ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカットの証拠金維持率はどのくらい?

ところでTitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット、証拠金維持率ってなに? あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍のレバレッジ取引で勝つと大きな利益が見込める一方、負けてしまった場合の損失も大きくなります。

追証とロスカット、証拠金維持率とは、レバレッジ取引のリスク管理に必要な知識ですので、こちらで詳しく解説していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)は追証なしでロスカット執行

TitanFX(タイタンFX)は、追証なしでロスカットが執行されます。

追証とは、追加証拠金の略称をさしており、その名の通りトレード資金である証拠金を追加入金することを言います。

ポジションで大きな含み損を抱えてしまうと、ロスカットが執行されてトレードは強制終了となります。

しかしロスカットが執行される前に追証すれば、証拠金維持率を回復させることができるため、ロスカットを回避しトレードを継続できます。

追証は、国内FXが義務付けられているレバレッジ取引のリスク管理システムですが、海外FXでは義務化されていません。

マージンコールを目安に追証を行いますが、TitanFX(タイタンFX)は追証がないためマージンコールもありません。

一方、TitanFX(タイタンFX)ではリスク管理システムとして、ゼロカットを採用しています。

ゼロカットは追証のようにロスカットを回避することはできませんが、レバレッジ取引で確定した損失による借金返済をTitanFX(タイタンFX)に肩代わりしてもらうことができます。

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準は証拠金維持率20%

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準は、証拠金維持率20%を目安にトレードは強制終了となります。

証拠金維持率とは、有効証拠金に対する必要証拠金の割合を示しており、TitanFX(タイタンFX)のロスカットの目安を示しています。

TitanFX(タイタンFX)でポジションを保有すると、証拠金維持率は変動を始め、MT4とMT5のターミナルでリアルタイムの証拠金維持率を確認できます。

現在の証拠金維持率では、あとどのくらいでロスカットが執行されてしまうのかをタイムリーに確認できるため、TitanFX(タイタンFX)でポジションを保有したらこまめに確認を行ってください。

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準を他社と比較

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準は証拠金維持率20%ですが、他社と比較した場合に有利な水準であるのかどうかを確認したい方に向けて一覧にしました。

海外FX業者のロスカット水準の一覧

  • XM:証拠金維持率20%
  • HotForex:証拠金維持率20%
  • TradeView:証拠金維持率100%
  • iFOREX(アイフォレックス):証拠金維持率0%
  • BigBoss:証拠金維持率20%
  • GEMFOREX(ゲムフォレックス):証拠金維持率20%
  • LANDFX(ランドFX):証拠金維持率30%
  • is6FX:証拠金維持率20%
  • AXIORY:証拠金維持率20%

TradeView、LANDFXはTitanFX(タイタンFX)よりもロスカット水準が高く、iFOREXだけが低い水準を示しています。

9社のうち6社もの海外FX業者が、TitanFX(タイタンFX)と同じく証拠金維持率20%ですので、TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準は平均的と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のロスカット水準 証拠金維持率の計算方法

TitanFX(タイタンFX)のポジションを保有することによってロスカット水準である証拠金維持率はどれくらいになるのかを事前に計算して確認することができます。

ここではTitanFX(タイタンFX)のロスカット水準を確認するために、証拠金維持率の計算方法についてみていきましょう。

計算方法は「有効証拠金÷必要証拠金×100」で、ロスカット水準である証拠金維持率を確認できます。

ここでは、現在の米ドルのレートが1ドル=100円のとき、TitanFX(タイタンFX)で100,000通貨の注文をレバレッジ500倍で行うことを想定して、証拠金維持率の計算方法をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の必要証拠金の算出方法

必要証拠金とは、TitanFX(タイタンFX)でポジションを保有するために必要な証拠金をさします。

算出方法は100,000通貨÷500倍×100円=20,000円ですので、TitanFX(タイタンFX)の必要証拠金はわずか2万円に抑えることができます。

TitanFX(タイタンFX)の有効証拠金の算出方法

有効証拠金とは、TitanFX(タイタンFX)の口座残高をさします。

ようするにTitanFX(タイタンFX)の証拠金から、現在と過去のポジションの含み損益などを加減して算出した、実質的な残高だと考えておきましょう。

たとえばTitanFX(タイタンFX)の証拠金が10万円だった場合、上記のポジションを保有していることを想定し、有効証拠金を算出方法をみていきます。

100,000円-20,000円=80,000円、すなわちTitanFX(タイタンFX)の有効証拠金は8万円です。

TitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率の計算方法

必要証拠金と有効証拠金を算出したら、証拠金維持率の計算方法を行うことができます。

(80,000円÷20,000円)×100=400%から、現在のTitanFX(タイタンFX)の証拠金維持率は400%であることがわかります。

TitanFX(タイタンFX)のロスカットは証拠金維持率20%を下回った場合ですので、このポジションを保有したとしてもロスカットまで十分な余力があると判断できるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の追証とロスカット、証拠金維持率を解説しました。

最大500倍でレバレッジ取引を行うTitanFX(タイタンFX)ではリスク管理がとても大切になりますが、その時に必要になるのがロスカット水準の目安になる証拠金維持率を把握することです。

TitanFX(タイタンFX)でトレードを始める前に証拠金維持率の計算方法を行い、ロスカットまでの余力を事前に確認することもできます。

なお追証を採用していないTitanFX(タイタンFX)ではゼロカットを採用していることも覚えておきましょう。