ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの追証とロスカット、証拠金維持率ってなに?

追証とロスカットは、どのくらいの証拠金維持率で執行されるの? あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍でレバレッジ取引できる海外FX取引所です。

ハイレバレッジでトレードできるXMでは大きな利益が期待できる一方、大きな損失が発生する可能性もあり、トレードの継続が難しくなるケースも少なくありません。

そのようなときにXMの追証とロスカット、証拠金維持率は必要な知識ですので、詳しく解説していきます。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

XMの追証とロスカット、証拠金維持率は、レバレッジ取引のリスク管理に必要不可欠ですのできちんと把握しておきましょう。

XMの「追証」と「ロスカット」・「証拠金維持率」とは?

XMの追証とロスカット、証拠金維持率とは、以下の通りです。

  • 追証:証拠金を追加入金すること
  • ロスカット:ポジションを強制決済すること
  • 証拠金維持率:ポジションと口座残高の割合を示す

追証とロスカットは、XMのレバレッジ取引で保有するポジションに対しての処理をさしており、証拠金維持率は追証とロスカットの目安を示していると言えるでしょう。

では具体的に、XMの追証とロスカット、証拠金維持率について詳しくみていきます。

XMは追証なしでロスカット執行

XMは追証がありません。

追証とは、レバレッジ取引で保有したポジションで含み損を抱えてしまい、証拠金の割合が一定の割合を下回ったときに、証拠金の割合を回復するために、追加入金することをさします。

ロスカットとは、ポジションで抱えた含み損が、一定の証拠金の割合を下回ったとき、損失の発生を最小限に抑えるために、ポジションを強制決済し、トレードを終了することをさします。

すなわち追証とは、証拠金の割合を回復することで、ロスカットを回避することで、損失の発生を防ぐことができます。

含み損益に対するポジションの証拠金の割合を、証拠金維持率と言います。

追証は、主に国内FXのロスカットを回避して、損失の確定を防ぐために採用されており、海外FXでは採用されていないケースが多いですが、XMは追証がないわけではなく、任意で利用を選択できます。

ロスカットを回避することを目的として、ポジションに証拠金を追加入金することを追証と言いますが、国内FXではもうひとつ別の意味を持つ追証があります。

国内FXでロスカットされて確定した損失すなわちマイナスになった口座残高を借金として返済し、ゼロまで回復させることも、追証と言います。

一方、XMでは損失を補てんするための追証は、ゼロカット制度が採用されているためありません。

ゼロカット制度とは、XMでロスカットされて損失が確定し、マイナスになった口座残高を、ゼロまでリセットすることをさします。

ようするにXMは損失による借金返済する必要がないということになります。

XMは最大888倍のレバレッジ取引で、万が一損失が発生しても借金として返済する必要がないため、安心してハイリスク・ハイリターントレードを楽しむことができます。

XMのロスカット水準「証拠金維持率」の計算方法

XMの証拠金維持率は、ロスカット水準を示しています。

国内FXやXMでも任意で利用できる追証も、証拠金維持率を基準に発生します。

XMのロスカット水準は、証拠金維持率が20%を下回ると執行されます。

証拠金維持率とは、XMの口座の資産状況を表しているため、これから保有する予定のポジションの証拠金維持率を確認することで、ロスカットまでの猶予を確認できます。

まずはポジションを保有する際に、すぐにロスカットという事態に陥らないために、XMの証拠金維持率を確認する必要があるでしょう。

XMの証拠金維持率の計算方法は、以下の通りです。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=XMの口座残高(ボーナス含む)+含み損益
  • 必要証拠金=注文時点のレート×エントリー数量÷レバレッジ

有効証拠金は、これからXMでポジションを保有するときに利用できる資金の総額を示しています。

一方、必要証拠金は、各ポジションを保有するときに必要な証拠金をさし、各口座で設定したレバレッジに左右されます。

ようするにXMの必要証拠金は、有効証拠金が同じであったとしても、レバレッジ1倍と888倍では異なり、888倍の場合は1/888の証拠金で済むことになります。

たとえば、XMのUSD/JPYのレートが1ドル=100円のとき、口座残高は10万円、0.01ロット(1万ドル)のポジションを最大レバレッジ888倍で保有する場合の、証拠金維持率を計算してみましょう。

まず必要証拠金は、100×10,000÷888=1.126円です。 有効証拠金は10万円ですので、証拠金維持率は100,000÷1,126×100=188.80%になります。

現在の証拠金維持率が188.80%ということは、XMのロスカット水準の証拠金維持率20%ですので、まだまだ猶予があることが把握できます。

ここでさらに1ドル=98円までレートが下がったとした場合の証拠金維持率を計算してみましょう。

ポジションの含み損の計算方法は、100-98×10,000=20,000です。

有効証拠金は100,000-20,000=80,000、よって証拠金維持率は80,000÷-1,126=71%になるため、まだXMでロスカットにいたらないということになります。

XMのロスカット水準「証拠金維持率」を他社と比較

XMのロスカット水準は、証拠金維持率20%ですが、他社とは異なるため比較してみます。

まず海外FXのロスカット水準は、XMと同じく証拠金維持率20%~30%の取引所は少なくありません。

一方、国内FXは証拠金維持率50%~100%くらいと、XMと比較するとロスカット水準は高くなっているため、ロスカットされやすいです。

さらに国内FXはロスカットされてしまった場合に、借金が発生する可能性はほぼ確実と言えるでしょう。

金融庁の警告があるため、XMなどの海外FXは危険という認識をしている方が多いのかもしれませんが、実際は異なります。

XMは莫大な損失が発生しても、証拠金の没収だけで済み、借金返済をする必要がないため、実際は借金返済の必要がある国内FXよりも借金面で安全であり、ロスカットされてしまう猶予時間も長くなります。

ただしハイレバレッジ取引を行うぶん、利益は大きくなりますが、損失も大きくなりやすいため、利益をめざすためには国内FXよりも多くの証拠金が必要と考えておいた方がよいのかもしれません。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

XMの追証とロスカット、証拠金維持率は、リスク管理を行うために必要な知識です。

海外FXは、大きな利益をめざせるぶん、損失は大きくなりますが、借金を返済する必要がないことは、大きなメリットと言えるでしょう。

レバレッジ取引における基本的な知識ですので、きちんと理解してください。