ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)はいつなの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は海外取引所ですので、取引時間(営業時間)に時差はあるのか、夏時間は適用されているのか、疑問を感じている方もいるはずです。

土曜日や日曜日、年末年始や祝日などの取引時間(営業時間)はいつなのか、気になる方もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は、基本的に土曜日と日曜日をのぞく平日です。

ただし厳密には、取引商品や銘柄ごとに異なりますし、ロールオーバーにも影響を受けてしまいます。

基本的にFX市場は24時間開場しており、世界中のどこかの国でトレードされています。

しかし実際は、取引所ごとに取引時間(営業時間)が定められており、各国の活動時間帯に合わせてトレードされていると考えておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は日本時間でいつ?

TitanFX(タイタンFX)の取引時間は(営業時間)は日本時間だと以下の通りです。

  • 冬時間:日本時間 月曜日7時4分から土曜日7時55分
  • 夏時間:日本時間 月曜日6時4分から土曜日6時55分

取引時間(営業時間)は、TitanFX(タイタンFX)公式サイトやMT4またはMT5に表示されていますが、サーバー時間であり日本時間ではありませんのでご注意ください。 TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間は以下の通りです。

  • 冬時間:GMT+2
  • 夏時間:GMT+3

サマータイムが適用されない日本時間はGMT+9ですので、冬時間(通常時間)におけるTitanFX(タイタンFX)との時差は7時間です。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は、サーバー時間の場合、金曜日の23時55分に終了します。

冬時間と夏時間の移行するタイミングは、毎年3月下旬と10月下旬ごろで、切り替わりの時期が近づくと、TitanFX(タイタンFX)からメールでお知らせが届きます。

取引時間(営業時間)を間違えないよう、冬時間と夏時間の切り替え時期は、こまめにTitanFX(タイタンFX)からのメールをチェックするように心がけましょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)内でもロールオーバー時はトレードは一時停止に

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)内であったとしても、ロールオーバー時にはトレードが一時的にできなくなります。

ロールオーバータイムは毎日2分間設けられ、通常時間(冬時間)におけるTitanFX(タイタンFX)のサーバー時間の場合は23時59分から0時1分で、日本時間に換算すると以下の通りです。

  • 冬時間:日本時間 6時59分から7時1分
  • 夏時間:日本時間 5時59分から6時1分

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は土日の場合取引できない

土曜日や日曜日はTitanFX(タイタンFX)の休日となりますので、取引時間(営業時間)外となり、トレードできません。

MT4やMT5のチャートや気配値表示、発注機能も停止するため、TitanFX(タイタンFX)のトレードはいっさいできなくなります。

TitanFX(タイタンFX)の取引終了時間は、日本時間で土曜日の7時55分です。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)の銘柄別一覧表

ここまでTitanFX(タイタンFX)の為替FXの取引時間(営業時間)について解説しましたが、トレード商品や銘柄ごとに取引時間(営業時間)は異なります。

為替FX・貴金属(メタル)の取引時間(営業時間)はほとんどの銘柄で共通ですが、株価指数CFD・原油は銘柄ごとに異なります。

各トレード商品と銘柄の一部の取引時間(営業時間)を、通常時間(冬時間:GMT+2)換算し日本時間表記でまとめると以下の通りです。

  • 株価指数CFD:日経(JPN225)8時から6時59分/ナスダック(NAS100)8時から6時15分 & 6時30分から6時59分など
  • 貴金属(メタル):ゴールド(XAU/USD)シルバー(XAG/USD)などすべて8時から6時59分
  • 原油:ブレント原油(XBR/USD)10時から6時59分/WTI原油(XTI/USD)8時から6時59分など

為替FXと同じく、株価指数CFD・貴金属・原油なども、取引時間(営業時間)は平日のみと考えておけばよいでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の年末年始や祝日における取引時間(営業時間)

年末年始におけるTitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は、元旦のみ休場となります。

元旦以外は通常通りの取引時間(営業時間)になると考えておけばよいでしょう。

クリスマスなどの世界的なイベントも、取引時間(営業時間)は変更になります。

詳しくは年末年始間近にTitanFX(タイタンFX)から取引時間(営業時間)変更のお知らせメールが送信されますのでご確認ください。

ゴールデンウイークやお盆など、日本の祝日はTitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)に影響を与えません。

長期休暇を活用してトレードを楽しみたいとお考えの日本人ユーザーは、TitanFX(タイタンFX)を思う存分利用できるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)の注意点

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)における注意点は、取引時間外は注文や決済はできません。

また週末のポジション持ち越しを行うことで相場急変によるロスカットリスクもあるため、金曜日に決済することをおすすめします。

イースターなど世界的なイベント時期は、TitanFX(タイタンFX)の値動きが悪くなってしまいトレードしにくい相場になることにも注意しましょう。

特にロンドン市場やニューヨーク市場の値動きが悪くなってしまう時期は、トレードを控えた方がよいのかもしれません。

7月4日のアメリカの独立記念日から8月下旬、クリスマスがある12月年末から1月までの年末年始などは、長期休暇のためトレーダーが減少します。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)は、基本的に平日です。

取引時間(営業時間)土曜日・日曜日・世界的イベントの影響を大きく受けますので、TitanFX(タイタンFX)をご利用になる前に把握しておきたところでしょう。

TitanFX(タイタンFX)の取引時間(営業時間)内であったとしてもロールオーバータイムには一時取引停止となりますのでご注意ください。

また取引時間(営業時間)は、トレード商品や銘柄ごとに異なるうえ、TitanFX(タイタンFX)はサマータイムが適用されるため冬時間と夏時間の移行期間には注意しましょう。