ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

これからTitanFX(タイタンFX)の利用を考えている人の中には、事前に使い方を把握しておきたいという人もいるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)は海外ブローカーですが、日本語にも対応しており日本人トレーダーにも優しい使い方ができるようになっていますよ。

ここでは、TitanFX(タイタンFX)の使い方の基本について分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の使い方 登録方法

それでは実際にTitanFX(タイタンFX)の使い方をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方で一番最初に知らなければならないのは、アカウント登録の方法ですよね。

ここでは最初の使い方として、TitanFX(タイタンFX)の登録方法から本人確認書類の提出までをみていきましょう。

まずはTitanFX(タイタンFX)の公式サイトにログインし、下部に表示されている 「新規リアル口座を開設」をクリックしてください。

口座開設手続きの画面が表示され、まずはユーザー登録を行なっていきます。

申し込み口座を「個人取引口座」または「法人取引口座」から選択し、登録するメールアドレスとパスワードを入力していきましょう。

登録するメールアドレスは個人口座を選択した場合は個人用のメールアドレスにし、法人口座の場合には法人用のメールアドレスを利用してください。

同意事項に同意したらチェックボックスの中にチェックを入れて「さあ、始めましょう」をクリックします。

口座開設を行う取引口座の情報を入力していきます。

取引口座の選択でトレーディングプラットフォームをMT4またはMT5のいずれかを選択します。

次に口座タイプで、スタンダード口座またはブレード口座を選択していきましょう。

スタンダード口座とブレード口座の使い方は基本的に同じですが、スプレッド幅や手数料に違いがありますので、自分にあった方を選んでください。

レバレッジの最大値を選択していきます。

レバレッジは一度設定してしまうと基本的に変更はできませんので(ただしサポートセンターへの連絡で変更できる場合もあります。)

何倍でトレードするのかを検討の上、選択していきましょう。

ベース通貨をJPY・USD・AUD・SGD・EURから選択します。

入力が完了したら次へをクリックしていきましょう。

メールアドレス認証の画面が表示され、登録したメールアドレスに認証手続きのためのメールが届きます。

届いたメールの指示にしたがって認証手続きを行うと、TitanFX(タイタンFX)のマイページとなるクライアントキャビネットにログインできるようになります。

クライアントキャビネットにログインすると、「書類の提出を完了してください」というメッセージが表示されるので、続けて本人確認を行なっていきましょう。

まずはセキュリティ情報を設定していきます。秘密の質問とその回答を自分にしかわからないもので設定してください。

次に雇用業種と雇用形態を入力していきます。 最後に「今後の投資計画」に関するアンケートに回答し、「次へ」をクリックしていきましょう。

本人確認書類の提出手続きに入ります。 TitanFX(タイタンFX)にて本人確認書類として認められている書類は、以下のものです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード

上記のいずれかを用意して、それぞれ撮影する書類のボタンをクリックします。

以下の画像は、「運転免許証」を選択した場合の入力画面です。

発行国・氏名・運転免許証番号・有効期限を選択・入力し「次へ」をクリックします。

本人確認書類とセルフィーの撮影に入ります。

画面の指示にしたがって本人確認書類とセルフィーの撮影を行なっていきましょう。

必要書類の提出が完了すると、TitanFX(タイタンFX)側の審査が入り、承認が降りればTitanFX(タイタンFX)のマイページにあたるクライアントキャビネットが利用できます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 入出金や資金移動を行う方法

TitanFX(タイタンFX)の使い方で、登録・本人確認書類の提出が完了すると、実際にクライアントキャビネットが利用可能です。

実際に取引を始める前に必要になってくるTitanFX(タイタンFX)への入出金や資金移動を行うための使い方をみていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットにログインし、メイン画面の左側に表示されるメニュー一覧の中から「入金・出金・資金移動」のボタンをクリックします。

 

入金の場合は「入金する」、出金の場合は「出金する」資金移動の場合は「資金移動」のボタンをクリックして、それぞれの手続きを行なっていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 チャートをチェックしたり注文を行う方法

TitanFX(タイタンFX)のアカウント登録や入出金などの使い方がわかったところで、実際にチャートを用いたトレードの基本的な使い方をみていきましょう。

MT5のスマホアプリを利用した使い方で使い方を紹介していきます。

MT4・MT5のインストール方法ですが、iPhoneであればAppStore、アンドロイドであればGooglePlayにて、それぞれ「MT4」または「MT5」と検索します。 MT4またはMT5のスマホアプリが表示されるので、インストールボタンを押してください。

MT4またはMT5がインストールできたら、TitanFX(タイタンFX)の口座にログインしていきます。

スマホアプリを開いたら、左下に表示される「設定」をタップしてください。 設定画面が表示されるので、一番上の「新規口座」をタップしていきましょう。

サーバー名の選択画面が表示されるので、口座開設時に届いたTitanFX(タイタンFX)からのメールを確認の上、指定されたサーバー名を入力してください。

表示されたサーバー名を指定してタップし、登録したIDとパスワードを使ってログインします。

TitanFX(タイタンFX)専用の画面が表示されるので、ここからトレードを行なっていきます。

 

まずはチャートの使い方についてです。 取引したい通貨ペアを選択し、チャートを表示させていきます。 ここではUSDJPYの通貨ペアをタップしていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のスマホアプリの通貨ペアをタップすると、「トレード」または「チャート」というボタンが表示されるので、「チャート」をタップします。

USDJPYのチャートが表示されます。

次に注文方法の使い方を説明します。 チャート表示同様に注文したい通貨ペアを(ここではUSDJPY)タップます。

「トレード」または「チャート」が選べるようになるので、「トレード」をタップします。

注文画面が表示されます。 一番上の「USDJPY」と表示されている部分をタップして取引する通貨ペアを選択します。

次に「成行注文」と表示されている部分をタップし、注文方法を選択しましょう。

あとは、注文方法別に必要事項を入力していきます。

「成行注文」の場合には数量を入力して「成行売り」または「成行買い」をタップします。

「指値注文」や「ストップ指値注文」の場合には、希望の指値価格を入力し注文数量を入力したら「発注」をクリックしてください。

 

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の使い方の基本について分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)は、日本語対応で英語の苦手な人でも気軽に利用しやすい海外ブローカーです。

基本の使い方をマスターして、様々なトレード方法にチャレンジしてみてくださいね。