ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

TradingView(トレーディングビュー)は、汎用性に優れているチャートツールです。

エリオット波動は多くのチャート分析の前提とされることも多い、非常に人気のある理論のひとつです。

しかしエリオット波動とはどのようなものなのか、きちんと理解していない方もいるのではないでしょうか。

ここではTradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動について詳しく解説してきます。

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動を詳しく解説

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動とは?

エリオット波動とは、相場にはパターンがあり、一定のサイクルを繰り返しながら変動していくという理論によって確立された相場分析のための理論と言えるでしょう。

相場の方向性を予想するために利用できる理論です。

もしエリオット波動の理論通りのパターンがチャートに表示されれば、勝率を高めることができます。

TradingView(トレーディングビュー) でも利用できるエリオット波動ですが、こちらは賛否両論ある理論ですので事前に理解しておきましょう。

エリオット波動では、トレンドをもたらす「推進派」とトレンドを引き返す「修正波」が交互しています。

そして基本形は「推進5波 修正3派」になりますが、これはチャートが以下のどちらかの状況になることを示しています。

  • 相場が上昇トレンドの場合:チャートに5つの波動を描いて上昇し、3つの波動を描いて下落
  • 相場が下降トレンドの場合:チャートに5つの波動を描いて下降し、3つの波動を描いて上昇

TradingView(トレーディングビュー) エリオット波動のルール

エリオット波動では、推進5派と修正3派という8つの波を基本形としています。 そのうえでいくつかのルールがあります。

  • 推進3派は1、3、5派の中でもっとも短くはならない
  • 推進2派が1派の安値を下回ることはない
  • 推進4派が1派の高値を下回ることはない

どれも推進派に関するルールになりますが、ようするに一括するのであればトレンドが継続している状況を示しているでしょう。

ルールを満たすことでエリオット波動が成立していると考えます。

ここまでの解説でもわかる通り、エリオット波動はファンダメンタルズ分析的な要素を持ち合わせていない、純粋なテクニカル分析の理論です。

そしてTradingView(トレーディングビュー) では株式、FX、暗号資産などの金融商品を取り扱っています。

ファンダメンタルズ分析では金融商品ごとに分析のやり方が異なりますが、エリオット波動の分析方法は金融商品が違っても同じやり方をします。

このためエリオット波動は、さまざまな金融商品を分析できるTradingView(トレーディングビュー) と相性がよいと言えるでしょう。

チャートを表示してエリオット波動を探してみてください。

TradingView(トレーディングビュー) エリオット波動のインジケーター

TradingView(トレーディングビュー)にはエリオット波動をベースにしたインジケーターがあります。

なおエリオット波動は「理論」であって、インジケーターでも手法でもありません。

しかしTradingView(トレーディングビュー)のチャートでエリオット波動を確認するためには、専用のインジケーターを導入するのが一般的です。

TradingView(トレーディングビュー)はユーザーが自作したインジケーターを投稿できるしくみがあります。

そして投稿された一部のインジケーターをユーザーが自由に利用することもできます。

「エリオット波動」や「elliot」で検索して、それらの中から自分好みのインジケーターを探してみましょう。

なおユーザーが投稿したインジケーターの中には設計ミスなどにより使いづらいケースもあるため、公式的な指標しか使いたくないという方は、以下の指標がおすすめです。

  • Zigzag
  • フィボナッチ

Zigzagは、高値同士や安値同士を結んで、チャートにジグザグのラインを引くインジケーターです。

フィボナッチもエリオット波動と相性のよいインジケーターでしょう。

デフォルトのインジケーターでエリオット波動を使いたい方は、TradingView(トレーディングビュー)でZigzagかフィボナッチをご利用ください。

TradingView(トレーディングビュー) エリオット波動の有効性

TradingView(トレーディングビュー)では、たくさんの中から選んでエリオット波動のインジケーターを利用できます。

数多くあるということはそれだけ人気の理論ということになるでしょう。

その一方で、エリオット波動はインチキ、つかえない、こじつけて成り上がった理論などの声が聞かれています。

現実的に言えばエリオット波動の有効性については何とも言えないところでしょう。

エリオット波動はテクニカル系の理論ですが、その根拠は経験にもとづいたものにすぎません。

またエリオット波動の波をどこに見出すのかは、個々に異なります。

厳密な条件や状況が定まっていない状況下で適用したエリオット波動の有効性が疑われてしまうことはしかたがないのかもしれません。

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動はフラクタル構造

エリオット波動の有効性が疑われる理由としてもうひとつ、フラクタル構造であることもあげられます。

フラクタル構造とは、入れ後構造をさしています。

通常のエリオット波動は「推進5派、修正3派」です。

一方フラクタル構造によって「推進3波、修正3波」のパターンが含まれるケースもあります。

これでは理論のベースが一定していないことになります。

このような場合、どの時間軸でチャートを見るのかによって結果は大きく異なるでしょう。

ようするにどのようチャートであってもエリオット波動を描けてしまうというわけです。

しかしエリオット波動に限らず、インジケーターのすべてがそういう側面を持ち合わせていると感じています。

よって数多くのインジケーターや理論を適用できるTradingView(トレーディングビュー)ですが、どれも参考程度にとどめておくべきではないでしょうか。

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動を詳しく解説まとめ

TradingView(トレーディングビュー)のエリオット波動について解説しました。

エリオット波動とは、一定の波のサイクルを繰り返しながら変動していくことを前提に確立された、相場分析のための理論です。

「推進5波、修正3波」と3つの基本ルールを満たせば、市場の状況を予測できます。

TradingView(トレーディングビュー)でも人気のエリオット波動ですが、中には反対する声も少なくありません。

疑いながら利用する理論ではありませんが、興味がある方は試してみてはいかがでしょうか。