ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

XMのレバレッジ取引はどのような方法ではじめればいいの?

レバレッジ取引の倍率はどのくらい?

XМでレバレッジ取引の倍率設定や変更をする方法を知りたい。

レバレッジ取引はどのような手数料が発生するの?

XМのスプレッドはどのくらい?

あなたは今、このようにお考えではないでしょうか。

XМは豊富なボーナス制度・ゼロカット採用・高い約定力を誇る、利益獲得を狙いやすい海外FXブローカーです。

海外FXの中でもXМは特に人気の取引所で、その理由はレバレッジ取引の最大レバレッジ888倍にあるでしょう。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

XМのレバレッジ取引は、最大888倍のFXがトレードマークです。

ハイレバレッジ取引は危険だと言われていますが、本当なのでしょうか。

XМのレバレッジ取引についてみていきましょう。

XMのレバレッジ取引の倍率は?設定方法と確認方法

XМのレバレッジ取引の倍率は最大888倍ですが、もっと小さな倍率も設定できます。

1・2・3・5・10・15・20・25・50・66・200・300・400・500・888倍が、XМのレバレッジ取引で設定できる倍率です。

XMのレバレッジ取引の倍率は、口座開設時に自分で設定を行います。

よってひとつの口座では、開設時に設定した倍率でしかレバレッジ取引しかできません。

XМでは最大8つの口座開設が可能ですので、口座ごとに異なる倍率でレバレッジ取引を行えます。

XМの開設済み口座のレバレッジ取引倍率は、マイページ内「マイアカウントの概要」からレバレッジ倍率を確認したい口座をクリックすることでチェックできます。

初期設定したXМのレバレッジ倍率は口座開設完了後、自由に変更できます。

XМではじめにどのレバレッジ倍率を設定すればいいのかわからない方も、安心して口座開設できるでしょう。

XMのレバレッジ取引の注文方法

XMのレバレッジ取引の倍率は、口座開設時に自分で設定を行います。

よって注文時にレバレッジ倍率を設定する必要はありません。

XМでレバレッジ取引の注文を行う際は、MT5の「新規注文」をクリックして開始してください。

実はXMのレバレッジ取引の倍率は、公式サイトへログインしなくてもMT5で確認できます。

「ナビゲーター」内にXМへ開設済みの口座が一覧表示されますので、レバレッジ取引したい口座をポイントするだけで「1:***」のように倍率を確認できます。

ただしМT5ではレバレッジ取引の倍率確認のみですので、変更は公式XМの口座管理から行いましょう。

XMのレバレッジ取引の変更方法

XМのレバレッジ取引の倍率変更は、口座開設後にも自由に行えます。

公式サイトの「マイアカウントの概要」からレバレッジ取引で倍率を変更したい口座の「レバレッジ変更」を選択しましょう。

「口座の新しいレバレッジ倍率をお選びください」から、変更したいレバレッジ倍率を選択し「リクエスト送信」を行うことで変更できます。

ただしXМでレバレッジ倍率の変更手続きを行ったとしても、即時反映させるのではありませんのでご注ください。

XМのスタッフがレバレッジ倍率変更後、変更完了のお知らせメールが配信されると、変更した倍率でレバレッジ取引できます。

XMのレバレッジ取引の取引手数料

XМのレバレッジ取引の取引手数料は、ZERO口座のみ発生します。

「スタンダード口座」「マイクロ口座」「XM Trading ZERO口座」と3種類の口座を、XМでは自由に開設できます。

XМのZERO口座のみレバレッジ倍率は500倍、さらにレバレッジ取引の取引手数料が100ドルの取引ごとに5ドル発生します。

5ドルとは片道ぶんの取引手数料であり、往復の取引手数料つまり注文と決済の両方で10ドルになりますのでご注意ください。

XМのレバレッジ取引の取引手数料は、MT4とMT5のどちらかを使用するのかによっても、決済タイミングも異なります。

МT4をXМのレバレッジ取引に使用すると、発注時に往復ぶんの取引手数料10ドルが一度に決済されます。

МT5の場合は、発注時と決済時のそれぞれのタイミングで、5ドルづつ決済されます。

XMのレバレッジ取引のスプレッド

XМのレバレッジ取引のスプレッドは売り値と買い値の差額をさし、FXにおける実質的な取引手数料をさします。

レバレッジ取引では、レバレッジ倍率分のスプレッドが発生すると心得ておきましょう。

上で解説した「取引手数料」と、ここで解説する「スプレッド」はどのように異なるのかと言うと、「取引手数料」は口座や取引所ごとに発生しないことがあります。

ただし「スプレッド」はFXをはじめ、株などでも必ず発生する取引手数料だと考えていただければ間違いありません。

XМでは取引手数料が発生するZERO口座のスプレッドは狭く、スタンダード口座とマイクロ口座は取引手数料が発生しないぶんスプレッドが広く設定されています。

口座ごとに取引手数料の有無とスプレッドの広さで、XМのレバレッジ取引にかかる手数料を調整していると考えてください。

よってスプレッドが狭いから、取引手数料がないから、XМでお得にレバレッジ取引ができると一丸に考えにくいです。

XMのレバレッジ取引のメリットは少ない証拠金で済むこと

XМのレバレッジ取引のメリットは、少ない証拠金で資金以上の取引ができることです。

同一ポジションを持つための必要証拠金が、ハイレバレッジであるほど少ない資金で済むのです。

レート1ドル100円・10,000通貨のポジション1ロットぶんの必要証拠金を、レバレッジ20倍とXМ最大888倍の場合で計算してみましょう。

【20倍でレバレッジ取引した場合】

1×10,000÷20×100⁼50,000円

【888倍でレバレッジ取引した場合】

1×10,000÷888×100⁼1,126円

XМでレバレッジ取引した場合の必要証拠金は、20倍のときよりも888倍のほうが圧倒的に少なくてすみます。

仮に多くの方が考える、XМの最大888倍でレバレッジ取引すると仮定しましょう。

10,000通貨のポジション1ロットぶんを888倍でレバレッジ取引すると、8,880,000円というおそろしいポジションになります。

XМの最大888倍でのレバレッジ取引は、ロスカットされやすいという欠点があり、おすすめできません。

XMのレバレッジ取引のメリットは倍率が自動調整されること

XМでは888倍でレバレッジ取引をするのではなく、自分の資金に合わせてレバレッジ倍率を自動調節する方法です。

たとえば証拠金50,000円で10,000通貨の取引する際に、通貨ペアレートが100円だったとしましょう。

ポジション金額÷証拠金で、XМのレバレッジ倍率を算出できます。

XМのポジション金額は取引数量×レートで算出され、10,000×100⁼1,000,000です。 1,000,000÷50,000⁼20倍が、XМのレバレッジ倍率になります。

このようにXМのレバレッジ取引では、取引量・レート・必要証拠金から逆算してレバレッジ倍率が自動調整されます。

XMのレバレッジ取引を分かりやすく解説

XМのレバレッジ取引を解説しました。

レバレッジ設定は口座開設時に完了していますが、あとからでもXМサポートにて変更できます。

3種類の取引口座を持つXМでは、それぞれレバレッジ取引の手数料が異なりますのでご注意ください。

そのままの最大倍率でFXすることはおすすめできませんが、888倍を逆手にとって証拠金額を抑える、ポジションや証拠金からレバレッジ倍率を逆算することができます。

XМのレバレッジ取引は非常に魅力的ですので、ぜひご活用ください。