ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMの追証とロスカット・証拠金維持率ってなに?

追証とロスカットにおける証拠金維持率はどのくらいなの?

XMのロスカット水準である証拠金維持率は、他社と比較して高いの?

それとも低いの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍のレバレッジ取引で大きな利益をめざせる一方、負けてしまった場合は大きな損失リスクを抱えることになります。

ここではXMのリスク管理に必要な、追証とロスカット、証拠金維持率について詳しく解説していきましょう。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

XMの追証とロスカット・証拠金維持率とは?

XMの追証とロスカット・証拠金維持率とは、以下の通りです。

  • 追証:証拠金を追加入金すること
  • ロスカット:ポジションを強制決済すること
  • 証拠金維持率:ポジションと口座残高の割合を示す

追証とロスカットは、XMのレバレッジ取引で保有するポジションに対してのアクションをさしています。

一方証拠金維持率は、追証とロスカットの目安を示していると言えるでしょう。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率とは、レバレッジ取引のリスク管理において必要な知識と言えるでしょう。

XMは追証なしでロスカット

XMは追証がありません。 追証とは、レバレッジ取引で保有したポジションが含み損を抱えてしまい、低下した証拠金の割合を回復するために、資金を追加入金することをさします。

ロスカットとは、ポジションで抱えた含み損が増えてしまい、証拠金の割合が一定を下回ってしまった場合に、XMがトレードを強制終了して損失の拡大することを防ぐことをさします。

追証とは、証拠金の割合を回復してロスカットを回避し、トレードを継続することにより損失の発生を防ぐことができます。

含み損益を加味したポジションの証拠金の割合を証拠金維持率と言います。 基本的に追証は国内FXで強制採用しているリスク管理システムですが、XMは任意で追証を利用できます。

ロスカット回避のために追証を活用しますが、追証にはもうひとつの意味があり、ロスカットで確定した損失による借金返済のために資金を追加入金することをさしています。

国内FXは借金返済のために追証しなければいけませんが、XMはゼロカットシステムを採用しているため借金返済をする必要はありません。

ロスカットで確定した損失は、XMの取引口座でマイナスの残高として反映されますが、ゼロカットシステムによりマイナスの残高を0まで無条件でリセットしてもらえます。

すなわちXMは借金リスクを気にすることなく、最大888倍のハイレバレッジ取引を楽しむことができるのです。

XMのロスカット水準「証拠金維持率」の計算方法

XMの証拠金維持率は、レバレッジ取引におけるロスカット水準を示しています。

同じく追証のサインであるマージンコールも、証拠金維持率を基準に発生します。

XMのロスカット水準は証拠金維持率の20%であり、これを下回ると執行されます。

証拠金維持率は、XMの口座残高を示しているため、これから保有したいと考えているポジションの証拠金維持率を確認することで、ロスカットまでの余力を確認できます。

ポジションを保有してからすぐにロスカットが執行されてしまうという事態を防ぐために、あらかじめXMの証拠金維持率を確認しておくとよいでしょう。

XMの証拠金維持率の計算方法は、以下の通りです。

  • 証拠金維持率=有効証拠金÷必要証拠金×100
  • 有効証拠金=XMの口座残高(ボーナス含む)+含み損益
  • 必要証拠金=注文時点のレート×エントリー数量÷レバレッジ

有効証拠金とは、これからXMでポジションを保有するために利用できる、資金の総額を示しています。

必要証拠金とは、ひとつのポジションを保有するために必要な資金をさしており、金額はレバレッジによって左右されます。

たとえXMの有効証拠金は同じであっても、必要証拠金はレバレッジが1倍と888倍では異なり、888倍の場合は1/888の証拠金で済むことになります。

では以下の状況におけるXMの証拠金維持率の計算方法をみていきましょう。

  • USD/JPYのレートは1ドル=100円
  • 口座残高は10万円
  • 0.01ロット(1万ドル)のポジションを保有する
  • 最大レバレッジは888倍

証拠金維持率の計算方法として、有効証拠金は10万円ですので、必要証拠金の計算方法をみていきましょう。

必要証拠金は100×10,000÷888=1,126円です。

すなわち証拠金維持率は、100,000÷1,126×100=188.80%になります。

XMのロスカット水準は証拠金維持率20%ですので、証拠金維持率188.80%の場合は、ロスカットまでにじゅうぶんな余力があると判断できます。

つづいて1ドル=98%までXMのレートが下がってしまった場合の証拠金維持率の計算方法をみていきましょう。

ポジションの含み損の計算方法は、100-98×10,000=20,000ですので、有効証拠金は100,000-20,000=80,000になります。

よって証拠金維持率は80,000÷1,126=71%になるため、まだXMでロスカットにいたらないということになります。

XMのロスカット水準の証拠金維持率を他社と比較

XMのロスカット水準は証拠金維持率20%ですが、他社と比較するために一覧にしてみましょう。

  • TitanFX(タイタンFX):証拠金維持率20%
  • LANDFX:証拠金維持率30%
  • iFOREX(アイフォレックス):証拠金維持率0%
  • GEMFOREX(ゲムフォレックス):証拠金維持率20%
  • HotForex:証拠金維持率20%
  • TradeView:証拠金維持率100%
  • IS6FX:証拠金維持率20%
  • AXIORY:証拠金維持率20%
  • BigBoss:証拠金維持率20%

ロスカット水準の一覧と比較すると、XMの証拠金維持率は平均的と言えます。

一方、国内FXのロスカット水準は証拠金維持率50~100%が一般的です。

ロスカット水準を比較した結果、国内FXよりもXMの証拠金維持率は低いためロスカットされにくいと言えるでしょう。

またロスカットになった場合、国内FXは借金返済をする必要がありますが、XMはゼロカットによりマイナスが補てんされるため、借金返済の必要がありません。

国内FXと比較すると、XMはロスカット水準である証拠金維持率が低いためロスカットされにくいうえ、万が一損失が確定しても借金返済がないため安心してトレードできることがメリットでしょう。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説まとめ

XMの追証はなく基本的に即ロスカットになりますが、トレーダーのニーズに応じて任意で追証を利用できます。

ロスカットが執行されると、XMの損失は確定し証拠金は没収になるものの、ゼロカットを採用しているため損失による借金返済はなくなることはメリットでしょう。

XMのロスカット水準は証拠金維持率20%と、海外FX業者の中では平均的な水準を示しています。

国内FXと比較すると、XMのロスカット水準である証拠金維持率はポジション維持を続けやすいと判断でき、追証がなくゼロカットを採用していることから、レバレッジ取引のリスク管理をしやすいと言えます。