ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのデモ口座の開設方法は、どのような手順で進めればいいの?

デモ口座の使い方を把握しておきたい。

XMでデモ口座を利用するメリットや、使い方における注意点にはどのようなことがあるのかを知りたい。

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

はじめてFXトレードをはじめる方や、海外取引所がはじめての方の中には、まずXMのデモ口座で使い方をマスターしたいとお考えの方もいるでしょう。

そこで疑問になるのが、XMのデモ口座の開設方法と使い方ですので、ふたつあわせて解説していきます。

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説

XMのデモ口座の開設方法は、たった3分程度の手続きで完了します。

デモ口座の使い方については、XMで最低限押さえておくべき操作方法や、メリット・注意点についてもみていきましょう。

XMのデモ口座の開設方法の手順

XMのデモ口座の開設方法の手順をみていきましょう。

公式サイトの「デモ口座開設」を選択し、フォームを記入していきます。 個人情報に、名前・居住国・都道府県・電話番号・Eメール・希望言語を、入力・選択しましょう。

氏名はアルファベット入力してください。

取引口座詳細は、取引プラットフォーム・口座タイプ・口座の基本通貨・レバレッジ・投資額を、選択・記入します。

リアル口座のトレードを想定した条件で、XMのデモ口座の開設を行うことをおすすめします。

最後に口座パスワードを小文字・大文字・数字の3種類の文字を含めた文字列で設定します。

「私は…」のチェックボックスをオンにして「デモ口座開設」ボタンをクリックしましょう。

XMからデモ口座のログイン情報が記載されたメール送られることで、デモ口座開設の完了です。

XMのデモ口座の使い方と基本操作

XMのデモ口座の使い方として最低限把握しておきたい、基本操作をみていきます。

XM デモ口座の使い方 MT4・MT5のダウンロード

XMのデモ口座でまずはMT4またはMT5のダウンロードとインストールを行う使い方をみていきます。

XMの「プラットフォーム」リンクから、MT4またはMT5をダウンロードし、流れに沿ってダウンロードからインストールを進めていきましょう。

MT4とMT5の使い方は、多少異なるものの、ほぼ同じ使い方をします。

取引プラットフォームの違いとしては、XMで自動売買のトレードを希望する方はMT4を、裁量トレードメインの方はMT5のほうが適しています。

ここからはXMのデモ口座の使い方を、MT4で解説します。

XM デモ口座の使い方 ログイン方法

XMのデモ口座へログインする使い方をみていきます。

まずはMT4を起動し、メニューの「ファイル」から「取引口座へログイン」をクリックし、ログインフォームへアクセスします。

XMのデモ口座の開設で発行したログインID・パスワード・サーバーをもとに、MT4のログインフォームへ記入して、取引口座のログインを完了してください。

XM デモ口座の使い方 チャートの表示

XMのデモ口座でチャートを表示する使い方をみていきましょう。

MT4のメニューから「ファイル」へ進み、「新規チャート」の通貨ペアをクリックします。

もし通貨ペアの選択肢に、チャートを表示したい通貨ペアが見つからなかった場合は、気配値表示エリアのどこでもよいので右クリックし、「すべて表示」を選択しましょう。

これでXMのデモ口座で、表示したいチャートの銘柄を選択できます。

デモ口座のチャートの見方を変更する使い方として、チャートの種類をローソク足に変更する・時間足を変更することができます。

さらにチャートにインジケーターやトレンドラインを描画する使い方で、XMのデモ口座でチャート分析する使い方もできるようになります。

XM デモ口座の使い方 注文方法

XMのデモ口座の新規注文する使い方は、まず注文フォームへアクセスするために「新規注文」アイコンを選択しましょう。

注文フォームの記入方法は、注文種別ごとに異なるため、使い方をみていきます。

デモ口座における成行注文の使い方は、通貨ペアと数量を記入して、「買い」「売り」ボタンで発注します。

指値注文の使い方は、通貨ペアと数量、価格を記入して、「発注」ボタンを選択しましょう。

成行注文は、現在のXMの市場価格で即座の約定をめざす一方、指値注文はあらかじめ注文した価格でXMの約定をめざすことができる注文方法です。

XM デモ口座の使い方 決済方法

XMのデモ口座の使い方として、決済方法をみていきましょう。

決済方法の使い方も成行注文と指値注文を利用できます。

成行注文の使い方は、デモ口座のターミナル「取引」タブから、決済したいポジションの右端「閉じる」アイコンをクリックします。

指値注文の使い方は、デモ口座の新規注文フォームの「決済逆指値」「決済指値」のいずれかを記入します。

操作方法は、決済したいポジションを右クリックして、「注文変更または取り消し」を選択して、損切りしたい場合は「決済逆指値」、利確したい場合は「決済指値」を記入して、ふたたび発注します。

XMのデモ口座の使い方におけるメリット

XMのデモ口座の使い方におけるメリットは、無料で利用できることです。

無料で利用できることから、XMの操作方法を覚えることに集中できることは大きなメリットでしょう。

XMのリアル口座と同じ相場と環境でトレードできることも、XMのデモ口座の使い方におけるメリットです。

MT4・MT5を利用し、連動する相場でトレードできるため、実際のXMの値動きだけでなく、実際に発注してみなければわからない損益の動きまで把握できます。

他社のデモ口座には有効期限がありますが、XMでは有効期限がないことも、使い方における大きなメリットと言えるでしょう。

XMのデモ口座の使い方の注意点

XMのデモ口座の使い方には注意点もあります。

デモ口座は、リアル口座とはサーバーが異なるため、急激なレート変動が起きた場合、約定力に差が生じます。

注文が殺到するリアル口座とデモ口座の、サーバーの約定力を比較すると、リアル口座のほうが約定力は劣る傾向にあり、スリッページの可能性もあるでしょう。

約定力に差がうまれてしまうことから、デモ口座よりもリアル口座の方が使い方のハードルが高いことは否めません。

XMのデモ口座の開設方法と使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのデモ口座の開設方法はたった3分で完了し、使い方はリアル口座と同じ相場と環境で無料のトレードができます。

デモ口座で使い方をマスターしておくことで、リアル口座の操作方法をスムーズに進めることができるでしょう。

XMのデモ口座を開設して、使い方をマスターしてからリアル口座へ移行することをおすすめします。