ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否はある?ない?

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用・ロスカット水準20%

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・他のFX業者でなかなか作れない"法人口座"を作れ"法人の場合損失繰越"が出来るのでおすすめ

・NDD方式を取っており利用者の利益とFX業者の利益が直結しているので余計な成約が無し

・ボーナスが無い分トレードの手数料が低く設定されている。その為本気でトレードをしたい方には一番おすすめのFX業者

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者 -スプレッドが狭くボーナス無しでガッツリトレードしたい方におすすめ「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)は海外を拠点とするFXブローカーです。

海外FXブローカーであるがゆえ、日本の金融庁の監督下にないという理由で出金トラブルや出金拒否があるのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか。

そこで、今回はTitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否についてよくあるケースをご紹介します。

また、出金トラブル・出金拒否の原因別に解決方法などもご紹介していきます。

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否はある?ない?

TitanFX(タイタンFX)でも出金トラブル・出金拒否はある

TitanFX(タイタンFX)でも出金トラブル・出金拒否は起こりえます。

ただ、それはTitanFX(タイタンFX)が悪質な詐欺まがいの行為をしているということではありません。

そもそも、出金トラブル・拒否という言葉は、トレーダーが適切な手続きを踏んでいるにもかかわらず、TitanFX(タイタンFX)側で一方的に出金を拒んでいるという文脈でよく使われています。

しかし、たいていの場合、トレーダー側でTitanFX(タイタンFX)の出金ルールや取引規約に気づかないうちに違反していることが原因だったりします。

仮に、TitanFX(タイタンFX)から出金拒否の措置があったとしても、多くの場合はなんらかの理由が示されます。

ただし、TitanFX(タイタンFX)の取引規約上には、場合によっては事前の通知なしに権利を行使できるという条文があるので、必ず通知があるとは限りません。

ご自分の口座で出金トラブルが生じていそうならば、TitanFX(タイタンFX)からの通知を待たず、すぐに自分から確認の連絡をしたほうが良いでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否でよくあるケース

TitanFX(タイタンFX)で出金トラブル・出金拒否になったとされる例でよく見られるのは以下のものです。

・TitanFX(タイタンFX)の取引規約に違反している

・TitanFX(タイタンFX)の出金ルールに違反している

・TitanFX(タイタンFX)の口座残高すべてを出金しようとしている

ひとつずつ詳しく解説していきますね。

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否の理由が取引規約の違反の場合

TitanFX(タイタンFX)側で出金拒否が実行される際には、ほとんどの場合は取引規約のどの部分に該当するのかが通知されます。

よくある出金トラブル・出金拒否の理由として、事前にブローカーへ通知せずに大ロットの取引を行ったことが上げられます。

TitanFX(タイタンFX)の最大ロット数は100lot、同時保有最大ポジション数は200ポジションです。

これはTitanFX(タイタンFX)の取引規約上には明記されていませんが、取引ルールとして公式サイトに案内があります。 TitanFX(タイタンFX)の公式サイトは日本語サポートが充実していますが、取引規約は英語版しかありません。

なかなかしっかりと目を通すのも大変ですが、気になる部分だけでも確認しておいたほうが良いでしょう。

ちなみに、ざっくりとTitanFX(タイタンFX)の利用規約を確認してみましたが、明らかに悪質な条項はありませんでした。

金融商品を販売する会社の一般的な規約を変わりないという印象です。

多くのFXブローカーでは、両建て取引を規約で禁止していますが、TitanFX(タイタンFX)では両建てを禁止していません。

ただし、両建て取引で生じた損失に関してはゼロカットシステムの対象外となり、TitanFX(タイタンFX)で損失保証をしてもらえません。

ノーリスク・ハイリターンは公平ではありませんから仕方ないですね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否の理由が出金ルール違反の場合

TitanFX(タイタンFX)の出金ルールは、少しだけ分かりにくい部分があります。

出金ルール違反でよくあるのはクレジットカードで入金したケースです。

TitanFX(タイタンFX)では、口座にクレジットカードで入金した場合、出金の際にはあらかじめクレジットカード入金分を相殺する必要があります。

これを知らずにクレジットカード以外の手段で出金しようとしても、まずはクレジットカード分を精算するようにとTitanFX(タイタンFX)側から出金を拒否されてしまいます。

ちなみに、TitanFX(タイタンFX)がクレジットカードの入金分を相殺する前の現金での出金を拒否する理由は、クレジットカードのショッピング枠を使った違法な現金調達手段を防ぐためです。

クレジットカードで口座に入金した金額を、すぐに現金で出金するのは、クレジットカードのショッピング枠をキャッシング枠として使うのと同じですよね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)で出金トラブル・出金拒否になった理由が証拠金残高不足の場合

TitanFX(タイタンFX)では、ポジションを保ったままの出金に一部制限があります。

相場が急変した際のリスクに対応するために、TitanFX(タイタンFX)では、ポジションを保ったまま出金する際には余剰証拠金の90%までしか出金できません。

ポジションにかかわる証拠金以外をすべて出金することはできませんので注意しましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)で出金トラブル・出金拒否になった場合の原因と解決方法

TitanFX(タイタンFX)で出金トラブル・出金拒否となった場合に、とれる解決方法はよくあるケースごとに以下のとおりです。

1.TitanFX(タイタンFX)の規約違反で出金トラブル・出金拒否

→ TitanFX(タイタンFX)へ連絡

2.TitanFX(タイタンFX)の出金ルール違反で出金トラブル・出金拒否

→ 出金ルールを確認して再び出金申請

3.TitanFX(タイタンFX)の証拠金不足で出金トラブル・出金拒否

→ 出金額を調整しえて再び出金申請

TitanFX(タイタンFX)の規約違反以外が原因の出金トラブルは、ルールや方法を確認して再び出金申請すれば、たいていは解決します。

ただ、規約違反で出金拒否となった場合は、同時にTitanFX(タイタンFX)の口座が凍結されていることもあるでしょう。

その場合、再び出金申請をしても問題は解決しません。

取引のどの部分が規約違反に該当したのか、規約違反ではないと主張するのであればその根拠をそえてTitanFX(タイタンFX)へ連絡をしましょう。

TitanFX(タイタンFX)は、よほど問い合わせが殺到しないかぎり、迅速な対応には定評があります。

TitanFX(タイタンFX)のサポート体制は、月曜日~金曜日の24時間対応でライブチャットも利用できます。気軽に問い合わせしましょう。

TitanFX(タイタンFX)の出金トラブル・出金拒否はある?ない? まとめ

TitanFX(タイタンFX)であっても出金トラブル・出金拒否は起こりえます。

ただ、多くの場合はTitanFX(タイタンFX)の利用規約や出金ルールの理解不足が原因です。

落ち着いて取引内容を見直してみましょう。 それでも、出金拒否の理由が不明確ならば、TitanFX(タイタンFX)へすぐに問い合わせましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから