ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントを分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20180921160628j:plain

TitanFX(タイタンFX)などの海外FXをしていると「スワップポイント」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか。

為替差益ではなくスワップポイントを目的にFXを楽しんでいる方も少なくないようです。

今回は、TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントとはどのようなものなのか、スワップポイントを狙う際の注意点などを分かりやすく解説していきます。  

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントとは

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントは、取引する通貨ペアの金利差を調整分するものです。

金利の低い通貨を売って、金利の高い通貨を買う場合にはスワップポイントを受け取り、逆に高金利通貨を売って低金利通貨を買うときにはスワップポイントを支払うことになります。

日本は超低金利政策を続けていますので、日本円を売って他の通貨を買う場合には多くの通貨に対してスワップポイントはプラスになります。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントは、金利差を調整するものなので、日本円を銀行預金し続けていると日々金利がつくようにスワップポイントも取引の翌営業日から毎日付与されます。

このような特性を考えて、金利の高い通貨を長期間持ち続けてスワップポイントで利益を狙っていく投資スタンスの方も少なくありません。

一方で、TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントは日をまたいでポジションを保有していなければ発生しないので、頻繁な取引を行って為替差益を狙う投資スタンスの方は、スワップポイントでは利益を狙いにくくなります。

どちらの投資スタンスが優れているということはありませんが、自分に向いた利益の出し方を模索しましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントの注意点

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントを支払う場合

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントは金利差の調整なので、貰うだけではなく支払う場合もあるのに注意が必要です。

日本円は強い通貨なので、ほとんどの場合には他の通貨を買う際にはスワップポイントが付与されますが、日本円より低金利の通貨を買うときにはスワップポイントを支払わなければなりません。

為替差益を狙って低金利通貨を日本円で買う際にはスワップポイントの支払いにも注意しましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントの地政学リスク

通貨はその国の経済や政治など多様な実態を反映して価値が変動します。 金利が高いということは、通貨そのものの価値が低いために金利を高くして外貨の流入を促しているということでもあります。

そのため、一部の先進国が政策的に高金利を維持している場合を除いて、新興国などの不安定な国家が金利を高くしているケースもあります。

そのような新興国は政治的イベントなどで為替レートが急激に変化することがありますので、スワップポイントで生じている利益が為替損で相殺されることも少なくありません。 高金利通貨はリスクも高いと覚えておいた方が良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントのロスカット

地政学リスクが高く為替レートの変動が大きいということは、それだけロスカットが生じやすいということでもあります。

長期間保有し続けるのが前提のスワップポイント狙いのスタンスが思わぬタイミングでポジション整理されてしまっては元も子もありませんから、変動幅の大きい通貨ポジションをとる場合には、TitanFX(タイタンFX)の口座に余裕を持って資金を準備しておきましょう。  

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントの確認方法

それでは、ここからはTitanFX(タイタンFX)のMT4プラットフォーム上で実際にスワップポイントを確認する方法を解説します。

MT4は、TitanFX(タイタンFX)でFX取引をするための高機能プラットフォームで、TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントもここから確認できます。

TitanFX(タイタンFX)のMT4プラットフォームでスワップポイントを表示するには、MT4プラットフォーム左上の「気配値表示」から確認したい通貨ペアを右クリックして表示されるコマンドから「仕様」を選択します。

すると、下記のウィンドウが表示されてスワップポイントを確認することができます。 ウィンドウが縦に短い場合は隠れていることもありますので、その際は右側のシークバーをスライドさせて表示させましょう。  

以上の簡単な操作で、TitanFX(タイタンFX)でのスワップポイントが確認できます。  

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントのロールオーバー

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントが確定する時間をロールオーバーと言います。

TitanFX(タイタンFX)のロールオーバーは通常、NY証券取引所が閉場する日本時間の朝7時です。

TitanFX(タイタンFX)の公式サイトなどでは、ロールオーバーは毎日23:59~0:04の間となっていますが、これはサーバーの設置されているGMT+3時間(グリニッジ標準時+3)であり、日本時間ではないので注意しましょう。

ちなみに、サーバー時間やGMT+3時間をいちいち計算する必要はなく、MT4プラットフォームにはサーバー時間が下記の部分に表示されています。

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントが3倍になる日

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントは水曜日にポジションを保有すると、通常の3倍のポイントが付与されます。

これは、TitanFX(タイタンFX)での取引はリアルタイムに確定しますが、実際の決済は取引の2営業日目に行われることから生じます。

具体的には、日本時間の水曜日に行った売買取引はGMT+3時間では木曜日の取引、そして2営業日目は土曜日、日曜日を挟むので実際の決済は月曜日に持ち越され、その間の3営業日(金、土、日)分のスワップポイントが発生するということです。

このような売買取引と決済処理の扱いをどのようにするのかは、FXブローカーによって異なりますので、TitanFX(タイタンFX)以外のFXブローカーを利用するときには、都度取り扱いをしっかりと確認するようにしましょう。  

TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントを分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)のスワップポイントについて分かりやすく解説してきました。

スワップポイントは、各通貨の政策金利の差を調整するためのもので、高金利通貨を長期保有することでスワップポイントを狙って利益を得ることもできます。

地政学リスクやロールオーバーのタイミングなどをしっかりと理解しておくことで、短期売買の為替差益だけではない、幅広い利益の出し方も検討することが出来るはずです。