ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【2位】XMの詳細ページはこちらから

【3位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【4位】iFORXの詳細ページはこちらから

【5位】AXIORYの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは手厚いボーナスと充実した日本語サポートが人気の海外のFXブローカーです。

そして最大888倍までのレバレッジもまた人気の理由のひとつです。

しかし、そのような高いレバレッジを活用するには追証とロスカット・証拠金維持率の考え方が重要になってきます。

これらを知らずにトレードをしていては順調に利益を上げることも難しいでしょう。

そこで今回はXMの追証とロスカット・証拠金維持率について分かりやすく解説していきます。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説

XMの追証・ロスカット・証拠金維持率とは

XMにおける追証・ロスカット・証拠金維持率の概要は以下のとおりです。

・追証・・・追加で口座へ入金しなければならない証拠金

(※ 原則的にXMに追証はない)

・ロスカット・・・ポジションの強制的な決済

・証拠金維持率・・・ポジションに対する口座残高の割合 これらはあくまで概要です。

それぞれ単独で意味のあるものではなく深く関わってきます。

とくに証拠金維持率の考え方はすべての基本となるものです。

以降でXMの追証・ロスカット・証拠金維持率について、それぞれの関係性も含めて個別に詳しく解説していきます。

XMは追証なしでロスカット

追証とは、ポジションの含み損が一定に達した際に口座へ追加で入金しなければならない証拠金を意味します。

国内ブローカーの場合、この追証を差し入れないと一定期間経過後にロスカットが発生します。

しかし、XMには追証のシステムはありません。

ポジションの含み損が一定値に達すると自動的にロスカットされる仕様となっています。

とはいえ、もちろん自主的にXMの口座へ追証を入れてポジションを維持することも可能です。

ちなみに、一般的に「XMが追証なし」といわれる場合、口座残高以上の損失が出た場合の追証を指します。

ロスカットはポジションを強制的に決済して損失を一定範囲内におさめるシステムです。

しかし、相場急変時などはロスカットが間に合わず口座残高ではまかなえないような損失を出してしまうこともあります。

国内ブローカーの場合、この口座残高以上のマイナス損失分を穴埋めするために追加で証拠金を入金する必要があります。

これがすなわち、海外FXの文脈で一般的に言われる「追証」です。

そして、この国内ブローカーで生じる口座残高以上の追証はトレーダーにとってはブローカーに対する事実上の借金のようなものです。

対して、XMでは口座残高以上のマイナス損失については「ゼロカット」と呼ばれるシステムにより弁済不要です。

一定期間経過後に口座残高のマイナス損失はゼロにリセットされます。

この追証なしのゼロカットシステムによってトレーダーは借金を作るリスクなしにハイレバレッジのトレードができるのです。

XMでロスカットになる証拠金維持率

XMではポジションの含み損が一定水準に達すると追証なしで自動的にロスカットが発生します。

この「一定水準」を決めるのが証拠金維持率です。

証拠金維持率は以下の考え方で計算されます。

・証拠金維持率・・・有効証拠金÷必要証拠金×100

・有効証拠金・・・XMの口座残高(ボーナス含む)+含み損益

・必要証拠金・・・ポジション保有に最低限必要な証拠金

必要証拠金は使用するレバレッジによって異なってきます。

たとえば、XMの最大レバレッジである888倍のレバレッジを使うと、レバレッジ1倍のときにくらべて必要証拠金は1/888になります。

そして、XMでロスカットになる証拠金維持率(=ロスカットレベル)は20%です。

具体的な例をみてみましょう。

【条件】

・口座残高20万円

・ボーナスなし

・レバレッジ100倍

・1USD=100.0円

10万USDのポジションを買うとします。

すると必要証拠金は以下のように求められます。

・100,000USD÷100倍×100円=100,000円 有効証拠金は口座残高の20万円なので証拠金維持率は以下のようになります。

・100,000円÷200,000円=200%

ここで1USD=108.2円まで下落したとします。

含み損は「110円-108.2円×100,000USD=180,000円」です。

有効証拠金と証拠金維持率は以下のように変わります。

・有効証拠金・・・200,000円-180,000円(含み損)=20,000円

・証拠金維持率・・・20,000円÷100,000円=20%

XMのロスカットレベルである証拠金維持率20%に達してしまいました。

この例では約1.8円の値動きでロスカットされてしまうことが分かります。

XMのロスカット水準(証拠金維持率)は他社とくらべて低いのか高いのか

XMのロスカットレベルは海外のFXブローカーのなかでは標準的な水準です。

XM以外のブローカーであってもロスカットレベルはおおむね20%~30%程度となっています。

しかし、国内ブローカーとくらべるとこれらの証拠金維持率の水準はかなり低いものといえます。

具体的には国内ブローカーのロスカットレベルは50%~100%程度です。

しかも、国内ブローカーには追証があります。

ロスカットされやすく、さらに追証で借金を作ってしまう可能性まであるのです。

一般的に、ハイレバレッジが使えるXMような海外のFXブローカーは危険というイメージがあるようです。

ところが、詳細をみてみると実際はまったく異なります。

たしかに、高いレバレッジのトレードは一瞬で資産を失ってしまうリスクこそあります。

しかし、ゼロカットによりマイナス損失分の追証を支払う必要がないことを考えると、国内ブローカーにくらべて海外のFXブローカーが危険というのは短絡的にすぎるというものでしょう。

また、XMにかぎって言えば、手厚いボーナスを活用すれば実資産へのダメージをおさえられるという側面もあります。

いずれにしろ、海外FXが危険というイメージは必ずしも正確ではありません。 危険なのはハイレバレッジだけを使った無謀なトレードです。

レバレッジと証拠金維持率の管理さえしっかりとすれば、むしろ国内ブローカーよりも安全と言っても良いのではないでしょうか。

XMの追証とロスカット・証拠金維持率を分かりやすく解説 まとめ

XMは追証がなく、一定の証拠金維持率を下回ると即時ロスカットされるシステムになっています。

そもそも追証がないため万が一にも口座残高以上の損失を出してしまったとしても借金を作るような心配はありません。

ただ一方で、警告なくロスカットされてしまうというデメリットも存在します。

そのため、ポジションを維持するためには自主的な証拠金維持率の管理が非常に重要になってきます。

XMでは最大888倍までのハイレバレッジが使えることが大きな特徴です。

そして、その高いレバレッジに応じてロスカットもされやすくなってしまいます。

思わぬロスカットを回避するためにも証拠金維持率の管理は慎重におこないましょう。