ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのiPhoneの使い方を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのiPhoneの使い方はどのようにすればいいの?

iPhoneでのXMの使い方を知りたい。

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは豪華なボーナスや最大レバレッジ888倍でトレードができる大人気の海外FXブローカーです。

スマホの中でも圧倒的人気を誇るiPhoneによる、XMの使い方を知りたい方は多いのではないでしょうか。

XMのiPhoneの使い方を分かりやすく解説

iPhoneによるXMの使い方ですが、どのアプリを選んだらよいのか迷ってしまう方も多いはずです。

XMでは、以下のアプリをiPhoneで使うことができます。

ただしXMの使い方は、アプリごとに異なります。

  • MT4アプリ:トレードのみ
  • MT5アプリ:トレードのみ
  • 公式XMアプリ:口座管理・トレードともに可能【ただしトレードに限りMT5口座のみ対応】

ごらんの通り、MT4アプリとMT5アプリの使い方は、XMのトレードのみです。

一方公式XMアプリは、トレードだけでなく口座管理も可能です。

厳密に言うと、iPhoneで公式XMアプリを使う場合、MT4口座ではトレードできません。

MT4口座の場合、公式XMアプリのトレード画面へログインしようとしても「MT4はサポート対象外」とポップアップ表示されてしまい、できませんので心得ておきましょう。

iPhoneによるトレードを公式XMアプリでできるのは、MT5口座だけです。

ただ口座管理については、MT4・MT5口座のいずれも、公式XMアプリで可能です。

公式XMアプリは資金管理アプリとしてはもちろん、MT5口座のトレードアプリとしての使い方ができるのが魅力でしょう。

XMのiPhoneの使い方【アプリの特徴や違い】

iPhoneによるXMアプリの使い方は、MT4・MT5か、それとも公式XMアプリであるのかにより違います。

MT4とMT5のふたつは機能やスペックには多少違いがあるものの、バージョン違いの同じプラットフォームであるためiPhoneでの使い方はほぼ変わりません。

公式XMアプリと、MT4・MT5の使い方も、iPhoneやアンドロイド上で動作することを想定して作られているため似ていています。

チャートの種類・時間足・ワンタッチ注文・ポジションの損益状況などは、使い方や種類数がほぼ同であるため、iPhoneでもスムーズに利用できるでしょう。

ではMT4・MT5と公式XMアプリにはどのような特徴や違いがあるのか、ふたつのiPhone上での使い方や異なるポイントをみていきましょう。

MT4アプリ・MT5アプリの特徴とXMアプリの特徴や違い

MT4とMT5アプリは、XMをはじめ他社でも公式採用されているトレード専用アプリで、iPhoneでも使えます。

ただし口座管理や資金管理には対応していないため、トレードと口座管理を別々のアプリでしなければいけないのがデメリットです。

MT4とMT5は特にトレードのスピード感を求める方におすすめのiPhoneアプリです。

  • 入金・出金:×
  • 資金移動:×
  • 追加口座の開設:×
  • インディケーターの設定:〇
  • オブジェクトの設定:〇
  • 他業者への対応:〇

MT4は自動売買システム向き、MT5はMT4の後継版として動作スピード向上や豊富な時間足などの機能が装備されていることなどが、ふたつの主な違いでしょう。

公式XMアプリとMT4・MT5アプリの特徴や違い

公式XMアプリはトレードはもちろん、資金の入金・出金・資金振替をはじめ、追加口座の開設までiPhoneひとつで完結できます。

ただしXMでMT4口座しか保有していないユーザーは、公式XMアプリでトレードできませんのでご注意ください。

  • 入金・出金:〇
  • 資金移動:〇
  • 追加口座の開設:〇
  • インディケーターの設定:横画面のみ対応
  • オブジェクトの設定:横画面のみ対応
  • 他業者への対応:×

上級者ユーザーは、公式XMアプリのトレードスピードに不満をいだく方も少なくありません。

しかし初心者ユーザーやそれほどスピードに縛られない使い方をしたいiPhoneユーザーとって、トレードと口座管理を一括利用できる公式XMアプリは非常に便利です。

XMのiPhoneの使い方【アプリをダウンロード・インストール】

公式XMアプリ・MT4アプリ・MT5アプリのいずれのダウンロード方法やインストール方法は、その他のスマホアプリと同じです。

iPhoneのアプリストア「APP Store」へアクセス⇒いずれのアプリを検索し「入手」ボタンからダウンロード・インストールを進めましょう。

XMのiPhoneの使い方【ログイン】

引き続き、iPhoneによる公式XMアプリのログインの使い方をみていきます。

1.iPhoneからXMアプリを起動し「ログインする」を選択

2.口座管理画面またはトレード画面へのいずれかを選択

「会員ページ(口座管理ページ)」「MT5で取引」のいずれかを選択しましょう。

こちらでXMの口座管理画面へアクセスするか、トレード画面へアクセスするのかを選択し、ログインします。

XMのiPhoneの使い方【会員ページ(口座管理ページ)】

iPhoneでXMの口座管理ページへログインすると、パソコン上のページ同様の資金管理ページが表示され、パソコンサイトと同じ操作で利用できます。

「資金を入金する」「資金の入金」「追加口座を開設する」「資金振替」ボタンをタップすることで、操作可能です。

「レバレッジの変更」も、レバレッジを変更したい口座をタップ⇒「レバレッジ」をタップで「レバレッジ変更」画面が表示され、流れに沿って操作することで完了します。

使い方は簡単で、その他にも変更操作をしたい要素があれば、iPhone上のXMアプリの各項目をタップするだけで進められます。

XMのiPhoneの使い方【MT5で取引】

iPhoneでXMの使い方も、MT4・MT5と非常に似ています。

XMチャートの表示方法は「気配値」ページの各銘柄をタップで表示されます。

iPhone上を横向きにしチャートを横向きにすると「時間足」「チャートの種類」「インジケーター」「オブジェクト」のアイコンが表示されます。

XMアプリの注文方法は、画面右下の「緑のプラス」アイコンをタップ⇒「新規成行注文」「新規予約注文(指値注文)」のいずれをタップ⇒注文フォームを記入し「」ボタンをタップで完了します。

トレードアプリの画面からXMの会員ページへ移動する場合は「詳細」⇒「会員ページ」からアクセスする、という使い方をしましょう。

XMのiPhoneの使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのiPhoneの使い方を解説しました。

MT4・MT5・公式XMアプリと3種類のXMアプリをiPhoneでは使用できます。

口座管理は公式XMアプリで、トレードはMT4・MT5のいずれかでという使い方をする方が非常に多いです。

ただふたつのアプリを使うのも面倒だという方も少なくありません。

そのような方は口座管理もトレードもXMアプリで行う、という使い方もおすすめです。

自分が使いやすい方法でXMをiPhoneで利用しましょう。