ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)とXMの比較を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)とXMを比較すると、どちらのほうがよい条件で取引できるの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)もXMも、国内FXでは不可能であるハイレバレッジ取引できる海外FXブローカーとしての人気を確立しています。

ただ取引条件などには違いがあるため、ご利用を検討中の方はTitanFX(タイタンFX)とXMのスペックをきちんと比較しておきたいと言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)とXMの比較を分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)とXMは海外FXにもかかわからず、日本語サポートが充実しているため日本人ユーザーでも使いやすいのが魅力です。

運営実績を比較すると、TitanFX(タイタンFX)が2014年、XMは2009年と、XMのほうが長期運営歴があると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)もXMも日本の金融ライセンスは取得しておらず、どちらも拠点とする各国のライセンスを保有しています。

取扱通貨ペアにおいても、TitanFX(タイタンFX)・XMともにメジャー通貨からマイナー通貨まで60種類ほどが取引できます。

TitanFX(タイタンFX)とXMを比較 口座タイプとスプレッド

TitanFX(タイタンFX)とXMではそれぞれ口座タイプが異なり、比較すると以下の通りです。

  • TitanFX(タイタンFX):スタンダード口座 ブレード口座
  • XM:スタンダード口座 マイクロ口座 Zero口座

口座タイプの数を比較すると、TitanFX(タイタンFX)が2つであるのに対しXMは3つです。

XMのスタンダード口座とマイクロ口座は、1ロットあたりの取引量が異なるだけで、スプレッドや最大レバレッジはすべて同じです。

マイクロ口座は少ない通貨で取引したい初心者向けの口座なのです。 つづいて口座タイプごとに平均スプレッドを比較しましょう。

TitanFX(タイタンFX)とXMの平均スプレッドは、以下のように口座タイプごとで異なります。

TitanFX(タイタンFX)スタンダード口座の平均スプレッド

  • USD/JPY:1.33 pips
  • EUR/USD:1.2 pips
  • GBP/USD:1.57 pips
  • AUD/USD:1.52 pips
  • USD/CHF:1.92 pips

XMスタンダード口座の平均スプレッド

  • USD/JPY:1.6 pips
  • EUR/USD:1.7 pips
  • GBP/USD:1.57 pips
  • AUD/USD:1.52 pips
  • USD/CHF:2.1 pips

比較するとTitanFX(タイタンFX)はXMよりも、平均スプレッドが狭い傾向にあることが確認できます。

つづいてスプレッドが狭いECN口座を、TitanFX(タイタンFX)ブレード口座とXM Zero口座で比較します。

TitanFX(タイタンFX)ブレード口座の平均スプレッド

  • USD/JPY:0.33 pips
  • EUR/USD:0.2 pips
  • GBP/USD:0.57 pips
  • AUD/USD:0.52 pips
  • USD/CHF:0.92 pips

XM Zero口座の平均スプレッド

  • USD/JPY:0.1 pips
  • EUR/USD:0.1 pips
  • GBP/USD:0.3 pips
  • AUD/USD:0.4 pips
  • USD/CHF:0.4 pips

ECN口座の平均スプレッドを比較すると、TitanFX(タイタンFX)よりもXMのほうが狭い結果となりました。

ただしECN口座は、スプレッドとは別途、取引手数料が発生します。

TitanFX(タイタンFX)の取引手数料は、10万通貨あたりの往復注文で7ドル、XMは10ドル発生します。

取引手数料を比較すると、TitanFX(タイタンFX)のほうがXMよりも3ドル(0.3pips)低く設定されています。

スプレッドを比較すると、スタンダード口座・ECN口座ともにXMよりもTitanFX(タイタンFX)のほうが有利な傾向にあると言えるでしょう。

口座タイプによって異なるのは、スプレッドや最低取引量だけではなく、最大レバレッジにも影響を与えます。

TitanFX(タイタンFX)とXMを比較 最大レバレッジ

最大レバレッジをTitanFX(タイタンFX)とXMで比較すると、以下の通りです。

  • TitanFX(タイタンFX):最大500倍
  • XM:最大888倍

TitanFX(タイタンFX)の最大レバレッジは全口座で500倍ですが、XMで888倍が適用されるのはスタンダード口座とマイクロ口座のみです。

XM Zero口座は、最大レバレッジが500倍に制限されます。

またXMでは口座残高に応じてレバレッジ制限が発生し、TitanFX(タイタンFX)のレバレッジ設定と比較すると少々複雑です。

ECN口座においての最大レバレッジを比較すると、TitanFX(タイタンFX)とXMは同一です。

TitanFX(タイタンFX)とXMを比較 キャンペーンボーナス

キャンペーンボーナスを比較すると、TitanFX(タイタンFX)には存在しないものの、XMでは常時開催されています。

ここまで比較してきた通り、スプレッドや取引手数料などの取引コストにおいて不利だったXMは、口座開設や入金ボーナスでフォローできると考えられています。

また取引するたびに発生するXMPポイントを証拠金にあてられたり、キャッシュバックしたりすることも可能です。

一方、取引コスト負担が軽いと考えられているTitanFX(タイタンFX)は、アフィリエイトプログラム以外のポイントやボーナスはいっさいありません。

TitanFX(タイタンFX)で日々の取引コストを抑えるのがよいのか、それともXMのボーナスでお得感を得るのかを比較すると、個々の価値観によって異なると言えるでしょう。

TitanFX(タイタンFX)とXMの比較を分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)とXMを比較しました。

口座タイプにおいてはTitanFX(タイタンFX)よりもXMのほうが多いように感じますが、実質XMのスタンダード口座とマイクロ口座は最低ロット数以外はすべて同一条件です。

取引コストを比較すると、XMよりもTitanFX(タイタンFX)のほうが低いイメージですが、ボーナスキャンペーンやXMPポイントなどの特典と比較するとXMのほうが充実しています。

TitanFX(タイタンFX)もXMも口コミで評判の海外FXブローカーです。

なににメリットを感じるのかは個々に異なりますので、自分はTitanFX(タイタンFX)が向いているのか、XMが向いているのかを見極めて利用するとよいでしょう。