ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)におけるやめ方がよくわからない。

やめ方に必要な退会フォームが実装されていないようだけれど、TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)はどのように進めたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。 TitanFX(タイタンFX)は約定率が高く低スプレッド、最大レバレッジ500倍でトレードできる海外FX取引所です。

日本人ユーザーからの支持を集めているTitanFX(タイタンFX)ですが、何らかの事情で退会したいとお考えの方もいるのではないでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)における機能やツールは実装されていませんが、退会することは可能です。

ユーザーを確保したいと考えるTitanFX(タイタンFX)にとって、ユーザーの退会は当然のことながら前向きなことではありません。

よって退会専用フォームを設けられていないことがうかがえますが、実際TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)を進めることができます。

退会手続きを依頼する際、TitanFX(タイタンFX)からいやな顔をされてしまうのではと心配する方もいるでしょうが、そのようなことはありませんのでご安心ください。

では具体的なTitanFX(タイタンFX)のやめ方はどのように行えばよいのでしょうか。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方の手続きの窓口はサポート

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)における具体的なやめ方は、サポートデスクが窓口になっています。

Q&Aにも、退会方法(解約方法)に関する記述は見当たりませんが、サポートデスクからの依頼でスムーズなやめ方を実現できます。

具体的なやめ方は、TitanFX(タイタンFX)のサポートデスクへ以下の内容のメールを送信します。

  • メール宛先:TitanFX(タイタンFX)のサポートデスクのメールアドレスを記載
  • メール件名:退会希望、退会のお願いなど
  • メール本文:名前、解約希望する口座番号をすべて記載、解約の理由

TitanFX(タイタンFX)ではアカウント解約の意味での退会方法(解約方法)ではなく、不要な口座のみを解約することも可能です。

不要な口座のみを解約する場合は、メール件名を「不要な口座の解約希望、不要な口座の解約のお願い」などにして、メール本文にも同じように氏名と解約希望する口座番号、解約の理由などを記載してください。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方の前に確認すべき注意事項

TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)を進める前に、必ず守っていただきたいやめ方における注意事項があります。

やめ方の前にTitanFX(タイタンFX)の全ポジション決済と口座残高を0円にする

TitanFX(タイタンFX)で退会方法(解約方法)を進める前に、全ポジションを決済し、口座残高を0円にすることが、やめ方の注意事項です。

まずTitanFX(タイタンFX)で保有中のポジションは全決済し、つづいて口座資金をすべて出金し、口座資産を0円にしてください。

TitanFX(タイタンFX)で資産がある状態で退会方法(解約方法)を進めてしまうと、全資金は消滅してしまいます。

退会方法(解約方法)を進めると、TitanFX(タイタンFX)が自動的に出金手続きを行ってくれるだろうとお考えの方もいるでしょうが、そのようなことはありません。

失った口座資産については取り戻すことができないため、TitanFX(タイタンFX)のやめ方の注意事項として確実に手続きを行いましょう。

退会方法(解約方法)を進める前にTitanFX(タイタンFX)の取引証明書を取得する

重要な退会方法(解約方法)の注意点として、やめ方の手続きを進める前にTitanFX(タイタンFX)で取引証明書を取得しましょう。

取引証明書にはTitanFX(タイタンFX)の年間損益情報が記載されており、確定申告の重要資料になるため、必ず取得してください。

MT4またはMT5のターミナル「取引履歴」のエリア内を右クリックして、ダウンロードしましょう。

万が一、TitanFX(タイタンFX)で取引証明書の取得を忘れてしまい、退会方法(解約方法)を完了している場合は、サポートデスクへ問い合わせてみましょう。

公式TitanFX(タイタンFX)のよくある質問では、退会してしまったユーザーの情報を、税務の観点から6年間保管するという記述があります。

退会後であってもTitanFX(タイタンFX)に取引証明書が保管されている可能性もあるため、問い合わせてみましょう。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方は口座放置で対応できる

TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)を踏まずに、口座放置で退会とみなすことはできるのでしょうか。

海外FX取引所の多くは、一定期間トレードせずに口座放置すると、口座管理費として維持手数料が発生するケースがあります。

しかしTitanFX(タイタンFX)では口座維持手数料は発生しません。

TitanFX(タイタンFX)のQ&Aにも「非アクティブアカウントであったとしても口座閉鎖する必要はない」という記述があります。

したがって退会方法(解約方法)を行わずに口座放置することも、TitanFX(タイタンFX)では可能と言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)を進めてしまうと、取引証明書を取得していなかった場合、確定申告で困ってしまいます。

確定申告を考慮し、トレードはしないと考えていたとしても、TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)をいったん保留にして、確定申告後に退会手続きを行うことをおすすめします。

TitanFX(タイタンFX)では退会方法(解約方法)不要でアカウント情報の変更に対応

TitanFX(タイタンFX)のアカウント情報を変更するために、一度退会方法(解約方法)を進めたのち、再登録をご検討中の方もいるはずです。

しかしTitanFX(タイタンFX)では退会せずに、アカウント情報の変更にも対応しています。

TitanFX(タイタンFX)の登録情報の変更を希望する方は、以下の変更前と変更後の情報を、登録中のメールアドレスから送信しましょう。

  • 氏名(ローマ字)
  • 口座番号
  • 変更依頼の内容

登録メールアドレス・登録住所変更の場合に限り、以下の書類が必要になりますので、あわせてTitanFX(タイタンへ提出しましょう。

  • 登録メールアドレスの変更:IDセルフィ画像
  • 登録住所の変更:3ヶ月以内に発行した住所確認書類 例)公共料金の領収書や請求書、住民票など

このようにしてTitanFX(タイタンFX)で退会方法(解約方法)を踏まずに、登録情報を変更することができます。

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の退会方法(解約方法)とやめ方は、サポートデスクが窓口ですので、メールから退会申請を提出しましょう。

退会方法(解約方法)完了後、口座資金が残っていてても取り戻せませんし、取引履歴を取得していない場合は確定申告で困ることになります。

このようなことを考慮すると、確定申告を終了してから退会することが、TitanFX(タイタンFX)のやめ方として賢いと言えるでしょう。