ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの本人確認と二段階認証の方法をわかりやすく解説

XMは、ビットコインFXだけでなく為替や原油、株式指数などのトレードも可能なオールインワン取引所です。

レバレッジは最大888倍なので、少ない資金でトレードが可能。

XMは、セーシェルに本拠地を置く海外取引所ですが、公式ホームページや取引ツールは、すべて日本語対応しているので使いやすく、多くの日本人トレーダーが愛用しています。

XMの本人確認と二段階認証の方法をわかりやすく解説

  今回の記事では、XMの機能をすべて使いこなすために必要な、本人確認の方法と、安全を確保するために必要不可欠な二段階認証の方法をわかりやすく解説したいと思います。

XMの本人確認の方法

まずは、XMの本人確認の方法をスクリーンショット付きでわかりやすく解説します。 XMで口座を開設したら、つぎは本人確認手続きを行いましょう。

XMの本人確認手続きに必要な書類はこちらです。

  • 顔写真付き身分証明書

XMで認められている顔写真付き身分証明書は、有効期限内のパスポート、住民基本台帳カード、運転免許証、マインナンバーカードのカラーコピーです。

健康保険証が有効と書かれているサイトがありますが、健康保険証を送付しても顔写真付き身分証明書として認められないので上記書類を用意してください。

運転免許証やパスポートがない場合は、住民基本台帳カードかマイナンバーカードを申請するとよいでしょう。

  • 住所確認書類

XMの住所確認書類とは、公共料金の請求書(電気、ガス、水道、電話、インターネット、ケーブルテレビなど)か、住民票、運転免許証、健康保険証(住所が印字されているもの)です。

公共料金の請求書は発行から6ヶ月以内のもの、と定められているので新しいものを用意しましょう。

公共料金の請求書がペーパーレスで用意できない場合は、住民票か運転免許証、健康保険証を用意してください。

書類が用意できたら、スマートフォンで写真を撮影するか、スキャナで取り込みましょう。

XMの本人確認に、対応しているフォーマットはGIF、JPG、PNG、PDFです。 iPhone、androidスマートフォン、パソコンのスクリーンショットなど一般的な方法で取り込んだ画像であれば、ほぼ対応していまので、好きな方法を選びましょう。

用意できた書類は、XM公式サイトからアップロードします。

XMの公式サイトトップページで「メニュー」を選択してして、「書類をアップロードする」をクリックしてください。

次の、「ご本人確認書類」画面で、用意した本人確認書類をアップロードしましょう。

書類を添付して「書類をアップロードする」をクリックしたら、XMの本人確認手続きは完了です。

XMで本人確認書類が必要な理由

XMで本人確認書類が必要な理由は2つあります。 1つは、トレードをスタートするため、もう1つは規制の問題です。

XMでは、本人確認書類の手続きを完了させなければ、取引も出金もできません。

本人確認書類を提出すれば、口座開設ボーナスの3000円を無条件で受け取ることができるので、元手0円でXMのトレードをスタートしたい方は必ず本人確認書類をアップロードしましょう。

デモ口座で練習するよりも、本人確認書類をアップロードして、口座開設ボーナスを受け取り、リアルなお金でトレードした方が練習になりますし、利益が出れば丸儲けです。

XMの口座開設に本人確認書類のアップロードが必要なもう1つの理由は、XMの所在地であるセーシェルの法律です。

各種取引所は、セーシェルの当局FSAによって顧客に必ず身分証明書と現住所が確認できる書類の提出を義務付けられているのです。

XMで間違えた書類をアップロードしたらどうなるのか

XMで、本人確認書類を間違っても大丈夫。 日本語で親切なメールが届きます。

間違えて、本人確認書類に健康保険証をアップロードしてしまったのですが、以下の親切なメールが届きました。

間違えて違う書類をアップロードしても、必要な書類を指示してもらえるので安心して本人確認書類をアップロードしましょう。

XMの二段階認証のやり方

次は、XMで二段階認証を設定する方法を開設します。 XMで二段階認証を設定するためには、トップページにメニューを洗濯して、「口座」タブ内の「二段階認証」をクリックします。

 

XMの二段階認証は以下の2種類が用意されています。

  • セキュリティ質問
  • OTP認証

セキュリティ質問とは、他の取引所やインターネットサービスでよく使われている「秘密の質問」です。

OTP認証とは、国内取引所で使われているアプリを利用した二段階認証です。 では、それぞれの方法について解説します。

XMの二段階認証「セキュリティ質問」の設定方法

XMの二段階認証のセキュリティ質問は、以下の5つから選択できます。

  • 子供の頃に好きだった本は?
  • 母親の旧姓は?
  • 初めて飼ったペットの名前は?
  • 出身高校の名前は?
  • 好きな映画のタイトルは?

好きな質問を選んだら、質問の答えと現在の口座のパスワードを入力して、「有効にする」ボタンをクリックします。

XMの二段階認証「OTP認証」の設定方法

XMの二段階認証「OTP認証」を設定するために必要なのは、androidスマートフォンかiPhoneです。

まずは、スマートフォン内にGoogle Authenicatorなどの二段階認証アプリをダウンロードします。

すでにダウンロード済みの場合は次のステップに進んでください。 次に、二段階認証アプリを開いて、XMの二段階認証のためのQRコードを読み込んでください。

すると、アプリの画面に「XM Trading」という項目が追加されていますので、表示されている6桁の数字を入力します。

以上で、XMの二段階認証に必要な手続きは完了です。

XMで二段階認証が必要な理由

二段階認証の手続きを完了させなくても、XMの全ての機能が使えますので、二段階認証は不要と思われがちですが、二段階認証はセキュリティを強化するためにも必ず行ったほうがよいです。

なぜならば、あなたのパスワードが流出したり、突き止められたりしたらあなたの資産は他人の口座に送金されてしまうかもしれないからです。

日本円は、XMアカウントと同一の口座でなければ送金できないので、盗まれる心配はありませんが、ビットコインはウォレットの名義を確認する方法がないので、他人の口座に送金することも不可能ではありません。

だから、あなたの資産を守るためにも必ず二段階認証を設定しておきましょう。

XMの本人確認と二段階認証の方法をわかりやすく解説まとめ

XMでは、口座開設ボーナスを受け取るため、トレードをスタートするため、そして出金するためには本人確認書類のアップロードが必須です。

運転免許証、パスポート、住民基本台帳カードかマイナンバーカードを用意して必ずアップロードしましょう。

住所確認書類も必要になるので、公共料金の請求書や健康保険証などもアップロードしてください。

二段階認証は、トレードのために必須ではありませんが、資産を守るために必ず設定しておきましょう。