ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190510151900j:plain

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットってなに?

マイナス残高になったのにもかかわらずゼロカットが執行されないのはなぜ?

あなたは今、このようにお考えですよね。

TitanFX(タイタンFX)は最大レバレッジ500倍でハイリターンが期待できる一方、ハイリスクの可能性も抱えています。

そのようなときに役立つのが、ゼロカットでしょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットとは?

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットとは、その名の通り口座残高がマイナスになってしまった場合に、0にリセットしてくれる制度をさします。

最大レバレッジ500倍で取引できるTitanFX(タイタンFX)は、レバレッジが大きくなるほど通貨量を増やして大きな資金で取引できるため、大きな利益獲得をめざすことができます。

損失の場合も、レバレッジが大きくなるほど、損失額は大きくなりやすいというデメリットをはらんでいます。

ハイレバレッジ取引の多大な損失リスクから投資家を守るために、TitanFX(タイタンFX)ではゼロカット制度を設けています。

海外FXブローカーの多くがゼロカットを採用する一方、国内FXでもトレードリスクを防ぐために追証が採用されていますが、追証は海外FXでは採用されていません。

追証は追加証拠金の略語で、ポジションが一定の証拠金維持率を下回ってしまった場合に、ロスカットを防ぐために入金をする制度をさしています。

任意で利用を選択できる追証は、強制的に執行されることはありません。

まずマージンコールによって追証が通知され、投資家が追証するのかしないのかを選択し、追証してポジションを維持することも、追証せずにロスカットさせることも可能です。

海外FXであるTitanFX(タイタンFX)には追証がないため、一定の証拠金維持率を下回ると一方的にロスカットされていまいます。

ロスカットラインに達したとに相場が急変し、ロスカット執行が間に合わず、思わぬレートで決済されてしまうこともあるでしょう。

思わぬロスカットによってTitanFX(タイタンFX)で抱えてしまったマイナス残高を0にリセットすることを、ゼロカットと言います。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットが執行されるタイミング

TitanFX(タイタンFX)でゼロカット執行のタイミングは、サーバータイムで日付が変わるタイミングです。

日本時間の午前7時、夏時間午前6時が、TitanFX(タイタンFX)のゼロカット執行タイミングと考えておきましょう。

万が一、TitanFX(タイタンFX)でマイナス残高が発生しているのにもかかわらずゼロカットが執行されなかった場合は、サポートへゼロカットのリクエストを送信しましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは各口座単位で行われる

過去、TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、ユーザー単位で執行されていました。

最大5つの口座を保有できるTitanFX(タイタンFX)ですが、1つの口座では含み益が、もうひとつの口座ではロスカットされマイナス残高になってしまった場合でも、トータルでマイナスでなければゼロカット対象外と判断されていまいました。

しかし現在は、TitanFX(タイタンFX)の口座ひとつひとつがゼロカット対象であるため、各口座ごとに利益管理やリスク管理し利益に結びつきやすくなっています。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは不正で執行されない可能性あり

ゼロカットは、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間で日付が変わるタイミングで執行されます。

しかし中にはサーバー時間に到達したのにもかかわらず、ゼロカットされないと言う声も聞かれています。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、不正な取引だと判断された場合は執行されません。

不正な取引を行っていなかったのにもかかわらずゼロカットされないときは、TitanFX(タイタンFX)の裁量によってゼロカット対象外だと判断されてしまうこともあると考えられます。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは確実な不正行為だけでなく、不正を疑われる取引を行った場合もゼロカットが執行されないことがあるようです。

この場合は考えていてもわかりませんので、TitanFX(タイタンFX)サポートへゼロカット対象にならない理由を問い合わせてみましょう。

TitanFX(タイタンFX)でゼロカット執行前に入金するのは避けよう

口座がマイナス残高になり、TitanFX(タイタンFX)のサーバー時間で日付が変わるタイミングを迎える前に入金してしまうと、ゼロカット対象外になってしまうことがあるようです。

あらたに入金した金額からマイナス残高を相殺した金額が口座へ反映され、実質的にTitanFX(タイタンFX)の口座がマイナス残高ではなくなってしまいます。

TitanFX(タイタンFX)でゼロカットを希望する場合は、マイナス残高後は口座を触らないことが重要です。

ゼロカットのプロセスは、海外FXブローカーごとに異なりますので、他社でゼロカットを執行させるために追加入金が必要だったからと言って、TitanFX(タイタンFX)でも同じとは限りません。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、サーバー時間で日付が変わるタイミングまでは執行されませんので、覚えておきましょう。

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットを分かりやすく解説まとめ

TitanFX(タイタンFX)のゼロカットは、マイナス残高をリセットしてくれる頼もしい制度です。

ゼロカット制度と言っても、法的な効力はなく、執行するのかしないかはTitanFX(タイタンFX)の裁量によって判断されます。

万が一のマイナス残高に備えて、日頃からTitanFX(タイタンFX)の規約をきちんと守り不正トレードと判断されてしまう行為は避けるようにしましょう。