ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペア・通貨単位・LOT・PIPSを分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】FXGTの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアにおける通貨単位はどうなっているの?

ところでTitanFX(タイタンFX)の通貨ペアで見かけるLOTとPIPSってなに?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)のFXトレードにおける基礎知識として、通貨ペアの取引通貨単位や最小取引通貨単位を理解しておく必要があります。

LOTとPIPSは通貨単位を示していますが、こちらで詳しく解説していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位・LOT・PIPSを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位「LOT」「PIPS」とは?

TitanFX(タイタンFX)は、主要通貨ペアからマイナー通貨ペアの為替FXだけでなく、エネルギー・貴金属・株価指数・などのCFDも取り扱っていますが、各通貨やトレード商品の「価値」には違いがあります。

そこでTitanFX(タイタンFX)をはじめとしたFX業者では、「LOT」や「PIPS」というFX共通の通貨単位を活用します。

LOTとはTitanFX(タイタンFX)の取引通貨単位をさし、PIPSとは各通貨ペアの最小単位の1/100を示す通貨単位を表しています。

すなわちTitanFX(タイタンFX)の異なる通貨ペアの便宜を図るための通貨単位として、LOTやPIPSが活用されています。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位は「1LOT=10万通貨」

TitanFX(タイタンFX)のLOTとは、FX共通の通貨単位であり、すなわち数量を表しています。

FXではレートの異なる通貨ペアを、大きな数量で取引するため、通貨数量を把握しやすくするために、FXトレードではLOTと表現します。

TitanFX(タイタンFX)の通貨単位は、1LOTあたり10万通貨です。

たとえば、TitanFX(タイタンFX)でUSD/JPY(米ドル日本円)を1LOT取引する場合、通貨単位で表現すると1LOT=10万ドルとなります。

通貨ペアの見方は、左側を取引通貨、右側を決済通貨とし、上の場合、米ドルを取引するために必要になる日本円の金額を示しています。

米ドルを取引すると考えるため、1LOTあたりの通貨単位はドルで表現され、「1LOT=10万ドル」となります。

TitanFX(タイタンFX)で1ドル=100円だった場合、1LOTをトレードすると考えてみましょう。

決済通貨である日本円に換算すると10万ドル=1000万円ですので、通貨単位で表現すると1LOT=1000万円になるのです。

TitanFX(タイタンFX)の取引通貨単位は1000万円になるわけですが、高額すぎて取引を躊躇する方もいるはずです。

多くの方が理解している通り、TitanFX(タイタンFX)では最大500倍でレバレッジ取引できるため、必要証拠金を抑えて取引できます。

1000万円に500倍のレバレッジをかけることで、2万円を証拠金にすることで、1000万円のトレードを行うことができます。

ちなみに必要証拠金の計算方法は「1LOT×1,000万円÷500倍=20,000円」です。

注意点として、TitanFX(タイタンFX)を含む海外FXは、基本的に1LOTあたり10万通貨ですが、国内FXは1LOTあたり1万通貨になるという違いがあるためご注意ください。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの最小取引通貨単位は「0.01LOT」から

各通貨ペアの取引通貨単位は1LOTですが、TitanFX(タイタンFX)の最小取引単位ではないためご注意ください。

実際にTitanFX(タイタンFX)でトレードをするための最小取引単位は0.01LOTからになります。

0.01LOT=1,000通貨になるため、前項のUSD/JPYを例にあげると0.01LOT=1,000ドル(=10万円)になり、少額トレードできます。

さらにTitanFX(タイタンFX)では500倍でレバレッジ取引できるため、100,000円÷500倍=200円、わずか200円からトレードできるということになります。

海外FX取引所の取引単位は基本的に1LOT=10万通貨になりますが、最小取引単位については業者やトレード商品ごとに異なるためご注意ください。

たとえばTitanFX(タイタンFX)の株価指数CFD商品の場合、最小取引数量は0.1LOTですので、為替FXよりも大きくなります。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位は「1PIPS=0.01円」外貨は「0.0001ドル等」

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアにおける通貨単位として、LOTに加えてもうひとつ理解しておきたいのが「PIPS」です。

PIPSとは、各国の最小通貨単位の1/100を表しています。

異なるレートをもつ通貨ペアの、スプレッドや損益を把握しやすくするために、PIPSは活用されます。

たとえば日本円の最小通貨単位は1円ですので、1PIPS=0.01円になります。

米ドルの最小通貨単位は1セントですので、1PIPS=0.01セントですが、FXトレードではドルで表示されるため、1PIPS=0.0001ドルと表現されます。

PIPSは単純に、各通貨ペアに応じて小数点第二位にくるのか、それとも小数点第四位になるのかが異なると考えておきましょう。

たとえば、USD/JPY・EUR/JPYなど、決済通貨が日本円の「クロス円」通貨ペアの場合は、1PIPS=0.01円です。

一方、GBP/USD・USD/EURなど、決済通貨が外貨の場合の通貨ペアで取引する場合は、1PIPS=0.0001ドル(単位はユーロ・ポンドなど決済通貨に応じて異なる)で計算します。

PIPSを理解することで、異なる通貨ペアのスプレッドを比較するときに、差を把握しやすくなります。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位「LOT」と「pips」の関係

最後に取引通貨単位の「LOT」と通貨単位の「PIPS」の関係をわかりやすくするために、TitanFX(タイタンFX)のUSD/JPY(米ドル日本円)通貨ペアで、1LOT取引した場合を想定して解説していきましょう。

TitanFX(タイタンFX)で、1ドルあたり100円から100.01円に値上がりすると、1pips(=0.01円)の利益になります。

100円で1ドルを購入した場合は0.01円の利益になりますが、1LOTをトレードした場合は、0.01円×100,000通貨=1,000円、すなわち1,000円の利益になるというわけです。

すなわち1pipsの変動で獲得できる利益は、LOT数すなわち取引通貨数量に応じて変化すると考えておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアの通貨単位・LOT・PIPSを分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)の通貨ペアのうち取引通貨単位はLOT、各通貨ペアの最小通貨単位はpipsで表します。

LOTとPIPSは、FXトレードの損益やスプレッドを確認するための基礎知識ですので、きちんと理解しておきましょう。