ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの口座タイプの違いやおすすめを分かりやすく解説

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

・レバレッジは最大500倍・追証なしのゼロカットを採用

・スプレッドが狭くスキャルピングをしたい方やガッツリトレードしたい方におすすめ

・ボーナスが無い分スプレッドの幅の狭さや手数料の安さに反映されているので実際のトレードで稼ぎたい方におすすめ

・通常の方はスタンダード口座、スキャルピングメインで取引の回数が多い方はスプレッドの狭いブレード口座がおすすめです

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

【☆一番おすすめのFX業者-スプレッドが狭くスキャルピングや両建ても出来る「TITAN FX」】

>>TITAN FXの登録がまだの方はこちらから

>>TITAN FXの使い方を詳しく知りたい方はこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

これからXMでトレードをしてみたいという人の中には、口座タイプをどれにするかで迷っている人もいるのではないでしょうか。

XMでは3つの口座タイプが用意されており、口座によってかけられるレバレッジなどの取引のルールが異なってきます。

しかし、どうせ取引をするのであれば、一番お得に利用できる口座でトレードを行いたいものですよね。

そこで今回は、XMの口座タイプの違いやおすすめについて分かりやすく解説していきます。

XMの口座タイプの違いやおすすめを分かりやすく解説

XMで口座を開設しようとした場合には、3つのタイプの口座から1つを選んで開設する必要があります。

そのため、それぞれの口座の特徴をしっかりとチェックして自分に合ったものを選ぶ必要があるのです。 XMの口座タイプは、以下の3つがあります。

  • マイクロ口座
  • スタンダード口座
  • ゼロ口座

それでは次項より、それぞれの特徴を見ていきましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの口座タイプ① マイクロ口座

まず1つめの口座タイプが、マイクロ口座です。

マイクロ口座は名前の通りミニマルな取引ができる口座であるという特徴があり、取引量が少ない人であれば利用をおすすめできる口座です。

基本的にはスタンダード口座と同じスペックになりますが、1lotあたりの単位が大きく異なります。

スタンダード口座とゼロ口座の1lotが100000通貨であるのに対しマイクロ口座の1lotは1000通貨となっているのです。

どちらも表記は同じ1lotですが通貨数が大きく異なることなどが、取引量が少ない人にもおすすめできる口座である理由になっています。

またマイクロ口座はワンショットあたりのポジションが取れる数量が10万通貨までです。

一方のスタンダード口座の場合はワンショットあたりのポジションが取れる数量が500万通貨までとなっています。

さらに最低取引量に関しても、マイクロ口座では10通貨からポジションが持てますが、スタンダード口座の場合には1000通貨からしかポジションを持つことができません。

このように取引数量が小さめに設定されているのがマイクロ口座のおもな特徴です。

その他はレバレッジなどに関しては、スタンダード口座と同じ条件で取引を行うことができ、XM取引のメリットの1つであるボーナスを受け取ることもできるようになっています。

FX初心者が一番最初に口座を作るのであれば、マイクロ口座で肩慣らしをするのもおすすめです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの口座タイプ② スタンダード口座

マイクロ口座での取引に慣れてきて、大きな取引量でトレードをしたいという人におすすめなのがスタンダード口座です。

スタンダード口座は、マイクロ口座よりも大きな取引量でトレードできるというのが特徴になっています。

1lotあたりの数量は最小1000通貨から最大500万通貨までのポジションが取れるようになっているのも特徴です。

また最大レバレッジは888倍までかけることができ、XMの特徴であるボーナスもしっかり付与されます。

ただし、スタンダード口座とマイクロ口座はスプレッドが通貨ペアによって2pipsほど開いているものもあり、海外のFX取引所にしてはスプレッドが広めになっています。

そのためスキャルピングなどの超短期取引には不向きな口座となっており、スプレッドを気にする人であれば後から紹介するゼロ口座や他の取引所の口座開設の方がおすすめです。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの口座タイプ③ ゼロ口座

マイクロ口座やスタンダード口座とは、全く別物となるのがXMのゼロ口座です。

ゼロ口座の最大の特徴となるのが、スタンダード口座やマイクロ口座にあるスプレッドが極狭となっているという部分でしょう。

全主要通貨の最低スプレッドは1pipsとなっているのに対し、ゼロ口座は最低スプレッドが0pipsとなっています。

例えば米ドル/日本円の通貨ペアであれば、ゼロ口座の場合のスプレッドは0.1pipsほどです。

一方のマイクロ口座やスタンダード口座は2pipsほどの開きがあるため、圧倒的にゼロ口座の方がスプレッドが狭いことがわかります。

ただしゼロ口座は、マイクロ口座やスタンダード口座にはない手数料がかかるというデメリットもあります。

ゼロ口座の取引手数料は、1lot(100000)あたりの往復取引で1.0pips(1000円相当)が発生する条件になっています。

それでも米ドル/日本円では、手数料とスプレッドを含めても1.1pipsほどしかかからないので、スタンダード口座やマイクロ口座よりも実際にかかる費用が少ないといえるでしょう。

ただし、ゼロ口座の場合にはXMで取引をする際のメリットとなるボーナスの受け取りができなかったり、レバレッジが最大500倍までしかかけられないなどの制限もあります。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから

XMの口座タイプは取引スタイルによって決めるのがおすすめ

このようにXMの3つの口座タイプは、それぞれに異なる特徴を持っています。

どの口座タイプを利用するべきかは、自分の取引スタイルや好みなどによっても変わってくるでしょう。

  • 少ない手持ちでFXをはじめてみたい初心者トレーダー...マイクロ口座がおすすめ
  • トレード中級以上でXMのボーナスを受け取れたり、ハイレバレッジのトレードがしたい人...スタンダード口座がおすすめ
  • 国内取引所利用者などでスプレッドの広さが気になっている人、スキャルピングなどの超短期トレードをしたい人....ゼロ口座がおすすめ

XMの口座タイプの違いやおすすめを分かりやすく解説まとめ

今回はXMの口座タイプの違いやおすすめを分かりやすく解説してきました。

XMには全部で3つのタイプの口座があり、それぞれに特徴があります。

まずは全ての口座の特徴をしっかりリサーチして、より自分のトレードスタイルに合った口座選びができるようにしていきましょう。

>>TITAN FXの口座開設がまだの方はこちらから