ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)は海外のFXブローカーであり、取引対象も世界中の通貨ペアです。

そのため、サマータイムの概念を理解しなければ、正確な取引時間を把握するのは難しいものです。

しかし、日本ではサマータイムの制度がないため、なかなか馴染みが薄いというのが現実ではないでしょうか。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)の取引時間・サマータイム・冬時間について分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の基本の取引時間

TitanFX(タイタンFX)で取引できる基本の時間は、月曜日7:00分~土曜日06:55分までです。

なぜ、TitanFX(タイタンFX)ではこのような中途半端な時間が区切りになっているのか、そしてサマータイム・冬時間を理解するためには、もう少し深く国際的な時間の考え方について知っておく必要があります。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間はサーバー時間で考える

TitanFX(タイタンFX)は世界中の通貨ペアをトレードするブローカーのため、市場がクローズしている土日祝日以外は基本的に24時間いつでも取り引きできます。

しかし、市場がクローズするタイミングや、1日の区切りを理解するためには、サーバー時間でTitanFX(タイタンFX)の取引時間を理解する必要があります。

サーバー時間とは、TitanFX(タイタンFX)のトレーディングプラットフォームであるMT4を使って接続するサーバーが設置されているエリアの時間です。

当然、日本国内にサーバーがあれば日本時間と一致しますが、TitanFX(タイタンFX)のサーバーは日本にありません。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間は基本的にGMT+2時間

TitanFX(タイタンFX)では、サーバー時間が0時になった時点で1日が切り替わることになります。

ここで海外FXブローカーを使ううえで避けては通れないGMTについて簡単にご説明します。

GMTはグリニッジ標準時のことで、ロンドンの時間です。たとえば、ロンドンが午前0時ならばGMT+2時間は午前2時です。

国際的に時間を表現する際には標準でGMTが使われます。

ちなみに、日本はGMT+9時間なので、日本時間の午前9時がロンドン時間、つまりGMTで午前0時となります。

TitanFX(タイタンFX)のサーバーが翌日に切り替わるGMT+2時間の午前0時はロンドン時間で前日の午後10時、つまり日本時間では朝の7時です。

非常に複雑なので、以下にTitanFX(タイタンFX)の取引時間をまとめます。

TitanFX(タイタンFX)の基本の取引時間

・サーバー時間・・・GMT+2時間 = JST(日本時間) - 7時間

・TitanFX(タイタンFX)の取引時間が翌日に切り替わるタイミング = サーバー時間0時 = 日本時間で翌日の午前7時

・サーバー時間で土曜0時~日曜0時(取引時間外)= 日本時間で土曜日6:55分~月曜日7:00分

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)のサマータイム

TitanFX(タイタンFX)のサマータイムは、GMT+3時間です。標準の取引時間のGMT+2時間と1時間ずれています。

したがって、TitanFX(タイタンFX)のサマータイムの取引時間は、日本時間で月曜日6:00分~土曜日5:55までです。

平日の朝にトレードできる時間が増えるということで、サマータイムを心待ちにしているトレーダーも少なくありません。

ところで、なぜTitanFX(タイタンFX)はサーバー時間をGMTと一致させずにGMT+2やGMT+3など中途半端な設定にしているのでしょうか。

答えは、サーバー時間の0時がちょうどニューヨークの証券取引所がクローズする時間と一致するようにしているからです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)がサマータイムを適用するタイミング

TitanFX(タイタンFX)がサマータイムになるタイミングも、ニューヨークがサマータイムを適用する時期とおおむね一致します。

TitanFX(タイタンFX)では、例年3月から11月ころまでをサマータイムとして、サーバー時間の変更をトレーダーに通知します。

通常、トレーダー側ではMT4の時間設定を変更する必要はありません。MT4に表示される時間表示は自動的にサマータイムに変更されます。

ただし、自動売買ソフトを使用しているトレーダーは、自分で設定変更する必要があります。

サマータイムは、欧米諸国や一部のアジアの国で適用されている制度ですが、日本ではまだ採用されていません。

馴染みが薄いために、TitanFX(タイタンFX)でサマータイムが適用されていることをうっかり見落とす人も少なくありません。

重要な景気指標の発表がある日などは1時間のあいだに相場が急変することも珍しくありません。

しっかりとサマータイムの適用タイミングを把握しておきましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)の冬時間

TitanFX(タイタンFX)の冬時間は、標準の取引時間と同じく月曜日7:00分~土曜日6:55分までです。

それもそのはずで、TitanFX(タイタンFX)ではサマータイム以外を冬時間と呼んでいるからです。

これは他の海外FXブローカーでも一般的な呼び方です。

またこれもTitanFX(タイタンFX)に限らずですが、冬時間はクリスマスなどでマーケットが閉鎖することも多いので注意しましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

TitanFX(タイタンFX)の取引時間・サマータイム・冬時間の注意点

ここまでで、金曜日つまり日本時間の土曜日だけ、TitanFX(タイタンFX)の取引時間が短くなっていることに気づいたのではないでしょうか。

これは、市場がクローズする瞬間に注文が殺到する傾向にあるからです。

そのため、TitanFX(タイタンFX)の標準の取引時間・サマータイム・冬時間のすべてにおいて、週末に市場がクローズする時だけは、5分早く取引ができなくなるのです。

また、平日であっても、実はTitanFX(タイタンFX)は、23:59~0:01分までの2分間だけは取引ができません。

この2分間はロールオーバー時間と呼ばれ、ポジションを翌日に持ち越すための処理が行われる時間です。

もちろん、TitanFX(タイタンFX)以外のブローカーでもロールオーバー時間は発生します。

また、一部の流動性の低い通貨ペアにおいてもTitanFX(タイタンFX)の通常の取引時間は適用されません。

ちなみに、TitanFX(タイタンFX)ではFX以外にもコモディティと呼ばれるエネルギーやレアメタルなどの取引もできますが、FXとはまったく取引時間が異なります。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間・サマータイム・冬時間を分かりやすく解説 まとめ

TitanFX(タイタンFX)の取引時間は、標準である冬時間は月曜日7:00分~土曜日06:55分、サマータイムの場合は月曜日06:00~土曜日05:55分です。

また、平日も日付の切り替わる前後1分間は取引ができません。 わずか1時間の差とはいえ、そのあいだに相場が急変することもあります。

TitanFX(タイタンFX)からの取引時間の変更通知を見逃さないように注意しましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから