ゼロからはじめるFX

ゼロからFXをはじめる方向けの情報を発信しています

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

【PR☆ボーナスが手厚いおすすめの海外FXランキング☆】

【1位】XMの詳細ページはこちらから

【2位】TITAN FXの詳細ページはこちらから

【3位】AXIORYの詳細ページはこちらから

【4位】iFOREXの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20190509025129j:plain

XMのMT5の使い方は、どのように始めればいいの?

MT5はどのようなトレード手法に適しているの?

パソコンを持っていないけれど、MT5はスマホでも使えるの?

XMのプラットフォームは、MT4とMT5のどちらを選べばよいのかわからない。

あなたは今、このようにお考えですよね。 MT4に比べるとMT5は認知度やユーザー数が少ないです。

このためMT5の使い方やメリットがよくわからないという方もいるのではないでしょうか。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説

XMのMT5の使い方は裁量トレードに適している

XMのMT5の使い方は、裁量トレードに適しています。

MT4は自動売買(EA)の利用に適していますが、MT5は裁量トレードの使い方におすすめと言えるでしょう。

その理由として、MT5はMT4よりも画面が見やすく、わずかながら機能も多く、さらに動作も軽いからです。

なお取引プラットフォームの機能面に関しては、MT4もMT5も使い方はほぼ同じと考えてよいでしょう。

MT5を使うために必要なことは、XMの口座開設でMT5を選ぶという使い方が必要になります。

ここではXMの口座開設と入金を済ませていることを前提として、操作面を中心としたMT5の使い方について解説していきましょう。

XMのMT5の使い方はPCとスマホから選択、併用もできる

XMのMT5の使い方は、PC版とスマホ版から自由に選んで使うことができます。

PC版とスマホ版のMT5を両方を併用する使い方では、自宅ではパソコンで外出先ではスマホからMT5のトレードを行うこともできるでしょう。

まずPC版のMT5をインストールする使い方は、XMの公式サイトにある「プラットフォーム」のページから行います。

お手持ちのデバイスに応じたMT5をダウンロードして、画面の案内にしたがってインストールを行います。

スマホ版のMT5を入手する使い方は、アプリストアからダウンロードします。

iOSはAPP Store、アンドロイドはGoogle PlayからMT5を検索して、一般のアプリをインストールする要領で行いましょう。

MT5のPC版とアプリ版はデバイスの仕様上、画面上の表示は異なりますが、基本的な使い方に関してはどちらも同じです。

ただしMT5アプリでは、カスタムインジケーターと自動売買(EA)は使うことができません。

もしこれらを使いたい場合は、パソコン版のMT5と併用しなければいけないことを使い方の注意点として覚えておきましょう。

XMのMT5の使い方 初期設定

XMのMT5の使い方の手順では、まず初期設定からはじめなければいけません。

MT5の初期設定として、XMの取引口座へログインしましょう。

インストールしたMT5を起動して、口座開設時にXMからメールで届いたログイン情報を使い、MT5へログインします。

ログインする使い方は、以下の手順でMT5のログインフォームを開いて、ログインID・パスワード・サーバー情報を入力します。

  • PC版:「ファイル」→「取引口座へログイン」
  • スマホ版:「設定」→「新規口座」→証券会社のフォームに「XM Trading」と入力してXMを選択

スマホ版では証券会社を選ぶ際、XMからのメールに記載されているサーバーを選びましょう。

ログインフォームを開いたら、あとはXMの取引口座のログインIDとパスワードを入力します。

これでMT5の初期設定は完了したので、トレード関連の使い方に進むことができます。

XMのMT5の使い方 PC版のトレード方法

XMのMT5の使い方として、PC版のトレード方法をみていきます。

まずはPC版MT5のレイアウトと基本的な操作と機能は以下の通りになります。

  • 気配値表示:XMの銘柄の売値(bid)と買値(ask)をリアルタイム確認できる
  • チャート:各通貨ペアにおける現在までの値動きを確認できる
  • ナビゲーター:XMの取引口座・インジケーター・EA自動売買の管理や設定ができる
  • ツールボックス:現在XMで保有するポジションや口座残高、取引履歴やニュースなどを確認できる

XMのチャートの時間足の種類、気配値表示の機能タブ、MT5の注文方法の種類はMT4を上回っています。

このためMT5の使い方は、充実した使い方が期待できるでしょう。

MT4のターミナルのことをMT5ではツールボックスと呼びますが、名称が異なるだけで見方や使い方に関しては同じです。

XMのMT5の使い方 PC版によるトレード方法

XMのPC版MT5の使い方として、注文方法をみていきます。

使い方は、MT5の注文画面を表示して、銘柄と注文タイプを選び、それに見合った数量・価格などの項目を入力して発注します。

もし注文したい通貨ペアが見つからない場合の使い方は、気配値エリア内で右クリックして「すべて表示」を選びましょう。

気配値にXMの全銘柄を表示できるようになります。

操作面のの使い方についてはMT4と同じです。

ただし注文タイプについてはMT5の場合、ストップリミット注文を利用できることが大きな違いと言えるでしょう。

MT5の注文方法の種類の一覧

  • カウントダウン注文:成行注文
  • Buy・Sell Limit:指値注文
  • Buy・Sell Stop:逆指値注文
  • Buy・Sell Stop Limit:ストップリミット注文

ストップリミット注文は、XMのレートが設定価格に到達したとき、指値注文を発動する注文方法です。

応用の利いた注文方法ですので、トレード手法によっては重宝するかもしれません。

XMのMT5の使い方 スマホ版のトレード方法

XMのMT5の使い方として、スマホ版のレイアウトと基本操作は以下の通りです。

  • 気配値:XMの銘柄の売値と買値の確認
  • チャート:XMの通貨ペアの値動きを確認
  • トレード:XMの保有ポジションや口座残高・証拠金維持率等、トレード状況確認
  • 履歴:XMのトレード履歴や約定履歴の確認
  • 設定:XMの口座管理や各種設定

MT5アプリはスマホからでも直感的に使うことができます。

ただし自動売買(EA)とカスタムインジケーターは使えないことをスマホ版MT5の使い方の注意点として覚えておきましょう。

XMのMT5の使い方 スマホ版によるトレード方法

XMのスマホ版MT5によるトレード方法の使い方をみていきます。

アプリのメニューから「気配値」を選びます。

つづいて注文したい通貨ペアをタップして、表示されるメニューから「トレード」を選びましょう。

注文フォームが表示されたら銘柄を確認後、注文方法を選んで、数量や価格をタップで設定し発注を行います。

XMのMT5の使い方 口座開設と入出金は公式サイトから

XMのMT5の使い方は、チャート分析とトレードに特化されています。

よってXMの口座開設と入出金はブラウザから公式サイトにアクセスしてご利用ください。

XMのMT5の使い方を分かりやすく解説まとめ

XMのMT5の使い方について解説しました。

基本的な使い方はMT4と同じですが、機能が洗練されている点についてはMT5は優秀です。

MT5はスマホとパソコンから利用できるため、裁量トレードを行う方はぜひ使い方をマスターしてみてはいかがでしょうか。