ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランを詳しく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

TradingView(トレーディングビュー)は極めて汎用性の高いチャートツールです。

そんなTradingView(トレーディングビュー)にはいくつかのプランが存在します。

そのため、契約する前におすすめプランを知っておきたいという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はTradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランについて詳しく解説していきます。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランを詳しく解説

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランはPro

まず前提としてTradingView(トレーディングビュー)は無料プランでもかなり高機能です。

そのうえでおすすめプランを挙げるならば最安値の有料プランであるProです。

有料プランであってもグレードが上がるほど高機能になるので、もちろん価格が許せばそのうえのプランのほうがさらにおすすめプランといえます。

しかし、同じ有料プランであれば基本的な機能にそこまでの違いはありません。

対して、TradingView(トレーディングビュー)の無料プランは機能そのものが開放されない部分も少なくありません。

TradingView(トレーディングビュー)の機能を存分に活用したい場合は最安値でもよいので有料プランの契約をおすすめします。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランの価格

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランはPro以上の有料プランです。

しかし、価格がネックになるという人も少なくないはずです。 TradingView(トレーディングビュー)のプランの定価は以下のとおりです。

・Basic(無料プラン)・・・無料

・Pro・・・月額10.50ドル

・Pro+・・・月額17.95ドル

・Premium・・・月額30.00ドル

おすすめプランのProは10.50ドル。

およそ1,500円くらいです。 サブスクリプションとしてはやや高額な部類に入りますが、コストパフォーマンスを考えれば決して割高ではありません。

投資のリターンである程度ペイできる目算のある人は有料プランのTradingView(トレーディングビュー)を使いましょう。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランのメリット

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランのメリットは基本的な機能が開放されることです。

違いは多数あるのですが、ここでは無料プランとおすすめプランであるProの大きな違いをいくつか紹介しておきます。

まず、無料プランのTradingView(トレーディングビュー)では定期的に広告が表示されますが、Pro以上の有料プランでは一切の広告が非表示になります。

そして、無料プランは複数チャートの同時表示ができません。

その点、おすすめプランであるPro以上は段階的に2つ、4つ、8つと同時表示可能なチャート数が増えていきます。

また、同様に無料プランと有料プランとでは同時に利用できるインジケーターやアラートの数が異なってきます。

無料プランのTradingView(トレーディングビュー)でもかなり高機能なのは事実です。

しかし、やはりそれでも痒いところに手が届かない部分があるのは否めません。

できるならばPro以上の有料プランの契約をおすすめします。

ちなみに、最上級プランのPremiumについては、秒足のチャートが使えるという特徴があります。

そういった意味では、多少値が張るものの、超短期売買メインの人に対してはPremiumが最もおすすめのプランです。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランのデメリット

価格をのぞけば、TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランに目立ったデメリットはありません。

機能が増えるぶん使い方が難しくなる、といったこともありません。

単純に選択肢が増えるだけです。

一応、TradingView(トレーディングビュー)全体のデメリットを挙げるならば、直接注文ができないことでしょうか。

無料プラン、有料プラン問わず、TradingView(トレーディングビュー)はあくまでもチャートツール。

取引所や証券会社ではないからです。

ただし、一部の証券会社・取引所については口座連携することでTradingView(トレーディングビュー)からの直接発注もできるようになります。

その場合は利用する業者ごとにオプション機能があるかもしれませんので、そちらのおすすめプランに従うとよいかもしれません。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランのお得な購入方法

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランのネックは安くはないサブスクリプション料です。

ただ、これは各種セールを利用すれば大幅に値引き可能です。

まず、TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランはすべて、年間契約すれば30%ほどの値引き価格になります。

また、ブラックフライデー、サイバーマンデーセールにかぎっては最大60%引きにまでなります。

重複したサブスクリプションが無駄になるということもなく、問題なくストック可能です。

価格がネックでおすすめプランの契約が難しいという人はそうしたお得なセールを狙ってみてはいかがでしょうか。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランは試用も可能

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランはすべてトライアルで利用できます。

一部の機能が制限されることもなく、通常の有料プランの使い心地を試せます。

ただし、有効期限は30日です。

ここで、アカウントを作り直せば事実用は半永久的におすすめプランを使い回せるのではと思われる人もいるかもしれません。

しかし、そうした行為はTradingView(トレーディングビュー)によって厳しく監視されており、バレれば永久凍結の憂き目に逢います。

試用版のTradingView(トレーディングビュー)はあくまでもトライアル。 その期間内におすすめプランへの乗り換えるかどうか判断しましょう。

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランを詳しく解説 まとめ

TradingView(トレーディングビュー)のおすすめプランはProです。

もちろん上位グレードのほうがよいですが、コストパフォーマンスを考えるとまずはProでも十分です。

TradingView(トレーディングビュー)は無料プランでもかなり高機能ではあるものの、一部の機能制限があります。

それらを開放して存分にTradingView(トレーディングビュー)の真価を発揮したい人はPro以上の有料プランを契約しましょう。

なお、超短期売買メインの人にかぎってはProではなく、秒足のチャートが使えることから最上位グレードのPremiumがおすすめプランです。