ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他の海外FX業者と比較してみた

f:id:zero_requiem21:20181018180654j:plain

TitanFX(タイタンFX)をはじめとした海外FXを楽しむ上でスプレッドの狭さは大変重要です。

スプレッドとは、取引きする通貨ペアの売値と買値の差額のことを言い、この差額が広ければそれだけポジションを決済するときに事実上の手数料が多く発生してしまいます。

小さな値動きで頻回な取引きをして利益を狙うスキャル・スキャルピングを検討している方は特に気になる部分なのではないでしょうか。

今回は、TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他の海外業者と比較してみましたので、参考にしてみてください。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他の海外FX業者と比較してみた

TitanFX(タイタンFX)スプレッド

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドは海外FX業者の中でも非常に狭い水準となっています。

具体的には、TitanFX(タイタンFX)が取り扱う主要通貨ペアのブレード口座での平均スプレッドは以下のとおりです。

  • EURUSD…0.2 PIPS
  • GBPUSD…0.57 PIPS
  • AUDUSD…0.52 PIPS
  • USDJPY…0.33 PIPS
  • USDCHF…0.92 PIPS

すでにTitanFX(タイタンFX)以外の他の海外FX業者で口座をお持ちの方であれば、非常に狭いスプレッド水準であることが分かると思います。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドはこのように狭いため、スキャル・スキャルピングで利益を狙う方には有利な海外FX業者と言えます。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをXMと比較

XMは口コミをみるとスプレッドが広いという意見が多いのですが、たしかに通常の口座はスプレッドが広めになっています。

しかし、スプレッドの狭さを追求したXM Zero口座を使うとスプレッドはTitanFX(タイタンFX)とあまり変わらない水準になっています。

XMのスプレッド

  • EURUSD…0.1 PIPS
  • GBPUSD…0.5 PIPS
  • AUDUSD…0.3 PIPS
  • USDJPY…0.1 PIPS
  • USDCHF…0.5 PIPS

XM Zero口座はスプレッドだけ比較するとTitanFX(タイタンFX)ブレード口座より狭いですが、取引手数料がTitanFX(タイタンFX)に比べて高くなっています。

また、XM Zero口座はキャッシュバックキャンペーンの対象外となります。

他のXM口座は豊富なキャッシュバックキャンペーンが使えますので、入金ボーナスやリベートなどを重視する方はXM、スキャル・スキャルピングを検討している方はTitanFX(タイタンFX)がそれぞれ向いていると言えます。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをAXIORYと比較

では次にTitanFX(タイタンFX)のスプレッドとAXIORYのスプレッドを比較してみます。 AXIORYもXMと同様にスプレッドの狭いナノスプレッド口座がありますので、そちらでスプレッドを調べます。 AXIORYのスプレッド

  • EURUSD…0.3 PIPS
  • GBPUSD…0.6 PIPS
  • AUDUSD…0.6 PIPS
  • USDJPY…0.4 PIPS
  • USDCHF…0.9 PIPS

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドと比べると明らかにAXIORYはスプレッドが広くなっています。

手数料はTitanFX(タイタンFX)が往復7USDに対してAXIORYは往復6USDです。

AXIORYはTitanFX(タイタンFX)と同じく公式サイトでのキャッシュバックキャンペーンをしていませんが、やはりそのぶんスプレッドを狭く設定している印象がありますね。

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをLand-FXと比較

続いてTitanFX(タイタンFX)のスプレッドとLand-FXのECN口座のスプレッドを比較してみます。

Land-FXのスプレッド

  • EURUSD…0.3 PIPS
  • GBPUSD…1.1 PIPS
  • AUDUSD…0.3 PIPS
  • USDJPY…0.3 PIPS
  • USDCHF…0.4 PIPS

こちらは平均スプレッドではなく、Land-FXの公式サイトでの2018年10月現在のリアルタイム為替ですが、概ねTitanFX(タイタンFX)より少し広いスプレッドになっています。

Land-FXでもキャッシュバックはありますが、やはりスプレッドを狭くしているECN口座ではキャッシュバックキャンペーンは使えません。 

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをiFOREXと比較

TitanFX(タイタンFX)とiFOREXのスプレッドを比較します。

iFOREXのスプレッド

  • EURUSD…1.8 PIPS
  • GBPUSD…3 PIPS
  • AUDUSD…4 PIPS
  • USDJPY…1.8 PIPS
  • USDCHF…3 PIPS

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドと比較するとiFOREXのスプレッドはかなり広いことが分かります。

iFOREXはスプレッドが広い代わりにキャッシュバックキャンペーンが充実しているので、スキャル・スキャルピングを検討している方には向いていないようです。 

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドをFxProと比較

最後にTitanFX(タイタンFX)のスプレッドとFxProのスプレッドを比較してみます。

FxProのスプレッド

  • EURUSD…0.6 PIPS
  • GBPUSD…0.9 PIPS
  • AUDUSD…1 PIPS
  • USDJPY…0.6 PIPS
  • USDCHF…1.6 PIPS

こちらもやはり TitanFX(タイタンFX)と比べるとやや広いスプレッドになっています。

また、TitanFX(タイタンFX)と同じくFxProでもキャッシュバックキャンペーンを行っていません。  

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他の海外FX業者と比較してみた まとめ

TitanFX(タイタンFX)のスプレッドを他の5つの海外業者と比較してみましたが、TitanFX(タイタンFX)はどの業者と比べても非常に狭いスプレッドであることが分かりました。

TitanFX(タイタンFX)は、頻回な取り引きが必要になるスキャル・スキャルピングを検討している方には大変有利な海外業者と考えられます。

ただし、TitanFX(タイタンFX)は、キャッシュバックキャンペーンを積極的に行っていないため、入金ボーナスや取引リベートなどは期待できません。

その場合は、スプレッドが広い代わりにキャッシュバックが手厚い他の海外業者での取り引きを検討するもの良いかもしれません。