ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの公式サイトの登録方法と手順を分かりやすく解説

【口座開設・入金ボーナスがある&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】iFORXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍までのレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカーです。

その取引環境に魅力を感じて他社から乗り換えたいという人も少なくないようです。

しかし、海外のFXブローカーであることから、「公式サイトの日本語が読みにくいのでは」「登録方法や手順が複雑なのでは」と心配な方もいるかもしれません。

そこで今回はXMの公式サイトの登録方法と手順について分かりやすく解説していきます。

XMの公式サイトの登録方法と手順を分かりやすく解説

XMの公式サイトの登録方法と手順①:口座開設フォームの入力

まず前提として、XMの公式サイトの日本語表記に不自然なところはまったくありません。

また、XMはその充実した日本語サポートにも定評があります。

公式サイトからの登録方法において言語の面で困ることはないでしょう。

XMの公式サイトではリアル口座とデモ口座のそれぞれが登録できます。

どちらの口座を開設するのかによって登録方法や手順が若干異なってきます。

そこで、まずはリアル口座について解説していきます。

具体的な登録方法の手順は以下のとおりです。

1.口座開設フォームを入力して送信する

2.メールアドレスの確認

3.マイページから本人確認書類をXMへ提出する

少しばかり分かりにくいポイントもあるものの、スムーズにいけば10分とかからないでしょう。

まずは口座開設フォームを表示させます。

XMの公式サイトには口座開設フォームへの入り口が複数ありますが、そのどれを選んでも同じフォームが表示されます。

ボーナスをもらうためには特定の入り口を選ぶ必要がある、といったことはないので心配不要です。  

はじめに基本的な個人情報とXMで使いたい口座タイプを選んでいきます。

XMには「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ゼロ口座(XMTrading Zero口座)」の3種類の口座タイプがあります。

ここでどれを選ぶべきか迷う人もいるかもしれません。

その場合、とりあえずスタンダード口座を選んでおけば良いでしょう。

XMは一度登録してしまえば、あとから自由に異なる口座タイプの追加も可能だからです。

ちなみに、ゼロ口座は非常にスプレッドが狭い口座タイプですが、代わりにボーナスの適用対象外です。

ボーナスメインでの運用を考えている人はゼロ口座は選ばないように注意しましょう。 つづいて、個人情報の詳細を入力していきます。

ここで入力する内容はのちほどXMへ提出する本人確認書類と一致している必要があります。 丁寧に入力していきましょう。

また、住所はすべてアルファベット表記で入力しなければなりません。

どのように表記すれば良いか分からない人は「JuDress」などの外部サイトを活用しましょう。

XMのサポートデスクが推奨してくれたサイトなので間違いはないはずです。

最後に、取引口座の詳細と投資家情報を入力していきます。

ここで何倍のレバレッジに設定すべきか悩む人も少なくないでしょう。

しかし、この段階ではあまり深く悩まずとも大丈夫です。

XMは単一口座のレバレッジ変更は容易にはできませんが、やはり追加口座を作ることで異なるレバレッジを使うことができるからです。

投資家情報はアンケートのようなものです。

この内容をもとに口座開設が拒まれるようなことはありませんので正直に答えていきましょう。

以上で、口座開設フォームの入力は完了です。

このようにXMの登録方法はすべて公式サイト上で完結します。

紙に何かを手書きして郵送する必要もありません。

ここまでの手順は慣れている人ならばものの数分で終わることでしょう。

XMの公式サイトの登録方法と手順②:メールアドレスの確認

XMの公式サイトから口座開設フォームを送信すると、ほどなくしてメールアドレス確認用のメールが届きます。

上記の「こちら」または「Eメールアドレスをご確認ください」をクリックすると口座開設が完了し、自動的にXMの公式サイトが開かれます。

また、あわせて開設した口座のIDがふたたびメールで送られてきます。

この情報はXMのマイページへのログインと取引プラットフォームの設定の双方で必要になります。

あとから公式サイトのマイページから確認することもできますが、そもそもマイページへのログインにIDが必要になります。

基本的には、紛失・失念しないようにどこかへ控えておくことをおすすめします。

XMの公式サイトの登録方法と手順③:本人確認

XMはその手厚いボーナスが大きな魅力のひとつです。

このボーナスをもらうためにはXMへ本人確認書類を提出する必要があります。

ボーナスなしでトレードを始めるのであればこの手順は省略することも可能です。

ただし、いずれにせよXMからはじめて出金するまでには本人確認は済ませておかなければなりません。

そもそも出金できないのではデモトレードと同じようなものです。

本人確認は早めに済ませておくに越したことはないでしょう。

XMに提出する本人確認書類は以下のとおりです。

・身分証明書・・・パスポートや運転免許証など

・現住所証明書・・・公共料金の請求書や銀行の利用明細など

これらの画像データを公式サイトのマイページからアップロードします。

原本のコピーを郵送したりする必要はありません。

また、国内ブローカーのように認証完了のハガキを待つ必要もありません。

通常は1営業日程度でXMから認証完了の通知が来ます。

以上がXMの登録方法の手順のすべてです。

これ以降は、ボーナスの利用も口座の入出金も自由にできるようになります。

XMの公式サイトの登録方法と手順:デモ口座

XMにはリアル口座のほか、デモトレード専用のデモ口座もあります。

デモ口座の登録方法はリアル口座とくらべて少し簡単になっています。

デモ口座の場合、公式サイトからフォームを入力して送信するまでは同じですが、その後の本人確認の手順は不要です。

この手順が省略されることで誰でも簡単に素早くデモトレードを試すことができます。

なお、XMはデモ口座とリアル口座で使用する取引プラットフォームはまったく同じです。

そのため、デモ口座はリアル口座の登録前に操作感などを確かめておくのに非常に便利です。

また、デモ口座はEAの利用もできるため、EAの利用をお考えの人にとってのテスト環境としても大変有用です。

XMの公式サイトの登録方法と手順を分かりやすく解説 まとめ

XMの公式サイトの登録方法・手順は「フォームの入力・送信」「メールアドレスの確認」「本人確認」の3ステップです。

ボーナスが不要なのであれば本人確認の手順をスキップすることも可能です。

ただし、XMはボーナスの受け取りや出金のためには必ず本人確認が必要になります。

遅かれ早かれ必要になるので、本人確認は早めに済ませておくことをおすすめします。

また、XMにはデモ口座もありますが、デモ口座では本人確認の手順は不要です。

とりあえずXMを使ってみたいといった方は、まずデモ口座を登録してみてはいかがでしょうか。