ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

しかし、いきなりそのような高いレバレッジだけでトレードでするのは不安という人も少なくないでしょう。

できればハイレバレッジと低レバレッジは状況に応じて使い分けたいものです。

そういった人はXMに複数口座(複数アカウント)を作って運用してみてはいかがでしょうか。

そこで今回はXMの複数口座(複数アカウント)について分かりやすく解説していきます。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

XMは複数口座(複数アカウント)の運用が可能

XMはひとりにつき最大8つまで複数口座(複数アカウント)を運用することができます。

追加口座の作り方は簡単です。

マイページから追加口座の開設を選択して、使いたい口座タイプなどを選ぶだけです。

すでにXMに本人確認書類を提出している場合、ふたたび書類を出す必要もありません。

通常、数分後にはあらたな口座が使えるようになります。

あとは取引プラットフォームであるMT4またはMT5に追加口座を設定すれば実際にトレードが始められます。

ちなみに、XMではひとつの取引プラットフォームに複数口座(複数アカウント)の設定が可能です。

その際は、上記のナビゲータウィンドウで口座を切替えて使っていくことになります。

XMで複数口座(複数アカウント)を使うメリット

XMで複数口座(複数アカウント)を使うメリットは、様々な口座タイプやレバレッジを利用できることにあります。

XMはアカウントごとに最大レバレッジが固定されています。 トレードごとにレバレッジを変更することはできません。

しかし、異なるレバレッジ設定の複数口座(複数アカウント)を使い分けることでいろいろな倍率のレバレッジを使ってトレードすることが可能になります。

また、スタンダード口座やゼロ口座など取引環境の違う口座タイプを併用できることも大きなメリットです。

もちろん、異なる口座タイプ間の資金移動も自由にできます。

ただし、ボーナス適用対象外のゼロ口座への資金移動には注意が必要です。

通常、XMでは資金移動の際には移動する金額に応じたボーナスクレジットもあわせて移行されます。

しかし、ゼロ口座への資金移動の場合、本来移動するはずであったボーナスクレジットは消滅してしまいます。

XMはその手厚いボーナスが大きな魅力の一つです。

複数口座(複数アカウント)の運用では、うかつな資金移動で無駄にボーナスクレジットを失ってしまわぬように注意しておきましょう。

XMで複数口座(複数アカウント)を使うデメリット

XMで複数口座(複数アカウント)を運用することに目立ったデメリットはありません。

しいて言えば、資金管理が煩雑になるくらいでしょうか。 XMは口座維持手数料こそかかりません。

しかし、休眠口座については月額5USDの維持手数料が発生してしまいます。

複数口座(複数アカウント)を運用することで放置している口座ができてしまうと、それだけで資産が目減りする事態にもなりかねません。

不要な口座は速やかに削除するようにしましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)のゼロカットの仕様

XMには、万が一にも口座残高がマイナスになった場合でもマイナス残高をゼロにリセットしてくれる「ゼロカット」というシステムがあります。

このゼロカットは口座単位で執行される仕様となっています。

そのため、複数口座(複数アカウント)を運用している場合でも、ひとつの口座のマイナス残高を他の口座の残高で穴埋めするようなことにはなりません。

XMは最大888倍のレバレッジもまた大きな特徴のひとつです。

ある口座ではゼロカットも恐れない積極的なハイレバレッジトレード、別の口座では堅実なトレード、といった使い分けをするのも良いでしょう。

いずれにしろ、XMでは複数口座(複数アカウント)を使えば色々なトレードスタイルを同時に試せます。

FXにはスキャルピングやデイトレード、スイングトレードなど様々なトレードスタイルがあります。

まだトレード方針が定まっていない方は、複数口座(複数アカウント)を使って様々なトレードにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

XMの複数口座(複数アカウント)は両建てに要注意

両建ては、同一銘柄について売り(ショート)と買い(ロング)のポジションを同時に持つ手法です。

XMは単一口座内での両建ては禁止していません。

しかし実は、複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては禁止です。

これは先ほど解説したゼロカットの仕様が理由です。

仮に、複数口座(複数アカウント)での両建てをしていたとします。

その状態で相場が急変した場合、片方の口座で大きな損失が出る一方で、もう片方の口座では同じ程度の利益が生じます。

しかし、ゼロカットにより片方の口座の損失は口座残高ゼロまでに限定されます。

対して利益が出ている口座のリターンに上限はありません。

これは明らかにリスクとリターンのバランスを欠いたトレードです。

言い換えれば、複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては損失だけをXMに押し付けるトレード手法なのです。

このような両建てをXMが不正行為として禁止するのも当然といえるでしょう。

また、XM以外のブローカーも併用した複数口座(複数アカウント)の両建ても同様の理由から禁止です。

ちなみに、XMに不正行為がバレると取引結果が取り消しになったり、最悪の場合は口座凍結されたりもします。

また、複数口座(複数アカウント)の両建ては意図的であるかどうかにかかわらず禁止行為に該当します。

EAを使って自動売買をしている人は、意図せず複数口座(複数アカウント)の両建てになっていないか注意しましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)の確定申告時の取り扱い

XMで複数口座(複数アカウント)を運用している場合、確定申告時には損益を合算して税金を計算する必要があります。

XMに複数口座(複数アカウント)の取引履歴を一括で取得する機能はありません。

少しばかり面倒ですが、ひとつずつ年間の損益を計算して、最終的にすべてを合算して申告しましょう。

なお、XMの利益を確定申告しないのはれっきとした脱税行為です。

悪質な場合は重加算税など、本来支払う必要のなかった税金まで収める羽目になります。

面倒でも必ず確定申告はしておきましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説 まとめ

XMでは誰でも最大8つまで複数口座(複数アカウント)の運用が可能です。

それぞれ、自由にレバレッジや口座タイプを選択できます。

また、ゼロカットは口座単位で執行されるため、複数口座(複数アカウント)間で損益が通算されるようなこともありません。

ただし、このゼロカットの仕様により、XMでは複数口座(複数アカウント)をまたいだ両建ては禁止となっています。

そのような禁止行為が発覚すると取引結果のキャンセルや口座凍結といったペナルティを受けることになってしまいます。

そして、そういった禁止行為に該当するかどうかはシンプルに外形的に判断されます。

XMで複数口座(複数アカウント)を運用するときはうっかり禁止行為とならぬよう注意しておきましょう。