ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の使い方がよくわからない…

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大500倍でレバレッジ取引できるうえ、約定率の高さや低スプレッドを誇る海外FX取引所です。

ここではTitanFX(タイタンFX)の使い方について、全体的な流れを見ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の使い方は、クライアントキャビネットと取引プラットフォームのMT4・MT5から行います。

アカウントの登録方法と入出金方法・資金移動の使い方は、TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットから行います。

チャートやトレードの使い方は、MT4またはMT5から行います。

具体的なTitanFX(タイタンFX)の使い方についてみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 アカウントの登録方法

TitanFX(タイタンFX)の使い方は、まずアカウントを登録して口座開設を完了させます。

使い方の手順は、TitanFX(タイタンFX)の公式サイトへアクセスして、「リアル口座開設」をクリックしましょう。

「個人口座開設」「法人口座開設」で、個々に開設したい口座を選択します。

「メールアドレス」に、個人口座を開設する方は個人のメールアドレス、法人口座の場合は法人のメールアドレスを入力してください。

利用規約にチェックをいれたら「さあはじめましょう」をクリックします。

つづいてTitanFX(タイタンFX)の取引口座の設定します。

プラットフォームは「MT4」「MT5」のいずれかを選択します。

口座タイプで「ブレード」「スタンダード」のいずれを選択し、レバレッジを1から500のいずれかを、ベース通貨もJPY・USD・EUR・AUD・SGDのいずれから選択し「次へ」進みます。

取引プラットフォームの選び方は、TitanFX(タイタンFX)の使い方によって異なり、EAを利用する方はMT4、それ以外の方はMT5を選択しましょう。

また特にこだわらない方は、口座タイプをブレード口座、レバレッジは500、ベース通貨はJPYと設定する使い方がおすすめです。

登録メールアドレスにTitanFX(タイタンFX)からメール認証が送信されますので、流れに従って手続きを進めましょう。

TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットへログインできるようになります。

ログインすると、自動的に本人確認の手続き画面が表示されます。

使い方は流れに従って進めるだけです。

秘密の質問とその回答を入力し、その内容を万が一TitanFX(タイタンFX)へログインできなくなった時の備えて紙などに控えておきましょう。

雇用業種と雇用形態でもっとも近いものを選択し、今後の投資計画についてもおおまかに回答します。

引き続きTitanFX(タイタンFX)の本人確認書類を提出する使い方をみていきます。

本人確認書類として使用可能な身分証明書は、パスポート・マイナンバーカード・運転免許証ですので、いずれかひとつを準備しましょう。

TitanFX(タイタンFX)では認証システムによって画像を撮影しながら身分証明書を提出する、と言う使い方をします。

身分証明書を選択すると、流れに沿って撮影を開始します。

TitanFX(タイタンFX)に提出する身分証明書と同じ情報を入力します。

続いて住所確認書類として、住民票・公共料金の領収書や請求書・健康保険証なども画像撮影を行い、フォームからアップロードしましょう。

これで本人確認書類の提出が完了し、

1営業日以内に、TitanFX(タイタンFX)から審査完了メールが配信されることで、TitanFX(タイタンFX)のアカウント登録と口座開設が完了し、ログイン情報も取得できます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 入金・資金移動・出金方法

TitanFX(タイタンFX)の入出金方法・資金移動方法の使い方をみていきましょう。

入金の使い方は、クライアントキャビネットの「入金」を選択し、入金したい口座を選択、入金額と入金方法を選択したうえで、各方法に応じて手続きを行います。

出金の使い方も「出金」を選択し、同じように操作します。

資金移動の使い方は、「出金」から出金元口座を選択し、資金移動額を入力して出金先口座を指定し完了させてください。

TitanFX(タイタンFX)の入金・資金移動・出金の使い方も、流れに沿って行えば迷わず完了します。

こちらではパソコンによる入金や資金移動について解説しましたが、スマホのブラウザでも同じ使い方で行います。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 チャートの表示やトレード方法

TitanFX(タイタンFX)のトレード関連の使い方は、MT4またはMT5で行います。

まずはMT4・MT5を、パソコンやアプリにダウンロード・インストールしましょう。

スマホアプリを利用する場合は、iOSはAPP Store、アンドロイドはGoogle Playから、MT4とMT5をダウンロードしてください。

インストールが完了したら起動し、TitanFX(タイタンFX)で口座開設完了メールにて送信されたログインIDやパスワードでログインします。

アプリの使い方は、MT4・MT5の「設定」から「新規口座」を選択し、「証券会社」の検索ウインドウに「TitanFX」と入力し、選択肢にTitanFX(タイタンFX)が表示されたら選択しましょう。

ログインフォームにTitanFX(タイタンFX)のIDやパスワードでログインしてください。

まずはじめに気配値表示ページが表示されますので、チャートを表示する使い方からみていきましょう。

チャートを表示したい通貨ペアをタップし「チャート」をタップすると表示されます。

気配値表示にチャートを表示したい通貨ペアが見当たらない場合の使い方は、気配値ページ上部の検索フォームにチャートを表示したい通貨ペア名を入力し、選択肢から選びます。

TitanFX(タイタンFX)のトレードの使い方は、気配値表示で注文したい通貨ペアをタップし「トレード」で注文フォームを表示します。

デフォルトでは成行注文が選択されていますが、成行注文をタップすると指値注文や逆指値注文のフォームも表示できます。

注文フォームの使い方は、成行注文では数量のみ、指値注文や逆指値注文では数量と指値を記入し、発注ボタンをクリックします。

TitanFX(タイタンFX)の基本的な注文方法の使い方のみ紹介しましたが、オプションで損切り注文や利確注文をしこむことも可能です。

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の基本的な使い方を解説しました。

クライアントキャビネットとMT4・MT5のいずれの使い方も必要ですので、きちんとマスターしておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方は、スマホとパソコンの両方で利用できます。