ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのゴールド(金)を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】iFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMはゴールド(金)のトレードができるの?

もしゴールド(金)の取引を扱っているのであれば、XMでの取引時間やトレード条件や、FXトレードとの違いについて知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。 XMは充実したボーナス制度や最大888倍のレバレッジ取引で人気の高い海外FX業者です。

ゴールド(金)は人気のトレード商品ですが、XMは通貨ペアを取引するFXトレードの他、ゴールド(金)でも取引できますので、こちらで詳しく解説していきましょう。

XMのゴールド(金)を分かりやすく解説

XMのゴールド(金)とは?

XMのゴールド(金)はCFD取引のひとつとして、FXトレードとは異なる取引商品として分類されています。

ゴールド(金)は資産価値が経済状況に左右されにくいという特徴があるため、安定した人気を維持しています。

XMのゴールド(金)の値動きは、数あるトレード商品の中でも1日当たりの値動きが大きいことが特徴です。

基本的にFXトレードはたった1日で0.0数ドル(数円)の動きしかない一方、ゴールド(金)は数十ドル(数千円)も動く可能性があります。

ゴールド(金)の特徴はボラリティが高いためスキャルピングなどの短期トレードに向くと言われています。

一方、XMのゴールド(金)は限月がないため、スイングトレードなどの長期トレードにも適していることが大きな特徴と言えるでしょう。

XMのゴールド(金)のシンボル

XMのゴールド(金)のシンボルは口座タイプで異なりますが、シンボルのすべてに「GOLD」と表記されています。

  • スタンダード口座:GOLD
  • マイクロ口座:GOLDmicro
  • ZERO口座:GOLD.

一般的にゴールド(金)のシンボルは「XAU/USD」と表記されますが、XMは初心者でもわかりやすい表記と言えるでしょう。

XMはFXトレードと同じく、すべての口座タイプでゴールド(金)の取引ができます。

シンボル問わずXMのゴールド(金)は、すべて米ドル建ての取引になります。

XMのゴールド(金)の取引時間

XMのゴールド(金)の取引時間を日本時間で表記すると、以下の通りです。

  • 月曜日~金曜日:08:05~翌06:55
  • 金曜日08:05~翌06:50

XMでは基本的に平日の朝から夕方がゴールド(金)の取引時間になりますが、金曜日はクローズ時間が5分だけ早まることに注意しましょう。

上の取引時間は冬時間での表記になりますが、XMは夏時間が適用されるため、サマータイム期間中はゴールド(金)の取引時間は1時間早まります。

FXトレードは基本的に月曜日から土曜日の早朝まで、毎日数十分のロールオーバータイム以外はトレードできますが、ゴールド(金)の取引時間は毎日1時間ほど取引時間外になるためご注意ください。

XMのゴールド(金)の1ロットあたりの価格と取引単位

XMのゴールド(金)の、1ロットあたりの価格は、以下の通り口座タイプで異なります。

  • スタンダード口座:1Lot=100oz
  • マイクロ口座:1Lot=1oz
  • ZERO口座:1Lot=100oz

FXトレードと同じく、スタンダード口座とゼロ口座は1ロットあたり100オンスと同じで、マイクロ口座のみ1/100になります。

ゴールド(金)の取引単位は、ロットではなく「oz(オンス)」で表現します。

XMのゴールド(金)のレバレッジ

XMのゴールド(金)のレバレッジも、FXトレードと同じ最大倍率となり、各口座タイプで異なります。

  • スタンダード口座:最大888倍
  • マイクロ口座:最大888倍
  • ZERO口座:最大500倍

一般的にFX業者は、ゴールド(金)の最大レバレッジはFXトレードよりも低く、XMのCFD取引もFXトレードよりも低いレバレッジになります。

一方XMのゴールド(金)は、FXトレードと同じレバレッジで取引できるため、証拠金を抑えてトレードできることはメリットでしょう。

XMのゴールド(金)の必要証拠金の計算方法

XMのゴールド(金)における必要証拠金の計算方法は「ロット数×コントラクトサイズ×市場価格÷レバレッジ」です。

ここでは1オンス=1500ドルのとき、XMのスタンダード口座でゴールドを0.01ロット買うことを想定して、必要証拠金の計算方法をみていきましょう。

0.01×100×1500÷888=1.689ドル、すなわちXMのゴールド(金)の必要証拠金は168.9円になります。

XMのゴールド(金)の最小取引単位は0.01ロット(1オンス)、最大取引単位は50ロット(5000オンス)とFXトレードと同じです。

XMのゴールド(金)のスプレッド

XMのゴールド(金)のスプレッドは、以下の通りです。

  • スタンダード口座:3.5 pips
  • マイクロ口座:3.5 pips
  • ZERO口座:3.0 pips(取引手数料込み)

FXトレードと同じく、ゴールド(金)のスプレッドも口座タイプで異なり、スタンダード口座とマイクロ口座は広く、ゼロ口座は往復10ドルの取引手数料が上乗せされます。

ゼロ口座がもっともスプレッドを抑えてゴールド(金)をトレードできます。

ゴールド(金)の1pipsあたりの価格は0.1ドル(10円)ですので、FXトレードと異なると考えておきましょう。

XMのゴールド(金)のスワップポイント

XMのゴールド(金)のスワップポイントは、すべての口座タイプで同じです。

  • スタンダード口座:買い-8.7  / 売り3.63
  • マイクロ口座:買い-8.7  / 売り3.63
  • ZERO口座:買い-8.7 / 売り3.63

米ドル建てでゴールド(金)取引を行うXMは、金利政策の影響を受けるため、スワップポイントの負担にも注意する必要があります。

2022年現在の、XMのゴールド(金)のスワップポイントは、ロングはマイナスですが、ショートはプラスですので、売り注文で金利差益をめざすことができます。

XMのゴールド(金)は限月がないため、スイングトレードをする方はスワップポイントの発生を意識しましょう。

XMのゴールド(金)を分かりやすく解説まとめ

XMのゴールド(金)は、数あるCFD商品の中でも人気が高いトレード商品です。

ゴールド(金)はボラリティが高いうえ、XMは最大888倍でトレードできるため、短期間でハイリターンをめざせることからスキャルピングユーザーに人気です。

また限月がなく長期保有できることからXMのゴールド(金)はスイングトレードとしても人気が高いと言えるでしょう。

一方、ハイリスクなため、XMのゴールド(金)取引ではじゅうぶんな口座残高を準備してトレードしてください。