ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングを分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングは禁止されている?

それとも禁止されていない?

もしスキャルピングが禁止されていないのであれば、TitanFX(タイタンFX)はスキャルピングに向いているの? あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

スキャルピングは短時間で利益を狙うトレード手法のため、TitanFX(タイタンFX)のようなハイレバレッジで取引できる業者はスキャルピングに向くと考えられています。

しかしハイレバレッジ取引だけがスキャルピングに適している理由とは言えません。

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングを流れに沿って解説していきます。

  • 目次1.TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングは禁止されている?
  • 目次2.スキャルピングに向く「ブレード口座」を採用している / スプレッドが狭い
  • 目次3.スキャルピングに適している理由は約定率が高いから
  • 目次4.スキャルピングに向く理由はストップレベルが0だから

TitanFX(タイタンFX)はスキャルピングを禁止しているの?

結論から言うと、TitanFX(タイタンFX)はスキャルピングを禁止していません。

海外FX取引所の中には「スキャルピングを禁止する」と明言していないけれど、短時間でトレードを頻繁に繰り返したり、EAによる自動売買トレードの頻度に制限を設けている業者も存在します。

たとえばスキャルピングに厳しい制限は設けていないとしながらも、5分以内にトレードを繰り返し行うことを禁止していると記載されているケースは、現実的にスキャルピングすることは難しくなるでしょう。

その点、TitanFX(タイタンFX)はトレード頻度に制限を設けていないため、スキャルピング手法に適している海外FX業者と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)はスキャルピングに向く「ブレード口座」を採用している

TitanFX(タイタンFX)は口座タイプのひとつとして、スキャルピングに向くブレード口座を採用しています。

スキャルピングは、1回あたりのトレードで数pipsという小さな利幅を狙うため、利益よりも取引コストが大きくならないように意識する必要があります。

取引コストのメインは、スプレッドになります。 TitanFX(タイタンFX)のブレード口座はスプレッドが狭いため、スキャルピングに適していると言えるでしょう。

スプレッドがどれだけ狭いのかを明確にするために、スタンダード口座とブレード口座で比較してみます。

TitanFX(タイタンFX)のメジャー通貨ペアのスプレッド比較一覧

USDJPY(米ドル日本円)

  • ブレード口座:0.33 pips
  • スタンダード口座:1.33 pips

EURUSD(ユーロ米ドル)

  • ブレード口座:0.2pips
  • スタンダード口座:1.2pips

GBPUSD(ポンド米ドル)

  • ブレード口座:0.57 pips
  • スタンダード口座:1.57 pips

USDCHF(米ドルスイスフラン)

  • ブレード口座:0.92 pips
  • スタンダード口座:1.92

AUDUSD(豪ドル米ドル)

  • ブレード口座:0.52 pips
  • スタンダード口座:1.52 pips

TitanFX(タイタンFX)のスプレッド比較一覧をみてわかる通り、ブレード口座はスタンダード口座よりも、スプレッドが狭いです。

他社海外FX取引所でも、TitanFX(タイタンFX)のようにスタンダード口座と、スキャルピング向きのECN口座を採用しており、どちらか一方を選択してトレードできます。

スキャルピング向きのECN口座では、スプレッドに加えて、別途取引手数料が発生することに注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引手数料は、1Lot(10万通貨)あたり片道3.5ドルですので、スプレッドに加算されます。

スキャルピングはトレード回数が頻繁であることと、ロット数を意識しながらトレードすることが大切でしょう。

TitanFX(タイタンFX)がスキャルピングに適している理由は約定率が高いから

数秒で利益を狙うスキャルピングにおいて、約定率の高さはかかせません。

TitanFX(タイタンFX)はメインサーバーを世界最大規模を誇る「NY4 Equinix」に設置し、世界に分散サーバーを設けており、独自の「ゼロポイント注文実行最適化」によって約定率の高さと約定スピードを実現しています。

世界各国にデーターセンターを設置すること、技術研究開発につとめていることも、約定率の高さやユーザーからの評判にもつながっています。

長期間にわたりTitanFX(タイタンFX)の約定率に関する口コミをチェックしているのですが、よい評判のほうが多い印象を受けています。

このようにTitanFX(タイタンFX)がスキャルピングに適している理由は約定率が高いからでしょう。

TitanFX(タイタンFX)がスキャルピングに適している理由はストップレベルが0だから

ストップレベルとは、TitanFX(タイタンFX)における現在レートからどのくらい離れた価格で、指値注文などの待機注文を建てられるのか、注文価格に対する制限を示しています。

小さな利幅を狙うスキャルピングでストップレベルが広い場合は、無意味な機能になってしまいます。

TitanFX(タイタンFX)がスキャルピングに適している理由は、ストップレベルが0であることです。

ストップレベル0ですので、損切りをしこみたい場合も希望する価格で発注できます。

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングを分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のスキャルピングは、スプレッドが狭く取引手数料は低コスト、そして約定率の高さ、ストップレベル0であることからも、ユーザーの口コミでも評判です。

他社と比較してトレード制限が少ないことも、TitanFX(タイタンFX)の魅力と言えるでしょう。

スキャルピングも禁止されていないため、ぜひチャレンジしてみてはいかがでしょうか。