ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの始め方を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍までのレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジや手厚いボーナスを魅力に感じてこれからXMを始めてみたいという人も多いのではないでしょうか。

しかし、XMは海外のFXブローカーであることから始め方が難しいのではと不安な方もいることでしょう。

そこで今回はXMの始め方を分かりやすく解説していきます。

XMの始め方を分かりやすく解説

XMの始め方の手順

XMの始め方の手順は以下のとおりです。

1.新規口座を開設する

2.本人確認書類を提出する

3.取引プラットフォームを準備する

4.XMの口座へ入金する

本人確認に関してはXM側での承認には少し時間がかかる場合もあります。

ただ、それをのぞけば10分もあれば手続きは完了します。

では、ひとつずつ具体的なやり方をみていきましょう。

XMの始め方:口座開設方法

XMは海外のFXブローカーですが、それゆえに始め方が面倒といったことはありません。

新規口座開設はXMの公式サイト上からすべてオンラインで完結します。

書類を買いたり郵送したりする必要もありません。

まずはXMの公式サイトから「リアル口座開設」へ進み、口座開設フォームを表示させましょう。

XMには手厚いボーナス制度がありますが、口座開設窓口の違いによって適用されないといったこともありません。

どこからでも良いので口座開設フォームへと進みましょう。

その後、個人情報の入力や使いたい口座タイプの選択をしていきます。

すべて英数字で入力する必要があります。

ここで入力する内容は、あとでXMへ提出する本人確認書類と一致していなければなりません。

誤入力のないように注意しましょう。

ここでどの口座タイプを選べば良いのか迷う人もいるかもしれません。

手数料無料のスタンダード口座とボーナス対象外の代わりにスプレッドの狭いゼロ口座。

たしかにどちらも魅力的で選びかねるのも分かります。

しかし、XMではひとつのアカウントにつき最大8つまで口座が作れます。

初めにどの口座タイプを選んでもあとから簡単に異なる口座タイプを追加で開設できます。

ここではあまり悩まずに口座タイプを決めてしまっても問題ありません。

つづけて、個人情報の詳細を入力していきます。

(項目の詳細が多いので画像は省略します) ここで必要となる情報は以下のとおりです。

・生年月日

・住所

・電話番号

・メールアドレス

・投資家情報

「投資家情報」では投資経験の有無や長さ、また、資産や収入の状況、雇用形態などの入力が求められます。

ただ、これは単なるアンケートのようなものなので、基本的にこの内容で審査落ちするといったことはありません。

よほどのことがないかぎり正直に答えて問題ないでしょう。

以上のフォームを埋めて送信すると、ほどなくしてXMから確認のメールが届きます。

そして、確認が完了すると、あらためてXMから口座番号などの記載されたメールが届きます。

以上で、XMへの新規口座開設は完了です。

自分専用のマイページにログインして口座管理などができるようになります。

XMの始め方:本人確認書類の提出

XMへ新規口座を開設すれば実際のトレードを始める準備は完了です。

しかし、口座から出金したりボーナスをもらったりするには本人確認書類の提出が必要になります。

本人確認書類のアップロードは「ようこそ」右側のアカウント名をクリックして表示される「書類をアップロードする」からおこないます。

XMへの本人確認で必要となる書類は以下のとおりです。

・身分証明書・・・パスポートや運転免許証

・現住所証明書類・・・公共料金の請求書や銀行の利用明細

公共料金の明細はオンラインで受け取っているため紙では用意できないという人もいるかもしれません。

しかし、その場合でも通常は各社のウェブサイトから請求書類のPDFをダウンロードできるはずです。

そちらを利用すると簡単なのでおすすめです。

以上をXMへ提出すると通常は1営業日程度で審査が完了します。

これでXMの口座から外部へ出金したり手厚いボーナスを受けったりできるようになります。

ただ、これだけではまだXMの始め方の説明としては片手落ちです。

つづけて、プラットフォームの設定方法と入金方法を解説していきます。

XMの始め方:取引プラットフォームの設定方法

XMへ口座を作っただけではトレードは始められません。

実際のトレードはXMの採用する取引プラットフォームであるMT4またはMT5を使っておこなうこととなります。

MT4(MT5)はXMの公式サイトから無料で入手できます。

また、スマホでトレードする場合はApp StoreまたはGoogle Play StoreからMT4(MT5)のアプリがダウンロードできます。

アプリ版もまた無料です。

いずれにせよ、プラットフォームを準備したら、あらためてそこからXMの取引サーバーに接続する必要があります。

「ファイル」→「取引口座にログイン」と進みます。 すると、口座番号とパスワードの入力を求められます。

ここで入力する「ログイン(ID)」はXMへ口座を作った際にメールで受け取ってある口座番号です。 パスワードは自分で自由に決めたものです。

「OK」をクリックするとMT4(MT5)からXMの取引サーバーへログインします。 以降、実際にXMの口座を使ってトレードが始められるようになります。

XMの始め方:入金方法

XMではボーナスクレジットだけを使ったトレードも可能です。

しかし基本的には、いずれは口座へ証拠金を入金することとなるはずです。

口座への入金・出金は取引プラットフォーム上からはできません。

XMのマイページへログインして手続きしましょう。

XMで利用できる入金方法は上記のとおりです。

銀行での振込入金も利用可能ですが、あまりおすすめではありません。

手続きが面倒なうえに入金手数料も時間もかかるからです。

一方、クレジットカード入金やbitwallet(ビットウォレット)などのeWalletを使った入金は即時反映で手数料もかかりません。

基本的にはそちらを使うことをおすすめします。

特に、bitwallet(ビットウォレット)は入金だけではなく出金の際にも便利です。

また、XM以外のブローカーでも対応しているところが少なくありません。

まだ使っていない方は、XMを始めるにあたってあわせてbitwallet(ビットウォレット)の口座も作っておくと良いでしょう。

XMの始め方を分かりやすく解説 まとめ

XMの始め方は、新規口座開設→本人確認→取引プラットフォームの準備→入金の4ステップです。

どれもそれほど面倒なことはなく、順調に手続きがすすめば半日もかからずトレードが始められます。

また、XMでは口座維持手数料などは基本的にかかりません。

メインのブローカーを決めかねている方も、とりあえずXMに口座を作って使い勝手を確認してみるのも良いのではないでしょうか。