ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XLNTRADE(エクセレントトレード)の手数料を分かりやすく解説

【口座開設ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】is6comの詳細ページはこちらから

【5位】iFOREXの詳細ページはこちらから

レバレッジ最大400倍と日本国内のブローカーでは実現できないハイレバレッジトレードが利用できるXLNTRADE(エクセレントトレード)。

そんなXLNTRADE(エクセレントトレード)を利用してこれから取引をしてみたいと考えている人もいるでしょう。

しかし実際にトレードを行うのであれば、XLNTRADE(エクセレントトレード)を利用する際にかかってくる手数料については詳しく知っておきたいものですよね。

そこで今回は、XLNTRADE(エクセレントトレード)の手数料について分かりやすく解説していきます。

XLNTRADE(エクセレントトレード)の手数料を分かりやすく解説

XLNTRADE(エクセレントトレード)は、キプロス諸島を拠点とした海外のブローカーです。

最大400倍のレバレッジトレードができるようになっており、追証なしのゼロカットシステムという点でも国内のブローカーでは実現できないルールを多く採用しており国内ユーザーからも人気のある取引所の1つとなっています。

XLNTRADE(エクセレントトレード)は取引手数料無料にて利用可能

国内や海外ブローカーの中には、1回の注文でポジションを持つたびに取引手数料が発生するブローカーも珍しくはありません。

しかしXLNTRADE(エクセレントトレード)では、基本的にポジションを持つための取引手数料は無料で利用することができるようになっています。

そのため、XLNTRADE(エクセレントトレード)ではスキャルピングのような1日に何度も注文を出すようなトレード方法でも手数料がかかる心配はありません。

ただしXLNTRADE(エクセレントトレード)には取引手数料はありませんが、見えない手数料と言われるスプレッドの幅が存在します。

XLNTRADE(エクセレントトレード)の見えない手数料のスプレッドがある

XLNTRADE(エクセレントトレード)には取引手数料は存在しませんが、見えない手数料と呼ばれるスプレッドが存在します。

スプレッドとは、同じタイミングでの売値と買値の差額のことであり、このスプレッドの差が開いているほど利益を出すのが難しくなるのです。

例えば1ドル=売値100円・買値110円で買い注文をだし、1ドル=110円でポジションを保有した場合に10円価格が上がったので売ろうとしても売値は100円から10円アップの110円ということになります。

するとポジションを保有した時と同じ価格で売却することになるので利益は出ません。 そしてこの売値と買値に差が出れば出るほど、利益が出にくくなるでしょう。

またXLNTRADE(エクセレントトレード)では、取引を行うためのトレーディングプラットフォームにMT4とXLNTRADE(エクセレントトレード)の独自のシステムのいずれかが利用できるようになっています。

そしてこのどちらを利用するのかによっても、取り扱い通貨ペアによってスプレッドの幅が異なる場合があるのです。

現在米ドル/日本円のペアの場合には2pipsほどの差があり、一般的に表記されている他のブローカーのスプレッド差よりはやや差があるという印象です。

しかし他のブローカーの場合には、このスプレッド差が状況に応じて変動する場合も多く、公式ページなどに記載されているスプレッドよりも状況に応じてスプレッド幅が広くなっているということも多くなっています。

一方のXLNTRADE(エクセレントトレード)では、スプレッドの幅が固定されており状況に応じてスプレッドが開きすぎるという自体はほぼないと言えるでしょう。

スプレッドの幅が固定されているということは、あらかじめある程度の売買の予測が立てやすいため、利用方法によっては有利にトレードすることが可能です。

XLNTRADE(エクセレントトレード)の入出金手数料は基本的に無料

XLNTRADE(エクセレントトレード)では入出金の際にいくつかの方法が利用できるようになっていますが、どれを利用しても基本的には手数料が無料にて利用できるようになっています。

まずは入金に関してですが、XLNTRADE(エクセレントトレード)ではJCB、VISA、MasterCardなどのクレジットカードやbitwallet、そしてiwalletなどを利用することが可能です。

また通常の海外ブローカーの場合には、入金を行う際に海外送金手数料が発生してしまうというブローカーもあるでしょう。

しかしXLNTRADE(エクセレントトレード)ではeウォレットを経由すれば、国内送金同様の対応にて送金をしてもらうことも可能になっています。

ただしクレジットカードのJCBを利用するのであれば、1回の最大入金額は10万円までとなっていますので注意してください。

また出金に関しては、出金申請という手続きを行い無料にて出金を行うことが可能です。

出金を行う資金は、入金が行われた元の支払い口座に返されるという形になるのです。

また出金金額が元の入金額よりも大きい場合は、残高は銀行振込または電子マネーなどを経由してユーザーの銀行口座に送金されます。

XLNTRADE(エクセレントトレード)の手数料を分かりやすく解説まとめ

今回は、XLNTRADE(エクセレントトレード)の手数料についてわかりやすく解説してきました。

XLNTRADE(エクセレントトレード)は、取引手数料無料でトレードが可能な海外のブローカーです。

ただし取引手数料がない代わりに、見えない手数料と呼ばれるスプレッドが発生します。

XLNTRADE(エクセレントトレード)では基本的にスプレッド幅が固定されているので、スプレッドが想像以上に開きすぎて決済ができないということはほぼありません。

あらかじめスプレッド分を計算した上で注文がしやすいので、初心者の方でも取引しやすいブローカーであると言えるでしょう。

また入出金手数料に関しても無料で利用できるようになっており、XLNTRADE(エクセレントトレード)に手数料として支払うものはありません。

ただし利用するクレジットカードや金融機関によっては、別途手数料が発生する可能性もありますので注意してください。