ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】おすすめ1位のFX業者(LINE公式で確認)

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは複数口座(複数アカウント)を開設できるの?

もし複数口座(複数アカウント)を開設できるのなら最大いくつまで運用可能なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは充実したボーナス制度と最大880倍でレバレッジ取引できることから、日本人ユーザーに大人気の海外FX取引所です。

複数口座(複数アカウント)の運用するときに、XMのボーナスの付与条件・ゼロカットの執行方法・両建てでの制限を意識する方も多いはずです。

ここではXMの複数口座(複数アカウント)について解説しましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説

XMは複数口座(複数アカウント)を開設して、運用できます。

ただし複数口座(複数アカウント)の扱い方にはルールや条件がありますので、詳しくみていきます。

XMの複数口座(複数アカウント)は最大8口座を開設・運用できる

XMの複数口座(複数アカウント)は初期口座と追加口座の開設で、最大8口座を運用できます。

複数口座(複数アカウント)の開設方法は、XMのマイページから追加口座の開設を選択し、今後利用したい口座タイプを選択するだけです。

XMからMT4やMT5の取引口座のログイン情報が記載されたメールが送信されますので、取引プラットフォームへログインしましょう。 公式サイトだけの手続きだけで、即座にXMの複数口座(複数アカウント)の開設を完了できます。

すでに本人確認の手続きを完了している方は、複数口座(複数アカウント)の開設に書類を再提出する必要もありません。

MT4・MT5の取引口座の切替方法は、ナビゲーターの「口座」を右クリックして「取引口座へログイン」を選択してください。

XMの複数口座(複数アカウント)のボーナス付与におけるルール

XMの複数口座(複数アカウント)のボーナスの付与にはルールがあります。

まず口座開設ボーナスの付与は、XMのスタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座が対象で、初回開設の1口座までです。

複数口座(複数アカウント)を開設しても、口座ごとにボーナスは付与されません。

初回に開設した口座がZERO口座だった場合も、口座開設ボーナス対象外となります。

入金ボーナスは、XMのスタンダード口座とマイクロ口座が対象、最大50万円まで複数口座(複数アカウント)に付与されます。

ただし複数口座(複数アカウント)を開設したからと言って、ボーナスの金額は増えることはなく、上限50万円までです。

またキャッシュバックサイトを経由して開設した口座については、XMの全ボーナス対象外口座となります。

XMのボーナス狙いで口座開設や複数口座(複数アカウント)の開設を検討されている方は、ボーナス付与におけるルールをご確認の上ご利用ください。

XMの複数口座(複数アカウント)におけるゼロカットの執行方法

XMの複数口座(複数アカウント)のゼロカットは、口座単位で執行されます。

ゼロカットによって、マイナスになった口座残高を0までリセットできます。

XMで複数口座(複数アカウント)を運用する場合、マイナスになった口座残高を、他の口座の残高と相殺して補てんすることはできません。

複数口座(複数アカウント)の損益は、口座ごとに独立しているため、ロスカットされやすいことはデメリットですが、他の口座の損益に影響を与えないことは大きなメリットと言えます。

XMの複数口座(複数アカウント)の両建ては禁止されている

XMのゼロカットは、複数口座(複数アカウント)の両建てと大きくかかわります。

まずXMは複数口座(複数アカウント)による両建ては禁止されており、ひとつの口座内で同じ通貨ペアのロングとショートを保有する両建てのみ認められています。

複数口座(複数アカウント)の両建てをした場合、片方の口座では損失が発生し、もう片方の口座では確実に利益が発生します。

XMのゼロカットは口座単位で執行されるため、両建てをした場合、損失の口座はゼロカットで0までリセットされ、もう一方の口座では確実に利益を獲得できてしまいます。

複数口座(複数アカウント)の両建ては、確実に投資家が得をし、XMが損をしてしまうトレード方法ですので、XMのゼロカットの悪用として判断されてしまいます。

ゼロカットの悪用はXMの不正トレードであるため、口座凍結や出金拒否などペナルティの対象となります。

たとえ悪意がなかったとしても、複数口座(複数アカウント)の両建てはXMの利用規約違反に抵触するため、絶対にやめましょう。

もちろん外部の口座と、XMの口座をまたぐ両建ても、ゼロカットの悪用とみなされるため、ペナルティ対象になります。

XMの複数口座(複数アカウント)を運用するメリット

XMの複数口座(複数アカウント)を運用するメリットは、トレード条件で口座を使い分けることができることや、口座ごとのトレード結果を比較検証できることです。

たとえば自動売買(EA)と裁量トレード、スキャルピング・スイングトレードなどトレード手法や、異なるレバレッジや口座タイプの取引口座など、さまざまなトレード環境の口座を運用できます。

複数口座(複数アカウント)は、資金移動も自由にできることも、メリットとしてあげられ、入金額の割合に比例したボーナスも移動します。

ただしZERO口座へ資金移動を行うと、ボーナスが消滅してしまうため、複数口座(複数アカウント)を運用する際にはご注意ください。 

XMの複数口座(複数アカウント)を運用するデメリット

一方、XMの複数口座(複数アカウント)を運用するデメリットは、特にありません。

ただ90日間、入金やトレードしていない休眠口座については、口座維持手数料として毎月5ドルが口座残高から相殺されていきます。

XMの複数口座(複数アカウント)で利用しない口座については、削除することをおすすめします。

XMの複数口座(複数アカウント)を分かりやすく解説まとめ

XMの複数口座(複数アカウント)は最大8口座を運用できます。

複数口座(複数アカウント)の口座開設ボーナスはすべての口座タイプが対象である一方、ひとつにつき1回限りです。

一方、入金ボーナスはスタンダード口座とマイクロ口座に限り、ZERO口座は対象外として、XMの全複数口座(複数アカウント)で最大50万円まで獲得できます。

複数口座(複数アカウント)による両建ては、同一口座外の両建てをするとペナルティ対象になりますので、絶対にやめましょう。

XMの複数口座(複数アカウント)はさまざまな環境の口座でトレードできるため、上手に活用して利益をめざしてください。