ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめ

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

日本国内でも人気のFXトレードができる取引所の1つであるXM。

そんなXMを利用して、これからトレードを行ってみたいと考えている人も多いのではないでしょうか。

しかしいきなり自分の資金を利用してトレードを行う前に、使い心地を試してみたいという人もいますよね。

XMでは、デモ口座を利用して実際のトレード同様に架空の取引を行うことが可能です。

そこで今回は、XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説していきます。

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

最大888倍のレバレッジをかけて取引ができるFX取引所であるXM。

そんなXMでは、実際に自分の資金を利用してトレードを行う前にデモトレードを行うことも可能です。

デモトレードとは、事前にXM側から渡される架空の資金を利用して実際のトレードと同じように使用を試せるサービスのことを言います。

デモ口座を利用すれば実際に自分の資金を掛けるリスクがなく、注文方法や使い心地を試すことができるという利点があるのです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのデモ口座の開設方法

それではまずはXMのデモ口座を開設する方法からみていきましょう。

まずはXMの公式サイトをスクロールし、「XM Trading新規の方ですか?」という項目から「デモ口座開設」をクリックします

デモ口座開設のための手続き画面が表示されます。

デモ口座の登録は、英語のアルファベット文字のみを用いて全ての項目を入力していく必要があります。

漢字、ひらがな、カタカナ、数字などは入力せずに、必要項目を埋めていってください。

ただし、電話番号やパスワードなど必要な項目に関しては数字を利用することができます。 まずは個人情報の入力です。

氏名、居住国、都道府県、電話番号、Eメール、希望言語などを入力していってください。

次に取引口座の詳細です。

取引を行うプラットフォームタイプ、口座タイプ、口座の基本通過、レバレッジなど、実際のトレードと同じように選択することができます。

最後に大文字・小文字・数字の3種類を組み合わせた好きなパスワードを入力し「デモ口座開設」ボタンをクリックします。

デモ口座の開設が完了すると、以下のように「XMでのデモ口座開設、おめでとうございます。」というメッセージが表示されます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

登録したメールアドレスを確認するとXMから「Eメールをご確認下さい。」というメールが届くので、メール内の「登録プロセスを完了するにはこちらをクリックしてください」の「こちら」部分のリンクをクリックし、デモ口座の登録を完了させてください。

メールリンクをクリックし、「デモ口座開設おめでとうございます」というメッセージが表示されれば登録完了です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

トレーディングプラットフォームをダウンロードする

デモ口座の開設が完了したら、デモトレーディングを行うためのトレーディングプラットフォームをダウンロードしていきます。

「デモ口座開設おめでとうございます」というメッセージが表示された画面をスクロールしていくとデモトレードを行うための手順が記載されています。

その中の「ステップ2」に記載された「ここをクリックしてください」をクリックしていきましょう。

MT4とMT5のダウンロード画面が表示されます。

下にスクロールしていくと、デバイスやOSごとのダウンロード画面が表示されるので、自分のOSやデバイスに合ったものをダウンロードしてください。

MT4またはMT5をダウンロードしてログインすれば、デモトレードをスタートできます。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMのデモ口座の基本的な使い方

口座を開設して、デモトレーディングプラットフォームを開設したら、基本的な使い方をマスターしていきましょう。

XMではMT4またはMT5のトレーディングプラットフォームを利用していきます。

そのため、実際の取引同様にデモ取引を利用することが可能です。 ここではMT5を利用して、デモトレードの基本的な使い方を説明していきます

自分の取引したい通貨ペアのチャートを表示させる方法

自分の取引したい通貨ペアのチャートを表示させる方法ですが、チャート画面上部にある「ファイル」から「新規チャート」をクリックし、好みの通貨ペアを選択することで、選択した通貨ペアのチャートが表示されるようになっています。

時間足など、チャートの基本的な設定を変更する方法

チャート画面上のメニューの中にある「チャート」をクリックすると、表示させる時間足やチャートの形(ロウソク足・ラインチャートなど)の基本的なチャートの表示を変更させることが可能です。

デモトレードで注文を行う方法

デモトレードで新規注文を行い、為替の売買を行う方法です。 まずは、チャート上部にある新規注文アイコンをクリックします。

注文画面が表示されますが、基本的に利用できる注文方法は「成行注文」または「指値注文」です。

まずは取引銘柄を選択し「タイプ」の項目に成行注文の場合には「カウントダウン注文」、指値注文の場合には「指値注文」を選択してください。

それぞれ成行注文、指値注文それぞれの必要事項に入力し、最後に売り・または買いのボタンをクリックすれば完了です。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

デモトレードで板注文を行う方法

XMのデモトレードでは、通常のチャートから新規注文画面を開いて行う注文の他に、板を表示させて注文する方法もあります。

チャート画面の上部にある「チャート」から「板注文画面」をクリックすると、板注文の画面が表示されます。

そこから売りまたは買いの注文を出すこともできますよ。

注文画面がグレーになって注文が出せないようになっている場合は?

MT4またはMT5をダウンロードして、開いたのになぜか注文ボタンがグレーになっていてボタンが押せないという場合があります。

この場合、ログイン時のサーバーの選択が間違っている可能性があります。

必ずログイン時のサーバーは「XMTrading-Real 11 – Trading Point (Seychelles) Limited」であることを確認してください。

またIDやパスワードが間違っていてもMT4またはMT5自体は開けますが、注文を行うことができません。

IDまたはパスワードが間違っていても新規注文ボタンは押せませんので、再度確認し直してみてください。

サーバー・ID・パスワード共に間違いない場合には、デモ口座が凍結してしまっている可能性もあります。

デモ口座でも資金がゼロの状態で90日以上が経過すると、口座が凍結し利用できないようになっていますので注意してください。

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

今回は、XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説してきました。

XMでは、実際の自己資金を利用したトレードを行う前に、架空の資金を使ったデモトレードを使用することができます。

登録は実際のリアル口座の登録のように本人確認書類も不要ですので、すぐに登録してトレーディング体験を行うことが可能です。

ただしXMのデモトレードを行うには、MT4またはMT5というトレーディングプラットフォームを別でダウンロードする必要があるでしょう。

XMのデモトレードは、ほとんどリアルトレード同様に使い心地を試すことができます。

XMが気になっているけれど、自己資金を入れて試すのはちょっと...と考えている人であればまずはデモトレードを試してみるのも良いかもしれませんね。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから