繁に働く場合には、自分の意志とは無関係なタイミングでポジションが整理されてしまうために、取引手法が制限されてしまうというデメリットがあります。

一般的な国内FXブローカーの強制ロスカットは50%から100%に設定されていますので、強制ロスカットが20%に設定されているTitanFX(タイタンFX)は、より柔軟な戦略がとれるブローカーと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率

TitanFX(タイタンFX)の強制ロスカットの説明の際に出てきた20%という数値は証拠金維持率を指します。 証拠金維持率の計算には以下の2つの数値から

「有効証拠金÷必要証拠金×100」の計算で求められます。

必要証拠金と有効証拠金のそれぞれについて、詳しくみていきましょう。

必要証拠金

必要証拠金はあなたがとりたいポジションとレバレッジから逆算できます。

たとえば、レバレッジ50倍で$10,000の買いポジションを取りたい場合に、$1=100円のレートであったならば、必要証拠金は20,000円となります。 $10,000÷50倍(レバレッジ)×100円(レート)=20,000円(必要証拠金)  

有効証拠金

有効証拠金は口座資金から必要証拠金を引いた額に、さらに含み損を引いたものになります。 上記のポジションを取る際にもともと口座資金に100,000円あったとするならば当初、有効証拠金は80,000円、そして証拠金維持率は「有効証拠金÷必要証拠金×100」なので、当初、証拠金維持率は400%になります。

以上の条件から、例を挙げて証拠金維持率を計算してみましょう。

ポジション: $10,000、レバレッジ50倍、$1=100、口座資金100,000

$10,000÷50倍(レバレッジ)×100円(レート)=20,000円(必要証拠金) 100,000円(口座資金)-20,000円(必要証拠金)=80,000円(有効証拠金) 80,000円÷20,000円=400%(証拠金維持率)

TitanFX(タイタンFX)でロスカットとなる証拠金維持率は20%なので、この場合は (80,000円-含み損)÷20,000円=20% となった時にロスカットが発生します。

具体的には、含み損が76,000円となった時にポジションが整理され、口座資金残高が4,000円となります。

この例のようにレバレッジを高く設定すると、必要証拠金は少なくなるのでロスカットによる自動的なポジション整理を避けることができる一方、損失は大きくなります。

逆に、レバレッジを低く設定すると、ロスカットが発生する可能性は高くなりますが、損失は少なくなります。

投資スタンスや、相場の状況を見てレバレッジを調整するのもFXでは大切なポイントです。

以上で証拠金維持率についての解説は終わりです。

証拠金維持率は、FXに慣れていない方にはやや難しく思えるかもしれませんが、理解できれば適切にリスクをコントロールすることもできます。

FXでは非常に重要な数字となりますので、しっかりと理解しておきましょう。

 

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)では強制ロスカットにより追証は発生しません。

また、急激な相場の変化によって一時的に口座資金がマイナスとなっても口座資金をゼロに戻すゼロカットシステムもあります。

口座資金がマイナスにならないというのは安心ですが、強制ロスカットによる思わぬタイミングでのポジション整理は、狙った利益を出すためには避けたいところです。

効果的な取引をするためには「証拠金維持率とレバレッジの関係」「高レバレッジによる損失拡大」「例レバレッジのためのロスカットによる機会損失」をしっかりと学んでおくこおとは大切です。

ロスカット・証拠金維持率は、FXを楽しむうえでは避けては通れない数字ですから、しっかりと理解しておきましょう。