ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの複数口座(複数アカウント)を開設してトレードすることはできるの?

もし開設できるのであれば、XMの複数口座(複数アカウント)の開設や運用に関するルールを知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 XMは3つの口座タイプを採用しており、スタンダード口座では最大1000倍でレバレッジ取引できる海外FX業者です。

さまざまな条件でトレードしたいとお考えの方に向けて、XMの複数口座(複数アカウント)について解説していきましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

XMの複数口座(複数アカウント)は最大8口座を開設・運用できる

XMの複数口座(複数アカウント)は、デフォルトの口座と追加口座を開設して最大8口座を運用できます。

複数口座(複数アカウント)の開設方法は、XMのマイページから追加口座の開設を選んで口座タイプを選択すれば完了です。

XMからMT4とMT5のログイン情報が記載されたメールが届くので開封します。

そしてログインID・パスワード・サーバー情報を入力して、取引プラットフォームへログインしましょう。

公式サイト上の手続きだけで、XMの複数口座(複数アカウント)を開設できます。

すでにXMで本人確認を済ませている方は、複数口座(複数アカウント)の開設時に書類を提出する必要はありません。

MT4とMT5で取引口座を切り替える方法は、ナビゲーターからログインしたい口座を右クリックして「取引口座へログイン」してください。

不要になった複数口座(複数アカウント)の解約方法も、XMのマイページ上の手続きだけで完了させることができます。

XMの複数口座(複数アカウント)のボーナスの受取に関するルール

XMの複数口座(複数アカウント)のボーナスの受取にはルールがあります。

口座開設ボーナスは、スタンダード口座・マイクロ口座・ゼロ口座が対象です。

さらにXMではじめて開設した1口座のみが対象となります。

追加口座で開設した複数口座については、口座開設ボーナスを受け取ることはできません。

入金ボーナスは、スタンダード口座とマイクロ口座が対象で、最大50万円まで受け取ることができます。

ただし複数口座を開設したからと言って、各口座で入金ボーナスを受け取れるわけではありません。

1ユーザーあたりのトータルが最大50万円になります。

XMPポイントも、スタンダード口座とマイクロ口座が対象です。

ただしキャッシュバックサイトを経由して開設した口座は、XMの全ボーナスが対象外になります。

XMのボーナスの受取を意識して複数口座を開設する場合は、ボーナス付与の条件を確認したうえでご利用ください。

なおXMの複数アカウントの登録については、違反行為にあたります。

ボーナスの受取ができないだけでなく、口座凍結のおそれがあるため絶対にやめましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)におけるゼロカットの執行条件

XMの複数口座(複数アカウント)におけるゼロカットの執行条件は、1口座の残高がマイナスになることです。

ゼロカットは口座単位で執行されるため、マイナスになった残高のみゼロまでリセットします。

XMで複数口座(複数アカウント)を運用する場合、マイナスになった口座残高を他の口座の残高と相殺して補てんすることはできません。

複数口座(複数アカウント)の残高は、独立しているためロスカットされやすいことはデメリットです。

一方、他の口座の損益に影響を与えないことは、メリットと言えるでしょう。

XMの複数口座(複数アカウント)による両建ては禁止

XMのゼロカットは、複数口座(複数アカウント)の両建てと大きく関係しています。

複数口座(複数アカウント)による両建てをXMは禁止しています。

一方認められている両建ては、同一口座内の両建てのみです。

複数口座(複数アカウント)をまたいで両建てを行うと、1つの口座は利益になり、もう一方は損失になります。

損失の口座はゼロカットが執行されるため、もう一方の口座では利益を受け取ることができます。

複数口座(複数アカウント)の両建ては、XMが損をしてトレーダーが得をすることが明確でしょう。

はじめからトレード結果がわかっているため、ゼロカットの悪用と判断されます。

ゼロカットの悪用は不正トレードとして、出金拒否や口座凍結のペナルティの対象になります。

たとえ悪意がなかったとしてもXMの複数口座(複数アカウント)の両建ては違反行為になるため絶対にやめましょう。

なおXMの複数口座(複数アカウント)の両建てに限らず、他社口座の両建てもゼロカットの悪用と見なされます。

XMの複数口座(複数アカウント)を運用するメリット

XMの複数口座(複数アカウント)を運用するメリットをみていきます。

以下のようにトレード条件や手法にあわせて複数口座を運用できますし、さらに各口座でのトレード結果を比較・検証できます。

  • 口座タイプやレバレッジを変えて口座を開設できる
  • スキャルピングとスイングトレードなどの手法ごとに口座を運用できる
  • 自動売買(EA)と裁量トレードで口座を運用できる

複数口座(複数アカウント)は口座間の資金移動もできるため、資金の保管用ウオレットとしても活用できます。

XMでは口座間の資金移動を行うと、資金と同じ割合のボーナスも移動します。

ただしゼロ口座へ資金移動を行うとボーナス対象外のため、ボーナスが消滅します。

複数口座の運用に関する注意点として覚えておきましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)の運用と解約に関する注意点

XMの複数口座(複数アカウント)の運用に関する注意点は口座維持手数料の相殺です。

口座残高がある状態で90日間にわたり入金やトレードをしていない口座は、XMでは1ヶ月あたり5ドルの口座維持手数料が発生します。

資金がムダになってしまうので、複数口座のうち利用していない口座から出金または資金移動を行いましょう。

一方XMの複数口座(複数アカウント)の解約に関する注意点として、口座残高があるものに対しては解約できません。

外部への着金が確認できていない場合や、ポジション保有中の口座についても解約の手続きは出来ないと考えておきましょう。

これらの全手続きを完了してから、さらに24時間経過すればようやく口座の解約手続きができます。

XMの退会方法については、複数口座の解約を全て済ませたうえで、最後に残った1口座を解約すれば完了します。

XMの複数口座(複数アカウント)はデモ口座でも開設・運用できる

XMのデモ口座は、複数口座(複数アカウント)は最大5口座まで開設できます。

ただし同時に運用できるのが5口座までで、複数口座の再開設については回数制限はないため、デモ口座は使いやすいでしょう。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

XMの複数口座(複数アカウント)は追加口座を開設して最大8口座を運用できます。

複数口座(複数アカウント)ではボーナスの受取ルール、ゼロカットの執行条件、

両建てに関する禁止行為をよく理解したうえで開設・運用を行いましょう。