ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆ボーナスあり&手数料やスプレッドが狭い海外FX取引所必ず押さえておきたいおすすめランキング☆】

【1位】iFORXの詳細ページはこちらから

【2位】GEMFOREXの詳細ページはこちらから

【3位】XMの詳細ページはこちらから

【4位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【5位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMは追証なしで最大888倍ものレバレッジが使えることが人気の海外のFXブローカー。

また、XMは非常に高機能な取引プラットフォームであるMT5が使えることも人気の理由のひとつです。

しかし、MT5はプロのトレーダーも使うといわれているほど高機能ゆえ、使い方が難しいといった側面もあります。

FX初心者の方の中には、MT5の使い方が皆目検討もつかないという人もいることでしょう。

そこで今回はXMのMT5の使い方の基本を分かりやすく解説していきます。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

XMのMT5はPC版とスマホアプリ版の2種類

XMのMT5にはPC版とスマホアプリ版の2種類があります。

PC版の場合はXMの公式サイトから、スマホアプリ版はApp StoreまたはGoogle Play Storeから誰でも無料で入手できます。

また、PC版とスマホアプリ版のMT5はどちらか片方しか選べないというわけではありません。

それぞれPCとスマホにインストールして同時に使うこともできます。

基本的には自宅ではPC版のMT5を使って、出先ではスマホアプリ版を使うといった使い分けをしていくと良いでしょう。

ちなみに、PC版とスマホアプリ版のMT5で基本的な使い方に大きな違いはありません。

そこでここではPC版のMT5を中心に解説していきます。

XMのMT5の使い方:初期設定方法

MT5でXMを使う場合、まずはじめに諸々の初期設定をしておく必要があります。

MT5は入手した直後でも気配値などが更新されているためそのままトレードできるようにも思えます。

しかし、初期設定前のMT5でのトレードはデモトレードでしかありません。

あらためてMT5にXMの取引サーバーを設定しましょう。

設定方法の基本はPC版とスマホアプリ版でそれほど変わりありません。

PC版の場合は「取引口座へログイン」の項目から、スマホアプリ版MT5の場合は「新規口座」の項目からおこないます。

いずれの場合も必要となる情報はXMの「ログインID=口座番号」「パスワード」「サーバー情報」です。

これらのログイン情報はすべてXMに口座を作った際にメールで届いているはずです。

また、マイページにログインすれば再設定することもできます。

これらをフォームに入力してMT5をXMの取引サーバーへ接続すれば初期設定は完了です。

XMのMT5の使い方:PC版

具体的なXMのMT5のPCでの使い方の基本を解説していきます。

ここではPC版を例に解説していきますが、スマホアプリ版の考え方も基本的には同じです。

XMのMT5(PC版)の使い方:基本レイアウト

XMのMT5の基本レイアウトは上記のとおりです。

A~Dまでのウィンドウをメインに使っていくことになります。

それぞれの正式名称と機能の概要は以下のとおりです。

A.気配値・・・様々な通貨ペアの売値(bid)と買値(ask)の現在値を確認できる

B.チャート・・・任意の通貨ペアの過去の値動きの推移をグラフィカルに確認できる

C.ナビゲータ・・・インジケーターや口座の管理ができる

D.ツールボックス・・・保有ポジションやニュースなど様々な情報を参照できる この構成はXMでMT4を使う場合でもほとんど同じです。 違いはツールボックスの名称が「ターミナル」となっているくらいです。 気配値で現在値を、チャートで過去の推移をみてトレードしていくといった使い方の基本もほぼ同じです。 MT5の使い方を覚えてしまえばMT4へ移行する場合もスムーズにいくでしょう。 ただし、XMのMT5では注文方法についてMT4と異なる部分があります。

XMのMT5(PC版)の使い方:注文方法

XMのMT5の注文ウィンドウは上記のようになっています。

注文タイプや数量、トレードする通貨ペアを選んで発注するところはMT4と同じです。

しかし、設定できる注文方法の種類が大きく異なってきます。

XMのMT5で利用できる注文方法は以下のとおりです。

・カウントダウン注文・・・成行注文

・Buy/Sell Limit・・・指値注文

・Buy/Sell Stop・・・逆指値注文

・Buy/Sell Stop Limit・・・ストップリミット注文

このなかでストップリミット注文はMT5でだけ利用できる注文方法です。

Limitが指値、Stopが逆指値なのに、両者がともに含まれているストップリミットとはどういうことなのでしょうか。

これはストップリミット注文の内容を細かくみていくと分かりやすいと思われます。

XMのストップリミット注文とは、市場価格が一定の価格(ストップ価格)になると有効になる指値(Limit)注文です。

「一定の価格」をストップ価格と呼ぶのは、その価格指定がトレーダーにとって不利な値となるからです。

一般的に、指値注文はトレーダーにとって有利な価格を指定するものです。 その逆に不利な価格を指定するものが逆指値(Stop)というわけです。

XMのMT5ではストップレベルに注意

XMのMT5を使っているとなぜか注文ボタンが暗転したままクリックできないという事態に直面することがあります。

この多くはストップレベルが原因です。

ストップレベルとは、指値注文において現在価格より最低限離れていなければならない値です。

このストップレベルは通貨ペアごとに個別に決められており、具体的な数値は通貨ペアの仕様を確認することで参照できます。

ストップレベルは10ポイント=1pipsを意味します。

たとえば、上記の場合、XMではUSD/JPYの指値注文は現在価格より最低4pips離れている価格からしかできないことになります。

なお、MT4の場合、ストップレベルはデフォルトで注文ウィンドウに表示される仕様になっています。

小さな値動きで売買を繰り返すスキャルピングをするのであれば、XMではMT5よりもMT4のほうがほんのわずかばかり有利といえるかもしれません。

XMのMT5では口座管理はできない

XMのMT5はあくまでトレード専用です。

そのため、口座への入金や出金、口座の追加などの口座管理全般はできません。

これはPC版、スマホアプリ版MT5のどちらでも同じです。

ただ、XMのマイページはスマホからでも問題なくログインできます。

したがって、口座管理も含めてスマホだけでトレードを完結すること自体は可能です。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説 まとめ

XMのMT5はPC版とスマホアプリ版の2種類があります。 どちらかだけを使うことも、両者を併用することも可能です。

XMのMT5の使い方に関してはレイアウトの違いはあれど、PC版とスマホアプリ版でそれほど大きな違いはありません。

基本となる注文方法やチャートの見方さえ覚えてしまえば、どちらも不自由なく使えるはずです。

ただ、MT5からはXMの口座管理はできません。

入金や出金などはあらためてXMのマイページへログインしておこないましょう。