ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの法人口座を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使える海外のFXブローカーです。

その高いレバレッジを活用すれば個人でも大きな利益を狙うことが可能です。

ただ、継続的に利益を出していると気になるのが税金です。

そのような方はXMに法人口座を作って節税できれば、とお考えになるのではないでしょうか。

しかし、そもそもXMに法人口座は開設できるのでしょうか。

また、具体的にはどのようなメリットがあるのでしょうか。

そこで今回はXMの法人口座について分かりやすく解説していきます。

XMの法人口座を分かりやすく解説

XMに法人口座は開設できない

結論からいうと、XMに法人口座は開設できません。

以前はXMにも法人口座の開設窓口が存在していたのですが、現在は受付を停止してしまいました。

法人口座の取り扱いがないことは公式サイトにも明言されています。

しかし、XMを法人口座として運用する方法がないわけではありません。

ただ、その方法は不確実性も高く、あまり強くおすすめできるものとはいえないところです。

その点についてはのちほど詳しく解説していきます。

XMで法人口座が使えた場合のメリット

仮にXMを法人口座として運用できた場合のメリットを紹介しておきます。

なお、これらはXMにかぎった話しではなく、どのブローカーで法人口座を使った場合でも同じく享受できるメリットです。

XMで法人口座が使えた場合のメリット①:損益の通算ができる

法人口座を作るということは、当然になんらかの事業をおこなう法人を立ち上げている必要があります。

そして、法人がおこなう事業はひとつとはかぎりません。

その複数の事業間で生じた損益を通算できることが法人口座を運用するメリットのひとつです。

たとえば、XMで莫大な利益が出ていたとしても、他の事業で赤字が出ていれば全体の利益は圧縮されます。

もちろん、その逆にXMの赤字を別の事業の利益の圧縮に使うことも可能です。

いずれにしろ、結果として法人全体の利益にかかる税金を安くおさえることができるというわけです。

XMで法人口座が使えた場合のメリット②:損失の繰越控除ができる

損失の繰越控除とは、当年度に出してしまった損失を翌年度以降の利益から相殺できる制度です。

個人口座の場合、XMで出してしまった損失にはほとんど利用価値はありません。

損失はただの損失です。

しかし、法人口座として運用している場合には、損失の繰越控除を利用することで損失そのものが翌年度以降の節税につながるのです。

なお、損失の繰越控除は国内ブローカーを使っている場合、個人口座でも利用可能です。

ただ、残念ながら海外のFXブローカーであるXMは制度の対象外です。

XMで法人口座が使えた場合のメリット③:低い税率が適用できる

XMで出した利益には税金がかかります。

これは個人口座、法人口座いずれであっても同じです。

しかし、個人口座と法人口座とでは適用される税率が異なります。

個人口座の場合、XMで出した利益には「5%~45%」の所得税がかかります。

対して、法人口座の場合、適用される税金は所得税ではなく法人税です。

そして、法人税の実効税率は最大でも30%程度です。 最大税率で比較するとおよそ10%~15%もの違いがあります。 個人口座とくらべてかなりの節税効果があることは言うまでもないでしょう。 以上のように、XMに法人口座が作れた場合、主に税制上の点で様々な恩恵に預かることができるようになります。 毎年、それなりの利益を出している人にとっては、法人口座の運用は十分に検討してみる価値があるといえるでしょう。

XMを法人口座として運用する方法

XMには法人口座開設の窓口がありません。

とはいえ、個人口座を法人口座として運用することも不可能ではありません。

XMの口座と個人の資産を明確に切り分けて運用すれば法人口座として認められることがあります。

たとえば、XMへの入出金には必ず別の法人を経由するといった方法が考えられます。

このようにしておけば、XMと個人の資産の関係は明確に分断できます。

しかし、実際にそのような運用方法をしていれば必ず法人口座として認められるわけではありません。

このあたりは最寄りの税務署の見解によって方針がまったく異なるからです。

そういった運用をするつもりであれば、専門家に意見をあおいだうえで、さらに税務署にあらかじめ相談しておくことを強くおすすめします。

ただ正直なところ、そこまでしてXMの個人口座を法人口座として運用する必要があるのかには疑問が残ります。

どうしても法人口座を運用したいのであれば、XM以外のブローカーの利用を検討してみても良いのではないでしょうか。

XMを法人口座として運用する際の注意点

XMの個人口座を法人口座として運用する際、個人の資産と法人の資産を明確に切り分ける必要があるのは先に解説したとおりです。

しかし、法人口座運用の注意点はそれだけではありません。

根本的に、XMを法人口座として運用することに本当にメリットがあるのかどうかの検証が必要です。

たとえば、年間の利益の額が十分ではない場合、法人口座に節税効果はありません。

ある程度の年間利益までは、実は個人口座のほうが適用税率が低くなっています。

実際にどの程度の利益を法人化の目安とするかは法人の状況によって異なりますが、売上1,000万円程度が一般的な目安といわれています。

売上=収入ではありませんが、XMのトレードに基本的に大きな費用はかからないので、売上=利益と考えておいて問題はないでしょう。

また、法人口座を運用する場合には個人口座にはないコストが発生することも要注意です。

法人化するとなると、法人登記をはじめてとして税務会計など諸々の手続きを外部に委託することも増えてきます。

そういったランニングコストを考えずに法人化してしまうと、思わぬ出費に頭を悩ますことにもなりかねません。

XMのトレードで毎年それなりの利益が確保できるという見通しが立たないかぎりは、あせって法人口座を作る必要はないでしょう。

単にいろいろな出費を経費算定して節税したいのであれば、法人化ではなく個人事業主として青色申告するという手もあります。

本当にXMを法人口座として使う必要があるのかどうかは慎重に判断しましょう。

XMの法人口座を分かりやすく解説 まとめ

現在、XMは法人口座の新規開設を受け付けていません。

過去にXMでも法人口座の開設はできましたが、再開の見込みは不透明です。

個人口座を法人口座として運用する方法もないではありません。

しかし、税務署によって対応が異なる、運用が面倒といった不確実性とデメリットがあります。

ただ、法人口座の運用に税制上の大きなメリットがあることは事実です。

どうしても法人口座を使いたい人はXM以外のブローカーを使うことも検討してみてはいかがでしょうか。