ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのレバレッジ取引はどのようにはじめらたらいいの?

レバレッジ取引の倍率の初期設定方法・変更方法、レバレッジ取引の注文方法のやり方がわからない。

XMの取引手数料とスプレッド、メリットには、どのようなことがあるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは、充実したボーナス制度をはじめ、約定力が高く、追証なし・ゼロカット制度を採用のもと、最大888倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

では具体的に、XMのレバレッジ取引について詳しく解説していきます。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

XMのレバレッジ取引は、最大888倍でトレードできるため、ハイリスク・ハイリターントレードが可能です。

レバレッジ取引の使い方は、まずXMで初期設定からスタートしたうえで注文を行います。

XMはレバレッジ取引の倍率の途中変更も可能ですので、すでにご利用をスタートしている方は確認方法からはじめましょう。

レバレッジ取引では、トレードコストの把握は必要ですので、こちらでみていくとともに、レバレッジ取引のメリットについても押さえておきましょう。

XMのレバレッジ取引の倍率の初期設定と確認方法

XMのレバレッジ取引の最大倍率は888倍ですが、低い倍率に変更することもできます。

レバレッジ取引の倍率は、1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・200・300・400・500・888倍の中から自由に選択して設定できます。

最大8口座を開設し同時運用できるXMは、口座ごとにレバレッジ取引の倍率を変更することも可能です。

ただし最大888倍のレバレッジ取引ができるのは、XMの中でもスタンダード口座とマイクロ口座のみで、ZERO口座の最大レバレッジ倍率は500倍に限られます。

XMのレバレッジ取引の倍率における初期設定は、口座開設時に行いますが、後から変更することもできます。

レバレッジ取引の倍率における確認方法は、XMのマイページへアクセスし「マイアカウントの概要」からレバレッジ倍率を確認したい口座をクリックすることで確認できるでしょう。

すでにXMで希望するレバレッジ倍率がある方はニーズに沿った倍率を設定すればよいですが、中にはどのくらいの倍率にしたらよいのかわからない方もいるはずです。

そのような方は、XMの口座開設時は適当にレバレッジ倍率を設定しておき、あとから変更することも可能です。

XMのレバレッジ取引の注文方法のやり方

XMのレバレッジ取引における注文方法のやり方では、発注するたびにレバレッジ倍率を設定する必要がありません。

国内FXは、取引するたびにレバレッジ倍率を設定するケースもありますが、XMは口座ごとに設定した倍率でレバレッジ取引を行います。

XMのレバレッジ取引の注文方法は、まずMT4またはMT5の「新規注文」アイコンをクリックします。

レバレッジ倍率の確認方法は、XMのマイページだけではなく、MT4やMT5からでも確認できます。

MT4・MT5の「ナビゲーター」の「口座」には、XMで開設済みの口座が表示されており、各取引口座をポイントすると「1:***」とレバレッジ倍率が表示されます。

ただしMT4やMT5上からレバレッジ取引の倍率は変更できないため、変更する場合はXMのマイページから手続きしましょう。

XMのレバレッジ取引の倍率の変更方法

XMのレバレッジ取引の倍率の変更方法は、口座開設後でも可能です。

レバレッジ倍率の変更方法は、XMのマイページへログインし「マイアカウントの概要」から倍率を変更したい口座の「レバレッジ変更」を選択しましょう。

つづいて「口座の新しいレバレッジ倍率をお選びください」から、変更したい倍率を選択し「リクエスト送信」でレバレッジ倍率を変更できます。

レバレッジ取引の倍率の変更方法における手続きを完了しても、即座には反映されません。

XMのスタッフがレバレッジ倍率の変更手続きを行い、完了のお知らせメールが届くことで、変更した倍率でレバレッジ取引できます。

XMのレバレッジ取引のスプレッド

XMのレバレッジ取引のスプレッドとは、トレードにおける取引コストをさし、ひとつの通貨ペアにおける売値と買値の差額を示しています。

たとえば買い注文を行った場合、売値と買値の差額、すなわちスプレッドが2円だった場合は、3円以上のレート上昇で、XMのレバレッジ取引の利益が見込めます。

一方、売り注文のスプレッドが5円だった場合は、6円以上のレート下落で、XMのレバレッジ取引の利益を獲得できます。

すなわちスプレッドが広いほど、XMのレバレッジ取引では利益獲得までに大きなレート変動が必要になるため、利益を見込みにくくなります。

このためスプレッドは、変動制のトレードコストと呼ばれています。

XMに限らずレバレッジ取引のスプレッドは発生し、レバレッジ倍率だけ取引数量が増えることに注意しましょう。

スタンダード口座・マイクロ口座・ZERO口座と3種類の取引口座を開設できるXMですが、スタンダード口座・マイクロ口座と比較してZERO口座のスプレッドは狭いことが特徴です。

XMのレバレッジ取引の取引手数料

XMのレバレッジ取引のトレードコストは、ZERO口座に限り、スプレッドに加えて取引手数料も発生します。

XMのレバレッジ取引の取引手数料は、1ロット(10万通貨)あたり、片道5ドル、往復トレードで10ドルです。

取引手数料の決済のタイミングは、MT4かMT5で異なりますのでご注意ください。

MT4のレバレッジ取引では、発注時に往復10ドルの取引手数料が一度に決済されますが、MT5では発注時と決済時のふたつにわけて決済されます。

XMのレバレッジ取引のメリット

XMのレバレッジ取引のメリットはふたつです。

XMのレバレッジ取引は必要証拠金を抑えられることがメリット

XMのレバレッジ取引の手数料は、倍率が高いほど必要証拠金を抑えて取引できることがメリットです。

たとえば現在、USD/JPYのレートが1ドル=100円で、1ロットでレバレッジ取引するときの必要証拠金を、レバレッジ20倍とXМ最大888倍の場合で計算してみましょう。

  • レバレッジ20倍:100×100,000×1÷20=500,000
  • XMのレバレッジ888倍:100×100,000×1÷888=11261.2

レバレッジ取引を20倍でするときの必要証拠金は50万円なのに対し、XMの888倍で行うときの必要証拠金は11261.2円なるため、XMのレバレッジ取引のほうが圧倒的に必要証拠金を抑えられるのです。

XMのレバレッジ取引のメリットは倍率が自動調整される

XMのレバレッジ取引は、確実に設定したレバレッジ倍率でトレードできるのはなく、トレード資金に応じて自動的にレバレッジ倍率が調整されます。

たとえば通貨ペアのレートが100円だった場合に、必要証拠金50,000円で100,000通貨のレバレッジ取引を行うとします。

倍率の算出方法は「ポジション金額÷必要証拠金」です。

ポジション金額は「数量×レート」で100,000×100=10,000,000です。

すなわち10,000,000÷50,000=200、すなわちXMのレバレッジ倍率は200倍になります。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

XMのレバレッジ取引は、レバレッジ倍率の初期設定で自由に設定でき、あとから変更することも可能です。

レバレッジ取引では、必要証拠金を抑えてトレードできることから、資金負担を軽くできることがメリットでしょう。

XMは3種類の口座タイプを自由に選択して開設し、レバレッジ取引できますが、トレードコストの違いに注意してください。