ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方を詳しく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

TradingView(トレーディングビュー)は、FX、株式、仮想通貨と汎用性が高いチャート分析ツールです。

なおフィボナッチはテクニカル指標のひとつとして実装されています。

しかしTradingView(トレーディングビュー)での設定方法や、指標の使い方がよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

ここではTradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方について詳しく解説していきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方を詳しく解説

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方 設定方法

TradingView(トレーディングビュー)は、デフォルトでフィボナッチのインジケーターを使えます。

フィボナッチの使い方は、チャート上部にある「インジケーター」のアイコンから、フィボナッチのインジケーターを選びましょう。

インジケーターのウインドウが起動したら「テクニカル」が選択できていることを確認したら「インジケーター」を選びます。

そしてニーズに応じたフィボナッチを選びます。

  • Auto Fib Extention(オート・フィボナッチ・エクステンション)
  • Auto Fib Retracement(オート・フィボナッチ・リトレースメント)

これでフィボナッチの設定方法は完了となります。 なお他にもあと設定方法としてふたつの使い方ができます。

まずはチャート上のローソク足上で右クリックしたら、「~にインジケーター/ストラテジーを追加」を選ぶこともできます。

またインジケーターの検索ウインドウにも、Auto Fib Extention(またはAuto Fib Retracement)を入力して検索することもできるでしょう。

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方 パラメーターの設定

TradingView(トレーディングビュー)のチャートにフィボナッチを設定しました。

つづいて設定したフィボナッチのパラメーターを設定する使い方をみていきましょう。

まずは以下のいずれかでパラメーター設定のウインドウを開きます。

  • チャート左上にあるインジケーター名をダブルクリック
  • 表示中のフィボナッチをダブルクリック
  • フィボナッチにマウスカーソルを合わせると表示される設定(⚙)アイコンをクリック

ウインドウを開いたら、「パラメーター」タブをクリックします。 偏差、深さ、Reverse、Extend Left・Extend Right、Show Prices、Show Levels、ラベルの位置、Background Transparency、レベルライン、ラベル、背景色の表示・非表示を設定します。 最後に「OK」をクリックしましょう。

こちらはフィボナッチ・リトレースメントでの使い方について解説しましたが、フィボナッチ・エクステンションも同様の手順でパラメーターの設定を行ってください。

TradingView(トレーディングビュー) フィボナッチの使い方の基本

フィボナッチとは、「フィボナッチ数列」をベースにチャートへラインが描画されるインジケーターをさしています。

TradingView(トレーディングビュー)では、「0.382、0.618、1.382、1.618」と4つのラインが使われています。

そしてこの4つの数値が、フィボナッチ数列によって求められた数値になっています。

フィボナッチ数列とは、隣り合う2つの数値の合計とその右隣の数値の比率がになっている数列です。

そして1対1.618が黄金比と言われていますが、これは自然界のさまざまな現象でもこの比率がもとになっています。

たとえばかたつむりのからの形やひまわりの種などが、フィボナッチの法則に基づいていると言われています。

そしてTradingView(トレーディングビュー)のチャートにも、フィボナッチが形成されるケースもあります。

オカルトみたいな考え方だと感じる方がいるかもしれませんが、実際投資のテクニカル指標として使われている方法になります。

フィボナッチはTradingView(トレーディングビュー)以外にも搭載されているインジケーターになります。

使い方の基本として覚えておきましょう。

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方 リトレースメント

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチ・リトレースメントの使い方をみていきましょう。

通常、フィボナッチ・リトレースメントを使う場合は、例えばAポイントとBポイントを自分で指定する使い方をします。

しかしTradingView(トレーディングビュー)では、自動的に選ばれたポイント間で0~100%の値が設定される、いわゆる「オート」タイプのインジケーターでしょう。

そこに「0.382」や「0.618」などのラインが描画されます。

リトレースメントとは、後戻りや戻しを意味する英単語です。

そしてフィボナッチ・リトレースメントは、AポイントからBポイントのどこで戻り始めるのかを示唆します。

一般的な使い方は、トレンドがどこまで継続するのかを予想することになります。

ただし実際に描画されたラインのどこで戻り始めるかの予想は、トレーダー自身が行うことになることにご注意ください。

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方 エクステンション

同じくフィボナッチ・エクステンションの使い方も、オートです。 エクステンションとは、延長や拡大を意味する言葉になります。

AポイントからBポイントへ上昇、BポイントからCポイントへ反転という流れから、どこまで反発するのかを示唆します。

リトレースメントと同じく使い方は、自動的に描画された「0.318~1.618」などのラインを参考に分析を行います。

なおリトレースメントは100未満の戻りを見るのに対し、エクステンションは100未満の拡張をみることが使い方の違いと言えるでしょう。

TradingView(トレーディングビュー)以外のプラットフォームでは、デフォルトでファン・アーク・タイムゾーンなどもあります。

もちろん使い方は微妙に異なりますので、その他のプラットフォームでフィボナッチを使うときは注意しましょう。

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方を詳しく解説まとめ

TradingView(トレーディングビュー)のフィボナッチの使い方を解説しました。

フィボナッチには、フィボナッチ・リトレースメントとフィボナッチ・エクステンションの2種類があります。

リトレースメントは戻りを見るのに対し、エクステンションは拡張をみることが使い方の違いになります。

TradingView(トレーディングビュー)でフィボナッチを設定すると、自動的に描画するオートタイプですのであとは分析を行うという使い方の流れになることを覚えておきましょう。