ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の送金方法・送金手数料・送金時間

f:id:zero_requiem21:20180914202101j:plain

TitanFX(タイタンFX)は、最大レバレッジも500倍までかけることができ、追証を発生させないサービスもある海外FXブローカーです。

さらにTitanFX(タイタンFX)は、取引所が破綻した際にも資産を全額保証してもらえる全額信託保全である数少ないブローカーでもあります。

ただ、国内の取引所ではないので、送金方法や送金手数料、送金時間などが国内FXブローカーと異なるのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか。

今回は、TitanFX(タイタンFX)の送金方法・送金手数料・送金時間について説明していきます。

実際の送金方法は国内FXブローカーとそれほど変わりません。しっかりと送金方法をチェックして、海外FXを楽しみましょう。  

TitanFX(タイタンFX)の送金方法・送金手数料・送金時間

TitanFX(タイタンFX)では、TitanFX(タイタンFX)に開設した口座へ取引資金を送金することを「入金」と表現しています。  

TitanFX(タイタンFX)の送金方法

TitanFX(タイタンFX)への送金手続きは、TitanFX(タイタンFX)で外貨取引以外の手続きをブラウザ上で行う管理コンソールである「クライアントキャビネット」上で行いますので、まずはクライアントキャビネットへログインしましょう。

  1. クライアントキャビネット右上の「入金する」をクリックします。
  2.  送金方法別のアイコンが表示されるので、希望する送金方法を選択します。
  3.  新たに表示されたウィンドウに必要事項を入力して、送金リクエストを送る。

以上で、TitanFX(タイタンFX)の口座への送金が完了します。 送金方法別アイコンでは「国内電信送金」や「リアルタイム入金」など「送金」と「入金」という言葉が混在していますが、いずれもTitanFX(タイタンFX)の口座への資金移動を指しています。

送金方法がたくさんあるので、混乱するかもしれませんので、以下でTitanFX(タイタンFX)の送金方法を詳しく解説していきます。

  TitanFX(タイタンFX)で利用できる送金方法

TitanFX(タイタンFX)で利用できる送金方法は以下のとおりです。

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • MYBITWALLET
  • 国内銀行送金
  • 海外電信送金
  • NETELLER(ネッテラー)
  • SKRILL(スクリル)
  • ブローカー間資金移動

  それではそれぞれを詳しく見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)へクレジットカードで送金する

クレジットカードについては知らない人はいないと思います。

デビットカードはクレジットカードと同様に現金ではなくカードを使った決済方法ですが、時間差で決済資金が口座から引き落とされるクレジットカードと異なり、リアルタイムに口座から決済資金が引き落とされますが、クレジットカードでの送金はひとつ注意が必要です。

クレジットカードでの送金は、TitanFX(タイタンFX)の口座から別の口座へ出金する際に制限がかかります。

与信に基づいて資金を借り入れる形のクレジットカード送金は、TitanFX(タイタンFX)の口座から別の口座へ出金する際には、まずクレジットカードで送金した金額を同じくクレジットカードを利用して出金することが求められます。

また、TitanFX(タイタンFX)での取引で生じた為替差益も、クレジットカードではTitanFX(タイタンFX)と別の口座へ出金できないので注意しましょう。

こちらについては、公式サイトに掲載されているイメージを見ると理解しやすいと思います。 TitanFX(タイタンFX)へデビットカードで送金する

デビットカードは借り入れではないので、クレジットカードのように出金に制限がかかることはありません。

TitanFX(タイタンFX)へ国内銀行送金・海外電信送金で送金する

国内銀行送金は、三井住友銀行を経由してTitanFX(タイタンFX)の口座へ送金できますので安定しています。

海外電信送金は、かつては日本国内から海外へ送金する際の主要な方法でしたが、仲介手数料が発生し、送金にも時間がかかります。

TitanFX(タイタンFX)へオンラインウォレットサービスを利用して送金する NETELLER(ネッテラー)やSKRILL(スクリル)といったインターネットを利用したオンラインウォレットサービスも送金方法として用意されていますが、20189月現在、日本国内在住の人は利用できません。

MYBITWALLETもオンラインウォレットサービスのひとつですが、2017年よりTitanFX(タイタンFX)をはじめとした海外FX口座の新しい入出金方法として採用されています。

MYBITWALLETは2018年9月現在、在住国に関わらず利用できますので、オンラインウォレットサービスを使って送金したい方はMYBITWALLETを利用しましょう。

ただ、オンラインウォレットサービスは、過去に一部の海外FX口座への入出金が利用できなくなったことがあるので、オンラインウォレットサービスの利用にはリスクがあると考えておいたほうが良いでしょう。  

  ブローカー間資金移動は、あなたがすでに海外FXの口座をお持ちであればその口座とTitanFX(タイタンFX)の口座間で資金を移動できます。  

TitanFX(タイタンFX)の送金手数料

TitanFX(タイタンFX)の送金手数料は、下記のとおりです。

  • クレジットカード・デビットカード:無料
  • BITWALLET:無料
  • 国内銀行送金:無料(入金額50,000円未満の場合1,000円)
  • 海外電信送金:無料
  • NETELLER(ネッテラー):無料
  • SKRILL(スクリル):無料

ご覧のようにTitanFX(タイタンFX)の送金手数料は基本的に無料です。

ただし、国内銀行送金つまり銀行振り込みで50,000円未満の送金では一律1,000円の手数料がかかることに注意しましょう。  

なぜTitanFX(タイタンFX)では送金手数料が安いのかは、TitanFX(タイタンFX)は口座開設や送金にボーナスを設けていない代わりに、入出金や約定などのサービスを手厚くしていると考えられます。

積極的な売買を検討している人には大変向いている海外FXブローカーと言えるでしょう。  

TitanFX(タイタンFX)の送金時間

TitanFX(タイタンFX)の送金時間は送金方法によって大きく異なってきます。 それでは、送金方法別に詳しく紹介していきます。  

TitanFX(タイタンFX)へクレジットカード・デビットカード、オンラインウォレットサービスで送金する場合

クレジットカード・デビットカード、そしてMYBITWALLET・NETELLER(ネッテラー)・SKRILL(スクリル)などの電子決済サービスは送金した金額が即時、口座に反映されます。

TitanFX(タイタンFX)へ国内銀行送金、海外電信送金で送金する場合

銀行を利用して、国内銀行送金や海外電信送金で送金すると、送金した金額が口座へ反映されるまでに少し時間がかかります。

国内銀行送金では、通常、送金依頼を行ってから口座へ金額が反映されるまでに1時間ほどかかります。

銀行のネットバンキングは24時間送金依頼できますが、銀行の営業時間外の送金依頼は銀行の翌営業日の処理となり、TitanFX(タイタンFX)口座へ入金が反映されるのも翌営業日になるので注意しましょう。

海外電信送金の場合には、送金依頼から口座反映まで2~3営業日かかります。  

TitanFX(タイタンFX)の送金方法・送金手数料・送金時間まとめ

TitanFX(タイタンFX)ではTitanFX(タイタンFX)口座への資金移動の一部に「送金」という単語が混在していますので、どこからどこへ資金移動しようとしているのかは注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)の送金手数料は基本的にすべて無料となっていますが、50,000円未満の銀行送金では1,000円の手数料が発生します。

送金時間はクレジットカードとオンラインウォレットサービスではすぐに口座へ反映されますが、銀行を経由すると1時間、銀行の営業時間外での送金依頼は翌営業日に持ち越されることは心得ておきましょう。