ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)は、日本人トレーダーにも人気のある海外ブローカーです。

TitanFX(タイタンFX)のような海外ブローカーは、日本国内のブローカーにはない様々なサービスも魅力となっています。

中でも、ゼロカットに大きなメリットを感じている人なら、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットの基本的なルールや仕組みを知りたいという人もいるでしょう。

そこで今回は、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットについて分かりやすく解説していきます。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットとは?

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、正式名称を「negative balance protection」と言います。

簡単に言ってしまえば、TitanFX(タイタンFX)の口座残高がマイナスになってしまえば、口座残高を自動でゼロにリセットしてくれるという機能です。

最大500倍というハイレバレッジトレードができるTitanFX(タイタンFX)では、レバレッジ次第で大きな収益を得られる可能性があります。

同じように、ハイレバレッジトレードは純粋に手元の資金よりも取引量を増やして行うトレード方法ですので、大きな損失を被る可能性もあるのです。

そしてTitanFX(タイタンFX)では、ポジション保有中に一定の証拠金維持率を下回れば、追証は発生せずにロストカットが執行されます。

追証とは「追加証拠金」の略で、一定の証拠金維持率を下回っても追加の証拠金を支払えばポジションを保有し続けられるというルールのことです。

TitanFX(タイタンFX)にはこの追証システムがないので、ユーザー側に選択肢はなくポジションが強制的に決済されるということが起きます。

このようにロストカットが強制的に起こると、間に合わずに口座残高がマイナスになってしまうという場合もあるでしょう。

しかしTitanFX(タイタンFX)では、ゼロカットが採用されていますので、一旦口座残高がマイナスになっても、表記がゼロにリセットされるのです。

この「ゼロカット」というルールは国内ブローカーにはない特徴であり、実際にメリットを感じているトレーダーも多くなっています。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットはいつ行われるのか

すでに口座残高の表示がマイナスになっているという人の場合、いつゼロカットが行われるのか知りたいという人もいますよね。

基本的にTitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、サーバータイムで日付が変わるタイミングで行われます。

日本時間だと冬時間で朝の7時頃、夏時間で朝の6時頃です。

たとえば、日本時間の23時頃にロストカットが執行されて口座残高がマイナスになれば、翌朝の6〜7時頃にはゼロにリセットされることになるでしょう。  

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットが規定時間帯で行われなければサポートセンターに連絡を

ただし、ゼロカットが行われる時間帯になっても口座残高がマイナス表示のままという場合には、ユーザーがTitanFX(タイタンFX)へゼロカットのリクエストを送ることもできます。

ゼロカットされないという場合には、TitanFX(タイタンFX)の公式サイトからサポートセンターへ連絡し、ゼロカットの依頼を行いましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは口座単位で行われる

TitanFX(タイタンFX)では、1つのアカウントで最大5つの口座が保有できるようになっています。

実際にTitanFX(タイタンFX)を利用している人であれば、複数口座で運用しているという人もいるでしょう。

そしてTitanFX(タイタンFX)では、ゼロカットが行われるのはアカウント単位ではなく口座単位で行われます。

海外ブローカーの中には、アカウント単位でしかゼロカットを行わないところもあり、複数口座を運用していても、1つのアカウントとしてマイナスが出ていなければゼロカットされない場合もあるのです。

しかしTitanFX(タイタンFX)は口座単位でゼロカットが行われるので、口座単位でリスク管理ができるようになっています。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは不正が疑われる場合には行われない可能性がある

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、基本的にサーバー時間で日付の変わるタイミングに行われます。

しかしトレーダーの中には、いつまで待ってもゼロカットが執行されないという人もいるようです。

このように数日〜数週間が経過してもゼロカットされないという場合には、TitanFX(タイタンFX)側に何かしらの取引が不正と判断されている可能性があります。

そもそもTitanFX(タイタンFX)の採用しているゼロカットとは、TitanFX(タイタンFX)独自のサービスであり、法的な効力は全くないルールの1つです。

そのためTitanFX(タイタンFX)が不正と判断する行為がユーザー側にあった場合などには適用されない可能性があります。

また不測の自体が起きた場合などにも、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは行われない可能性があるのです。

故意に不正取引を行なっていないという場合でも、TitanFX(タイタンFX)側に不正が疑われればゼロカットされない場合もあります。

数日以上待ってもゼロカットされない場合には、TitanFX(タイタンFX)のサポートセンターに問い合わせをして原因を探ってみるのも良いでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

今回は、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説してきました。

TitanFX(タイタンFX)ではゼロカットシステムが採用されており、口座残高がマイナスになれば、ブローカー側がマイナス分を補填してくれます。

ゼロカットの細かいルールはブローカーごとに異なるので、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットの特徴をしっかり抑えた上で、他社と比較してみてくださいね。