ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

海外FXブローカーの中でも日本人トレーダーに人気のあるTitanFX(タイタンFX)。

そんなTitanFX(タイタンFX)をこれから使ってみたいという人の中には、TitanFX(タイタンFX)の具体的な使い方について知りたいという人もいるでしょう。

初めてFXトレードにチャレンジするという人や、国内FXブローカーしか使ったことがないという人であれば、この記事を読むことでTitanFX(タイタンFX)の基本的な使い方・始め方をマスターすることが可能です。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の使い方 アカウントを登録して取引口座を開設する方法

TitanFX(タイタンFX)の使い方の中で一番始めにやっていくのが、アカウントの開設です。

使い方の流れの中で誰もが必ずやっていく順番がアカウント開設→口座開設という手続きになります。

TitanFX(タイタンFX)にアカウント開設を行ってスムーズな取引を開始するためには本人確認資料の準備が必要です。

あらかじめ準備しておくとTitanFX(タイタンFX)に口座開設からスムーズに取引しやすくなりますので、事前に準備しておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 アカウント登録方法

TitanFX(タイタンFX)の公式サイトにアクセスしたら「新規口座開設」というボタンをクリックしてください。

「個人口座開設」「法人口座開設」のうち開設したい口座を選びます。

「メールアドレス」に、個人口座を開設する方は個人のメールアドレス、法人口座の場合は法人名義のアドレスを入力してください。

利用規約にチェックをいれたら「さあはじめましょう」を押ていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 本人確認書類の提出方法

「さあ、はじめましょう」をクリックしTitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットにログインしていきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットへログインすると、本人確認の手続き画面が表示されます。

本人確認の使い方は、画面の流れにしたがって進めるだけです。

使い方の注意点として、秘密の質問とその回答を入力したら、入力内容を万が一TitanFX(タイタンFX)へログインできない時に備えて紙などに控えておくことを強くおすすめします。

雇用業種と雇用形態でもっとも近いものを選び、今後の投資計画などについても回答します。

つづいてTitanFX(タイタンFX)の本人確認書類を提出する使い方をみていきます。

本人確認書類として使用可能な身分証明書は、パスポート・運転免許証・マイナンバーカードですので、いずれかひとつを準備しましょう。

TitanFX(タイタンFX)では認証システムによって画像を撮影しながら身分証明書を提出する、と言う使い方ができます。

身分証明書を選択したら、流れにしたがい撮影を開始していきましょう。 TitanFX(タイタンFX)に提出する身分証明書と同じ情報を入力します。

続いて住所確認書類として、住民票・公共料金の領収書や請求書・健康保険証なども撮影を行い、画像をフォームからアップロードしましょう。

本人確認書類の提出を完了すると、1営業日以内にTitanFX(タイタンFX)から審査完了メールが配信されます。

これでTitanFX(タイタンFX)のアカウント登録と口座開設が完了し、ログイン情報も取得できます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 取引口座の開設方法

TitanFX(タイタンFX)で本人確認が完了すると、利用制限が外れるのでほぼ全ての機能が自由に利用可能です。

実際にTitanFX(タイタンFX)にて取引を行うための取引口座を開設していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のクライアントキャビネットの口座開設セクションにて設定を行なっていきます。

プラットフォームは「MT4」「MT5」のいずれかをまずは選択してください。

口座タイプで「ブレード」「スタンダード」のいずれかを選び、レバレッジを1から500のどれかを、ベース通貨もJPY・USD・EUR・AUD・SGDのいずれから選択し「次へ」進みます。

取引プラットフォームの選び方は、TitanFX(タイタンFX)の使い方によって異なり、EAを利用する方はMT4、それ以外の方はMT5がおすすめです。

特にこだわらない方は、口座タイプをブレード口座、レバレッジは500、ベース通貨はJPYと設定したトレードの使い方がベストでしょう。

登録メールアドレスにTitanFX(タイタンFX)から認証メールが送信されますので、流れにしたがって手続きを進めてください。

1アカウントにつき最大15個の口座を開設することができます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 入出金と資金移動

TitanFX(タイタンFX)の使い方として、アカウント登録と口座の開設が完了したら続いて資金を入金して実際にトレードを始めることが可能です。

またTitanFX(タイタンFX)では複数アカウントを作っている方に向けて同じアカウント内の口座間で資金移動もできるようになっています。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 入出金方法

入金の使い方は、クライアントキャビネットから「入金」を選び、入金したい口座を選択、入金額と入金方法を選んだうえで、各方法の手順にしたがい手続きを行います。

出金の使い方も「出金」を選択し、同じように操作します。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 資金移動の方法

資金移動の使い方は、「出金」から出金元口座を選び、資金移動額を入力して出金先口座を選んで完了です。

こちらではPC版による入出金や資金移動について解説しましたが、スマホのブラウザでも同じ使い方で行います。

TitanFX(タイタンFX)の使い方 取引プラットフォームへログインして取引を始める

TitanFX(タイタンFX)の使い方の最後に紹介するのが実際のトレードを行うプラットフォームへのログインです。

TitanFX(タイタンFX)ではMT4またはMT5を使ってトレードができるので、口座開設した際に指定したプラットフォームをインストールしておきましょう。

プラットフォームがインストールできたら、アプリケーションを立ち上げるとログイン画面が表示されます。

TitanFX(タイタンFX)の使い方の中で口座開設をした際に表示されたID・パスワード・サーバー名を入力・選択するとトレードを開始できるでしょう。  

TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)の使い方を分かりやすく解説していきました。

TitanFX(タイタンFX)の使い方は、国内FXの使い方とは若干違うところもありますが、覚えてしまえば感覚的に利用することができるでしょう。

まずはTitanFX(タイタンFX)のアカウント登録を行い手順に従って取引まで進めてみてくださいね。