ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの安全性をセキュリティーの面から考察

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

国内のFXトレーダーからも人気を得ている海外取引所と言えば、XMを思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。

XMでは、最大888倍のハイレバレッジ取引が可能な取引所であり、国内取引所よりも大きな利益を掴めるチャンスが高いと言えます。

しかし海外取引所を利用したことがない人は、XMを本当に安全に利用できるのかは気になるところですよね。

そこで今回は、XMの安全性をセキュリティーの面から考察してみました。

XMの安全性をセキュリティーの面から考察

海外のFX取引所は、日本国内の規制に影響されないような取引所も多く、ハイレバレッジ取引が利用できる点などが人気となっています。

しかし国内取引所しか利用したことがない人の中には「海外取引所=怪しい」と不安になってしまう人もいるようです。

日本国内の管理下にない海外のFX取引所の場合、資産がきちんと守られるのかや必ず出金できるのかという点は確かに気になるところですよね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMは日本語対応なので海外の取引所の中でも比較的日本人が利用しやすい

XMのような海外の取引所を利用する人が不安に思うことの1つに、表記される言語があります。

取引所自体が英語などの外国語のみの対応となっている場合、特に大きな金額での取引が不安になるためです。

翻訳機能などを利用して取引することも可能ですが、とっさの判断を求められた時に慣れない取引所でのトレードが外国語だと非常に使いにくくなってしまいます。

しかしXMは、サイト自体が日本語に対応しています。 そのため、非対応の海外の取引所よりも抵抗なく利用することができるでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMは日本の金融庁に未登録だが使っても大丈夫なのか?

またXMは、最大888倍のレバレッジ取引が可能なFX取引所です。

しかし日本の取引所の場合、金融庁の規制によってレバレッジは最大25倍までしか取引ができません。

つまりXMは日本の金融庁に登録されていない取引所です。

日本の金融庁に登録されていない取引所と言われると、「怪しい取引所」というイメージを持ってしまう人もいるでしょう。

しかし海外の取引所で日本の金融庁に登録していないということは、それほど大きな問題ではありません。

むしろXMの場合には、あえて日本の金融庁にライセンス登録を行なっていないとも言えます。

先ほども説明した通り、金融庁に規制された取引所でかけられるレバレッジは最大25倍です。

さらに2018年〜2019年には、レバレッジの最大値を10倍までに縮小規制するという予定もあります。

このような規制の管理下におかれてしまうと、XMの魅力の1つであるハイレバレッジトレードができなくなってしまうのです。

よって、今後もXMは日本の金融庁へのライセンス登録は行わないと思われます。

また日本国内のユーザーの中では、「金融庁に未登録の取引所を利用するのは違反行為では?」と考える人もいるでしょう。

しかし、たとえ日本国内のトレーダーであっても、金融庁に未登録の取引所を利用することで何か法的なものに違反してしまう心配はありません。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMで出金できなくなることはある?資産を預けておいても大丈夫?

海外の取引所に大事な資産を預けるのが心配という人もいるでしょう。

しかし、これは国内の取引所でも海外の取引所でも「絶対に大丈夫」といえる取引所はほぼありません。

取引所に資産を預けても大丈夫なのかやちゃんと出金ができるのかは、過去の実績を信頼度として自分で判断していく必要があるでしょう。

XMの場合には、取引所がオープンして10年以上の運用実績があり、その間に資産が突然消えてしまったり出金できなくなったというトラブルは今のところありません。

また全世界で150万以上の口座が開設されており、それでも大きなトラブルがないということは、国内取引所同様に信頼しても全く問題ないと判断できます。

またXMでは運転資金に関しては、定評ある優良金融機関に預託されています。

顧客の資金を利用して取引所を運用している訳ではないので、万が一XMが破綻した場合などでも顧客の資金がいきなり全て消えるという心配がありません。

万が一破綻などでXMに預けている資金が危険に晒されても、100万ドルまでは保証してもらえるシステムになっています。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMはハイレバレッジができるため国内取引所よりも危険?

XMは日本の金融庁にライセンス登録をしていない海外の取引所です。

よって、日本では規制されているレバレッジ25倍までを超えて最大888倍までのレバレッジ取引が可能になっています。

しかし、国内のようにレバレッジが規制されていないと、大負けした時に多額の借金を背負わされるのでは?と不安になる人もいるでしょう。

XMではハイレバレッジ取引が可能ですが、追証がなくゼロカットシステムが採用されているという利点もあります。

つまり一定の含み損が出ると、そこで自動的にロストカットとなるため必要以上の含み損が出ないようになっているのです。

またゼロカットシステムが導入されているため、自分の資金以上のマイナスが発生する事がありません。

そのため借金をするほどの含み損が発生するという心配なくトレードを行う事ができます。

XMの安全性をセキュリティーの面から考察まとめ

今回は、XMの安全性をセキュリティーの面から考察してきました。 XMは最大888倍のレバレッジ取引ができる海外のFX取引所です。

海外の取引所ではありますが、日本語にも対応しており国内ユーザーにも人気のある取引所になっています。

また10年以上の運用実績がある中で大きなトラブルもなく、安全に利用できる取引所だといえるでしょう。

さらにトレードに関しても、追証のないゼロカットシステムが採用されているので、ハイレバレッジをかけたトレードのリスクも抑えられるというメリットがあります。

ハイレバレッジ取引をしたいのであれば、XMはおすすめの取引所であるといえるでしょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから