ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのレバレッジ取引は、どのような方法ではじめればいいの?

レバレッジ倍率はどのくらいなのか、確認方法を知りたい。

XMのレバレッジ倍率の設定方法や変更方法は、どのようにすればいいの?

レバレッジ取引の取引手数料やスプレッドは、いくら発生するの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは追証なし・ゼロカット採用、豊富なボーナス制度と高い約定率で人気の海外FX取引所です。

数かる海外FXブローカーの中でも、XMは日本人に大人気の取引所です。

その理由は、最大レバレッジ888倍でFXトレードできるからです。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

XMのレバレッジ取引のもっとも大きな特徴である、最大888倍のレバレッジ倍率は、ハイリスク・ハイリターンが期待できます。

ハイレバレッジトレードは大きな利益を目指せる一方、大きなリスクをはらむ危険性を抱えていることは間違いありません。

XMのレバレッジ取引の倍率の設定方法と確認方法

XMのレバレッジ倍率は最大888倍ですが、実はもっと小さな倍率も設定できます。

ひとつの口座につき、ひとつのレバレッジ倍率を設定することができ、設定できるレバレッジ倍率は、1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・200・300・400・500・888倍の中から自由に変更可能です。

XMでは最大8つの口座を開設することができますので、レバレッジの異なる口座を開設できます。

XMのレバレッジ取引の倍率の設定方法は、口座開設時に行いますが、後から変更することも可能です。

レバレッジ取引の倍率の確認方法は、まずマイページへアクセスし「マイアカウントの概要」からレバレッジ倍率を確認したい口座をクリックすることでチェックできます。

XMでの口座開設時にどのレバレッジ倍率を選択すればよいのかわからない方も、ひとまず適当に設定し、後から変更することも可能です。

XMのレバレッジ取引の注文方法

XMのレバレッジ取引の注文方法でレバレッジ倍率を設定する必要はありません。

国内FX業者の場合は、レバレッジ取引の注文時に倍率の設定を行う業者が存在しますが、XMはレバレッジ倍率の設定を口座開設時に行うため、必要はないと言えるでしょう。

レバレッジ取引の注文方法は、MT4またはMT5の「新規注文」アイコンをクリックして開始しましょう。

ちなみに注文方法の前にレバレッジ取引の倍率を確認したい方は、XMのマイページへログインしなくても可能です。

MT4やMT5の「ナビゲーター」の「口座」にXMで開設済みの口座一覧が表示されますので、任意の口座をポイントすると「1:***」とレバレッジ倍率が表示されます。

ただしMT4上からはXMのレバレッジ取引の倍率変更はできませんので、変更方法はマイページへログインして行ってください。

XMのレバレッジ取引の変更方法

前述の通り、XMのレバレッジ取引の倍率の変更方法は、口座開設後でも可能です。

まずはXMのマイページへログインし、「マイアカウントの概要」からレバレッジ取引の倍率を変更したい口座の「レバレッジ変更」を選択しましょう。

「口座の新しいレバレッジ倍率をお選びください」から、変更したい倍率を選択し「リクエスト送信」を行うことでレバレッジ倍率を変更できます。

ただしレバレッジ取引の倍率は即座に変更が反映されるのではありません。

XMのスタッフが倍率の変更作業を完了し、完了のお知らせメールが配信されることで変更した倍率でレバレッジ取引をスタートさせることができます。

XMのレバレッジ取引の取引手数料

XMのレバレッジ取引で発生する取引手数料は、ZERO口座のみです。

本来、XMは「スタンダード口座」「マイクロ口座」「ZERO口座」の3種類から自由に口座を開設できます。

ちなみにXM ZERO口座のレバレッジ取引の最大倍率のみ500倍ですのでご注意ください。

さらにレバレッジ取引を行うと、片道5ドル、往復トレードで10ドルの取引手数料が発生します。

取引手数料の決済のタイミングも、MT4かMT5でレバレッジ取引するのかによって異なります。

MT4のレバレッジ取引では、発注時に往復10ドルの取引手数料が一度に決済され、MT5では発注時と決済時のふたつにわけて決済されます。

XMのレバレッジ取引のスプレッド

XMのレバレッジ取引で発生するスプレッドはひとつの通貨ペアの買値と売値の差額を示しています。

買値と売値の差額が1円の場合は、2円だけレートが上昇すればレバレッジ取引で利益獲得となります。

一方、買値と売値の差額が3円の場合で利益獲得する場合は、差額4円のレート上昇が必要です。

よってスプレッドが広いほど、多くの価格上昇が見込めなければ利益獲得とはならないため、レバレッジ取引の実質的な取引手数料となります。

ちなみにXMのレバレッジ取引では、倍率分のスプレッドが発生します。

スプレッドも取引手数料もレバレッジ取引のコストですが、ふたつの違いはというと取引手数料はXMのZERO口座とスタンダード口座のように発生しない口座が存在します。

一方スプレッドは、取引所や口座の種類問わず、株や仮想通貨も含め、投資で必ず発生することが大きな違いと言えるでしょう。

XMのZERO口座はスプレッドが狭い一方、取引手数料が存在することでコスト負担を調整しているのです。

特に海外FX取引所では、ZERO口座のようにスプレッドが狭い口座は取引手数料が発生する傾向があります。

XMのレバレッジ取引において、スプレッドが狭いから、取引手数料が発生しないからという単純な理由だけで、トレードのコスト負担が軽減するとは一丸に言えませんので心得ておきましょう。

XMのレバレッジ取引は少ない証拠金で済むことがメリット

XMのレバレッジ取引のメリットのひとつとして、倍率をかけることで証拠金を倍率分減らしてトレードすることができます。

ようするにレバレッジ倍率が高いほど、少ない証拠金でレバレッジ取引できるのです。

たとえば現在、USD/JPYのレートが1ドル=100円で10,000通貨のポジションを1ロットぶんでレバレッジ取引する際の必要証拠金を、レバレッジ20倍とXМ最大888倍の場合で計算してみましょう。

  • レバレッジ20倍:100×10,000×1÷20=50,000
  • XMのレバレッジ888倍:100×10,000×1÷888=1126.12

レバレッジ取引を20倍でするときの必要証拠金は50,000円なのに対し、XMの888倍で行うときの必要証拠金は1126.12円と、XMのレバレッジ取引のほうが圧倒的に必要証拠金を抑えられるのです。

XMのレバレッジ取引は倍率が自動調整されることもメリットのひとつ

XMのレバレッジ取引は、100%設定した倍率で取引するのではなく、トレード資金に応じて自動的にレバレッジが調整されます。

たとえば通貨ペアのレートが100円だった場合に、必要証拠金50,000円で10,000通貨のレバレッジ取引を行うとします。

倍率の算出方法は「ポジション金額÷必要証拠金」です。

ポジション金額は「数量×レート」で10,000×100=1,000,000、よって1,000,000÷50,000=20、すなわちXMのレバレッジ倍率は20倍になります。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説まとめ

XMのレバレッジ取引を解説しました。

口座開設時に設定する倍率ですが、あとからも変更できます。

レバレッジ取引を行う際にも、トレード資金に応じて自動調整されると言う特徴も覚えておきましょう。

XMのレバレッジ取引で、ハイリスク・ハイリターントレードを楽しんでください。