ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの海外FX取引所ランキング☆】

【1位】GEMFOREXの詳細はこちらから

【2位】iFORXの詳細ページはこちらから

【3位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【4位】XMの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのMT5の使い方はどのようにしたらいいの?

MT4でのトレード経験はあるけれど、MT5ははじめてで使い方がよくわからない。 あなたは今、このようにお考えですよね。

XMは最大888倍のレバレッジ取引を、MT4またはMT5でトレードできます。

MT4は世界中の投資家に愛用されている取引プラットフォームですが、MT5の使い方はMT4ほど認知されていない印象です。

ここではXMのMT5の使い方について把握したいとお考えの方に向けて解説していきましょう。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

XMのMT5は裁量トレードメインの方の使い方に適しています。

MT4が自動売買トレード向きの取引プラットフォームだとしたら、MT5は手動トレードによる使い方に向くと言えるでしょう。

ここではXMでMT5口座の開設と入金を完了していることを前提に、操作面における使い方について解説していきます。

XMのMT5の使い方はPC版とスマホ版から選択できる

XMのMT5の使い方は、取引プラットフォームをPC版とスマホ版から自由に選択できます。

またPC版とスマホ版のMT5を併用する使い方で、自宅ではパソコンから、外出先ではスマホからと使い分けることも可能です。

PC版MT5を入手する使い方は、XMの公式サイト「プラットフォーム」ページから、ご利用のパソコンOSに応じたMT5を選択して、ダウンロード・インストールします。

スマホ版MT5を入手する使い方は、iPhoneの場合はAPP Store、アンドロイドの場合はGoogle Play Storeから、一般のアプリを取得する要領でダウンロードとインストールしましょう。

PC版・スマホ版ともにMT5使い方は、デバイスの構造上、画面表示に多少の違いはあるものの、基本的な操作方法の内容や手順についてはほぼ同じです。

ただしスマホ版MT5に限り、自動売買は利用できません。 MT5の使い方は、MT4とほぼ同じだと考えて問題ありませんので、具体的な使い方についてみていきます。

XMのMT5の使い方1.初期設定

XMのMT5における使い方の手順として、まずはじめに初期設定として取引口座へログインを行います。

MT5を起動するとデフォルトのチャートや気配値などが表示されていますが、ログインするまでXMのチャート分析や注文を行うことができません。

MT5でログインする使い方として必要なものは、XMで開設したときに完了メールで送信されてきた、MT5口座のログインID・パスワード・サーバー情報です。

ログインする使い方は、まずMT5を起動してPC版は「ファイル」から「取引口座へログイン」を、スマホ版は「設定」から「新規口座」へアクセスしてログインしましょう。

これでXMのMT5口座のサーバーへアクセスでき、使い方をスタートできます。

XMのMT5の使い方2.PC版の操作方法

XMのMT5の使い方として、ここからはPC版の操作方法に絞ってみていきます。

XM MT5の使い方 PC版の画面レイアウト

XMのMT5の使い方として、PC版の画面レイアウトと基本的な操作方法や機能は以下の通りです。

  • 気配値表示:XMの取扱通貨ペア・銘柄の売値(bid)と買値(ask)をリアルタイム確認できる
  • チャート:各通貨ペアの過去から現在までの値動きを確認できる
  • ナビゲーター:XM口座・インジケーター・EA自動売買の管理や設定ができる
  • ツールボックス:現在XMで保有するポジションや口座残高、取引履歴やニュース・指標発表などを確認できる

XMの気配値表示の機能タブ、チャートの時間足数、注文方法の数はMT4よりも充実しているため、MT5の使い方は利便性が高いと言えるでしょう。

MT4のターミナルをMT5ではツールボックスと呼びますが、基本的な使い方は同じです。

XM MT5の使い方 PC版の注文方法

XM PC版MT5の使い方として、注文方法をみていきましょう。 注文方法の使い方は、MT5の注文画面を表示して、注文タイプ・数量・価格などを記入して発注します。

使い方はほぼMT4と同じですが、注文タイプについてはMT5はストップリミット注文を利用できることが違いです。

MT5の注文方法の種類

  • カウントダウン注文:成行注文
  • Buy/Sell Limit:指値注文
  • Buy/Sell Stop:逆指値注文
  • Buy/Sell Stop Limit:ストップリミット注文

ストップリミット注文とは、XMで一定レートに達したとき、指値注文を発動する注文方法です。

指値注文や逆指値注文は、ポジションを建てる方向に違いはあるものの、指値を設定して、XMで一定レートに達したときに約定します。

一方、ストップリミット注文は、XMで一定レートに達したときに指値注文を発動し、レートが指値に達したときに約定する注文方法です。

すなわちストップリミット注文は、指値注文や逆指値注文の応用編と言えるでしょう

XMのMT5の使い方の注意点

XMのMT5の使い方における注意点をみていきましょう。

XMのMT5のストップレベルの使い方

XMのMT5において指値注文や逆指値注文の発注ボタンが有効にならず、注文をしこむことができないケースがあります。

これはストップレベルの使い方における条件を満たしていないためです。

ストップレベルとは、指値注文などの待機注文をしこむときに、通貨ペアに応じて一定ポイント離さなければいけない値を示しています。

XMのストップレベルの確認方法は、MT5の気配値表示の中から通貨ペアを右クリックして「仕様」から「ストップレベル」へ進むことで確認できます。

ストップレベルは10ポイント=1pipsになりますので、ストップレベルで54ポイントと表示されている場合は、現在価格よりも5.4pips離れた価格から注文を行わなければ発注できないということです。

MT4では注文フォームにストップレベルが表示されるため、確認する必要がなく、MT5よりも便利な使い方ができるでしょう。

XMのMT5の使い方は入出金できない

XMのMT5の使い方は、チャート分析や注文方法など、トレード関連の使い方に限られます。

このため、MT5口座への入出金は行うことができません。 MT5口座への入金方法の使い方は、XMの公式サイトのマイページから行ってください。

PC版・スマホ版ともに、各デバイスのブラウザで公式XMへログインして、入出金手続きを行いましょう。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのMT5の使い方は、MT4とほぼ同じです。

MT4と比較して使い方面で劣っていることは、MT5はストップレベルを確認しなければいけないこと、自動売買よりも裁量トレード向きであることです。

一方使い方面で優秀な点は、MT5は動作が軽くスムーズであり、ストップリミット注文を利用できること、画面が整然としているため見やすいことなのではないでしょうか。